インナーダウンベストは寒い時期にオススメ!中に着込むだけで薄手のコートを真冬でも着れる【tilakのピグミーベスト】

inner-down-vest-15

寒い時期に活躍するダウンジャケット。

あのモコモコの中に羽毛や中綿が入っていて、暖かさを保ってくれます。

真冬や寒冷地での強い味方、それがダウンジャケットです。

ですが、こんな意見も…。

  • あのモコモコがどうも苦手…
  • 見た目がスッキリしない…
  • 日本の都市部ではオーバースペックで暑い…

ダウンジャケットはかさばったり、見た目が野暮ったくなってしまうことにわずかな抵抗を覚える方も少なくないと思います。

そこで登場するのが、アウターの内側に羽織る「インナーダウンベスト」。

その名の通り「インナー」として使えるインナーダウンベストは、薄型でありながら暖かさをしっかり確保できる防寒アイテムです。

コートやジャケットの内側に着れば、寒い時期でも何のその。

暖かく快適な冬を過ごせます。

ベストタイプなのでアウターの下に着ても腕周りが窮屈きゅうくつになりにくく、色々な種類のアウターとも幅広く組み合わせられる汎用性も魅力。

秋の服装にインナーダウンをプラスするだけで、冬にも対応可能になるのでワードローブの気回し力が向上します。

冬はダウンジャケットばかり着てしまって味気ない…

そんな方はインナーダウンを活用してみてください。

ということで、本記事ではインナーダウンの便利さとコーディネートへの活用例について書きました。

この記事はこんな方にオススメ!
  • 寒くてダウンジャケットばかり着てしまう…
  • 寒い時期のコーディネートに変化をつけたい!
  • インナーダウンベストってどんなところが便利なの?
  • インナーダウンベストの活用例は?
一路
一路
僕が日頃から愛用しているtilakのインナーダウンベストの詳細も合わせてご紹介します!

アウトドアウェアチェック

カリマー

アウトドアも!スポーツも!ワークマンがいい!

インナーダウンベストのここが便利!

インナーダウンベストはアウターやジャケットなどのインナーとして着るダウンベストです。

インナーダウンベストは、実はとても便利なアイテム。

どんなところが便利なのかと言いますと…

インナーダウンベストの良いところ
  • 重ね着しても着ぶくれしない
  • 脱いでもかさばりにくい
  • 寒い時期でも薄手のアウターやジャケットを楽しめる
  • ワードローブの着回し力が高まる
一路
一路
一つ一つ見ていきましょう!

重ね着しても着ぶくれしない

インナーダウンベストの良いところ、1つ目は「重ね着しても着ぶくれしない」こと。

インナーダウンベストはインナーに着込むことを前提としているため、薄手でボリュームが抑えられているものがほとんど。

また、ベストタイプなので袖がなく、上からアウターやジャケットを着ても腕周りがかさばりません。

インナーダウンベストは薄くて腕回りがスッキリしているため、重ね着に使っても着ぶくれしにくく、スッキリとしたシルエットになります。

暖かさを確保しつつ、コーディネートをスタイリッシュにまとめることができるのです。

ベストは重ね着に便利!
crepuscule-vest-6
【crepuscule】ニットベストの便利さとは?コーディネートに変化をつけよう!【メンズファッション】チョッキやジレとも呼ばれる「ベスト」の便利さについて語る記事です。クレプスキュールの「moss stitch vest」という鹿の子地のニットベストのご紹介と実際に着てみた様子を書いています。コーディネートのアクセントとしてだけでなく、服としての機能性も兼ね備えたベスト、食わず嫌いせずにファッションに取り入れt見てはどうでしょうか?...

脱いでもかさばりにくい

インナーダウンベストの良いところ、2つ目は「脱いでもかさばりにくい」こと。

寒い時期は厚着をして出かけるわけですが、室内は暖房がきいている場所が多いです。

寒い外から暖かい屋内へ入ったら、上着を脱ぎますよね?

