ビジネス PR

エージェントに会わずに転職するのは難しい?実体験を語ります

転職エージェントなしでの転職活動記録のアイキャッチ
転職サイトに登録したけれどエージェントに会うのが面倒
転職サイトは利用しつつエージェントとは最低限のやり取りだけで転職を完結したい

上記に当てはまる人はこの記事をチェック。

安心してください。

転職エージェントとの面談をせずとも転職が可能です。

事実、筆者はエージェントと1度も対面せず転職に成功しました。

エージェントとのやり取りはすべてメールで完遂。

一切の支障なく、応募企業との採用面接に進み、内定獲得した次第。

転職サイトのメリットをかしつつ、面倒なエージェント面談をカット。

本来、転職エージェントは応募者のビジョンを明確化したり、希望をより具体的に肉付けする役割を持ちます。

そのため、応募したい企業がハッキリしている場合、エージェントとの面談は不要です。

本記事ではエージェントとの面談をせず転職した筆者の体験談を記します。

この記事はこんな人におすすめ
  • 転職したい企業が明確なのでエージェントとの面談は必要ない
  • 転職エージェントとの面談が煩わしい
  • 転職エージェントと面談しなくても転職できる?

リクナビNEXT公式サイト

転職サイト登録後のエージェント面談

転職エージェントのイメージ
転職しよう

と思ったとき。

転職サイトに登録しますよね?

登録した後は転職サイトの情報を見つつ、今後の転職活動の計画を立てるわけですが…。

活動の一環として転職エージェントとの面談があります。

転職エージェントは転職希望者にとって頼れる存在。

転職エージェントは転職するにあたって、以下のような状況をヒアリング。

  • 状況
  • 希望条件
  • 待遇

それらに合った企業や業界を提案してくれます。

転職しようと決意しても、

  • 自分がどんな企業に行きたいか

が不明瞭なとき、アドバイスをくれるのです。

また、自分が知らなかった企業や業界を知るキッカケにもなります。

漠然とした転職イメージを肉付けし、具体化してくれるわけです。

転職エージェントとの面談は場合によっては不要

パソコン作業する人

転職エージェントは転職をスムーズに成功へと導いてくれる存在。

しかし、場合によっては不要な場合があります。

エージェントが不要な場合とは、転職したい企業や業界が明確なとき。

自分の中にすでに行きたい企業があるのなら、転職エージェントとの綿密な打ち合わせの場は不要です。

面談は予定を立てて時間を取る必要があるため、面倒なもの。

やらなくて良いのなら、その方が良いです。

転職活動は、

  • 企業研究
  • 職務経歴書や履歴書作成
  • 自己分析

など、やらなければならないことがたくさんあります。

上記に加えて普段の仕事もあるため、時間を作るのが難しいですよね?

転職エージェントは面談の打診や自分のためにあれこれ考えてくれるのはありがたいものの、対応するのが億劫おっくうになります。

しかし、

転職エージェントと面談しないと先に進めないんじゃ?

との不安もあります。

わかります。

その気持ち。

結論、しなくてもOKです。

転職エージェントとの面談なしでも転職は可能

実際、筆者は転職エージェントとの面談を一切せずに転職に成功しました。

転職エージェントと面談せずに転職に成功した体験談

空を見上げる男性

ここからは筆者の転職活動を振り返ります。

転職サイトに登録してから内定が出るまで約1.5か月。

その間、転職エージェントとのやり取りはメールのみです。

面談せずに転職しています。

筆者の転職活動の記録
  1. 転職サイト(リクナビNEXT)に登録
  2. 希望条件(業界・勤務地・年収など)をサイト上で設定
  3. 求人情報閲覧
  4. 希望企業へ応募
  5. 採用面接
  6. 内定
  7. 入社準備

上記の流れの中で転職エージェントのサポートを受けたのは以下の項目です。

  • 求人情報紹介
  • 企業への求人応募連絡
  • 職務経歴書のデータ受け渡しの取り次ぎ
  • 採用面接の日程調整
  • 内定の連絡
  • 入社時必要書類の事前連絡

上記はいずれもメールでのやり取り。

実際に顔を合わせての相談、ミーティングはまったくありません。

以下、筆者の場合のメールやり取りを一部示します。

求人に応募したときのメール
エージェントとのメール(求人企業への応募の確認)
採用面接日程の確定メール
エージェントとのメール(採用面接日程調整)
内定後のサポートについての連絡メール
エージェントとのメール(入社間近の連絡)
入社日間近の確認メール
エージェントとのメール(入社最終確認)

