革小物

【JULY NINEのスシサックをレビュー】アメリカ発の大容量でオシャレなエコバッグ

sushi-sack-18

環境に配慮した「エコ」が叫ばれる現代社会。

環境と経済活動のバランスや、他の生物との共生をはかっていくことこそが、持続的な社会を築いていくことという認識が広がりを見せています。

エコを推進する施策の1つがエコバッグの利用。

というのも、お店で買い物した時にもらえるレジ袋が環境に負担をかけている側面があるからです。

レジ袋を作るときには二酸化炭素がたくさん発生しますし、自然分解しないレジ袋は山や海にいつまでも残り続け、生き物の誤飲につながります。

レジ袋を極力使わないようにするため、登場したのがエコバッグというわけです。

ですが、ここで問題が。

  • 大容量でオシャレなデザインのエコバッグってなかなかない!

ということ。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
見た目は気に入ったけど、もうちょっと容量が欲しいなぁ…

逆に、

通りすがりの御方
通りすがりの御方
容量は十分だけど、見た目が野暮ったい…

なんて思う方はいらっしゃるかと。

そんな方にオススメしたいのがJULY NINE(ジュライナイン)のエコバッグである「スシサック(SUSHI SACK)」です。

JULY NINEジュライナインのスシサックは、ツートーンカラーの見た目が爽やかでレザーハンドルが高級感をかもし出すスタイリッシュなエコバッグ

クルクルと丸めてコンパクトにたためるさまはまさに手巻き寿司のよう。

それでいて大容量のため、スーパーで大量に買い物したとき、

  • エコバッグに入りきらない…

なんてことが防げます。

大容量でオシャレなデザインを両立したエコバッグがJULY NINEジュライナインのエコバッグなのです。

本記事ではJULY NINEジュライナインのエコバッグ、「スシサック」をレビューします。

この記事はこんな人にオススメ
  • 大容量のエコバッグが欲しい
  • オシャレなエコバッグでオススメは?
  • JULY NINEのスシサックのディティールが知りたい
大きめサイズ
レギュラーサイズ

エコ社会で活躍するエコバッグ

環境に配慮したエコ思想が根付いて久しい昨今。

実際に、二酸化炭素の削減のための取り組みや、生物多様性の確保に取り組む国や企業が増えてきました。

その波は今や個人にまで。

それぞれの家庭で、環境に配慮した取り組みが必要な時代になってきています。

そんな取り組みの1つがエコバッグの利用です。

環境の負担となるレジ袋をなるべく使わず、レジ袋の代わりとして自分でバッグを用意するエコバッグ制度。

今や一家に一つどころか、一人に一つ、それどころか一人で複数枚のエコバッグを利用している方もいらっしゃるほどに普及してきています。

現代社会で生活するために、もはや必須のエコバッグ。

ですが、1つ問題が。

  • 気に入ったデザインや機能のエコバッグが見つからない…

そんなことが往々おうおうにしてあるわけです。

大容量でオシャレなエコバッグを使いたい

エコバッグに何を求めるのかは人それぞれ、基準があると思います。

ですが、多くの方が重要視するのが、

  • エコバッグの容量

と、

  • エコバッグのデザイン

ではないでしょうか?

一路
一路
というか、僕がそうなんですけどね!
  • たくさん物が入るのだけれど、デザインが野暮ったい…

逆に、

  • デザインはオシャレで気に入ったけれど、容量が足りない…

こんなことが起きてしまいます。

中々気に入ったエコバッグに出会えなかった僕ですが、ついに巡り合いました。

大容量でオシャレなデザインの理想のエコバッグに。

一路
一路
早速購入したので、次の項目で詳しく説明しますね!

大容量でオシャレなエコバッグ「スシサック」

今回、僕が出会った理想のエコバッグがこちらです。

sushi-sack-1

ジュライナイン(JULY NINE)スシサック(SUSHI SACK)

何やらユニークな名前ですね。

一路
一路
名前の由来も含め、スシサックのディティールを一緒に見ていきましょう!

