【midorikawa】細部にまでこだわった白シャツ!唯一無二のドメスティックブランドが提案する至高の芸術品

midorikawa-shirt-27

midorikawaミドリカワというアパレルブランドをご存知でしょうか?

midorikawaは徹底して妥協のない服作りをし続けているドメスティック国内ブランドです。

その特長は、エッジの利いたデザインと細部にいたるまで作りこまれた美しさ。

midorikawaの服たちは一種のアート作品のような雰囲気を持っています。

今回、そんなmidorikawaのシャツをゲットする機会に恵まれました。

本記事では、midorikawaミドリカワのシャツの詳細についてご紹介いたします。

高感度ファッション

【伊勢丹】メンズファッション

ドメスティックブランド「midorikawa」について

midorikawa-shirt-7

midorikawaミドリカワとは2017年にスタートしたドメスティック(国内)ブランドです。

デザイナーは緑川卓さんという方で、ブランド名はお名前が由来です。

midorikawaの服の特長は何といってもそのデザイン。

見る人の目を奪うほどの、エッジの利いたデザインの服が多くラインナップされています。

さらに、徹底して細部まで作りこまれた衣類としての完成度の高さも魅力です。

ブランドとしての世界観を壊さないよう、一切の妥協なく作られたmidorikawaの服はライフスタイルウェアというよりも芸術品の雰囲気をまとっています。

セレクトショップなどでmidorikawaのアイテムを取り扱う場合の条件として、

  • 服を美しくディスプレイする

という項目もあり、デザイナーの方の服への並々ならぬ想いを間接的に感じ取ることができます。

展示会では多くのブランドがジャケットやパンツなど、トータルコーディネートの提案をする中で、midorikawaは「シャツだけ」など、とがったラインナップの時もあるそう。

取扱い店舗も限られ、服自体のロット数も少なめなmidorikawaですが、それゆえに、コムデギャルソンのデザイナー、川久保玲さんに認められたブランドしか取り扱われない「ドーバーストリートマーケット」など、感度が高いお店で取り扱われています。

「ドーバーストリートマーケット銀座」周辺を散策
新宿・銀座をぶらついて靴磨き用ブラシと洋服をゲットした話【買い物記録】新宿と銀座で百貨店やファッションショップを見てきました。伊勢丹、阪急、銀座ファイブ、ドーバーストリートマーケット。いずれも見るだけで楽しいお店ですが、当然見るだけで済むはずもなく。ブートブラックの山羊毛ブラシ(フィニッシングブラシ)とサタデーズNYCのシャツをゲットしました。街を歩く様子と購入した商品のご紹介をしています。...

midorikawaの服の特長

midorikawaの服はエレガントな雰囲気で、独特な感触を持っており、上質さを持っています。

また、エッジの利いたデザインも魅力。

midorikawaの服の特徴
  • リボンテープ
  • 袖や裾からはみ出るように縫い付けられた生地

このようなデザインが一般的な服にはない、唯一無二の存在感を放つ要因です。

まさに芸術品。

ハンガーにかかったmidorikawaの服を見ながら、お酒をたしなむという楽しみ方も可能なたたずまいです。

一路
一路
実際、僕はやってます!

midorikawaのシャツ

midorikawaの芸術品にも勝るとも劣らない服。

僕も一枚持っています。

それがこちら。

midorikawa-shirt-14

midorikawaの「SHIRT with VEST」というベストがあしらわれたシャツです。

midorikawa-shirt-20

その名の通り、シャツの上にベストが付けられた、かなり独特の雰囲気を持つシャツ。

定番のレギュラーカラーシャツの型がベースとなっていますが、その上からハンティングのプルオーバーベストを被せています。

このベストは着脱可能

一路
一路
後ほど詳しくご紹介しますね!

ベストを外した状態のベースのシャツはシンプルです。

midorikawa-shirt-3

独特の雰囲気があるmidorikawaの服のラインナップの中でも、比較的普段のコーディネートに取り入れやすいデザイン。

midorikawa-shirt-6

midorikawaというブランドを気軽に楽しめます。

袖や裾から垂れるリボンも雰囲気抜群。

midorikawa-shirt-2
一路
一路
テクニカルなディティールに思わずウットリしてしまいます!

