ノンネイティブのオックスフォードシャツをレビュー!ヘビロテ確定のシンプルトップス

nonnative-oxford-shirt-6

シャツはフォーマルな場はもちろん、カジュアルシーンでも使いやすい、服の中でも定番的なアイテム。

フォーマルなドレスシャツの生地は繊細でシワがよりやすく、アイロンがけが必須。

一方で、カジュアルシーンで着るシャツはシワがよりにくかったり、洗ってもくたらないタフな素材で作られることが多いです。

オックスフォード生地もタフな素材の一つ。

ガシガシ洗濯してもへっちゃらなオックスフォード地はカジュアルシャツに相性抜群です。

国内ファッションブランドのnonnativeノンネイティブが作り出すシャツの「DWELLER B.D. SHIRT」は、ピンオックスで作られたリラックスシーンにピッタリなボタンダウンタイプのオックスフォードシャツ。

同ブランドの定番かつ普遍的なデザインラインである「DWELLER」シリーズのラインナップの中でも安定の人気を誇るアイテムです。

本記事では、ドメスティックブランドのnonnativeが作り出すオックスフォードシャツの詳細について書きました。

  • シャツは定番だからこそこだわりたい
一路
一路
そんな人はぜひ読んでみてください!

ガシガシ洗えるタフなシャツ・それが「オックスフォードシャツ」

オックスフォードシャツは平織りで織られた生地であるオックスフォード地を使用したシャツのこと。

オックスフォード生地とは
  • 縦糸と横糸を2本ずつ引き揃えて織られた目の粗い生地
  • しなやかな肌触りで通気性がよく、光沢もある
  • イギリスのオックスフォード大学に由来する

