バイタリティ

エックスサーバーって何?サイト開設に人気のレンタルサーバー【特長を解説】

what-x-server-1
通りすがりの御方
通りすがりの御方
ブログを始めたくて色々調べると「エックスサーバー」ってよく見かけるなぁ…
通りすがりの御方
通りすがりの御方
ブログを始めるのならエックスサーバーを使うのがオススメっぽいけど…
通りすがりの御方
通りすがりの御方
ぶっちゃけ、エックスサーバー自体が何なのかよく分からない…
一路
一路
そんなお悩みをお持ちの方は、この記事をチェック!

エックスサーバーは「エックスサーバー株式会社」が提供する、レンタルサーバーサービスの一種です。

ウェブサイトを作る際には、ウェブ上にサイトデータを置く場所が必要です。

それがサーバー。

いわば、ウェブ上の土地ですね。

ウェブ上の土地をレンタル形式で借りれるのがレンタルサーバー。

そして、レンタルサーバーの中でも、エックスサーバー株式会社が運営しているのがエックスサーバーなのです。

レンタルサーバーサービスは各社から様々展開されていますが、エックスサーバーの利点は総合力の高さ。

サーバー機能として求められる、

  • 速いサイト速度
  • アクセス集中した際の安定動作

はもちろんなのですが…。

  • 自動バックアップ機能で不測の事態に対応
  • カスタマーサービス体制が万全

と充実のサービスが受けられます。

また、ブログを始めるために必要なWordPress(ワードプレス)も簡単にインストールできるため、ブログ開始のハードルがとても低いのが特長。

ブログを始めたいと思ったら、まずチェックしたいのがエックスサーバーです。

ということで本記事では、レンタルサーバーの一種、エックスサーバーの詳細と実際に使ってみて感じたメリットとデメリットについてご紹介します。

この記事はこんな方にオススメ
  • エックスサーバーって何?
  • エックスサーバーの良いところが知りたい
  • エックスサーバーのイマイチな点は?
エックスサーバーの特長
  • 国内最大級の人気を誇るレンタルサーバー
  • 最新の高性能サーバーマシン、総計1.39Tbpsの大容量バックボーン
  • 各種高速化機能による圧倒的な高速性能
  • 稼働率99.99%以上の高安定性
エックスサーバー利用料金
契約期間月額
3か月1,320円(税込)
12か月1,100円(税込)
36か月990円(税込)

200GB以上の大容量で月額990円(税込)から使えるのは、他社と比べても高コスパです。

サーバーとは

what-x-server-12

サーバーとは、英語で「給仕者」を意味する言葉。

利用者のウェブサイト閲覧の要求に対して、対応するデータを提供するコンピュータやプログラムをサーバーといいます。

サーバーにはウェブサイトのデータが保管され、リクエストのあったデータを適宜取り出す機能があります。

僕たちがインターネットブラウザにURLを入力するとページが表示されるのは、サーバーがデータを提供してくれているからなのです。

一路
一路
いわば、サーバーはデータの土地です!

エックスサーバーはレンタルサーバーの一種

what-x-server-10

ウェブ上の土地、それがサーバー。

そして、サーバーの中にはレンタルサーバーという種類があります。

レンタルサーバーは1台のサーバーを、複数の利用者でシェアして使う仕組み。

単独で使えるサーバーは専用サーバーといいます。

レンタルサーバーは複数人でシェアできるため、費用が抑えられるのが特長。

この記事でご紹介するエックスサーバー(Xserver)もまた、レンタルサーバーの一種です。

エックスサーバーはエックスサーバー株式会社が運営しており、メンテナンスもお任せ。

レンタルしている人の手間がかかりません。

その分、レンタル費用が掛かりますが、メンテの手間を考えれば安いものです。

運用が楽なのがレンタルサーバーの最大のメリット。

一路
一路
エックスサーバーもまたしかり!

エックスサーバーは国内最大級の人気を誇るレンタルサーバーサービスで、安定性と高速性に優れたサーバー環境が魅力。

ユーザーの使いやすさを追求したサーバーです。

一方、エックスサーバーを含むレンタルサーバーは、複数人でシェアして使う性質上、細かなカスタマイズができないのがデメリットです。

ブログ運営程度ならカスタマイズする必要がないので、影響はないですね。

エックスサーバーは「エックスサーバー株式会社」が提供するレンタルサーバーの一種

エックスサーバーの魅力



エックスサーバーは、初心者でも安心して使えるのが魅力です。

ウェブサイト未経験の初心者でも、安心して使えます。

一路
一路
当時、ウェブサイト構造の右も左も分からない僕でも、簡単にブログを始められました!

