ガジェット

GW-5000-1JFをレビュー!Gショックは耐衝撃性・ソーラー電池・電波時計と魅力満載

about-g-shock-1

時計は世の中にたくさんの種類があります。

あなたはどういった時計を使っていますか?

大人のステータスとしての意味合いも持つ時計は、嗜好しこう品として愛好家が多い分野。

ですが、それらとは一線を画した、

  • 実用性に特化した時計

もあります。

嗜好しこう品としての時計はスイス時計を筆頭に超高額なものが多いですが、実用時計は日常で気兼ねなく使える、お手軽な価格のモデルがほとんどです。

そんな実用時計にも多くの種類の時計がありますが、その中でも抜きんでた存在の時計の一種がGショックです。

Gショックのモデルの1つ、GW-5000-1JFは6角形ベゼルが特徴のタフなソーラー時計。

about-g-shock-22

日常でガシガシ使える実用時計です。

本記事では実用時計の最高峰と言っても過言ではないGショックの特徴をGW-5000のレビューと共に紹介します。

Gショックは高機能な実用時計

G-SHOCK(ジーショック)とは、カシオ計算機株式会社が1983年から販売している腕時計のブランド。

G-SHOCKの『G』は、英語で重力を意味するGravity(グラビティ) から名付けられたことは有名です。

Gショックにはいくつもの優れた機能があります。

その中でも、僕が魅力に感じている機能を紹介します。

魅力①:耐衝撃性

Gショックの最大の魅力はなんと言っても、耐衝撃性です。

どんな「G」、つまりはあらゆる衝撃にも耐える時計。

そういうイメージがGショックにはあります。

  • 落としても壊れない

そんな安心感を与えてくれる時計は、世の中数々の時計があれど、Gショックは別格の存在感を放っています。

その耐久性の秘密は、心臓部のモジュールをポイントで支えることで、

  • ケースから浮遊させる中空構造

と外装に、

  • ポリウレタン製の耐衝撃材

を採用することで達成されています。

Gショックの開発前までは、時計に耐衝撃性を求めるという概念はあまり無かったそうですから、Gショックの登場はいかにセンセーショナルであったかは想像にかたくありません。

魅力②:耐水性

また、Gショックは耐水性に優れています。

Gショックは多くのモデルで、20気圧防水機構を備えていますので、日常生活で全く支障なく使用できるばかりでなく、水泳等の完全な浸水環境であっても気兼ねなく使えます

あ、スキューバダイビングには耐えられません。

そこは注意を。

ですが、ダイビング用のより耐水性のあるモデルがラインナップされていますので、使用環境によって、適したモデルを選べます。

一路
一路
豊富な商品群もGショックの魅力ですね!

魅力③:ソーラー充電

時計で気になるのは、その動力源です。

機械式時計はゼンマイや錘を使用して動きますので、そのための巻取り動作を行わなかったり、時計を長期間身に着けていなかったりすると、停止してしまいます。

電気式時計は電池で動きますので、その電池が切れると交換作業が必要に…。

どちらの種類の時計も動力源の確保が面倒と感じることが多いです。

Gショックは電池式時計ですが、電池は電池でも、ソーラー充電が可能な電池を使用しているモデルがほとんど。

光に当てると勝手に充電してくれるので、面倒なゼンマイの巻取りや電池交換が不要なんです。

Gショックのソーラー電池は太陽光はもちろん、 蛍光灯などの光を動力に変換するカシオ独自のソーラー充電システムを搭載しています。

そのため、よっぽど暗所に長期間保管していない限りは、電池切れを起こすことはありません。

一路
一路
この機能は大変便利!

