洗濯の失敗を防ぐ!衣類の生地の特徴を把握してケア方法の参考に【天然繊維・化学繊維】

fabric-characteristics-5

衣類に使われている素材には多様な種類があります。

自宅で洋服を洗濯するときに注意しなければいけないのは、その洋服の生地です。

コットンやウールといった天然由来の繊維や、ナイロンやポリエステルなどの人の手によって作られた人口繊維など、生地のバリエーションは豊富。

当然のことながら、生地の種類が違えば、その特徴も異なります。

そして、生地の特徴によって、洗濯の仕方を変えたり、乾かし方を工夫しなければ以下のような悲劇が起こることも…。

  • 生地自体が傷んでしまう…
  • 服のシルエットが崩れる…
  • シワがよりすぎる…

こんなことが起きてしまうと、洋服の美しさをそこねたり、フィッティングが変化して着心地が悪くなってしまうこともあります。

そういったことを防ぐためには、生地の特徴を知り、適した洗濯法や管理法で扱ってあげることが重要です。

本記事では、天然繊維(植物性繊維と動物性繊維)・化学繊維について各生地の特徴をまとめています。

一路
一路
生地ごとに適した管理をすることで、お気に入りの服をより長く楽しむことができますよ!
この記事で分かる生地の特徴
  1. コットン(綿)
  2. リネン(麻)
  3. ウール(羊毛)
  4. シルク(絹)
  5. レーヨン
  6. キュプラ
  7. アセテート
  8. アクリル
  9. ナイロン
  10. ポリエステル
  11. ポリウレタン

洗濯方法や管理方法は生地の性質だけでなく、洋服に付いているケアラベルに書かれたマークを参考にしてください。

衣類&寝具の加齢臭がスッキリ!

洗濯補助洗浄剤【魔女っ粉】

植物由来の洗剤

【All things in Nature】

植物性繊維から作られる生地の特徴

植物性繊維は吸湿性に優れているため、サラッとした着心地で肌触りが良いのが特徴です。

代表的な植物性繊維として「コットン」「リネン」があります。

コットン(綿)

fabric-characteristics-4

コットンは吸水性に優れ、また、通気性が良い特長を持つ植物由来の繊維です。

水に濡れることで強度が増す特性もあり、洗濯にも強いという、洋服としての機能に優れます。

洋服の中で、最も流通している量の多い生地種です。

セルロースが構造の基礎であるため、水分を含みやすく、一方で、乾燥させると水に濡れる前よりも縮む性質があります。

リジッドデニム(未洗いのデニム)を洗濯すると数cm縮むのはコットンの性質が大きく寄与しているからです。

デニムパンツの魅力
リーバイスのジーパンとレッドウィングのワークブーツの組み合わせで「アメカジスタイル」を楽しむ!労働者の作業着が起源のジーパン(デニムパンツ)と作業用の丈夫なワークブーツ。それらの組み合わせは相性抜群!特に、共にアメリカ生まれのリーバイス(LEVI'S)のジーンズとレッドウィング(RED WING)のブーツを合わせたらスタイルはアメカジの王道です。ラフな格好だからこそ生まれる大人の余裕、味わってみませんか?...
コットン生地の特徴
  • 汗や水を吸いやすく、濡れても丈夫
  • 洗濯や漂白が簡単にできる
  • 乾きにくい
  • シワになりやすい
  • 見洗い品を洗濯すると縮む

リネン(麻)