具体的に、エックスサーバーには以下のメリットがあります。

エックスサーバーの利点
  • サイトが高速
  • 初めてでもウェブサイト開設が簡単
  • サーバーと一緒にドメインを取得可能で手間が省ける
  • サーバー稼働が安定している
  • データのバックアップを自動で実施
  • 利用者が多い

それぞれ見ていきますね。

サイトが高速

what-x-server-4

エックスサーバーはウェブサイトを高速で表示できます。

高速表示の何が良いかというと、ページを閲覧する人を待たせません。

例えば、サイトにアクセスして、

  • 1秒で表示されるページ

と、

  • 10秒で表示されるページ

どちらが閲覧しやすいでしょうか?

圧倒的に、1秒で表示されるページですよね。

待たされれば待たされるだけ、

通りすがりの御方
通りすがりの御方
このページ、もう見なくていいや…
次のサイトを見てみよう!

となってしまいます。

見る人を待たせずにすむ高速表示は、レンタルサーバーで非常に重要な要素です。

エックスサーバーは、

  • Xアクセラレータ
  • ブラウザキャッシュ
  • サーバーキャッシュ

といった設定が搭載され、ウェブサイト閲覧をストレスなく実現しています。

Xアクセラレータとは
  • Webサイトを高速・安定化させるための機能
  • 静的ファイルの高速化とPHPプログラムの高速化が図れる
ブラウザキャッシュとは
  • サーバー上でファイルのキャッシュが作成される機能
  • Webサイトの表示速度・同時アクセス数を大幅に向上させる
サーバーキャッシュとは
  • 同一ファイルへの再アクセス時にブラウザ側のキャッシュファイルを利用する機能
  • 表示速度の向上や転送量の軽減が可能

サイト表示が速いのがエックスサーバーの魅力です。

一路
一路
サーバーとしての性能が高いですよ!

初めてでもウェブサイト開設が簡単

what-x-server-2

ブログやウェブサイトを運営したことのない人は、

  • 本当にサイトを開設できるのか…

なんて不安があるはず。

かつての僕はそうでした。

ブログを始めるにあたって、CMSContent Management System:コンテンツ管理システム)を導入する必要があります。

有名どころではWordPress(ワードプレス)です。

what-x-server-3

WordPressをインストールしなければブログは書けませんし、ウェブサイトも開設できません。

通常、WordPressのインストールは、初心者には技術的ハードルが高いのですが、エックスサーバーであれば安心。

エックスサーバーはWordPress簡単インストール機能を搭載しているため、初めてでも簡単にWordPressをインストールできます。

クリックひとつでOKです。

誰でも手軽にWordPressが導入可能で、非常に便利。

迷うことなくWordPressを開始できます。

一路
一路
初心者にも優しい!

サーバーと一緒にドメインを取得可能で手間が省ける

what-x-server-5

ブログを含むウェブサイトの運営には、

  • ドメイン

が必要です。

サーバーが土地なら、ドメインは住所。

住所がなければ、誰も訪れることはできません。

レンタルサーバーとドメインはサイト運営ではワンセット

どちらも必ず必要です。

レンタルサーバーとドメインは様々な企業がサービスを提供しています。

そのため、別々の会社と契約することが多く、管理が手間で面倒になりがち…。

しかし、エックスサーバーにはドメイン取得サービスの「エックスドメイン(Xdomain)」が用意されており、サーバーとドメインをセットで準備できます。

エックスサーバーなら、サーバーとドメインを一緒に契約できるのです。

エックスサーバーの管理画面で一括管理が可能。

一路
一路
契約がばらけないのは楽で良いです!

サーバー稼働が安定している

what-x-server-9

エックスサーバーは稼働安定性が高いのも魅力。

安心してウェブサイト運営ができます。

エックスサーバーは電源、空調、防火システムを完備した、日本国内のデータセンターで管理されています。

自分の大事なサイトデータを安心して任せられるのです。

サーバー稼働率は99.99%以上。

常に安定したサーバー環境が提供されます。

高性能なサーバースペックであるため、並列処理に強く、同時に大量アクセスがあっても問題なく稼働。

エックスサーバーは高速かつ安定した動作を実現しています。

いわゆる、

  • 鯖落ち(さばおち:サーバーがダウンすること)

でサイトにアクセスできないこともなく。

僕自身、エックスサーバーが落ちた経験は今まで一度もありません

一路
一路
安定感抜群の頼れるレンタルサーバーです!