オックスフォードの特徴としては、

  • 生地として比較的厚手でタフな素材
  • 通気性が高い
  • 肌触りが柔らかい

という点があげられます。

オックスフォード地は洗いざらしの状態でもシワが目立ちにくく、アイロンをかけなくてもさまになります。

フォーマルなブロード生地とは異なり、オックスフォード地で作られたシャツは、カジュアルシーンでも気兼ねなく、ガシガシ着ることができるのです。

フォーマル過ぎず、カジュアルすぎないオックスフォードシャツはオフィスカジュアルシーンでも大活躍の定番アイテムです。

nonnativeのDWELLER B.D.シャツ

使い勝手の良いオックスフォードシャツは、多くのファッションブランドが展開しています。

今回ご紹介するオックスフォードシャツもそのうちの1つ。

それがこちら。

nonnative-oxford-shirt-5

ノンネイティブ(nonnative)の「DWELLER B.D. SHIRT RELAXED FIT COTTON PIN OXFORD」という商品です。

nonnative-oxford-shirt-13

シャツのディティールを説明する前にnonnativeというブランドについて概要を紹介しておきます。

ノンネイティブ(nonnative)とは

nonnative-oxford-shirt-4

nonnativeノンネイティブは「属さない」という意味をコンセプトとしたドメスティックブランドです。

また、「悠然と生きる」というコンセプトも合わせ持ち、それらをベースとしたものづくりを行っています。

1999年にサーフェン智さんがスタートさせたブランドで、現在のデザイナーは藤井隆行さん。

藤井さんはBEAMSやSilasなどいくつかのショップで販売員の経験を積まれ、2001年からnonnativeのデザイナーとなっています。

ロゴなどによるブランドの主張は控えめに、着心地やシルエットなど、服としての機能を優先させているそう。

nonnativeの洋服たちは、着用する方がまとう雰囲気や空気を引き出すことに重きを置いているため、何年も着込んだような人と服のなじみ感が得られます。

nonnativeのオックスフォードシャツの詳細

nonnativeが展開するラインナップの中の1つのシリーズがDWELLER

DWELLERとは「住人」という意味。

流行に左右されない、普遍的で定番と呼ばれる落ち着いた雰囲気のアイテムが取り揃えられたシリーズです。

「DWELLER B.D. SHIRT RELAXED FIT COTTON PIN OXFORD」は、そんな定番ラインのオックスフォードボタンダウンシャツ。

nonnative-oxford-shirt-9

特長はリラックス感のある、ゆとりあるフィッティングと、光沢があり柔らかなピンオックスフォードを使っている点。

ピンオックスフォードは正式にはピンポイントオックスフォードといいます。

比較的細い糸である高い番手をつかっているため、通常のオックスフォード地よりも光沢が増し、 しなやかで上品な素材感を楽しめる生地です。

ピンオックスももちろん、ガシガシ洗濯OK。

nonnative-oxford-shirt-8

コットン100%で特別気を使うことなく、ラフに着れます。

ピンオックスフォードを使用したリラックスシルエットのボタンダウンシャツは、肩幅と身幅がややゆったりとしたデザインで、とても着やすく設計されています。

ラウンドカットされた裾はジャケットなどの他のアイテムとのレイヤードが楽しめる仕様に。

nonnative-oxford-shirt-14

Nonnativeのデザインで特徴的なのが裾に付いたボタン

nonnative-oxford-shirt-2

ボタンがあることで開閉可能になり、裾のシルエットを変えられます。

nonnative-oxford-shirt-17

それにより、レイヤードスタイルに変化を与えられ、コーディネートの幅も広がるというわけ。

nonnative-oxford-shirt-18

nonnativeの気のいたデザインです。

nonnative-oxford-shirt-3

アメリカの実用性を重視する文化から生まれたボタンダウンシャツは、ボタンで襟が固定されているため、襟がパタつきません。

nonnative-oxford-shirt-11

襟の形が崩れないのも良い点で、気軽に着用したいカジュアルシャツにピッタリの仕様です。

袖口にはガントレットボタン付き。

nonnative-oxford-shirt-12
ガントレットボタンとは
  • シャツの剣ボロについた小さいボタンのこと
  • 騎士が装着していた手袋が由来
  • ガントレットボタンがあると袖口周りのフィット感が向上する

ポケットはシンプルな形状で、主張は控えめ。

nonnative-oxford-shirt-1

ですが、実用性は十分。

サングラスなどをサッと収納したいときに便利です。

シンプルでミニマルなシャツですが、ブランドのこだわりを凝縮したオックスフォードシャツとなっています。

高感度ファッション目白押し
【伊勢丹公式】メンズファッション

DWELLER B.D.シャツを着てみる

では、実際にnonnativeのシャツを着てみます。

着用するとこんな感じ。

nonnative-oxford-shirt-7

リラックスフィットのシャツだけに身幅や袖に余裕があり、締め付け感はまったくありません。

ストレスフリーで着ていて快適。

かといって、カジュアルすぎないスタイルで、程よいフォーマルさも演出できます。

ボタンとシャツが同色なのも、カジュアル度を上げすぎないポイントです。

nonnative-oxford-shirt-16

バックショットも非常にシンプル。

控えめで洗練されたデザインが上品さをただよわせます。

nonnative-oxford-shirt-15

腕まくりで着崩すと、こなれ感も出てよりリラクシンな印象に。

どんなパンツにも合わせやすい、ヘビロテ間違いなしのシャツに仕上がっていますよ。

nonnativeのオックスフォードシャツは気軽さと上品さを両立する便利アイテム

本記事ではnonnative(ノンネイティブ)のオックスフォードシャツの詳細について書きました。

オックスフォードシャツは生地が丈夫でガシガシ洗濯でき、日常着として使いやすいのが魅力。

シワが入りにくく、また、そのシワも味として捉えられるので、アイロンがけに気を使う必要もありません。

気軽に羽織れる気楽なシャツです。

nonnativeのピンオックスフォード地で作られたシャツは、光沢が強く上品さも合わせ持っており、カジュアルに着れる中にも程よいフォーマルさが含まれている逸品。

控えめなデザインゆえに、どんなコーディネートにもはまりやすく、ついつい手にとってしまうオールラウンドなアイテムです。

とても使いやすいnonnativeのシャツ、一度袖を通してみては?