スシサックの外観(折りたたんだ状態)

まずは、携帯に便利な折りたたんだ状態の外観のご紹介をば。

SUSHI SACKスシサックの「SUSHI」はあの寿司を意味します。

名前の秘密はこの形状。

sushi-sack-2

バッグを丸めた状態が手巻き寿司のように見えることから「スシサック」と名付けられています。

スシサックは簡単に持ち歩きができる、大容量のナイロントートバッグ。

丸まった形状が可愛らしいエコバッグで、バッグ本体をヌメ革が一周した外観になっています。

革好きな僕としては、経年変化を楽しめるヌメ革が使われているのが嬉しい仕様です。

sushi-sack-4

使い込んでいくうちに、風合いが変化していくヌメ革。

経年変化でどうなっていくのか、楽しみなエコバッグといえます。

ヌメ革には「MADE IN AMERICA」と刻印が。

sushi-sack-3

アメリカ製のエコバッグは日本では珍しく、持っているとどこか嬉しくなります。

スシバッグは、シンプルながらも洗練されたこだわりを感じることができるエコバッグです。

スシサックの広げ方

ロール状のスシサックを広げる方法はとても簡単です。

ヌメ革が小さくたたんだバッグ本体を固定する役割を果たしているので、このヌメ革のベルトを外せばエコバッグを広げられます。

ヌメ革にボタンが取り付けられているので、ここを外しましょう。

sushi-sack-5

すると、このような状態に。

sushi-sack-6

まぁ、これだけなんですけどね。

あとは、たたまれた状態のスシサックを広げるだけです。

スシサックの外観(広げた状態)

スシサックを広げるとこんな感じ。

sushi-sack-7

ナイロン製のトート型のエコバッグです。

天然ヌメ革を使用したハンドルは、ワイドなため持ちやすく、肩にかけたときに痛くなりにくい仕様。

肩掛けは両手を空けられるので、買い物で重宝します。

どことなくオシャレ感ただようタグが格好良いですね。

sushi-sack-8

スシサックの生地にはナイロンが使われていて、シャカシャカした触り心地。

sushi-sack-9

こちらはただのナイロンではなく、リップストップナイロンです。

リップストップナイロンとは
  • 格子状に編まれたナイロン生地
  • 一部の生地が破れても連鎖的に破れが進行しない
  • 薄くて軽量

一般的なナイロン生地は一部が破れてしまうと、そこからどんどん破れが拡大してしまいますが、リップストップナイロンならそれ以上破れが進みません。

耐久性が高いということです。

オレンジとグレーのツートンデザインがスタイリッシュ。

sushi-sack-10

スシサックの重さは約90g。

常に持ち歩くエコバッグ、軽量さは普段使いの必須項目ですね。

普段の買い物はもちろん、ちょっとそこまでなんてときにも大活躍。

アウトドアや旅行用のサブバッグとして、メインのバッグの中にしのばせておくと使いたいときにサッと取り出せて便利です。

一路
一路
エコバッグとしてだけでなく、日常のあらゆる場面で使えるのがスシサックですよ!

スシサックの大きさ

スシサックには容量別に2つのサイズがあり、僕が購入したのはラージサイズ。

一路
一路
Lサイズです!

他にもレギュラーサイズがあります。

ラージサイズは、1Lのペットボトルがゆうゆうと入るサイズ的余裕があります。

sushi-sack-11

というか、

  • 何本入るんだ!

というサイズ感。

350mlの24缶入りのケースも入る容量です。

sushi-sack-12

すっぽりと。

sushi-sack-13

しかもまだ余裕があります。

大きなサイズのものでも簡単に出し入れできる口は、使い勝手抜群です。

ゆったりと十分なマチ幅が設けられているのも嬉しいポイント。

たくさん荷物を詰め込めます。

スシバッグの仕様
  • 本体の素材:リップストップナイロン
  • ハンドルの素材:ヌメ革
  • 大きさ(ラージサイズ):縦58cm×横48cm×幅13.5cm
  • 重さ:約90g

スシサックの使用イメージ

ここでは使用感をイメージしやすいように、実際にスシサックに荷物を入れてみます。

スシサックにたっぷり物を収納しまして…

sushi-sack-22

肩からげるとこんな感じ。

sushi-sack-21

大容量で安定感抜群。

急にたくさん買い物しても、余裕しゃくしゃく。

レザーの肩掛けは丈夫なため、重量物でもしっかりホールドしてくれます。

一路
一路
スシサックを一つ持っていると、予定外の買い物のときでも安心ですよ!

