革靴

シェットランドフォックスの革靴ウィンストンレビュー!ツヤめく水染めコードバン

shetland-fox-winston-5

シェットランドフォックス(SHETLAND FOX)は日本のシューズメーカーであるリーガル(REGAL)が展開するブランドの一つ。

リーガルが手がけるブランドの中で最高峰に位置するのがシェットランドフォックスです。

シェットランドフォックスの革靴は、流行にとらわれないデザインで長く履くことができます。

かくいう僕はシェットランドフォックスのコードバン靴「ウィンストン」を2年ほど愛用しているのですが、履き心地が良いのですよ。

加えて、ウィンストンは見た目も良き。

水染めコードバンの繊細な輝きが美しいウィンストンは、見る者を飽きさせない、むしろ月日を重ねるごとにどんどん魅力を増していく靴だと感じています。

本記事ではシェットランドフォックスのウィンストンのディティールをレビューすると共に、その魅力を語ります。

  • ウィンストンってどんな革靴?
  • ウィンストンの詳細が知りたい

という方はぜひご覧ください。

シェットランドフォックスのウィンストン

早速、今回ご紹介する革靴に登場してもらいましょう。

それがこちら。

shetland-fox-winston-11

シェットランドフォックス(SHETLAND FOX)のウィンストン

黒のプレーントゥのコードバン靴です。

シェットランドフォックスは、日本のシューズメーカーのリーガルコーポレーションから1982年にデビューしたシューズブランドです。

シェットランドフォックスの背景

当時のリーガルコーポレーションの前社名である日本製靴が世界に通じる高級自社ブランドとして、主にセレクトショップや海外のシューショップ等で販売を行っておりました。2009年春に、成熟してきた日本の靴市場において、「ブランドに惑わされない、日本人のための日本製の靴ブランド」として再デビューを果たしました。
※リーガル公式ウェブショップ「シューズストリート」より

一時的なブランド休眠をて、時代の要求と共に復活した背景を持つシューズブランドがシェットランドフォックスです。

日本人の足型を徹底的に分析して作られたフィッティングと履き心地の良さがシェットランドフォックスの魅力。

一路
一路
日本のメーカーだからこそ作れる、日本人のためのシューズブランドです!

上から見ると…

shetland-fox-winston-14

ぽってりとした形状が愛らしさをかもし出しています。

流行にとらわれない長く履けるデザインで、5年・10年と末永く付き合っていきたいと思える革靴です。

次の項目では以下の観点からウィンストンの詳細を見ていきます。

ウィンストンのディティール
  • アッパー(甲革)
  • ラスト形状
  • インソール・ライニング
  • アウトソール

ウィンストンのアッパー(甲革)

まずはウィンストンのアッパー(甲革)から。

shetland-fox-winston-16

ウィンストンのアッパーには水染めコードバンが使われています。

馬のおしりの皮をなめして作られる革がコードバン。

コードバン本来の風合いをかせる「水染め」で仕上げた水染めコードバンは、上品で透明感のあるツヤを放ちます。

shetland-fox-winston-4

また、牛革の靴ではくっきりと入ってしまう履きシワも、コードバンではうねりとして現れます。

一路
一路
コードバンならではの変化の仕方です!

ウィンストンは外羽根式の革靴。

shetland-fox-winston-10
外羽根とは
  • シューレースを通す革がアッパーの外側に配置されたデザインのこと

外羽根式の革靴は羽根の部分がガバッと開くため、足が出し入れしやすく履きやすいのが特長。

羽根の開閉幅の調節がしやすいので、フィット感もある程度自由に調整できます。

ウィンストンは履きやすく、カジュアルシーンでも使いやすい革靴です。

横からウィンストンを見てみると…

shetland-fox-winston-12

コードバンの美しさもさることながら、ステッチの縫製の美しさにも目を見張るものがあります。

shetland-fox-winston-2

細かいピッチで等間隔に縫われたステッチの完成度。

これぞメイドインジャパンといった貫禄かんろくさえ感じます。

ウィンストンのラスト形状

ラスト形状にもシェットランドフォックスのこだわりが。

shetland-fox-winston-3

美しさを犠牲にせず、足形に近い形との両立を達成した流線形デザイン。

シェットランドフォックスの革靴はラスト形状のセンターを一般的な形状のものよりも8~10mm程度内側に移動させています。

そのため、より自然な履き心地が得られ、かつ足の負担を軽減するラストを実現。

履き続けても疲れにくく、快適なフィット感が得られる革靴に仕上がっています。

ウィンストンのインソール・ライニング

ウィンストンのインソール(中敷き)には「SHETLAND FOX」とゴールド文字で書かれたブランドロゴが。

shetland-fox-winston-1

高級感漂うデザインです。

ロゴ中央あたりをよく見ると、丸いくぼみがあるのが分かります。

このくぼみが足の収まりをよくし、快適な履き心地を生み出します。

ヒールカウンターは、一見すると何の変哲もない仕様に見えます。

shetland-fox-winston-8

で・す・が!