データのバックアップを自動で実施

what-x-server-7

ウェブサイトを運営していて怖いのが、データが消えること。

今までやってきたことが水の泡になるのは、絶対に避けたいですよね?

エックスサーバーには自動バックアップ機能があるため、いざというときでも安心です。

サーバー上のデータを毎日自動でバックアップし、サーバーにコピーしています。

誤操作でデータを削除してしまってもバックアップが常に準備されている状態。

すぐにデータを復旧可能です。

エックスサーバーの評判が高い理由のひとつが、自動バックアップ機能がもたらす安心感なのです。

利用者が多い

what-x-server-8

繰り返しになりますが、エックスサーバーは国内でもトップクラスの人気を誇るレンタルサーバーサービスです。

つまり利用者が多いということ。

高性能かつ高い信頼性を背景に、エックスサーバーには190万以上のサイト運用実績があります。

一路
一路
個人だけでなく、企業にも人気を得ている点もポイント高し!

利用者が多いとトラブル発生時に有利です。

というのも、問題をインターネットで検索すれば、解決策がすぐに見つかる可能性が高いから。

仮に問題解決にいたらなくても、エックスサーバーは電話やメールでの問い合わせができるサポート体制も充実。

困ったときの対応がしやすいです。

一路
一路
初心者には特にありがたい!

エックスサーバーのデメリットは?

what-x-server-6

メリットあるところにデメリットあり。

ということで、エックスサーバーのデメリットをあげてみます。

…。

……。

う~ん…。

なんですかね~…。

…。

なしですね。

ホントになし。

エックスサーバーで不満を感じたことがありません。

3年以上使い続けているのが、その証拠です。

先述の通り、細かなカスタマイズ性を求めるなら専用サーバーに分がありますが、僕自身、サーバーカスタマイズの必要性を感じたことはなく。

一路
一路
今後も感じないでしょう!

いて言えば、レンタルサーバーはお金がかかるというのが、デメリットといえばデメリットといえるかもしれませんが…。

それはレンタルサーバー全てにいえることで、エックスサーバーだけの話ではないですし…。

先ほどの項目で述べた魅力の恩恵を受けれることを踏まえれば、はっきりいってコスパはめちゃくちゃ良いです。

  • 3か月契約で月額1,320円(税込)
  • 12か月契約で月額1,100円(税込)
  • 36か月契約で月額990円(税込)
一路
一路
200GB以上の大容量が、月額990円(税込)から使えるのは、他社と比べても高コスパですよ!