ダウンジャケットはモコモコしているので脱いだときにかさばってしまいます。

一路
一路
持ち歩くのが面倒…

しかし、インナーダウンベストは薄手のため、脱いでもかさばらず、おまけに軽量。

冬は寒いので、外出しても屋内ばかりに行ってしまうのは「あるある」です。

屋内で脱いでもかさばらないインナーダウンベストは、着ても良し・脱いでも良しの使いやすい防寒着なのです。

寒い時期でも薄手のアウターやジャケットを楽しめる

インナーダウンベストの良いところ、3つ目は「寒い時期でも薄手のアウターやジャケットを楽しめる」こと。

インナーダウンベストは防寒性を高める効果が抜群。

一路
一路
何せ「ダウン」ですからね!

寒い時期を乗り切るためにはピッタリのアイテムです。

しかも薄手。

インナーダウンベストの薄さは、他のアイテムとの組み合わせを考える上でとても重要です。

その薄さによってインナーダウンベストは重ね着してもモコモコしません。

そのため、比較的薄手のアウターやジャケットなど、真冬に着るのは厳しいアイテムもインナーダウンベストと組み合わせることで寒さを乗り切れます。

ワードローブの着回し力が高まる

インナーダウンベストの良いところ、4つ目は「ワードローブ(個人の衣類全体)の着回し力が高まる」こと。

インナーダウンベストを活用することで、先ほど述べた「薄手のアウター」や「ジャケット」を冬でも着ることができます。

つまり、今まで冬にはクローゼットの奥にしまい込んでいた、薄手のアウターやジャケットだろうと着回せるということ。

少ないアイテムで幅広い季節に対応できるようになり、自分のワードローブの着回し能力が大幅に向上します。

ヘビーアウターは価格が高いことも多いので、手持ちのライトアウターを活用しやすくなるのは経済的にも助かります。

tilakのインナーダウンベスト「ピグミーベスト」

さて、インナーダウンベストの便利さを語った後は、実際に僕が愛用しているインナーダウンベストをご紹介します。

それがこちら。

inner-down-vest-19

tilak(ティラック)のインナーダウンベスト「ピグミーベスト」です。

inner-down-vest-18
tilak(ティラック)とは
  • アウトドアスポーツが盛んなチェコで生まれたアウトドアブランド。
  • 登山家Roman Kamler氏によりチェコで設立された。
  • 自社工場で全ての工程を手掛け、1点1点のアイテムが高いレベルの縫製技術とデザインによって仕上がっている。

ピグミーベストはインナー型の薄手で暖かい中綿ベスト。

薄手でかさばらず、けれども確かな保温性があるとても機能的なダウンベストです。

ピグミーベストはtilakティラックのトラベルライン「POUTNIK(ポートニック)」のアイテムです。

POUTNIKとは
  • tilakのブランドラインの一つ。
  • 「旅する者が快適に過ごせる」がコンセプトのウェアブランド。
  • 高機能なギアの要素を持ちながら、街着を意識したデザイン性の高いアイテムが多数ラインナップ。

tilakティラックのブランドラインの中で、よりファッション性を重視したのがPOUTNIKポートニックです。

襟裏にはtilakティラックのブランドロゴと、何やら赤いマークが。

inner-down-vest-11

この赤いマークは「tilakティラックを着る事によってあなたをお守りします」という意味が込められているそう。

一路
一路
アウトドアブランドならでは心遣いですね!

チェコ国営の登山救援部隊やマウンテンレスキューサービスにも公式に採用されており、確かな品質を誇ることがうかがい知れるブランドです。

tilakのインナーダウンベストの詳細

tilakティラックのインナーダウンベスト「ピグミーベスト」の詳細を見ていきましょう。

フロントと胸ポケット・左右のポケットはいずれもスナップボタン仕様。

inner-down-vest-14 inner-down-vest-10

手袋をしていても簡単に開閉ができる仕様です。

一路
一路
ファスナーよりもボタンの方が簡単に開閉できますよね!

