ガジェット

iPhoneの電池の減りが早まってきた?電池開発者が理由と対策を解説【交換が必要】

iphone-battery-deterioration-1

いまや僕たちの生活に欠かせない存在となったスマートフォン

あらゆるところで通話やウェブサイト閲覧、ネット通信を利用した各種サービスを楽しめるのは、スマホのおかげです。

スマホの中でも、圧倒的なシェアを持つiPhoneアイフォンを使っている方は多いでしょう。

かくいう僕もその一人。

日々、iPhoneを使う中で、こんなことが気になったこと、ありませんか?

  • 電池の持ちが悪くなった…
  • 最近になって電池の減りが速くなった…

データ容量が多い動画を見たり、システムやアプリのバックグラウンド更新で一時的に電池の減りが早くなることもあります。

しかし、常に電池の減りが早く慢性化しているのならば、原因は電池の劣化です。

一度劣化した電池は元に戻せません。

劣化した電池は容量が低く、電気をたくわえる力が弱まっている状態…。

そして、その劣化はどんどん進みます。

電池の持ちを復活させたいのなら、本体を変えるか、電池パックを交換する必要があるのです。

一方で、日頃の使い方次第では、電池の劣化を抑えられる可能性も。

本記事ではiPhoneの電池の減りが早くなる理由と、その対策について紹介します。

一路
一路
電池開発を生業なりわいとしている僕の視点で説明しますね!
この記事はこんな人にオススメ
  • iPhoneの電池の減りが早い!原因は?
  • iPhoneの電池を長く持たせるためにすべきことを知りたい
  • スマホの電池が劣化してきたらどうすれば良いの?

iPhoneを使い続けていくと電池の減りの早さに気付く

iphone-battery-deterioration-12

iPhoneをはじめとしたスマートフォンには、充電が欠かせません。

携帯するためには、端末に電気をたくわえておかなければなりませんからね。

そして、電池が減ってきたら充電して…。

そう。

電池は、

  • 使って、充電して

を繰り返します。

そうして1年、2年と時間が過ぎていくと、ある日気付くわけです。

一路
一路
あれ?
電池の減りが早い!

と。

iPhoneに限らず、その他のスマートフォン、携帯電話やノートパソコンを年単位で使ったことのある人なら、絶対に経験があるはず。

なぜなら、電池は劣化するから。

そして、使っている限り電池の劣化は必ず起こります。

試しにiPhone内の、

  1. 「設定」
  2. 「バッテリー」
  3. 「バッテリーの状態」

を確認してみて下さい。

iphone-battery-deterioration-9
iphone-battery-deterioration-10

購入当初は100%と表示されていますが、劣化していくと95%、90%と値が下がっていきます。

2年、3年と一切劣化が進まない電池は、この世に存在しないのです。

一路
一路
もしそんな電池ができたらノーベル賞並みの成果ですね!

iPhoneの電池が劣化する理由

電池は劣化するものです。

充放電を繰り返していくと、電池容量は下のイメージ図通り、下がっていきます。

iphone-battery-deterioration-11

iPhoneに内蔵されている電池もまた、使っていくうちに劣化します。

元々、満充電してしばらく使えていたiPhoneが、たった数分のうちにみるみるバッテリーが減ってしまう症状が出ているのなら、そのiPhoneの電池の寿命は近いはず。

一路
一路
この項目では、iPhone内蔵電池の劣化理由を説明しますね!

一口に電池といっても、その種類はさまざま。

電池の種類によって劣化の原因は異なります。

iPhoneをはじめ、スマートフォンに使われているのは主にリチウムイオン電池

リチウムイオン電池がなぜ劣化するのかを解説します。

リチウムイオン電池の劣化原因は、大きく以下に分類されます。

iPhone内蔵電池の劣化原因
  • 充電・放電による劣化
  • 保管による劣化
  • 高温による劣化

充電・放電による劣化

iPhoneの電池が劣化する原因の1つが充電と放電を繰り返すことです。

リチウムイオン電池をはじめとした充電池(二次電池)は、電気をたくわえるのに化学反応を利用しています。

リチウムイオン電池の場合、プラス側(正極)には金属酸化物、マイナス側(負極)にはグラファイトを使っており、正極と負極の間を化学反応によってリチウムイオンが移動する機構です。

