ファッショングッズ

洋服ブラシで衣類ケア!ブラッシングで服の寿命が伸びて美しさも保てます【お手入れ】

「ブラッシング」

この言葉で思い浮かべるのはどういった光景でしょうか?

一言でブラッシングと言っても、様々な場面がありますよね。

僕の場合はシューケアが好きということもあって、靴に対してブラシをかけることを真っ先に思い浮かべます。

ですが、それ以外の場面でもブラッシングをすることは沢山あります。

髪をとかすことも、プールの底を掃除することもブラッシングと言いますが、共通していることはブラッシングする対象のコンディションを良くするものだということです。

今回のテーマは、洋服のブラッシング」

洋服に対してのブラッシングも服の状態を整えるという点で非常に重要です。

  • どういった側面から洋服へのブラッシングが重要なのか
  • それによって得られる効果は何なのか
一路
一路
お手入れの実践を踏まえてご説明いたします!

洋服ブラシって何?

そもそもの話ですが、洋服ブラシとは何なのかと言うと、ズバリ「洋服用のブラシ」です。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
ズバリも何も当たり前だろ!

…こんなツッコミも聞こえてきそうな。

一路
一路
ホント当たり前ですね…^^

洋服ブラシは服のホコリを払ったり、生地の繊維の方向を整えるという役割を持ちます。

ホテルに宿泊するとハンガーの隣にぶら下がっていることがある、アイツです。

靴のブラシと同様に、馬毛や豚毛が使われることが多いですが、多くの靴ブラシには付いていない「持ち手」が付いています。

ちなみに、洋服ブラシに馬毛や豚毛を使用するのは静電気を抑えるためです。

動物性の毛には油分などが含まれていますから、静電気の蓄積が化学繊維よりもだいぶ抑えられます。

静電気は服の繊維を乱してしまいかねませんからね。

一路
一路
洋服ブラシを使うと、どんな効果があるのか次の項目から見ていきますよ!

洋服へのブラッシングの重要性とその効果

なぜ洋服へブラッシングが必要なのでしょうか。

そこには先ほども述べた通り、大きく以下の2つの理由があります。

  1. 服に付いたホコリや汚れを落とす
  2. 生地の繊維を整える

服に付いたホコリや汚れを落とす

まず一つ目。

「服のホコリや汚れを落とす」効果がある、という点です。

服に付いたホコリや汚れは、基本的に洗濯やクリーニングで落とします。

ただ、日々の洗濯・クリーニングによって、服の繊維にはほんの少しづつですが、ダメージが蓄積されていきます。

特にデリケートな生地であるウールカシミヤなどはその傾向が顕著。

ブラッシングで簡易的にホコリや汚れを落とせば、洗濯やクリーニングの回数を減らすことができます。

結果、服の寿命が長くなります。

もちろん、あまりに洗濯・クリーニングしないというのも、皮脂汚れなどの蓄積によって生地が弱くなってしまう原因となるので問題ですが…。

あくまでバランスの問題ですね。

ちなみに、ブラッシングだけでなく防虫カバーと組み合わせれば、大事な洋服をもっと長持ちさせることができます。

防虫カバーで虫食い防止
洋服の虫食い防止!防虫カバーを被せてスーツに穴が空く悲劇を避けましょう【原因と対策方法】スーツやコートを久々にクローゼットから出してみたら、穴が空いていて大ショック。こういったご経験されたことありませんか?洋服に穴が空くような事したかなぁ?と全く心当たりがない時は、恐らく原因は「虫食い」です。今回はそんな洋服の虫食いを防止するための強い味方のご紹介。ムシューダの防虫カバー、おススメです。...

生地の繊維を整える

二つ目の効果は「服の生地繊維を整える」ということです。

一日着用した服というのは、思いのほか繊維が乱れています。

肘、膝回り等の稼働箇所では特に顕著です。

繊維が乱れた個所に対してブラッシングすることで、繊維の乱れが解消され、生地の風合いが復活します。

さらに、整えられた繊維が空気を通すことで生地のつぶれが緩和され、服の型崩れ防止効果が生まれます。

繊維が整えられるということは、繊維の乱れによって発生する「毛玉」の発生も抑制されるということ。

一路
一路
洋服へのブラシ掛け、やるっきゃないでしょう!