魅力④:電波受信

Gショックは「マルチバンド6」という標準電波受信機能も備えています。

標準電波受信機能とは、内蔵の小型アンテナで時刻情報が乗った標準電波を受信して、時刻を自動修正する機能のこと。

高感度アンテナを搭載しているため、タフさを確保しつつ、世界中の電波を安定受信することが可能となっています。

時刻合わせがいらない、常に正確な時刻を知ることができるこの機能は、一度使用すると、もうこの機能なしの時計は使えないとさえ思ってしまうほどです。

Gショック「GW-5000-1JF」

この項目ではGショックの1種を紹介します。

それがこちらです。

about-g-shock-6

Gショックのオリジンタイプ。

  • GW-5000-1JF

です。

オリジン型のベゼル形状

1983年に誕生したG-ショック初号機がDW-5000Cというモデル。

そして、そのデザインがスクエア型であったということから、このような形をGショックのオリジン型といいます。

about-g-shock-2

そんなGショック伝統のオリジン型を継承している時計がGW-5000-1JFです。

1980年代に登場した初代モデルであるDW-5000を基に、最新の技術を搭載したのがこちらのモデル。

ベゼルの形はカシオスタンダード、いわゆるチープカシオにも通ずるものを感じるデザインですね。

電波受信機能

about-g-shock-11

この時計はメタルケースを採用しているのですが、先ほど紹介した電波受信機能は金属に吸収されることによって阻害されてしまいます。

about-g-shock-7

ですので、このモデルは電波を通しづらく電波受信には不利になるのですが…。

それにもかかわらず、世界6局の標準電波を受信機能を搭載しています。

試しに電波受信してみます。

about-g-shock-3

液晶画面右上の「RC!」が受信中の合図です。

電波受信による時刻合わせが完了すると、左上に「RCVD」と表示されるので分かりやすいです。

about-g-shock-5

受信しにくい場合は、屋外で電波受信モードにすると受信しやすくなります。

about-g-shock-23

上の図の電波レベルが高いほど受信しやすくなります。

電波レベル

低|L1<L2<L3|高

about-g-shock-21

屋外だと難なく受信できますよ。

カシオの高い技術が電波受信を可能にしたのですね。

スクリューバックを採用

GW-5000-1JFの裏側はスクリューバック仕様になっています。

about-g-shock-13

スクリューバックとは時計の裏ブタがねじ込み式になっている仕様のこと。

堅牢性や耐水性が高いのが特徴です。

ただ、高コストになりがちなので、Gショックすべてのモデルに採用されているかというとそうではなく。

一部のモデルにのみ採用されています。

モジュール名は3159。

about-g-shock-12

中央には「MADE IN JAPAN」の文字が刻まれています。

about-g-shock-14

日本製なのは嬉しいポイントです。

GW-5000-1JFのスクリューバックには耐摩耗性を強化する、

  • DLC(ダイヤモンドライクカーボン)処理

ほどこされており、さらにミラー加工もプラスされ、上質ただよ漂う雰囲気をまとっています。

美しい鏡面です。

DLC加工によって傷が付きにくくなるだけではなく、金属アレルギーも引き起こしにくくなります。

ウレタンバンド

バンドには装着感の良いソフトウレタンが使用されており、抜群の着け心地。

about-g-shock-4

しなやかに腕をおおいます。

about-g-shock-8

ウレタンは加水分解でボロボロになりやすいのが心配ですが…。

GW-5000-1JFは問題なし。

使用6年目の現状でも、分解は見られません。

about-g-shock-9

黒のバンドはシックで合わせるファッションを選ばず、使いやすいです。

バンドにはサイズ調節用のホールがたくさんもうけられています。

about-g-shock-15

サイズに融通が利くので老若男女のすべての人が着用できますよ。

時計以外の機能

GW-5000-1JFには時計表示以外の機能を備えています。

横のボタンを押すと…

about-g-shock-10

世界の主要都市の時刻が見れたり…

about-g-shock-20

アラーム設定ができたり…

about-g-shock-16

ストップウォッチ機能も。

about-g-shock-17

様々な便利機能を持つGショック。

頼れる1本です。

着用図

では、Gショックを腕に着けてみます。

about-g-shock-18

ブラックの落ち着きのある見た目なので、服装を選ばず着用しやすいのが特徴。

厚みのあるカジュアルな印象です。

about-g-shock-19

機能的にも見た目にもタフな時計が欲しいならGショックのGW-5000-1JFをチェックしてみて下さい。

日常をG-SHOCKとともに過ごす

本記事ではGショックの特徴とGW-5000-1JFの詳細を紹介しました。

長らくGショックを使っていて思うことは使うほどにGショックへの信頼感が増していく点です。

多少雑に使っても問題ないタフさ、電池交換不要なソーラー充電、時刻合わせも自動でしてくれる…。

便利すぎて、他の時計を着けている時には不便さを感じてしまうほどです。

そのくらい、Gショックはヘビロテしています。

また、その見た目のカジュアルさから、日常のファッションへも溶け込みやすく、

  • 時計が浮く

ということもまずありません。

ファッション的な観点からも、Gショックの利便性を享受できます。

一路
一路
カラーバリエーションも豊富ですし!