充電と放電を繰り返すうち、すなわち、iPhoneを使い続けるうちに、正極と負極が劣化して、リチウムイオンを上手くやり取りできなくなっていくのです。

これにより、電気を貯める力が弱まってきます。

残念ながら、iPhoneを使う以上は避けられない劣化です。

保管による劣化

iPhone内蔵の電池は、保管によっても劣化が進みます

特に、充電が100%に近い状態で長い間保管しておくと、劣化が進みやすくなります。

というのも、100%に近い充電状態は電圧が高い状態です。

電圧が高い状態は、エネルギー的に不安定。

満タン近く充電されている状態のときの電池は、負極側にたくさんのリチウムが入った状態で高エネルギーを持っており、不安定になるのです。

その状態が長く続くと、安定化しようとする力が働き、不可逆性の化学変化が発生。

高い電池容量を発揮するための構造が壊れてしまいます。

しばらく使わないiPhoneは、電池の充電残量が80%以下くらいで保管するのがオススメです。

電池の保管状態に関連して、充電しすぎの反対、放電し過ぎもまた悪影響を及ぼします。

すなわち、電池は、

  • 過放電

に弱いです。

リチウムイオン電池は容量がなくなると、それ以上の放電を避けるために電気機器を停止させます。

いわゆる電池残量「0%」表示の状態です。

それ以上放電が進むと、電池として起動できる必要な電圧を下回ってしまい、電池として機能しなくなってしまう恐れがあります。

残量0%の状態で長期間放っておくのはやめましょう。

電池を長持ちさせるためには、

  • 充電し過ぎず
  • 放電し過ぎず

の適度な充電状態をキープするのがポイントです。

高温による劣化

iPhoneを高温の場所で使ったり、保管したりすることでも劣化は進みます

高い温度では電池内の化学反応が活発になり、構造崩壊や状態変化しやすくなるのです。

特に、満充電に近い状態でその影響は顕著に。

夏の車の中に置きっぱなしにしたり、冬場にポケットに入れたままコタツに入ったりすると、電池内部の材料が劣化しやすくなるのですね。

iPhoneを使うときや保管するときは、高温を避けましょう。

逆に、寒すぎるところだと電池の動作不良や異常のきっかけとなります。

高温環境がダメだからといって、電池を冷やすのもやめましょう。

一路
一路
基本的に、僕たちが快適だと感じる気温が電池にとっても快適です!

電池が劣化する具体的な事例

電池の劣化原因が分かれば、具体的にどのような使い方をすると劣化が早まるかが分かります。

先ほど述べたように、電池の劣化は負極材料として使用されているグラファイト(炭素)の構造が徐々に変化してしまい、炭素内に貯められるリチウムイオンの量が減ることが原因です。