服へのブラシ掛けを実践

ブラッシングのメリットが把握できたところで、実際に服のブラッシングを行ってみます。

ブラシのご紹介

ブラッシングを行う上で必須なのがブラシです。

使うのはこちらのブラシ。

白い馬毛が植え込まれたブラシです。

こちらのブラシメーカー、実は…

靴用ブラシでもおなじみ、ブラシメーカーの「平野刷毛製作所」が作っているブラシです。

泣く子も黙る「平野ブラシ」のメーカーさんですね。

こちらのブラシはデリケートなカシミヤにも使用可能な馬毛で作られており、どんな服でも繊維を痛めることなく安心して使えます。

きめ細かい馬毛は細かい箇所にも入り込めるため、ホコリ取りにもピッタリ!

このブラシを使ってブラッシングしていきます。

ブラッシング方法

ブラッシングの手順は以下の通りです。

  1. 服をハンガーにかける
  2. ブラッシングで繊維を逆立たせる
  3. ブラッシングで繊維を整える

おや?よく見るとブラッシング工程が2段階ありますね。

一路
一路
この理由は後程!

服をハンガーにかける

何はともあれ、まずは洋服をハンガーにかけます。

今回ブラッシングするのは、イギリス伝統のブランド、マッキントッシュのデイリーウェアラインである「トラディショナルウェザーウェア(Traditional Weatherwear)」のジャケットです。

ハンガーは太めのしっかりとしたものを使用して、なるべくブラッシングする服のシルエットを崩さないものがおすすめ。

その方がすみずみまでホコリや汚れを落とせますからね。

洋服の美しく保つためにはハンガー選びが重要です
ハンガーで洋服の型崩れを防ぐ!湿度制御に防虫効果を持つ優れものも【衣類の管理方法】洋服を保管する際に使用するハンガーって重要な役割を持っているんです。洋服の型崩れを防ぐ事は勿論、木製のハンガーでは湿度コントロール、シダー製のものとなると防虫効果や防臭効果まであるんです!脇役になりがちなハンガー、そこにこだわればファッションライフがより一層楽しくなりますよ!...

服をハンガーにかけたらブラッシングに移りますが、ブラッシング工程は2段階あります。

ブラッシングで繊維を逆立たせる

1段階目は繊維を逆立てて、ホコリや汚れを取れやすくするブラッシングです。

繊維を逆立たせるために、ブラシを下から上に向かってかけていきます。

手首のスナップを利かせて払うように。

一回のブラシ掛けで裾から襟まで行わずに、小刻みに「シャッ、シャッ」と少しづつブラシを移動させていきます。

この逆立てる工程がないと、ブラッシングによってホコリを繊維の中に押し込めてしまうことになりかねません。

一路
一路
折角のブラッシングが逆効果にならないように必ず実施しましょう!

ブラッシングで繊維を整える

繊維を逆立たせたら、次は2段階目の繊維を整えるブラッシングです。

今度は先ほどとは逆の動きで、上から下にブラシをかけていきます。

こちらも手首のスナップを利かせて、数回に分け、少しづつブラッシングを進めていきましょう。

この操作をジャケット全体に施していきます。

 

肩の部分や襟の部分も忘れずにしっかりとブラッシングします。

よく見ると肩にホコリが乗っていますね。

服をハンガーにかけていると、段々とホコリが襟や肩の部分にたまっていきます。

このジャケットに関しては定期的に着ているので、ホコリがたまっているという状態ではないですが、それでも少しづつホコリは付いていきます。

こういった箇所もブラッシングによって、しっかりホコリを落としましょう。

サッ、サッとホコリを払うと…、

はい!
ホコリを払い落とすことができました。

暗い色の服だと、白いホコリが付いているのが目立ってしまってみすぼらしさが出てしまいます。

ホコリが目立っていると、ファッションで重要な「清潔感」が感じられなくなってしまいます。

一路
一路
ブラックやネイビーの服は、特に念入りにホコリを落とすように心がけましょう!