まだGショックを使ったことがない人は、ぜひ1度試してみてください。

Gショックの多機能性に驚くこと間違いなしです。

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

g-shock-battery-replacement-1
Gショックのソーラー電池切れを解決する方法は?カシオに送るだけ【目安は2週間】G-SHOCKのソーラー電池の交換方法を解説した記事です。ソーラー電池は充電式電池のため自分で交換するのはハードルが高め。カシオ修理受付センターならウェブで簡単に依頼できます。宅配便で送った後は待っているだけで電池交換済みのGショックが手元に届きます。...
casio-a164wa-1-10
【CASIOスタンダード】腕時計A164WA-1をご紹介!スライド式ベルトの調節方法も「A164WA-1」のご紹介記事です。いわゆるチープカシオと呼ばれるこの時計の魅力は圧倒的な安さと無駄をそぎ落としたスタイリッシュなデザイン、そして、高機能性。それらを詳しく見ていきましょう!ついでに、A164WA-1のスライド式ベルトの長さ調整方法もご説明します。...
cheap-casio-3
チープカシオのF-201WA-9AJFレビュー!薄型でシャツの袖にも干渉しない腕時計実用時計として高レベルのチプカシ「F-201WA-9AJF」を紹介した記事です。チープカシオ(Cheap CASIO)の魅力はファッション性だけではありません。充実した多機能ぶりとガシガシ使えるタフさ、圧倒的な軽さと薄さは大きなメリットですよ。...
grand-seiko-quartz-watch-1
グランドセイコーのクオーツ時計をレビュー!5年間愛用した感想は?Grand Seikoのマスターショップモデル「SBGV005」を5年間愛用した感想を踏まえてレビューした記事です。グランドセイコーのクオーツ腕時計は年差10秒という驚異的な正確さが魅力。ブランド独自の9Fクオーツムーブメントが確かな時を刻みます。時代に左右されない、シンプルながらも高級感あふれる外観は一生ものにふさわしい風格を漂わせています。...
watch-battery-change-29
グランドセイコーの電池交換方法を解説!ウェブ依頼で簡単【かかる日数は?】グランドセイコー(Grand Seiko)のクオーツ時計の電池を交換する方法を解説した記事です。かかった日数についても書いています。...
black-face-pocket-watch-10
ポータークラシックの懐中時計ブラックフェイスポケットウォッチをレビュー懐中時計の魅力って何?そんな疑問にお答えする記事です。手でゼンマイを巻き、時を刻む…。使う楽しさを感じるのが懐中時計の良いところ。Porter ClassicのBLACK FACE POCKET WATCHのディティールと共に、懐中時計を使う喜びをお伝えします。...
Amazonギフト券チャージでお得に買い物する方法
amazon-charge-cta

Amazonで買い物するならAmazonギフト券チャージタイプを活用しましょう。

Amazonアカウントに現金チャージするごとに、チャージ金額に応じて通常会員なら最大2.0%プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。

AmazonポイントはAmazonでの商品購入に利用できるポイントです。1ポイントにつき1円のレートで買い物に使えます。
チャージ金額とポイント表
チャージ額もらえるポイント(通常会員)もらえるポイント(プライム会員)
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

まとめてチャージするとポイントがアップします。Amazonで買い物する機会が多い人ほどお得です。

コンビニ・ATM・ネットバンキングなどで現金支払い可能なので、クレジットカードなしで安心の買い物ができます。

Amazonのチャージの仕方
  1. 下記のボタンをクリック
  2. 現金で5,000円以上をチャージ(支払い方法はコンビニ・ネットバンキング・ATMのいずれか)
  3. ポイントを受け取る(ポイント付与日は利用明細をチェック)

▼Amazon公式サイトへ▼
Amazonギフトをチャージしに行く

こんな記事も読まれています