リチウムイオンと電子は必ず対になって動きますから、リチウムイオンが減ればたくわえられる電気量もまた少なくなり、電池の持ちが悪くなるのです。

また、この変化は電池が十分に充電されている状態で、より促進されます。

先ほどまでの劣化原因は、少し抽象的な部分がありました。

この項目ではより具体的に、ありがちな事例をご紹介しますね。

夜間に充電し続ける

例えば、よくあるこんなシーン。

  • 夜寝る前にiPhoneを充電しておき、朝起きたときに満充電の100%になっておくようにする

これはダメです。

なぜダメなのかというと、iPhone内の電池が夜間、ほぼ常に満充電の状態になりますから劣化しやすくなります。

さらに、その満充電の状態で暖房の風が直接当たるところなど、高温の環境に放置すると、電池の劣化はものすごいスピードで進みます。

充電しながらiPhoneを使う

充電しながらiPhoneを使うことでも、電池の寿命を縮めてしまいます。

それを説明するためには、先ほど説明した、

  • 電池の劣化は熱が加わると加速する

ことを思い出しておきましょう。

では、iPhoneが熱を持つのはどのような状態かというと…。

当たり前ですが、使っている最中です。

iPhoneの使用中は、情報処理によって内部の電子回路が熱を持ちます。

特に、動画を再生したり、スマホゲームをプレイしていると、

通りすがりの御方
通りすがりの御方
iPhoneが熱い…

と感じやすいです。

負荷が大きい処理はそれだけiPhoneへの負荷が大きく、熱が発生しやすいのです。

この「」がポイントです。

先ほど、iPhoneの電池の劣化原因の1つに高温環境で使ったり、保管することが悪影響だと述べました。

iPhoneから出る熱が、iPhone自身の電池を劣化させる要因になるのです。

iPhoneを充電するときにも多少の熱は発生するので、相乗効果で熱が加わり、電池の劣化を招きます。

しかも、充電が進むと電池の電圧が上がり、これもまた劣化を促進。

満充電に近い状態での保管はNGだということは、先ほど述べた通りです。

つまり、

  1. iPhoneが満充電に近い状態で充電され続け、
  2. かつ情報処理に負荷がかかっている状態

だと、電池の劣化が進行しやすいということです。

iPhoneの電池劣化を防ぐ方法

先ほどご説明したiPhone内蔵電池の劣化原因に関して、裏を返せば、

  • 劣化を招く使い方を避ければ、電池の劣化を最低限で抑えられる

ということ。

つまり、iPhoneの電池の寿命を延ばしたければ、以下の項目に気をつけて使えば良いということになります。

  • iPhoneの充電状態を100%にしない
  • 暑いところにiPhoneを置かない
  • 充電しながらiPhoneを使わない
一路
一路
それぞれ詳しく見ていきましょう!

iPhoneの充電状態を100%にしない

iPhoneの充電状態を100%にしないのは、電池の寿命を延ばすためにはとても重要。

満充電に近い状態の電池は化学的に不安定なので、避けるべきです。

かといって、iPhoneの充電状態を0%の状態で長期間置いておくと、充電自体ができなくなる恐れがあります。

電池の充電状態は20%~80%の範囲に収めておくと、電池の寿命を早めずにすみます。

充電しっぱなしの状態はなるべく避けましょう。

暑いところにiPhoneを置かない

暑いところにiPhoneを置かないのも、内蔵電池を劣化させないために気を付けたいポイント。

  • 火やストーブなどの熱源の近くに置かない
  • 厚着しているときはジャケットの内ポケットには入れない

など、高温を避けてiPhoneを使いましょう。

長時間の動画を見ているときなど、

通りすがりの御方
通りすがりの御方
iPhoneが熱いな…

と感じたら、休ませてあげるのも対策としてGOOD。

自らの目を過度に疲れさせない意味でも、休息は大事ですよ。

充電しながらiPhoneを使わない

充電中はiPhoneを使わないようにすることもまた、電池を長持ちさせる重要なポイントです。

iPhoneが熱を持ちやすい動画再生やファイルダウンロード中などは、特に注意が必要。

高温かつ満充電に近い状態で、電池の劣化は急加速します。

裏を返せば、iPhoneにそれほど負荷がかからない情報処理ならば熱を持たないため、充電しながらの同時進行でも問題ありません。

充電中はアプリを複数起動させないなど、iPhoneの情報処理を軽くしてあげましょう。

電池の劣化を遅らせるための具体的な対策方法

長期間使わない場合は、満充電状態ではなく電池の残容量を80%未満程度に減らしておくことが大事です。

あわせて、高温にならない場所で保管しましょう。

以上のような対策をとれば、iPhone内蔵電池の劣化はある程度抑えられます。

とはいえ、完全に防ぐことはできません。

iPhoneの電池が劣化した後の対策

これまで述べた対策をしておけば、電池の寿命を延ばせます。

しかし、電池は消耗品。

遅かれ早かれ、必ず劣化します

iPhoneをストレスなく使うためには、遅かれ早かれ電池を替えなければなりません。

一路
一路
1年でダメになるか、3年持つか、そういった違いはもちろんありますけどね!