国内スチールラックシェアNo.1

ルミナスクラブ

洋服をケアして充実したファッションライフを!

この記事では、洋服ブラシを使用した日々の服のケアについてご紹介しました。

洋服ブラシは服についたホコリや汚れを払うだけでなく、着た後に乱れた繊維の流れを整えて風合いをよみがえらせます。

また、繊維に空気を含ませて生地にふんわり感を与え、服の型くずれを防ぐ効果があります。

洗濯後の服の傷みが気になっている方や、購入当初の服の雰囲気を取り戻したいという方にはとてもおすすめのお手入れ方法です。

洋服のブラッシングは靴のブラッシングと同様に、日ごろの積み重ねで徐々にその効果を発揮していきます。

末永くお気に入りの服と付き合うために、今から洋服のケアを始めてみませんか?

ちなみに洋服ブラシ自体のメンテナンスも定期的に行うと、どの効果をいかんなく発揮できます。

洋服ブラシのためのブラシとは?
clothes-brush-care-10
【洋服ブラシのお手入れ】ブラシを掃除するための専用品「ブラシクリーナー」をご存知ですか?ブラシクリーナーの効果と使い方をご説明しています。洋服ブラシをお手入れするためのブラシ、それが「ブラシクリーナー」。ブラシクリーナーは洋服ブラシに付着したホコリや絡まった繊維を取り除くことが出来る優れもの。ホコリや衣類繊維をそのままにしてしまうと、ブラシの黒ずみや別の服にホコリを映してしまうことになりかねません。定期的にお手入れしましょう!...

出先でサッとホコリを落としたいときは携帯用コロコロも活用してみては!?

持ち運びに便利なホコリとり
portable-clothing-cleaner-4
【黒い服のホコリ除去】携帯用衣類クリーナーでいつでもきれいに!【無印良品のコロコロ】洋服に付いたホコリ。何だか目立つし、取り除きたいなぁ…。そう思っているそこのあなた!無印良品の衣類クリーナーを使えば幸せになれますよ!手のひらにスッポリ収まるサイズ感なので、持ち運びも楽々!いつでもどこでも、お気に入りの服をきれいにできます。...
携帯用洋服ブラシ
portable-clothes-brush-8
【江戸屋】携帯用洋服ブラシでいつでもどこでも衣類をケア【ホテルや旅館で持っていると便利】旅行や出張先で脱いだ服のお手入れ、してますか?そのままでは服の風合いが損なわれたり、毛玉が発生するリスクが!外出先でも携帯用の洋服ブラシを使って衣服をケアすることをおすすめします。この記事では江戸屋の上質なミニ洋服ブラシをご紹介します。...

それでは今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!

▼洋服を長く愛用する方法まとめ▼

cloth-care-summary-99
【洋服の管理方法まとめ】衣類を清潔に・美しく保つ方法とは?【オススメ収納グッズ・便利アイテム】衣類の管理方法についての記事をまとめています。洋服の型崩れを防ぐためのおススメハンガーや、大切な服を虫喰いから守る防虫カバー、除菌・消臭スプレーによる臭い対策まで。洋服ブラシのご紹介もしています。お気に入りの衣類をきれいに長持ちさせるための方法をお伝えします。...
micron-master-2
【ハンディイオンスチーマーMICRON MASTERのレビュー・口コミ】衣類のシワを楽に伸ばせる簡易アイロンの使い方と効果とは?【ツインバード】アイロンがけは意外と面倒な作業です。もっと気軽に衣類のシワを伸ばしたい!そんな方にオススメなのが、ハンディイオンスチーマーです。片手で持てるハンディタイプで取り回しやすく、服をハンガーにかけたままで手軽にシワ伸ばしができます。高温の蒸気をふきかけるので、生地の繊維を立たせてテカリを解消したり、服に付いた嫌な匂いも取り除けます。...
洋服の管理方法まとめ
cloth-care-summary-99

洋服を美しく、長く愛用するための保管・管理方法をまとめました。
ハンガーや洋服ブラシ、ニオイ対策など洋服に手を加えてあげましょう。

CHECK!

洋服の管理方法まとめ

こんな記事もオススメ!