スシサックのたたみ方

広げると大きなスシサックですが、使い終わったらコンパクトにたためるので携帯に便利。

折りたたみ方は広げ方と同じく、とても簡単です。

スシサックを使い終わったら…

sushi-sack-14

縦に折りたたんでいきます。

sushi-sack-15

縦に折りたたんだ後は、まさに手巻き寿司のようにクルクルと巻いていきます。

sushi-sack-16

ヌメ革のハンドルに付いているボタンで固定すれば…

sushi-sack-17

こんな感じでコンパクトに。

sushi-sack-19

面倒さはなく、手軽に小さくできます。

そのままカバンに入れておけば、使いたいときにサッと取り出せるのでオススメです。

sushi-sack-20

かさばらず、軽量なのでストレスなく持ち歩けます。

一つ持っていると便利なエコバッグ、それがスシサックです。

JULY NINE(ジュライナイン)とは

ここで少しスシサックを展開するブランドの「JULY NINE」ジュライナインのご説明を。

JULY NINEジュライナインはアメリカのオレゴン州で生まれた、アメリカ国内での生産にこだわったブランドです。

主にバッグを展開するブランドであり、2012年に設立されています。

ブランド名の由来は世界で一番広いストリートのアルゼンチンのブエノスアイレスにある「JULY NINE Avenue」。

スシサックのハンドルに「MADE IN AMERICA」の文字が刻印されていることからも、アメリカ製への誇りを感じ取れます。

JULY NINEのスシサックは使うのが楽しいエコバッグ

本記事では、アメリカのブランドJULY NINEジュライナインのエコバッグ「スシサック(SUSHI SACK)」についてレビューしました。

スシサックは折りたたんでコンパクトに携帯できる便利なエコバッグ。

名前の通り手巻き寿司のような、丸まったフォルムと折りたたみ方が特徴です。

ツートーンカラーがオシャレで、持ち手がヌメ革なのもスタイリッシュ。

ヌメ革は経年変化するため、使う楽しさを感じます。

それでいて、バッグとしての機能性も十分。

大容量のため、スーパーでたくさん買い物しても、

  • 入りきらない…

なんてことはほとんどないでしょう。

スシサック自体は大きいですが、丸めれば普段使いのバッグの中に入れてもかさばりません。

重量は90g程度なので、ほとんど重さを感じることなく、気軽に持ち歩けます。

オシャレで大容量のエコバッグをお探しの方にはJULY NINEジュライナインのスシサックがオススメです。

一路
一路
頻繁に使うエコバッグだからこそ、こだわりのものを使いたいですね!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