リネン(麻)もまた、吸水性に優れた植物性繊維の一種です。

ただ、その吸水性はコットンよりも数倍優れています。

リネンは夏用の衣類に使用されることが多い生地ですが、リネン特有の優れた吸水性が関係しています。

リネンは汗をかく夏場に着用していても、汗を吸い取ってくれるため、衣類が肌に張りつきにくいです。

熱を逃がす効果も高く、熱がこもることなく涼しさを感じることもできます。

夏でも快適に着れるのがリネン生地の特徴です。

また、天然繊維の中では相当丈夫な部類に入ります。

リネン生地の特徴
  • 汗をかいても肌触りの良さが維持しやすい
  • 生地が丈夫で耐久性が高い
  • シワになりやすく、伸ばしにくい
  • 摩擦によって毛羽立ちが起こりやすい
リネンのニットシャツ
summer-knit-shirt-2
【COOHEMのサマーニットシャツ】夏でも着れるリネンニット地のリラックスシャツ夏の蒸し暑い時期はTシャツ・短パンというシンプルなファッションになりがち…。コーディネートがマンネリ気味だと感じているそこのあなた!サマーニットを取り入れてみてはいかがでしょうか?ドライな肌触りと通気性の良さを持つサマーニットは夏に重宝する便利アイテム。この記事ではCOOHEM(コーヘン)のサマーニットシャツを例に、その便利さをご紹介します。...

動物性繊維から作られる生地の特徴

動物性繊維は弾力があり、空気を多く含みやすい生地を作ることができるため、断熱性が良く、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。

植物性繊維とはベクトルの違う着心地の良さがあるのが特徴です。

一路
一路
タンパク質でできているため、虫食い被害にあいやすいのがネックですが…

ここでは「ウール」「シルク」について、ご説明します。

ウール(羊毛)

fabric-characteristics-6

ウール(羊毛)は熱伝導率が低いのが最大の特徴。

ウールの洋服は、冬は暖かく・夏は涼しいという機能性の高さが売りです。

ウールは冬のイメージですが、「トロピカルウール」という夏に適したウールの種類もあります。

トロピカルウールのパンツ
tropical-wool-pants-12
【VOAAOV】トロピカルウール生地のパンツで夏を快適に過ごす!洋服は生地によって質感や着心地が変わります。トロピカルウールは通気性が良く、軽いため、夏にピッタリの生地です。ファッションブランド「VOAAOV」のトロピカルウールクロップドパンツは軽い履き心地と程良いドレープ感があり、涼しさとオシャレを両立できるアイテム。本記事では、トロピカルウールの性質と、その生地で作られたVOAAOVのパンツをご紹介します。...

また、ウールは色の染まりが良く、色落ちしにくいため、鮮やかな色味を長く楽しむことが可能です。

ウール生地の特徴
  • 断熱性が高いため、冬は暖かく、夏は涼しい
  • 弾性が高く、型くずれしにくい
  • シワがよりにくい
  • 虫食いの被害にあいやすい
  • 水に濡れた状態で繊維が絡みやすくなり、毛玉が生じることがある

ウール生地は毛玉ができやすいので、定期的にブラッシングで毛並みを整えましょう。

洋服のブラッシングは重要です
洋服ブラシで衣類ケア!ブラッシングで服の寿命が伸びて美しさも保てます【お手入れ】洋服のブラッシングってしていますか?服のケアは意外と疎かにしがちですが、するしないとでは服の寿命は大きく変わります。ブラッシングすることでホコリや汚れを落とせるだけでなく、繊維を整え、服の風合いを復活させることが出来るのです。やらばきゃ損の服のブラッシング、その効果をお伝えします!...

シルク(絹)

シルク(絹)はタンパク質でできた動物性繊維です。

かいこが吐き出す繭糸から採取されます。

光沢が美しい素材で、このツヤの秘密はシルクの構造にあります。

シルクは内部の構造が複雑で、その断面によって光が屈折・分散することで独特の光沢が生み出されているのです。

色の染まりも良く、細かな染め分けができるため、ネクタイなどのファッション小物にも使用されることが多いです。

シルク生地の特徴
  • 軽く、やわらかい
  • 保温性があり暖かい
  • 美しい光沢がある
  • 虫食い被害にあいやすい
  • 日光などで変色や退色が進行しやすい

ナチュラルケアブランド

【ecostore|エコストア】

宅配クリーニング

【キレイナ】

化学繊維から作られる生地の特徴

化学的に人の手によって作られたのが化学繊維です。

天然由来の繊維とは異なる特性を持つ生地が多いのが特徴。

人工的に作られるため、年々高性能化が進み、衣類の機能性が高まる要因となっています。

一路
一路
アウトドア用ウェアに使われる、透湿性と防水性を両立した「ゴアテックス」は有名ですよね!

