ファッショングッズ

洋服の虫食い防止!防虫カバーを被せてスーツに穴が空く悲劇を避けましょう【原因と対策方法】

スーツやコートを久々にクローゼットから出してみたら、穴が空いていて大ショック。

こういったご経験されたことありませんか?

一路
一路
僕は過去に数回ありました…

洋服に穴が空くような事したかなぁ?と全く心当たりがないとき、その原因は恐らく「虫食い」です。

今回はそんな洋服の虫食いを防止するための、強い味方のご紹介。

それは…

「防虫カバー」です。

100%天然成分

虫よけ・防虫スプレー

洋服の虫食いってテンション下がる…

早速ですが、僕が過去に愛用していたスーツをお見せします。

 

ジャケットとスラックスなんですが、ジャケットは背中部分に、スラックスはセンタープレス付近の3か所にが空いてしまっています。

クローゼットから取り出して、いざ着ようとしたら穴が空いているのが見つかり、途方に暮れました…。

一路
一路
僕にとっては安くない買い物でしたから、相当にショックで…

このような、洋服に穴が空くという現象はなぜ起きてしまうのでしょうか。

その原因は「虫」によることがほとんどだと思います。

虫が洋服の繊維を食べてしまって、洋服に穴が空いてしまうのです。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
洋服をしまうときに虫なんかついてないよ!

と言われる方もいらっしゃるかもしれません。

確かにそうです。

クローゼットやタンスにしまう際には、虫は付いていないでしょう。

ただ、やつらは外からやってきます。

知らず知らずのうちに、虫たちは外から飛んできて、服に卵を植え付けていきます。

数mm程度の虫ですから、僕たちは気付くことなく、服に卵を植え付けられたことを見逃してしまうのです。

そして、やがて卵がかえり、幼虫が服の繊維を食べて成長していく…。

そんなことが起きてしまっているのです。

あるいは、外出時に植え付けられた卵に気付かずに、そのままクローゼットにしまってしまい、その卵がふかする…。

その後の惨状は言うまでもなし…。

一路
一路
お…、恐ろしい…!

 

虫食いされやすいかは服の素材次第

そんな恐ろしい虫食いですが、なにもすべての服が虫に食べられてしまうわけではありません。

人間と同じように虫にも好き嫌いがあります。

虫の大好物は「動物性の繊維」です。

ウールカシミアなどですね。

ウールは羊の毛、カシミアは山羊の毛ですから、いずれも動物性繊維です。

こういった動物性のものは栄養価が高いので虫にとっては好都合なのですね。

動物性繊維はその着心地の良さから、比較的高価格なジャケットやコート、ニットなどに使われています。

高かった洋服を虫に食べられて穴が空いてしまったら、それはもう海より深い悲しみが襲ってきます。

一路
一路
これは由々しき事態ですね…

では、動物性繊維以外のリネン(麻)やコットン(綿)などの「植物性繊維」や、ポリエステルやポリウレタンのような人工的に作られた「化学繊維」は虫に食べられないのでしょうか?

答えは「No」です。

植物性繊維や化学繊維でも食べられてしまうことはあります。

植物性繊維の場合は、動物性繊維ほどではないにしろ、植物性繊維を食べてしまう虫もいます。

化学繊維の場合はちょっと事情が異なり、それ自体が虫に食べられることはありません。

化学繊維は人工的に作られた自然界には存在しないものですからね。

天然ではないものは虫も好みません。

ただ、化学繊維で作られた服を着た後に付く、皮脂汚れや食事のときに付いた油汚れが残っていると要注意。

皮脂汚れや油汚れは虫のエサになります。

虫がその汚れを食べるついでに、化学繊維ごと食べてしまうことがまれにあるのです。

そのため、動物性繊維だけでなく、その他の繊維にも虫食いのリスクはあるということになります。

ただ、そのリスクは…

動物性繊維  植物性繊維 > 化学繊維

なので、動物性繊維は要注意です。

先ほどお見せした僕のスーツも、ジャケット、スラックス共にウール100%。

虫さんが喜んでパクパクしてしまったということなんです…。

一方で、化学繊維は洗濯をしっかりして汚れを落としていれば、虫食いによる穴空きリスクはほぼないと言えます。

一路
一路
化学繊維の服の場合、清潔に保てば心配無用です!