いずれにしろ、劣化した電池を元の状態には戻せません。

iPhoneの電池の減りが早く、劣化が進んでしまっている場合は、電池を新しいものにする必要があります。

電池の減り具合や充電にかかる時間をよく見て、適切な時期に交換するのがオススメです。

電池を新しくするには、以下の2通りの方法があります。

  1. iPhone本体を買い換える
  2. iPhoneの電池パックを交換する

iPhone本体を買い換える

電池が劣化してきたとき、まず考えるのがiPhone本体を買い換えること。

電池が劣化したiPhoneをそのまま本体ごと交換します。

電池の劣化が気になる頃には、既にそのiPhoneは型落ちになっていることでしょう。

新型の高性能なiPhoneが登場しているはずです。

新しい電池で新型iPhoneを使うのは、電池が劣化したときの対処法の1つですね。

一路
一路
値段が張るのがたまにきずです!

かくいう僕も、電池の減りの早さが気になってきたので、iPhoneを買い替えました。

iphone-battery-deterioration-2

「iPhone7」から「iPhone12 mini」へ。

iphone-battery-deterioration-3

電池の減りが気になり始めたのは、2年ほど使ったところで。

それからさらに1年ほど使い、本体交換に踏み切りました。

iPhone7は丸3年以上使いましたね。

一路
一路
がんばってくれました!

iPhone7とiPhone12 miniの性能差はこんな感じ。

スクロールできる表
項目iPhone7iPhone12 mini
容量32GB
128GB
64GB
128GB
256GB
ディスプレイIPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーンLCDディスプレイ5.4インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
耐水性能最大水深1メートルで最大30分間最大水深6メートルで最大30分間
チップA10 FusionチップA14 Bionicチップ
カメラシングル12MPカメラ(広角)デュアル12MPカメラシステム(超広角、広角)
ナイトモード
ビデオ撮影4Kビデオ撮影(25fpsまたは30fps)4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
フロントカメラFaceTime HDカメラTrueDepthカメラ
セキュア認証Touch IDFace ID
バッテリービデオ再生:最大13時間ビデオ再生:最大15時間

加えて、iPhone12 miniはMagSafeアクセサリにも対応したワイヤレス充電機能があり、高速充電にも対応。

iphone-battery-deterioration-7
  • Ceramic Shieldの前面
  • ガラスの背面
  • アルミニウムを使った高耐久性
  • スタイリッシュなデザイン

なども、iPhone12 miniの強みです。

iphone-battery-deterioration-4 iphone-battery-deterioration-5 iphone-battery-deterioration-6

カメラの高性能っぷりは言わずもがな。

iphone-battery-deterioration-8

これだけの性能差があるのなら、本体交換の良いタイミングと判断した次第です。

iPhone12 miniの特長
  • 5G対応
  • ナイトモードでの写真撮影可
  • 高解像度のディスプレイ搭載
  • 耐落下性能を向上させたCeramic Shield1採用
  • 磁力を利用した「MagSafe」対応

iPhone12には「mini」以外に、「Pro」や「Pro Max」といったバリエーションが存在します。

ちなみに、こちらは「iPhone 12 Pro」。

iphone-battery-deterioration-13

カメラのレンズが3つあるのが「iPhone 12 Pro」の特徴ですが、本体がminiよりも大きい点は電池の持ちにも影響します。

iphone-battery-deterioration-14

基本的に、スマートフォンの本体が大きいほど、電池の持ちが良いです。

実際、電池容量は、

iPhone 12 Pro > iPhone12 mini

なので、スマホ本体のサイズを選ぶ際には、電池がどのくらい長く持つのかも判断基準に入れておくのをオススメします。

本体が大きい場合かさばるけれども、電池持ちが良い
本体が小さい場合電池持ちはそこまで期待できないが、携帯性に優れる

iPhoneの電池パックを交換する

通りすがりの御方
通りすがりの御方
iPhone本体ごと買い換えるのがコスト的にちょっとなぁ…
通りすがりの御方
通りすがりの御方
今のiPhoneのデザインやサイズが気に入っている!