人工的に作られるため、一般的に使用される生地でも種類は多様。

この項目ではよく見る人口生地種である、「レーヨン」「キュプラ」「アセテート」「アクリル」「ナイロン」「ポリエステル」「ポリウレタン」についてまとめています。

レーヨン

レーヨンは紙と同じ、木材パルプが原料の化学繊維の一種です。

レーヨンは高価なシルクを人工的に作るべく開発された素材で、シルク同様に光沢があります。

これまたシルク同様、染色性が良いです。

レーヨンは繊維が柔らかく、ドレープ感を作り出すのに最適な素材のため、上品な雰囲気の洋服に使われることが多いです。

一方で、水分を含むと縮みやすくなり、強度も低下するため、お手入れには気を使う生地です。

レーヨン生地の特徴
  • 光沢が美しい
  • 色染まりが良い
  • 水に濡れると強度が低くなり、縮みやすくなる
  • シワになりやすい

キュプラ

キュプラの原料は「コットンリンター」という綿花中の短い繊維です。

コットンリンターの繊維を銅アンモニア溶液で溶かして紡糸するので、化学繊維に分類されます。

キュプラは光沢が強く、シルクに似た雰囲気があります。

また、色鮮やかに染まるので生地として華があります。

一方で、シワになりやすく、水滴や雨によって、水ジミになることがあるデリケートな一面も。

キュプラを使った洋服には、水洗い不可のマークが付いているはずです。

キュプラ生地の特徴
  • 光沢がある
  • 吸湿性·吸水性がある
  • シワがよりやすい
  • 水に弱い

アセテート

アセテートは、シルクのような風合いと肌触りを持った化学繊維です。

セルロースを酢酸で処理して作られるため、元々は天然素材。

そのため、アセテートは半合成繊維と呼ばれることもあります。

シワになりやすく水に濡れると強度が低下するので、洗濯をする際には十分注意する必要があります。

こすり洗いは厳禁です。

一路
一路
雑には扱えない!

また、汚れが付いた時に、染み抜きの溶剤を使ってしまうとアセテートが溶けてしまいます。

アセテート生地の特徴
  • シルクに似た光沢と風合いがある
  • 排気ガスで変色をおこす
  • 溶剤が含まれている染み抜き洗剤では生地が溶ける

アクリル

アクリルは石油を原料とした化学繊維です。

アクリルの特性はウールと似ていて、ふんわりとした軽さと暖かさがある生地になります。

静電気が生じやすく、毛玉ができやすいのがたまきず

ですが、それをカバーするだけの発色の良さと価格の安さがあり、多くの洋服に使われています。

アクリル生地の特徴
  • 軽い
  • 保温性がある
  • 毛玉ができやすい
  • 熱に弱く、変形しやすい

ナイロン

fabric-characteristics-2

ナイロンはアクリルと同様に、石油を原料とした化学繊維です。

米国のデュポン社がナイロン66を発明したのがナイロンの歴史の始まり。

ナイロンは磨耗、摩擦に強く、耐薬品性もある優れた化学繊維です。

折り曲げや摩擦など、外からの刺激にめっぽう強いことが特徴。

ナイロンは吸水性が低いので、洗濯しても速く乾きます。

速乾性が高いナイロン生地は夏にピッタリ!
nylon-shirt-9
速乾性が高いシャツをお求めならナイロン生地がおすすめ【FIRMUMのショートスリーブシャツ】洗濯しても速く乾くFIRMUM(フィルマム)のナイロンシャツをご紹介している記事です。速乾性の高いナイロン生地は着ることの多いシャツと相性抜群。いつまでも乾かないことで発生する生乾き臭もなく、汗をかいてもすぐに乾くためサラッとした着心地を維持できます。夏場や梅雨時期に特におすすめしたいのがナイロンの洋服です!...
ナイロン生地の特徴
  • 摩擦や折リ曲げ、引っ張りに強い
  • 吸水性が砥い
  • シワになりにくい
  • 熟に弱い