表地には「PERTEX MICROLIGHTパーテックスマイクロライト」という素材が使われています。

inner-down-vest-13

PERTEX MICROLIGHTパーテックスマイクロライトはナイロンを用いた高密度組織で形成された生地のため、防風性・撥水はっすい性・耐久性に優れた特長を持っています。

inner-down-vest-6

このPERTEX MICROLIGHTパーテックスマイクロライト、必要以上の熱を外に放出しない特性を合わせ持ち、高い防寒性を誇るのでダウンベストと好相性。

品質表示を見ると…

inner-down-vest-4

表地がナイロン100%、これはPERTEX MICROLIGHTパーテックスマイクロライトです。

そして、中綿はポリエステル100%です。

コチラも特殊な素材で、「CLIMA SHIELDクライマシールド」といいます。

CLIMA SHIELDクライマシールド軽量で保温性や形状記憶に優れた素材。

おまけに、速乾性にも優れるハイテク素材。

一路
一路
たとえ雨に濡れたとしても安心です!

米軍服にも採用されていて、確かな品質であることが分かります。

先ほども述べましたが、tilakティラックの製品はチェコ製。

inner-down-vest-1

クオリティ統一のため、全てのアイテムをチェコで仕上げているという徹底した品質保証体制も魅力です。

ベストの裏地には、腰部分にポケットが取り付けられています。

inner-down-vest-8

もちろん、モノを入れることができますが、パッカブルポケットとして使うことができます。

このように、パッカブルポケットにベスト本体を収納すれば…

inner-down-vest-5

ハイ、この通り。

inner-down-vest-3

ベストをコンパクトにたたむことが可能です。

持ち運びに便利なポケッタブル仕様。

バッグにしのばせて持ち歩けば、寒いときにサッと取り出して羽織れます。

冬に屋外・屋内を頻繁に出入りする方には特にオススメ。

一路
一路
携帯しやすいピグミーベストは防寒着としてとっても便利です!
ベストを携帯するのにも大活躍!大容量で使いやすいバックパック
amiacalva-backpack-8
機能性抜群!AMIACALVAの使いやすさを追求したバックパック【リュック】日本のバッグブランド「AMIACALVA(アミアカルヴァ)」のギャバジンバックパックのご紹介記事です。バックパックはその高い機能性と便利さからたくさんの方が日々使っています。それゆえに多くの種類があって迷ってしまいます。そんな中、僕がバックパックを選ぶ際に基準としている項目があるのですが…。AMIACALVAのバックパックはそれをすべて満たしていましたとさ!...

tilakのインナーダウンベストを着てみた

tilakティラックのピグミーベストを実際に着てみるとこんな感じ。

inner-down-vest-7

スタンダードな白シャツに合わせてみました。

インナーダウンベスト自体がシンプルなクルーネックのスッキリとしたデザインなので、シャツだけでなく首周りにボリュームがあるアイテムとも合わせやすい汎用性があります。

一路
一路
フード付きのパーカーやハイネックのスウェットとも相性良し!

フロントボタンを閉じると防寒性がアップ。

inner-down-vest-9

ブランドロゴなどが見えない、とてもサイレントでミニマルなインナーダウン。

徹底的に機能を追求した姿勢が伝わってきます。

一路
一路
デザインがシンプルだと合わせるアイテムを選ばず、着回しの幅が広がりますよね!
inner-down-vest-12

もちろん、主張が控えめなインナーダウンベストは、アウターやジャケットの下に着込んでも落ち着きある雰囲気に。

inner-down-vest-16

自らが主役にならず縁の下の力持ちに徹するインナーダウンベストは、秋冬のレイヤードスタイルに活躍してくれます。

インナーダウンベストに合わせたジャケットの詳細はコチラ
kasuri-classic-jacket-4
【カスリクラシックジャケット】着て楽しい!絣糸の独特の雰囲気を持つジャケット【ポータークラシック】ポータークラシック(Porter Classic)のカスリクラシックジャケットは絣生地を使った独特の雰囲気を持つクラシカルなジャケット。この記事では、カスリクラシックジャケットのディティールをご紹介します。他のブランドでは中々お目にかかれない、ポータークラシックのこだわりが詰まったジャケットをご覧あれ!...

さりげなくコーディネートに暖かさを加えてくれるインナーダウンベストは、寒い時期にファッションを楽しむための強い味方なのです。

ビジネスのお供にも

カジュアルシーンだけでなく、ビジネスシーンでもインナーダウンベストは活躍します。

スーツの下に着ても目立たずスッキリ。

inner-down-vest-2

遠方への出張は天候や気温が読みにくい不安がありますよね?