なんて人は、電池パックのみ交換するのがオススメ。

iPhoneの電池交換はApple storeで依頼可能です。

街のスマホ修理店でも対応しているお店もあります。

一路
一路
iPhone本体ごと買い替えるよりも安くできますよ!

iPhoneの電池の減りが早いなら交換を検討しましょう

本記事ではiPhoneの電池の減りが早まる原因と対策について書きました。

スマホ内蔵の電池は遅かれ早かれ必ず劣化します。

しかし、きちんと対策を打てば電池の寿命は大きく延ばせます。

それでも電池の減りが気になってきたら、iPhone本体ごと交換するか、電池パックを交換しましょう。

永久に劣化しない電池はありませんから、それも必要費用。

電池を新しくしてiPhoneを快適に使いましょう。

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

small-gadget-travel-1
旅行のお供に便利!コンパクトなスマホ用充電ガジェット4選旅行や出張でスマートフォンや携帯電話を充電したいときに使うモバイルバッテリーや接続ケーブルはコンパクトなことに越したことはありません。小型の充電機器や収納ケースを活用すれば外出先でも電子機器をスマートに充電できます。充電用ガジェットを楽に持ち歩きたいという方はこの記事を読んでみてください!...
muji-mobile-battery-1
【コンセント直接接続が便利】プラグ付きモバイルバッテリーをレビュー!【無印良品】コンセントプラグ内蔵型のモバイルバッテリーをお探しなら無印良品の急速充電器付きモバイルバッテリーがオススメ!プラグとバッテリーが一体となっているため、接続ケーブルを使わずにコンセントからの充電が可能。モバイルバッテリーとしてだけでなく電源プラグとしても使える、2つの機能を持った便利アイテムです。...
portable-lightning-cable-1
おすすめの携帯用ライトニングケーブル「BANDWIRE」で電子機器がいつでも充電可能モバイルバッテリーは持っているものの、充電用のケーブルが無いこと、ご経験ありませんでしょうか?iPhoneの充電に必要なライトニング(Lightning)ケーブル、それが常に携帯できるとしたら?この記事では、どこにでも引っ掛けられる携帯用のオシャレなライトニングケーブルであるNuAnsのBANDWIRE(バンドワイヤ)をご紹介します。...
making-private-space-1
いつでもどこでも自分だけの空間を作る方法は?【ノイキャンイヤホン活用】リモートワークや外でのパソコン作業のとき、周囲の音が気になったこと、ありませんか?「周りがうるさいと集中できない」とお悩みの人におすすめなのがノイズキャンセリングイヤホンを使うこと。周囲の音をシャットアウトし、その場が自分だけの空間に。耳に付けた瞬間、プライベートルームが誕生します。高品質なノイキャンイヤホンAirPods Proと、フィット感を高めるコンプライのイヤーチップで静寂な世界を作る方法をご紹介した記事です。...
イケアで激安充電池を見つけて即買い!この価格で二次電池を買えるとは!もはや生活必需品となった充電池。イケアでも取り扱いがあるんです。しかも激安で!これはもう買うしかないじゃないですか。低容量タイプと高容量タイプから用途によって選べる親切設計です。そんなイケアの電池、見ていきましょう!...
watch-battery-change-29
グランドセイコーの電池交換方法を解説!ウェブ依頼で簡単【かかる日数は?】グランドセイコー(Grand Seiko)のクオーツ時計の電池を交換する方法を解説した記事です。かかった日数についても書いています。...
Amazonギフト券チャージでお得に買い物する方法
amazon-charge-cta

Amazonで買い物するならAmazonギフト券チャージタイプを活用しましょう。

Amazonアカウントに現金チャージするごとに、チャージ金額に応じて通常会員なら最大2.0%プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。

AmazonポイントはAmazonでの商品購入に利用できるポイントです。1ポイントにつき1円のレートで買い物に使えます。
チャージ金額とポイント表(スクロールできます)
1回のチャージ金額もらえるポイント(通常会員)もらえるポイント(プライム会員)
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

まとめてチャージするとポイントがアップします。Amazonで買い物する機会が多い人ほどお得です。

コンビニ・ATM・ネットバンキングなどで現金支払い可能なので、クレジットカードなしで安心の買い物ができます。

Amazonのチャージの仕方
  1. 下記のボタンをクリック
  2. 現金で5,000円以上をチャージ(支払い方法はコンビニ・ネットバンキング・ATMのいずれか)
  3. ポイントを受け取る(ポイント付与日は利用明細をチェック)

▼Amazon公式サイトへ▼
Amazonギフトをチャージしに行く

こんな記事も読まれています