ボタンにもそんな特徴的なディティールが施されています。

midorikawa-shirt-11

midorikawaのアイコン的な装飾です。

ボタンも輝いており、上品な印象を際立たせてくれます。

midorikawa-shirt-12

ボタンの裏を見ると貝ボタンであることを確認できます。

midorikawa-shirt-10

ボタンの合わせ部分には別布があてがわれており、独創的なデザインを強調しています。

midorikawa-shirt-1

しかも、とんでもなくきれいな縫製です。

そして、その意匠がカフス部分にも。

midorikawa-shirt-8

これだけ薄い別布を縫い付けようとすると、通常は生地が裂けてしまうのですが、そこはmidorikawa。

縫製技術の高さにより、きれいに縫い付けることを実現しています。

一路
一路
一切の妥協がない、モノづくりに対する姿勢が感じられる鳥肌もののデザインですよ!
midorikawa-shirt-13

何度でも言います。

縫製がきれい過ぎる!

midorikawa-shirt-9

シャツの生地はコットン100%で、肌触りがとても優しい素材。

肩にはベストを固定できるよう、エポレットに似た留め生地が付けられています。

midorikawa-shirt-16 midorikawa-shirt-17

ベストはシャツと同素材であるコットンで、その裏にはキュプラを混ぜた光沢のある生地が当てられ、レイヤード仕様に。

midorikawa-shirt-24
一路
一路
ベストも、とても丁寧なつくり!
midorikawa-shirt-34

繊細なデザインとディティールですが、自宅で手洗い可なのも嬉しいポイント。

一路
一路
洗濯によって生地が「クシャッ」となることで、更に雰囲気が出そうな予感!
midorikawa-shirt-15

ベストのフロントにはフラップ(フタ)付きのポケットが2つあります。

midorikawa-shirt-19

ポケットに物を入れると、ベストがズレてくるので、ほとんど飾りのポケットですが、それをしっかり・きれいに取り付けているのも服好きを刺激するマニアックポイント。

サイドは紐で結ぶことができ、シルエットに変化をつけることも容易。

また、留め具がない衣類の上からでもひもで固定できるので、ベスト単品として別のシャツやカットソーと合わせることも可能な汎用性も魅力です。

シャツのエポレットから通すひもも、3つのボタンで付ける位置を調節可能。

一つ目で固定はもちろん…

midorikawa-shirt-39

二つ目…

midorikawa-shirt-38

三つ目と。

midorikawa-shirt-41

ベストの取り付け位置を微調節できるのです。

midorikawa-shirt-33

わずかな差ですが、ちょっとした気分転換に留め位置を変えることでも楽しめます。

サイズはフリーでワンサイズ展開。

midorikawa-shirt-5

価格は42,000円とシャツにしてはお高め。

お店でこのシャツを見たときは、

高いなぁ…

と思ったのですが、試着してみたらそんな思いは吹っ飛びました。

一路
一路
驚くほどのシルエットの良さと着心地だったんですね、これが!

高感度ファッション

【伊勢丹】メンズファッション

midorikawaのシャツを着てみた

お店でとりあえず試着してみてまず思ったのは

軽い!

ということ。

そして、肌触りがはちゃめちゃに良いこと。

エッジの利いたデザインからは想像もできないほどの着心地の良さ。

着て気持ちの良い、服の王道を行くシャツだ!