ポリエステル

ポリエステルも石油系の化学繊維。

ポリエステル生地はシワがよりにくく、強度も高いのでお手入れが楽です。

学生服にも利用されており、毎日着てもガタがこない耐久性を誇ります。

軽くて丈夫。

衣類生地としてのポテンシャルは相当高いです。

一路
一路
冬は静電気に注意ですけれど…
ポリエステル生地の特徴
  • 吸水性が低い
  • シワになりにくく、型崩れしにくい
  • 熱に弱い
  • 静電気で黒ずむことがある

ポリウレタン

fabric-characteristics-3

ポリウレタンは化学繊維の中でも少し異質な存在です。

ゴムのような性質をもった繊維で、生地にストレッチ性を持たせるために、他の繊維と混ぜて使われることがほとんどです。

伸縮性が高いため、ポリウレタンが含まれた洋服は着心地がとても良いのが特徴。

ですが、ポリウレタンには他種の繊維と比べて短寿命という欠点があります。

ポリウレタンは加水分解するため、空気中に置いておくだけで分解が進み、強度が落ちていきます。

一路
一路
スニーカーのソールがいつの間にかボロボロになるのは、ポリウレタンが分解しているから!
ポリウレタン生地の特徴
  • 伸縮性があり、着心地が良く動きやすい
  • シワになりやすく、シワを伸ばすことが難しい
  • 時間経過で劣化する

ナチュラルケアブランド

【ecostore|エコストア】

宅配クリーニング

【キレイナ】

生地の種類ごとに適した方法で洋服を管理しよう

本記事では、洋服の生地の種類について、その特徴と管理の注意点についてまとめました。

生地の種類が違えば、洗濯の仕方や管理方法もそれに合わせて変えなければ、生地をいためてしまうかも…。

逆に言えば、生地ごとの特徴を把握した上で適した管理をとれば、洋服を永く愛用できます。

一路
一路
生地の特性を知っておけば、洗濯や保管方法を考える上で参考になりますよ!

お持ちの洋服の生地を確認して、それに合った管理をしてみてはいかがでしょうか?

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

衣類&寝具の加齢臭がスッキリ!

洗濯補助洗浄剤【魔女っ粉】

植物由来の洗剤

【All things in Nature】

保管付き宅配クリーニング

【カジタク】

tops-terms-1
【トップス用語辞典】シャツ・ジャケット・ニットに関わる単語の意味をまとめましたファッション用語ってよく分からない単語が多くないですか?この記事ではジャケットやシャツ、ニットなどのトップスに関わる用語の意味をまとめています。アパレル用語を知れば、服の特徴を正確に表現したり、理解することができます。言葉の意味を理解すれば、ますますファッションが楽しくなるはずですよ!...
洋服ブラシで衣類ケア!ブラッシングで服の寿命が伸びて美しさも保てます【お手入れ】洋服のブラッシングってしていますか?服のケアは意外と疎かにしがちですが、するしないとでは服の寿命は大きく変わります。ブラッシングすることでホコリや汚れを落とせるだけでなく、繊維を整え、服の風合いを復活させることが出来るのです。やらばきゃ損の服のブラッシング、その効果をお伝えします!...
洋服の管理方法まとめ
cloth-care-summary-99

洋服を美しく、長く愛用するための保管・管理方法をまとめました。
ハンガーや洋服ブラシ、ニオイ対策など洋服に手を加えてあげましょう。

CHECK!

洋服の管理方法まとめ