エックスサーバーに申し込んでブログを始める方法

この項目では、エックスサーバーに申し込んで、WordPressでブログを開設するまでの手順を図付きで解説します。

ブログ開設までの流れは、以下の5ステップ。

  • エックスサーバーの申し込み
  • 本契約手続き
  • ドメインの取得
  • 取得したドメインをサーバーに設定
  • WordPressのインストール

以上の簡単作業で自分だけのブログが完成します。

エックスサーバーの申し込み

まずはエックスサーバーの公式サイトにアクセスします。


以下の画像の通り、進めていきましょう。

はじめに、「10日間無料お試し新規お申し込み」を選択します。

そして、サーバーの契約内容を選択してください。

これから始める初心者の方は「X10」プランで十分です。

このブログもX10プランで運営しています。

2021年10月4日以降、「X10」プランは「スタンダード」プランに名称が変更されました。

プランを選んだら「Xserverアカウントの登録へ進む」をクリック。

次に、自分の情報を入力します。

情報入力後、「次へ進む」をクリックしましょう。

メール認証画面に進みますので、送られてきた確認コードを入力します。

その後、「次へ進む」をクリックしましょう。

今一度、入力した内容を確認してから「この内容で申込みする」をクリックします。

次は、SMSや電話を利用した本人認証ステップへ。

「認証コードを取得する」をクリックしましょう。

すると、SMS、または、電話の自動音声で認証コードが送られてきます。

申し込み画面の空欄の箇所に入力しましょう。

そして、「認証して申し込みを完了する」をクリック。

申し込み完了画面が出てきます。

ここまでで、仮利用申請は完了。

10日間のお試し期間があるので使用感を確認するのも良し。

このまま本契約に進むも良しです。

続いて、本契約手続きのやり方について解説していきます。

本契約手続き

先ほど、仮の利用登録が済んだので、エックスサーバーのアカウント画面にログイン可能になっています。

「Xserverアカウント」にログインしましょう。

ログイン後、画面上部の「料金支払い」をクリック。

表の左端にチェックを入れてから、契約期間を選択し、「支払方法を選択する」ボタンをクリックします。

1回の契約期間が長いほど、お得にサーバーが使えます。

希望する支払い方法を選択し、「決済画面へ進む」をクリックします。

ここでは、クレジットカードの場合の決済方法を載せますね。

その他支払方法を選んだときは、画面の指示に従って操作を進めましょう。

カード番号、有効期限、セキュリティコードを入力し、「確認画面へ進む」をクリックします。

「支払いをする」をクリックします。

これにて支払い完了です。

これでサーバー利用のための契約が完了です。

現状、ウェブ上の土地は手に入れた状態。

続いて、住所に相当する「ドメイン」を取得します。

ドメインの取得

まずは「Xserverアカウント」にログインします。

そして、「+ドメイン取得」をクリック。

これから開設するウェブサイトのアドレスとして設定したい文字列を入力し、末尾の「.com]など、お好みの文字列を選択。

その後、「ドメインを検索する」をクリックします。

誰にも使われていない文字列なら取得可能です。

メールアドレスや電話番号と同じように、既に使われている文字列の場合は取得できません。

「お申し込み内容の確認とお支払いへ進む」をクリックします。

続いて、ドメイン取得料金を支払います。

支払方法を選んで決済しましょう。

料金の支払いが反映されれば、ドメイン名の取得完了です。

これでウェブの住所、ドメインもゲットできました。

取得したドメインをサーバーに設定

お次は、取得したばかりのドメインをサーバーに設定します。

エックスサーバーの土地に住所を設定するのです。

まずは、エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

サーバーパネル上の「ドメイン設定」をクリックしましょう。

「ドメイン設定追加」をクリックします。

取得したドメイン名を入力し、「確認画面へ進む」をクリック。

確認画面に切り替わるので「追加する」をクリックしましょう。

これにてドメインの設定は完了です。

一路
一路
エックスサーバー(土地)に、自分だけのドメイン(住所)ができました!

WordPressのインストール

いよいよブログ作成ソフトのWordPressを使うための設定へ。

まずは、サーバーパネルの「WordPress簡単インストール」をクリックします。

先ほど設定したドメイン名を選択します。

そして、「WordPressインストール」をクリック。

ブログ名など、必要な情報を入力してから「確認画面へ進む」をクリックします。

切り替わった画面で「インストールする」をクリックしましょう。

これでWordPressのインストールが完了しました。

上の写真に記載のある、管理画面のURLは自分のブログサイトの編集画面にアクセスするために必要です。忘れないように上の画面はスクショしておくなり、メモしておくなりしておきましょう。

管理画面のURLへ移動し、自分のユーザー名とパスワードを入力すると、WordPressブログにアクセスできます。

これでブログ開設は完了です。

一路
一路
ウェブ上の自分だけの城を、どんどん作り込んでいきましょう!

エックスサーバーは快適なサイト運営を実現する

what-x-server-11

本記事では、エックスサーバーの詳細とメリット・デメリットについて書きました。

ブログをはじめとしたウェブサイト運営のためには、サーバーが必須

レンタルサーバーは手軽に使える便利さがあり、各社からレンタルサーバーサービスが提供されています。

その中で、エックスサーバー株式会社が運営するレンタルサーバー、「エックスサーバー」は、総合力に優れたサーバーで抜群の使いやすさと安心感が魅力です。

  • ウェブサイトの高速表示
  • サーバー安定稼動

といったサーバーとしての基本的な能力の高さはもちろん、

  • 自動バックアップ機能
  • WordPress簡単インストール

などの利便性を重視した充実のサービスもまた、見逃せないメリットです。

月々のレンタル費用こそ掛かりますが、上記の魅力を踏まえれば圧倒的なコストパフォーマンスの良さを誇ります。

使っていて大満足のレンタルサーバー、それがエックスサーバーです。

ブログを始めたい!