内定後は企業の人事担当者との取り次ぎをしてもらい、入社日が近くなった段階でエージェントとの関わりは終了しました。

繰り返しますが、直接会わず、ウェブでの面談も1度も実施していません。

筆者の転職活動の概要は以下の通り。

実施事項 エージェントとのやり取り
転職サイト(リクナビNEXT)へ登録 なし
求人情報取得 あり(希望勤務地の確認)
希望企業への応募 なし
採用面接 あり(面接日程の調整)
内定 あり(内定先との連絡先の取り次ぎ)

上記の通り、転職エージェントとの面談は実施せず、すべてメールでのやり取りです。

不要なサポートは利用せず、最低限必要なやり取りのみ対応してもらいました。

気軽な活用が可能です。

転職サイトに登録したところで、絶対にエージェントと面談しなければいけないわけではありません。

必要なポイントのみ活用できます。

転職サイト登録直後は転職エージェントから面談の日程調整の連絡が入りますが、断って何の問題もありません。

気軽な転職をするならリクナビNEXTがおすすめ

握手する人達

転職したいと思っているなら、まずはリクナビNEXTに登録するのをオススメします。

会員登録するだけで、求人情報が定期的にお知らせとして入ってきます。

どんな企業が求人を出しているかが一目で分かりますよ。

リクナビNEXTは企業を検索することにも便利です。

勤務地や待遇、職種を絞って検索できますし、転職エージェントに希望を伝えれば希望に沿った企業を見つけて提案してくれます。

  • 一人でじっくりゆっくり企業を探すも良し
  • 転職エージェントと組んでスピード感を持って転職活動を推進するも良し

自分のスタイルに合った転職活動が可能です。

日々仕事や家庭に時間を使う忙しい人は、リクナビNEXTの自由度は魅力に映るはず。

リクナビNEXTを活用し、人生の充実度を高める仕事を見つけてはいかがでしょうか?

リクナビNEXTの登録はいたって簡単です。

公式サイトからアクセスしてメールアドレスなどの情報を入力すればOK。

無料で登録可能です。

具体的な転職イメージがなくとも、企業の求人情報を見るだけでもためになります。

転職がどのようなものか、イメージ形成に活用できますよ。

リクナビNEXTの掲載求人企業の一部はリクルートエージェント経由で応募する必要があります。その際は、サイト画面の指示に従って応募すればOKです。リクルートエージェントも無料で利用できるのでご心配なく。