大きめサイズ
レギュラーサイズ
recommend-eco-bag-1
【おすすめエコバッグ5選】選び方を詳しく解説!耐久性と携帯性がポイントエコバッグ選びで意識したいポイントは、丈夫さと持ち歩きやすさ。丈夫な素材のバッグは重いものを入れても安心。コンパクトにたためるバッグなら常に携帯して必要なときにサッと取り出せます。デザインや大きさだけでなく、使いやすさを兼ね備えたエコバッグをまとめてご紹介。エコバッグ選びの参考になれば幸いです。...
packable-summary-1
パッカブルアイテム6選!日常を便利にする服・道具まとめ【優れた携帯性】パッカブルアイテムは携帯性と機能性に優れた便利な道具。雨や風よけになるジャケット。寒さをしのげるインナーダウン。エコバッグや仕分けケースなど、自分に合ったパッカブルアイテムを活用すれば日常を快適に過ごせます。...
brunaboinne-eco-bag-1
【ドメブラ】ジョナパンエコバッグをレビュー!ブルーナボインのパッカブルバッグ人とかぶらない、気の利いた見た目のエコバッグが欲しい!そんなあなたにオススメなのがドメブラのエコバッグ。洒落たデザインで使う喜びを感じます。ブルーナボインのジョナパンエコバッグはデザイナーズブランドならではのデザイン性の高さが魅力。パッカブルタイプなので、使わないときにはコンパクトに収納できる実用性の高いエコバッグです。...
muji-pocketable-bag-10
無印良品のエコバッグレビュー!再利用生地の小さめポケッタブルバッグ無印良品のポケッタブルバッグはエコバッグとして大活躍してくれるオススメアイテム。大きすぎず小さすぎずの絶妙な大きさで日々の買い物に大活躍。小さくたためるので携帯にも便利です。...
delfonics-inner-carrying-14
デルフォニックスのポーチはカバンの中を整理するのに便利!【バッグインバッグ】DELFONICS(デルフォニックス)の「インナーキャリングデニムS」はバッグインバッグとしても使える便利なポーチ。かさばる小物をまとめて整理でき、バッグの中を整理整頓できます。インディゴで染められたキャンバス生地は使っていくうちに味が出て、経年変化も楽しめる使って楽しいポーチですよ!...
second-clipa-2
クリッパ【Clipa】の便利な点は?使いやす過ぎて2つ目買っちゃいましたバッグを吊り下げられるバッグハンガーのクリッパ(Clipa)が便利すぎて2つ目をゲットしました。色々なところにバッグを掛けられるので、バッグの置き場所に困ることがなくなります。クリッパの使い方とメリットを解説した記事です。...
care-light-color-leather-1
淡い色の革を変色させずにお手入れする方法は?【使うクリームに気を付けよう】ヌメ革を変色させずにお手入れしたい!淡く薄い色の革にシミを作らずにケアする方法が知りたい!そんな方はこの記事をチェックしてみてください。保革クリームの種類に気をつければ、クリームの塗り跡がシミにならずに栄養補給できます。実践しながら手順を解説します。...
shoes-case-1
【出張や旅行に便利な携帯用シューズケース】革靴を持ち歩くときに大活躍「冠婚葬祭に出席するから革靴を持って行かなきゃ!」「リラックスするためにサンダルを持ち運びたい!」出張や旅行で遠出する際は今履いている靴と別のシューズを用意したいことが多々あります。そんなときはシューズケースを使ってもう一足、靴を持っていきましょう。この記事ではオススメのシューズケースと便利な点について書いています。...
プレゼントにおすすめのレザーブランドランキング

レザーアイテム選びの参考として美しさと丈夫さを兼ね備えた末永く愛用できるレザーブランドを紹介します。

ユハク
features-yuhaku-1
絵画の技術を応用した独自の染色技術と建築の知識から生まれた手染めをベースとしたレザーグッズが豊富。
色へのこだわりが強く複数の色を手作業で重ねる染色が独創的な印象を与える。
ユハクのアイテムの特徴
染色が鮮やかで革の美しい色味とグラデーションが楽しめる
芸術品のような美しさ

記事を見る公式ページ

キプリス
cypris-reputation-1
美の頂点「キプリス・モルフォ蝶」の名を冠した美しさにこだわったブランド。
「一生愛せる本質的価値のあるものづくり」をコンセプトに厳選した素材を基に機能性と品質を追求したモノづくりを徹底している。
キプリスの特徴
仕立ての良さと上質な革を使用
目に見えない部分の手間も惜しまない製品作りへのこだわりを持つ

記事を見る公式ページ

ココマイスター
cocomeister-reputation-1
芸術性を探究する精神と洗練された技術で作られるメイドインジャパンのハイエンドブランド。
天然皮革そのものの良さを活かしつつ現代にマッチする格好良いレザーグッズが多数。
ココマイスターの特徴
ヨーロッパのタンナー(なめし業者)から仕入れた上質な革を日本の熟練工の手で仕立てている
経年変化を前提とした厳選革を使用

記事を見る公式ページ

こんな記事も読まれています