と、レンタルサーバーを検討されている方は、ぜひチェックしてみてください。

エックスサーバーの特長
  • 国内最大級の人気を誇るレンタルサーバー
  • 最新の高性能サーバーマシン、総計1.39Tbpsの大容量バックボーン
  • 各種高速化機能による圧倒的な高速性能
  • 稼働率99.99%以上の高安定性

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

この記事はこんな方にオススメ
  • エックスサーバーって何?
  • エックスサーバーの良いところが知りたい
  • エックスサーバーのイマイチな点は?
エックスサーバーの特長
  • 国内最大級の人気を誇るレンタルサーバー
  • 最新の高性能サーバーマシン、総計1.39Tbpsの大容量バックボーン
  • 各種高速化機能による圧倒的な高速性能
  • 稼働率99.99%以上の高安定性
エックスサーバー利用料金
契約期間月額
3か月1,320円(税込)
12か月1,100円(税込)
36か月990円(税込)

200GB以上の大容量で月額990円(税込)から使えるのは、他社と比べても高コスパです。

improve-writing-skill-1
文章力を高めたいならブログがおすすめ!3つの理由を解説【書くことに慣れる】「文章が上手く書けない…」「文章力を高めたいけどどうすれば良いのか…」なんてお悩みの方はブログを始めるのがオススメ。自分の好きなことを書けるブログは楽しく書き続けられるので、文章を書くことに慣れやすいです。文章への苦手意識は書き続けることで解消され、表現法や文章構成能力もだんだんと高まっていきます。文章力を成長させたいなら、この記事を要チェック!...
blog-preparation-1
【WordPress導入】ブログを始めるために準備したことまとめ【PC購入】僕がブログをはじめるにあたって準備したことや実践したことをまとめた記事です。WordPressの設定やパソコン購入、ASPへの登録など。最初の準備こそ少し手間がかかりますが、一度はじめてしまえば運営は簡単!すぐに自分の城を構えられます。ブログを備忘録として、自らの情報を発信する場所として、楽しみながら活用してみては?...
blog-asp-1
ブログを開設したらASPに登録しよう!初心者におすすめのメジャーどころは?【お小遣いを稼ぐ】ブログを始めたらASPに登録してみては?ASPとは広告主とブログ運営者をつなぐ仲介サービスのこと。自分のブログに広告を載せて、それが売れると紹介手数料として報酬をもらうことができます。楽しくブログを書きつつ、ちょっとしたお小遣い稼ぎもできるようになりますよ!...
word-press-start-8
ブログ始めるならエックスサーバーがおすすめ!WordPressが初心者でも簡単にパソコン初心者の僕がブログを運営できている理由、それはレンタルサーバーサービスのエックスサーバー(Xサーバー)にあります。ワードプレスの簡単インストールや独自ドメイン取得のサポートなど、素人にも魅力的なサービスが充実しているため、知識がなくても簡単にブログを始めることが可能です。ブログ運営にご興味ある方、是非検討ください!...
lavie-laptop-2
【高性能で軽量】携帯用パソコンNEC LAVIE Direct PM(X)を購入!【ブログも捗る】ちょっとしたパソコン作業用に手頃なノートPCが欲しいなぁ…。そんな方はNEC LAVIE Direct PM(X)をチェックしてみてください。軽めの作業なら余裕でサクサク動くノートパソコンです。NECのウェブページからCPUやストレージ容量を自分好みにカスタマイズできるので、とても満足度の高いパソコンを手に入れることができますよ。僕はこのPCを片手に、カフェ作業にいそしみます!...
record-clothes-1
【どんな服持ってたか忘れた】買った洋服を記録に残すと買い物の失敗を防げます買った洋服を忘れてしまう問題。似たようなデザインや色の服を買ってしまった…。なんてご経験のある方にオススメの「ブログに洋服を記録する方法」について解説した記事です。スマホアプリでも管理できますが、サービス終了で記録した服のデータが消えてしまうかも。そんなリスクは自分専用ブログを持つことで解消します。写真やサイズ、洗濯の仕方などをまとめて記録できるのがブログの強みです。...
簡単導入でラクラク!ウェブサイト開設に【エックスサーバー】

blog-start-cta
「ブログを始めたいなぁ…」と思ったらエックスサーバーをチェック!
WordPressを簡単にインストール可能で、素早く・簡単にブログを始められます。

▼エックスサーバー公式サイトへ▼
今すぐブログを始める

▼エックスサーバーとは▼
エックスサーバーの解説記事を見る