それでは、今回はこの辺で。
少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

オシャレで着回しやすいシャツを探す
BEAMS公式サイト

recommended-shirt-1
【メンズカジュアルシャツおすすめ9選】休日に活躍する便利なトップスフォーマルな印象が強いシャツですがカジュアルに着こなすこともできます。デザインや素材によって休日に大活躍。落ち着いたリラックススタイルのファッションを楽しみたい男性へ向け、着回しやすいシャツをまとめました記事です。...
navy-east-use-1
【10選】ネイビーのアイテムは使い勝手良し!何歳でも使える落ち着いた色味ネイビー(紺色)は知的で落ち着きを感じさせる色。ネイビーのファッションアイテムはクールでスタイリッシュな空気を纏いやすくスタイリングを引き締めてくれます。簡単に大人な雰囲気を得られますよ。色選びに迷ったらネイビーを選ぶと失敗を防げます。この記事では具体的なネイビーのファッションアイテムを紹介しながら使い勝手の良さを書いています。...
midorikawa-shirt-27
【midorikawa】細部にまでこだわったシャツ!唯一無二の至高の芸術品2017年にスタートした新進気鋭のドメスティックブランドが「midorikawa(ミドリカワ)」。midorikawaの洋服はエッジの利いたデザインでありながら、高品質な生地と高レベルの縫製があいまり、着心地良く、美しい仕上がりとなっています。midorikawaの「Shirt with Vest」はシャツの上に同素材の生地で作られたプルオーバータイプのベストを着脱可能にした独特の白シャツです。本記事では異彩を放つそのシャツの詳細をご紹介します。...
gingham-check-shirt-16
ギンガムチェックシャツは汎用性抜群な理由を解説!【nonnativeシャツレビュー】チェックシャツはカジュアルすぎて着るのに抵抗がある?そんな方にはギンガムチェックシャツがオススメ!落ち着いたカラーで控えめな正方形の格子柄がちょっとしたアクセントになるオシャレなギンガムチェックシャツ。意外にも着回し力が高く、大人なコーディネートに良くなじみます。休日のカジュアルスタイルはもちろん、シャツの上からジャケットを羽織ればビジネスカジュアルスタイルにも相性抜群です。本記事ではノンネイティブ(nonnative)のDWELLER B.D. SHIRTを例にとりギンガムチェックシャツの良さを語っています。...
digawel-drop-shoulder-shirt-6
【DIGAWEL】ドロップショルダーシャツをレビュー!リラクシンな着心地カッチリした印象の強い「シャツ」ですが、少し形が異なるとまとう雰囲気も変わってきます。ドメスティックブランドである「ディガウェル(DIGAWEL)」のドロップショルダーシャツは肩が落ちたシルエットなのでコーディネートにリラックス感を与えることができます。いつものファッションに変化を与える独特のシャツをご紹介!...
fabric-characteristics-5
洗濯の失敗を防ぐ!衣類の生地の特徴を把握してケア方法の参考に【天然繊維・化学繊維】衣類の生地、気にしていますか?洋服がどんな素材でできているかを知ることは、その洋服を長く愛用するためにはとても大事なことです。植物繊維・動物繊維・化学繊維で生地の特徴は全く異なり、管理もそれに適した方法で行う必要があります。この記事では、11種類の繊維について、特徴をまとめています。...
stripe-sp-shirt-15
【着回しやすいストライプシャツ】ブルーナボインのくしゅっとSPシャツをレビューストライプシャツは合わせるアイテムを選ばない汎用性の高いアイテム。縦縞の知的でスマートな印象はコーディネートをスタイリッシュにまとめてくれます。上質な生地と丁寧なつくりが自慢のブルーナボインのくしゅっとSPシャツとストライプが組み合わされば鬼に金棒。羽織るだけで様になる、上品で確かな品質のストライプシャツのディティールと着てみた様子をご覧ください。...
half-sleeve-shirt-summary-1
【5分袖シャツおすすめ5選】半袖シャツが苦手?涼しさと大人っぽさを両立できる半袖シャツがどうにもしっくりこない…。なんて人は5分袖シャツがオススメ。涼しさを確保しつつもカジュアルな印象が抑えられ、程良いカッチリ感をまとえます。コーディネートに大人っぽさを残しつつ、暑い時期を快適に過ごせますよ。ブランドごとに五分丈袖のシャツをまとめた記事です。...
服選びがラクな通販サイト
  • コーディネートを組むのが苦手…
  • 洋服選びが面倒…

そんな人にはたった1度の買い物でオシャレな全身コーデが完成するマネキン買いがおすすめです。

通常の服の買い方とマネキン買いを使った服の買い方を比較した図

マネキン買いの定番!1.5万円以上で送料無料
メンズファッションプラス公式サイト

もっと手軽に買い物を楽しみたいならアマゾンで。使い慣れたサイトで気軽に洋服を選びましょう。

amazon-fashion-cta

安心の30日間返品。納得の返送料0円
Amazon Fashionで洋服を探す

こんな記事も読まれています