リクナビNEXT公式サイトで会員登録する

転職エージェントの面談以外のサポート

街中のサラリーマン

転職サイトのリクナビNEXTに登録すると、無料でエージェントのサポートを受けられます。

面談以外のサポートは以下の通り。

  • 職務経歴書のアドバイス
  • 希望条件と求人企業のすり合わせの助言
  • 企業との採用面接の日程の調整

エージェントとの面談をするのは確かに億劫おっくう

しかし、上記の通り、これだけのサポートを得られます。

活用しない手はありません。

希望の転職が叶う可能性が高まります。

ハローワークを利用して転職するのも1つの方法ですが、キャリア転職なら圧倒的に転職サイトの利用がおすすめ。

転職のプロフェッショナルである転職エージェントの力を借りて、条件のより良い転職を目指しましょう。

転職サイト利用時に気を付けたいこと

ここで、転職サイト活用時に気を付けたいことを共有します。

実際に筆者が転職サイトを利用して転職活動した際には、反省すべき点がありました。

それは、1度にたくさんの企業へ応募することです。

これは明らかに失敗でした。

求人情報を見つけて企業へ応募すると、その後の書類審査で合格したならば応募した企業から面接の連絡が来ます。

その際、当然ですが面接の具体的な日程調整をしなければなりません。

複数の会社に応募していると、面接日程がパンパンになり、スケジュールに無理が出てきます。

個人的には1度に応募する企業は2~3社がおすすめです。

普段の仕事との兼ね合いもあるので、予定を入れ過ぎるのは避けましょう。

その方が落ち着いて転職活動にのぞめます。

焦っても後悔することになりますから、慎重に事を進めるのが重要です。

筆者の失敗談としては、1度に6社の希望に応募したものの、書類選考通過の連絡が立て続けに来たため、都合が付かず4社の面接を辞退した苦い経験があります。

一路
一路
まさか全社の書類選考に通るとは想像していなかったのです…

志望度が高い企業から少しずつ応募していくのがおすすめ。

ちなみに、採用選考を断る際には直接企業とやり取りするわけではなく、エージェントとのメールのやり取りがベースとなります。

メールなので断るのがラクですが、企業は企業で時間をかけて選考してくれています。

不誠実な対応は避けましょう。

筆者自身、4社に断りの連絡をしたのは失敗したと認識し、猛省しています。

第1希望、第2希望程度に応募して、様子を見ながら転職活動に取り組むのを強くおすすめしますよ。

転職エージェントと距離を置いても転職できる

颯爽と歩くビジネスマン

本記事では転職エージェントとの面談をせずに転職した経験を語りました。

転職サイトに登録後、希望企業を探す助けをしてくれる転職エージェントは頼れる存在です。

ただ、希望業種や入りたい企業がハッキリしている場合、転職エージェントとの面談はほとんど必要ありません。

時間をくのが面倒ですし、もったいないです。

やらなければいけないことはたくさんありますからね。

仕事や家庭のこと、それらに加えて転職活動をプラスするわけですから。

面倒な面談はしたくない

と思うのは道理。

ただ、面談をしないと先へ進めないわけではなく。

実際は違います。

面談なしで転職活動は可能。

エージェントとの面談をせずとも企業に応募できますし、面接まで進めます。

当然、内定も出ます。

時間を有効に使いたいのなら、転職エージェントとの面談をすっ飛ばしてOKです。

効率的な転職活動ができますよ。

逆に、希望職種や具体的な企業のイメージがわいていない場合、面談の場は非常に貴重。

転職のプロのエージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントが適切なアドバイスをくれますし、応募すべき企業が具体化します。

自分の状況に応じて、転職サイトと転職エージェントを活用してみてください。

それでは、今回はこの辺で。
少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

リクナビNEXT公式サイト

three-diagnostic-1
【無料で適正チェック】ミイダスの3種の診断テストの使い方【自分の価値を知る】仕事で悩んでいる…。転職したい!そんな方に朗報です。仕事においての自らの価値や特性を診断できることをご存知ですか?ミイダスの無料で利用できる3つの診断機能を駆使することで、自分の適切な年収や性格・特性を知ることができます。情報を制する者、仕事を制す。情報収集の一環としてこの記事で紹介するツールを活用してみてください。...
【無料判定】仕事がピンとこないなら自己診断を【転職活動に悩んだら】自分に向いている仕事って何だろう?己を知ればその問いの答えに近づきます。強みや性格を知れば適した仕事を探しやすくなりますよ!自己適正を把握するためにウェブの診断サービスを活用しましょう。無料で、かつスマホ一つあれば使えるツールなので、気軽にトライできます。この記事では便利な診断ツール2種類をご紹介しています。...
job-change-action-1
【転職したい人へ】どう行動したら良いのか分からない?支援サイトが導いてくれます転職したいけど具体的にどう行動するのか分からない…、という人はリクナビNEXTで面談予約しましょう。ウェブで簡単にエージェントの方との面談がセッティングできます。その後は流れに沿って選考試験に参加すればOK。転職活動のきっかけを探している人はぜひ活用してみてください。リクナビNEXTが背中を押してくれます。...
appeal-about-work-1
自己PRはウェブの設問に答えるだけで発見できる!『何を書けば良いか分からない』を解消自己PRが書けない!そんな方へ向け、簡単に自己PRを作る方法をご紹介した記事です。自己PR作成を強力にサポートしてくれる無料の診断ツールの使い方を踏まえながら、一連の作成手順を説明します。選択式の簡単な質問に答えるだけで誰でも手軽に自己PRが書けますよ!...
good-point-diagnosis-6
【転職前の下準備】自分の適性を知るリクナビのグッドポイント診断の受け方自らの長所を無料で診断できるリクナビネクストが提供するサービスの「グッドポイント診断」で得られるメリットと受診方法をご紹介した記事です。会員登録するだけの無料サービスにもかかわらず、リクルート独自のノウハウが詰まった本格的な診断ツールを使って自らの強みを把握しましょう。得られた結果は転職活動や自己PR時に役立つこと間違いなし! ...
strong-desire-leather-shoes-1
革靴を履きたいから転職するのはアリかナシか。革靴を履きたいから転職する?何を言っているんだ、あなたは。...
自己PRが書けない?質問に答えるだけで完成する便利ツール
面接の様子
自己PRを作るのが難しい…
なんて書けば良いのか分からない…

そんな人の助けとなるのがdodaの自己PR発掘診断です。ウェブ上で簡単な設問に答えるだけで自分に合わせた自己PR例がゲットできます。

後は少し手直しするだけで自分だけの自己PRが完成します。面接対策の強力なサポートとなる、無料で使える便利なツールです。

自己PR発掘診断を詳しく解説した記事を読む

doda公式サイト

こんな記事も読まれています