虫食いされないためには

ここまででお分かりのように、服に繊維を用いている以上は、虫食いのリスクを完全に無くすということは困難です。

ただ、そのリスクを減らすことは可能です。

虫食いされないために:①服を清潔に保つ

まず一つは「洗濯とクリーニングの徹底」です。

先ほど述べたように、服についた汚れは虫の格好のエサとなります。

その餌を服に残さないということが大事です。

衣替えで洋服をしまう際には、洗濯やクリーニングは虫食いを防ぐ上で必要最低限の措置ということです。

虫食いされないために:②服に虫を近づけさせない

また、「洋服の繊維を虫が食べてしまって洋服に穴が空く」という現象を考えれば、それを防ぐためには洋服に虫が寄り付かなくなれば良いということになります。

ということで、二つ目の対策は「服に虫を近づけさせない」こと

こういったことを実施すれば、服に穴が空いてしまうリスクを大幅に減らすことが可能となるのです。

服に虫を寄り付かせなくするために行うこと

では、服に虫を近づけさせないためにはどうするの?という話になりますが、それは防虫剤を使用することで達成されます。

クローゼットやタンス内に入れて使用するタイプの防虫剤などもありますが、僕が使っているのは「ムシューダ」「防虫カバー」です。

数ある防虫グッズの中で、僕がこの防虫カバーを使用しているのには3つの理由があります。

一つ目は当然、防虫効果です。

この防虫カバーにはフェノトリンという防虫成分が使われていて、虫が寄り付くことをしっかりと防いでくれます。

また、二つ目にスルファミド系防カビ剤も配合されているのでカビの発生も防ぐという効果もあります。

それと三つ目の効果として、カバー型なので服にホコリがたまることを防いでくれる効果があります。

長期間、クローゼットにしまっておくと、その上にホコリがたまってしまいます。

そういったホコリは服の繊維に絡まって容易に取れないんですよね、これが。

ですが、防虫カバーをかけておくことで、その上にホコリがたまっていきますから、いざ着るときにカバーを外すだけで綺麗な服をそのまま着ることができるということなんです。

ムシューダの防虫カバーのここが良い!
  1. 虫が寄り付かない
  2. カビの発生を防ぐ
  3. 服にホコリが溜まらない
一路
一路
これは便利ですよ!

防虫カバーの使い方

防虫カバーの使い方とは?

それは洋服に被せるだけ!

当たり前ですが…。

使う前に改めて防虫カバーの効能を挙げてみます。

  1. 防虫成分が約1年間効果を継続して、虫を寄り付かせない
  2. 服にホコリが付かない
  3. UVカット加工をした特殊フィルムなので服が色あせない
  4. 防虫剤のニオイが衣類に移らないため、カバーから取り出してすぐに着用可
  5. 防力ビ剤配合でカビの発育を抑制
  6. 不織布を使用しているため通気性が良好
  7. 表側は透明フィルムなので中身が一目瞭然

良いことづくめですよ、奥さん!

実際の防虫カバーはこんな感じです。

これを服に被せます。

 

これは何の変哲もないスーツのジャケットですが、すっぽりと防虫カバーに包まれています。

一路
一路
これなら、虫も寄り付きませんよね!

ちなみに丈の長い、コート用もあります。

かなり長いですので、ロングコートも安心です。

厚みのあるハンガーにかけておけば型崩れも起こらず、来期の次の出番まで保管できます。

防虫カバーと組み合わせたいハンガー
ハンガーで洋服の型崩れを防ぐ!湿度制御に防虫効果を持つ優れものも【衣類の管理方法】洋服を保管する際に使用するハンガーって重要な役割を持っているんです。洋服の型崩れを防ぐ事は勿論、木製のハンガーでは湿度コントロール、シダー製のものとなると防虫効果や防臭効果まであるんです!脇役になりがちなハンガー、そこにこだわればファッションライフがより一層楽しくなりますよ!...

防虫カバーの有効期限

ちなみに、この防虫カバーの効果継続期間は約1年間ですので、1年ごとに交換が必要です。

僕の場合、交換する時期は春先の3月頃と決めています。

というのも、虫の活動が最も活発化するのが春から夏にかけてなので、の時期の少し前に防虫カバーを新調し、春夏の期間に最も効果を発揮するようにしたいという狙いがあるからです。

毎年3月になると新しく購入して、定期交換を行っています。

repellent-cover-1
一路
一路
そのおかげかは分かりませんが、このカバーを使用し始めてから虫食いは一度もありません!
天然の防虫剤
eco-block-5
【KUSU HANDMADEのエコブロック】クスノキのアロマブロックは防虫・防臭効果がバツグン!衣類を虫食いから守りたい!嫌な匂いがつかないように保管したい!そんな方にはKUSU HANDMADE(クスハンドメイド)のエコブロックがオススメです。クローゼットや衣装ケースに入れておくだけで防虫・防臭効果が得られます。クスノキ由来の天然成分なので、身体や環境にも優しく、気軽に使える木製ブロックです。...

国内スチールラックシェアNo.1

ルミナスクラブ

防虫カバーで安心感を得よう!

今回は洋服の管理について、防虫カバーのご紹介でした。

防虫カバーを使うことで虫の侵入を防ぎ、服の穴あきを防止することが可能となります。

折角の大事な服ですから、いつまでも長く着たい、そういう感情は誰しもが持っていると思います。

お気に入りの服を虫食いから守って、心置きなくファッションライフを満喫してみませんか?

一路
一路
心配事から解放されれば、ますます日々のオシャレが楽しくなるはずです!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!

100%天然成分

虫よけ・防虫スプレー

▼洋服をきれいに・長く愛用する方法まとめ▼

cloth-care-summary-99
【洋服の管理方法まとめ】衣類を清潔に・美しく保つ方法とは?【オススメ収納グッズ・便利アイテム】衣類の管理方法についての記事をまとめています。洋服の型崩れを防ぐためのおススメハンガーや、大切な服を虫喰いから守る防虫カバー、除菌・消臭スプレーによる臭い対策まで。洋服ブラシのご紹介もしています。お気に入りの衣類をきれいに長持ちさせるための方法をお伝えします。...
洋服の管理方法まとめ
cloth-care-summary-99

洋服を美しく、長く愛用するための保管・管理方法をまとめました。
ハンガーや洋服ブラシ、ニオイ対策など洋服に手を加えてあげましょう。

CHECK!

洋服の管理方法まとめ

こんな記事もオススメ!