と思い、試着してすぐに購入を決めました。

実際に着てみた図がこちら。

midorikawa-shirt-23

まずはベストありバージョンから。

何度でも言いますが、フィッティング抜群で、着心地の良さったらないですよ、このシャツ。

バックショットも。

midorikawa-shirt-31

陳列されている状態だとデザインの主張が強いかなと思いましたが、実際に着てみると案外スタイリングになじみやすいシャツです。

midorikawa-shirt-29

でも、決してただのシャツではない…。

「自分はmidorikawaの服を着ているんだ」という満足感が得られるシャツです。

続いて、ベストなしバージョンも。

midorikawa-shirt-25

ベスト付きだとエッジが利きすぎていて敬遠しがちな方でも、シャツ単体だと全く違和感がないのではないかと。

シャツ自体の白の発色も良く、高級感もあります。

一路
一路
日の光の下だとより分かりやすいです!
midorikawa-shirt-26

ベストなしだと、後ろ姿はスマートな印象が強くなります。

フリーサイズでこの美しいパターンは感動ものです。

シンプルだけど、どこか独特の雰囲気が漂う…。

尖りすぎるのは苦手だけど少しだけ個性を出したい

そんなスタイリングにピッタリです。

袖をまくると、より軽快な印象に。

midorikawa-shirt-28

ちなみに、ロールアップ時にひもを隠すと、手を洗うときなどにもひもが邪魔にならず、機能性も確保できます。

midorikawa-shirt-30

シャツ全体のシルエットの良さが際立ちます。

midorikawa-shirt-22

程よくくびれた腰部分。

midorikawaのパターンワークが光ります。

遠目で見ても格好良い…。

控えめに言って、めちゃくちゃ美しいシャツです。

一路
一路
見て嬉しい・着て楽しいシャツですわ…(しみじみと)
特徴的なデザインのシャツならこちらも!
digawel-drop-shoulder-shirt-6
【DIGAWEL】服装にリラックス感を!ディガウェルのドロップショルダーシャツカッチリした印象の強い「シャツ」ですが、少し形が異なるとまとう雰囲気も変わってきます。ドメスティックブランドである「ディガウェル(DIGAWEL)」のドロップショルダーシャツは肩が落ちたシルエットなのでコーディネートにリラックス感を与えることができます。いつものファッションに変化を与える独特のシャツをご紹介!...

正にアート!midorikawaの洋服たち

本記事では、ドメスティックブランドであるmidorikawaミドリカワのシャツのディティールについて書きました。

midorikawaの服は特徴ある美しい装飾が魅力で、着心地も一線級。

垂れたテープやち切りの裾が洋服の枠を超えた芸術性をかもし出すと同時に、生地の質の高さ・肌触りの良さに驚かされ、それらを一つの完成形にまとめ上げる縫製の丁寧さに息をむ…。

midorikawaのシャツにはそんな喜びと驚きを感じさせてくれるパワーがあります。

アート作品として見て楽しむもよし、着て肌触りと軽さを楽しむのもよし。

一路
一路
midorikawaの服の魅力を味わって見てください!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

tops-terms-1
【トップス用語辞典】シャツ・ジャケット・ニットに関わる単語の意味をまとめましたファッション用語ってよく分からない単語が多くないですか?この記事ではジャケットやシャツ、ニットなどのトップスに関わる用語の意味をまとめています。アパレル用語を知れば、服の特徴を正確に表現したり、理解することができます。言葉の意味を理解すれば、ますますファッションが楽しくなるはずですよ!...
kerouac-shirt-13
【ポータークラシック】刺し子を施した「ケルアックシャツ」の雰囲気が良すぎる件ポータークラシック(PORTER CLASSIC)の代表的な生地である刺し子。本記事では「刺し子とは何か」、そして、刺し子で作られた「刺し子スーパーライトケルアックシャツ」をご紹介しています。軽くて通気性の良いポータークラシックのこだわりが詰まった生地は独特の雰囲気で着る人を満足させてくれます。...
nonnative-oxford-shirt-6
【nonnativeのDWELLERシリーズ】着回しやすいシンプルなオックスフォードシャツは一着持っておくと便利!nonnative(ノンネイティブ)のピンオックスシャツは気軽に羽織れてヘビロテ間違いなしのカジュアルシャツ。オックスフォード生地は丈夫な素材でシワも入りにくいため、ガシガシ洗濯でき、日常着として機能性抜群!あなたもnonnativeが手がけるオックスフォードシャツでその便利さを体験してみては!?...
cloth-care-summary-99
【洋服の管理方法まとめ】衣類を清潔に・美しく保つ方法とは?【オススメ収納グッズ・便利アイテム】衣類の管理方法についての記事をまとめています。洋服の型崩れを防ぐためのおススメハンガーや、大切な服を虫喰いから守る防虫カバー、除菌・消臭スプレーによる臭い対策まで。洋服ブラシのご紹介もしています。お気に入りの衣類をきれいに長持ちさせるための方法をお伝えします。...

高感度ファッション

【伊勢丹】メンズファッション

洋服の管理方法まとめ
cloth-care-summary-99

洋服を美しく、長く愛用するための保管・管理方法をまとめました。
ハンガーや洋服ブラシ、ニオイ対策など洋服に手を加えてあげましょう。

CHECK!

洋服の管理方法まとめ