革靴

フォーマル・カジュアルに使える革靴と快適に履くためのノウハウを解説したナビゲーションページ

革靴に関することをご紹介した記事をまとめたページです。

革靴は、

  • 美しさ
  • 履き心地
  • 経年変化(エイジング)

上記いずれも素晴らしく、芸術品といって過言ではありません。

なぜ、かくも革靴というものは人をきつけるのでしょうか?

一路
一路
個人的には、理屈じゃないですね!

革靴の定番色「ブラック」

黒の革靴は一足持っておいて損はない、便利なアイテムです。

内羽根ストレートチップの革靴は冠婚葬祭に使えます。

黒の内羽根ストレートは人生に必須の革靴ですね。

カジュアル寄りのレザーシューズであっても、色がブラックならフォーマルライクな印象が高まり、スタイリングの引き締め効果があります。

黒はとても使いやすい色。

そのため、デザインや形状違いで黒の革靴を何足かそろえると、何かと重宝します。

カジュアルに履ける革靴

  • 革靴といえばスーツ

というイメージは強いです。

革靴はスーツを着るときにだけ履く

という人も多いでしょう。

しかし、休日のカジュアルスタイルにもピッタリな革靴もあります。

  • 革靴の形状
  • デザイン

によって、フォーマル・カジュアル度合いが変わるため、その日のスタイリングに合わせて革靴を選ぶと、コーデの幅がグッと広がります。

カジュアルな服装を足元から引き締めてくれる革靴は、コーディネートのバランスを調整するのに便利です。

履きづらいイメージの強い革靴ですが、サイズが合った革靴は足への負担が少なく、ストレスなく履けます。

一路
一路
カジュアル用の革靴を取り入れれば、大人っぽい洗練された雰囲気をまとえますよ!

雨の日でも活躍する革靴

革は水に弱いです。

つまり、革靴も水に弱いということ。

革靴が雨で濡れたり、水跳ねがかかったりすると、革に水シミができてしまうことも…。

水シミを防ぐため、

  • 天気が悪い日は革靴を履かない

というのは1つの手段ですが、やはり革靴を履きたい気持ちは生まれます。

一路
一路
仕事で革靴を履かなければならない日もありますし…

そんなときは水に強い革靴を履きましょう。

撥水はっすい加工された革や、油をタップリ含んだオイルドレザーを使った革靴ならば、ちょっとやそっとの水濡れはなんてことありません。

雨の日でも水シミを気にすることなく、革靴を楽しめます。

履き続けるうちに変化する革靴の風合い

革靴は履き続けるうちに、革の風合いが変わっていきます。

いわゆる、

  • 経年変化

を楽しめるのが革靴の醍醐味だいごみの一つ。

人生を共に歩んでくれる相棒として、日々の暮らしをいろどります。

定期的なお手入れを心がければ、美しいエイジングをとげますよ。

スニーカーのような快適な履き心地の革靴

通りすがりの御方
通りすがりの御方
革靴って足が痛くなるんだよなぁ…
通りすがりの御方
通りすがりの御方
靴擦れする…

革靴に対して、

  • 履きにくい

というネガティブな印象を持っている人は少なくありません。

多くの場合、足と革靴のサイズが合っていないことが原因ですが、ピッタリなサイズを選んでも、履き心地の良さを追求したスニーカーと比べると、見劣りするのも事実です。

しかし、スニーカーと同等、むしろそれ以上の履き心地の良さを誇る革靴も存在します。

コールハーンの革靴は、履き心地の良さを追求したソール技術を採用し、スニーカーのような高い快適性を実現しています。

履き心地に不満があって革靴を敬遠している人は、コールハーンの革靴をぜひチェックしてみてください。

自分に合う革靴のサイズを知るために

革靴のサイズ選びはスニーカーとは違います。

サイズの合っていない革靴は、靴擦れ足の痛みの原因になります。

  • 自分の足のサイズを正確に知ること
  • 海外のサイズ表記を頭に入れておくこと
  • 靴の長さだけでなく、幅もフィッティングには重要であること

革靴の履き心地を高めるため、革靴を選ぶ際には上記に意識を向けるべき。

適切なサイズを選べば、革靴を快適に履けます。

一路
一路
ジャストサイズの革靴は、足に吸い付くようなフィッティングで歩きやすいですよ!

革靴のフィッティングを左右する靴紐の結び方

  • 革靴の締め付けが強くて歩きにくい

はたまた、

  • もうちょっと革靴のフィット感を高めたい

そのお悩み、靴ひもの結び方を変えると解消するかもしれません。

靴紐の結び方は意外と大事。

  • 足にフィットしやすい結び方
  • 長時間履き続けても疲れにくい結び方

などがあります。

また、見た目がスッキリする結び方はフォーマルな革靴に相性良し、なんて側面も。

靴の種類や用途によって靴ひもの結び方を使い分けると、快適なシューズライフを送れます。

革靴をファッショナブルに履きこなすために大事なベルトとの色合わせ

革靴をオシャレに履きこなすために意識したいのがベルトとの色合わせ

特に、スーツスタイルのときにはベルトは見える機会が多いため、革靴との色合わせには注意したいところ。

というのも、革靴とベルトの色が合っていないとチグハグ感が生まれ、イマイチあか抜けない印象に…。

  • 黒の革靴には黒のベルト
  • 茶の革靴には茶のベルト

と色を合わせればスタイリングに統一感が生まれ、コーデがスッキリまとまります。

一路
一路
清潔感や大人っぽさを演出できますよ!

革靴とベルトの色合わせがバラバラな人は少なくありません。

だからこそ、色合わせができている人は好印象。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
細かいところにまで気を使える人なんだ!

と、ポジティブなイメージに繋がります。

革靴をオシャレに履きこなすため、ベルトと色を合わせることを意識してみてください。

履きやすさと満足感で選ぶ!おすすめ革靴

革靴選びのご参考として、履きやすさと持つ喜びを感じるシューズブランドをご紹介します。

コールハーン
ranking-cole-haan
スニーカーのような履き心地の革靴多数!
アメリカ発のシューズ・アパレルブランド。
履き心地
革靴の常識をくつがえす快適な履き心地

記事を見る公式ページ

シェットランドフォックス
ranking-shetland-fox
履いて嬉しい高級感!
靴の美しさ・楽しさを提案するシューズブランド。
履く喜び
メイドインジャパンの日本人の足になじむ形状と高級感

記事を見る公式ページ

リーガル
ranking-regal
本格革靴を手軽に楽しむなら!
日本のシューズブランド。
コスパ
リーズナブルな価格で本格派革靴を楽しめる

記事を見る公式ページ