かといって、荷物がかさばるのは避けたいところ。

携帯に便利なパッカブル仕様のインナーダウンベストならば、

昼間はバッグの中にコンパクトに収めておき、冷える夜には取り出して羽織る

という使い方ができます。

インナーダウンベストは出張や旅行のお供に準備しておくと便利な存在です。

tilakティラックのピグミーベストはシンプルながら手軽に持ち運びができて、保温性も抜群。

性能・機能的にも申し分ない一枚です。

一路
一路
アウトドアシーンはもちろんですが、タウンユースやビジネスシーンでも活躍してくれます!
旅行に携帯したいケアアイテム
【出張・旅先のお供に】携帯用のシューケアセットと洋服ブラシで革靴と衣類をお手入れしよう出張や旅行先での革靴やスーツのケアは怠りがちです。ケア用品を持って歩くの億劫ですよね?そんな時にために携帯用のシューケアセットとミニ洋服ブラシがあります。持ち運びに便利なケアセットなら、いつでもどこでも身につけている靴と洋服のケアを行うことが可能です。僕が愛用しているマリアクレマの携帯用靴磨きセットと江戸屋のミニブラシをご紹介する共に、その方法をまとめています。...

インナーダウンベストを活用してコーディネートの幅を広げよう!

本記事ではtilakティラックのピグミーベストを例にとり、インナーダウンベストの便利さをご紹介しました。

インナーダウンベストは、かさばらないので重ね着に便利。

薄手ながらしっかり温かさを確保できます。

秋の服装にインナーダウンベストを一枚仕込んであげれば、冬にも活躍するコーディネートの出来上がり。

薄手のアウターやジャケットの活躍の幅を広げられます。

軽量でパッカブル仕様のtilakティラックのインナーダウンベスト「ピグミーベスト」は軽量で持ち運びにもオススメです。

寒い時期の出張や旅行の際に大活躍間違いなしです。

暖かさを確保しつつ、コーディネートが着ぶくれせずにスッキリとまとまるインナーダウンベスト。

日本の都市部ならダウンベストでも十分に冬を乗り切れます。

一路
一路
ぜひお試しください!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

アウトドアウェアチェック

カリマー

アウトドアも!スポーツも!ワークマンがいい!

crepuscule-vest-6
【crepuscule】ニットベストの便利さとは?コーディネートに変化をつけよう!【メンズファッション】チョッキやジレとも呼ばれる「ベスト」の便利さについて語る記事です。クレプスキュールの「moss stitch vest」という鹿の子地のニットベストのご紹介と実際に着てみた様子を書いています。コーディネートのアクセントとしてだけでなく、服としての機能性も兼ね備えたベスト、食わず嫌いせずにファッションに取り入れt見てはどうでしょうか?...
【出張・旅先のお供に】携帯用のシューケアセットと洋服ブラシで革靴と衣類をお手入れしよう出張や旅行先での革靴やスーツのケアは怠りがちです。ケア用品を持って歩くの億劫ですよね?そんな時にために携帯用のシューケアセットとミニ洋服ブラシがあります。持ち運びに便利なケアセットなら、いつでもどこでも身につけている靴と洋服のケアを行うことが可能です。僕が愛用しているマリアクレマの携帯用靴磨きセットと江戸屋のミニブラシをご紹介する共に、その方法をまとめています。...
crepuscule-sweat-4
クレプスキュールの定番・鹿の子スウェットは緩めシルエットで着やすさ抜群!ドメスティックファッションブランドであるクレプスキュール(crepuscule)の鹿の子スウェットのご紹介と実際の着心地をレビューした記事です。ニットに定評のあるクレプスキュール。その定番のアイテムだけに計算されつくされたシルエットと色味がとても魅力的な逸品です。自宅で洗濯できることもポイント高し!...
洋服の管理方法まとめ
cloth-care-summary-99

洋服を美しく、長く愛用するための保管・管理方法をまとめました。
ハンガーや洋服ブラシ、ニオイ対策など洋服に手を加えてあげましょう。

洋服の管理方法まとめ