ヒールカウンターにもシェットランドフォックスならではの秘密が。

シェットランドフォックスには靴内側の土踏まず付近までカバーする、ロングカウンターが内蔵されています。

shetland-fox-winston-20シェットランドフォックス公式ウェブサイトより

一路
一路
ライニングの内側に仕込まれているので見えませんけどね!
shetland-fox-winston-6

土踏まずの落ち込みをヒールカウンターがサポートしてくれるので、長時間履いても疲れにくい構造に。

その分、手間がかかる作り方になりますが、これも履きやすさの追求のため。

シェットランドフォックスの妥協のないモノづくりへの姿勢がうかがえる仕様です。

ウィンストンのアウトソール

アウトソール部分を見ていきます。

まずはコバ。

shetland-fox-winston-15

ウィンストンのコバはとても厚みがあるダブルソール仕様で重厚感があります。

ステッチもしっかりと入っています。

shetland-fox-winston-18
一路
一路
丈夫さを感じる雰囲気に仕上がっていますね!

ダブルウェルトで安定感あるカジュアルな仕上がり。

shetland-fox-winston-21
ダブルウェルトとは
  • アッパー全体にウェルトを縫い付けた製法
  • 高い堅牢性を誇る
  • コバの張り出しが大きく、カジュアルさが増す

ヒールは高め。

shetland-fox-winston-7

積み上げられた革の上から更にハーフプロテクターリフトが付けられた、どっしりとしたヒールです。

裏返すと、レザーソールが顔を出します。

shetland-fox-winston-17

つま先部分はプレートでセルフ補強済みです。

シェットランドフォックスのウィンストンはグッドイヤーウェルテッド製法を採用。

グッドイヤーウェルテッド製法
  • アッパーとアウトソールの間に細革(ウェルト)を挟んで縫い合わせる手法
  • 耐水性、耐久性に優れ、ソール交換が容易
shetland-fox-winston-19

アウトソールとアッパーを結び付けている縫い糸も非常にキレイな仕上がり。

shetland-fox-winston-9

アッパーのステッチ同様、丁寧なつくりを実感できます。

アッパーからアウトソールまで抜かりなくこだわりが詰まった革靴、それがシェットランドフォックスのウィンストンです。

水染めコードバンが美しいシェットランドフォックスのウィンストン

本記事では、シェットランドフォックス(SHETLAND FOX)のウィンストンをご紹介しました。

水染めコードバンを贅沢ぜいたくに使用したウィンストンは、上品なツヤがありコードバンならではの唯一無二の独特の雰囲気があります。

シェットランドフォックスの革靴へのこだわりが凝縮されたラストを採用したウィンストンは、重厚ながらも快適な履き心地を提供してくれます。

シェットランドフォックスにはウィンストンだけでなく多様な革靴がラインナップされているので、気になった方はぜひともチェックしてみてください。

一路
一路
日本人に適した日本の革靴、それがシェットランドフォックスの靴たちです!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

wrinkles-cordovan-1
コードバンにはシューキーパーを入れずに畝を楽しむのも一興【革靴を愛でる】コードバン靴の履きジワって美しいですよね?牛革とは違う、大きく波打つ優雅な畝。思わず見とれてしまうエレガントさ。シューキーパーを使わず、馬革靴の履きジワをあえて伸ばさずに楽しむことについて持論を述べた記事です。...
black-leather-shoes-1
黒のメンズ革靴おすすめ5選!コーデに大活躍の使いやすい定番色【レビュー集】黒の革靴はフォーマル・カジュアルな服装問わず、大活躍してくれる頼れる存在。一足持っておくと何かと便利です。カッチリ感を演出しつつも、他のアイテムを邪魔しない絶妙なバランスが黒い革靴の魅力。この記事ではオススメの黒い革靴をまとめています。気軽に履けるローファーから冠婚葬祭にも使えるストレートチップまで。使いやすさ抜群のブラックシューズをご覧ください!...
regal-reputation-1
リーガルの評判は?高コスパのおすすめ国産革靴5選【購入レビューあり】日本のシューズブランド「リーガル」の特長は?気になる人はこの記事をチェック。リーガルには熟練の職人の方々の手で作られる高品質な革靴が多数ラインナップしています。それでいて、本格革靴としては比較的リーズナブルな価格帯。「革靴を手入れしながら長く履きたい」と思ったときのエントリーシューズとしてピッタリです。購入レビューと合わせてご覧ください。...
dryness-cordovan-1
コードバンの乾燥を防ぐ!リッチモイスチャーで革に潤いを与える方法コードバンが乾燥すると独特の美しい光沢が失われるだけでなく、裂けやすくなるリスクがあります。放っておくわけにはいきません。取り返しのつかないことになる前に、潤いと栄養を与えて保革しましょう。この記事ではリッチモイスチャーを使ってコードバンの革靴を乾燥から守る方法をご紹介しています。...
recommend-leather-shoes-1
カジュアル革靴おすすめ7選!ガシガシ履けるレザーシューズ【レビュー集】冠婚葬祭やビジネスの印象が強い革靴。ですが、革靴にはカジュアルシーンでも大活躍してくれるポテンシャルがあります。革の丈夫さやフォーマル・カジュアルのバランスの取れた雰囲気は日常の様々なシーンで活躍する可能性を秘めているのです。革靴をシーン別に履き分ければ、休日のシューズライフが充実!普段からスニーカーしか履かないという方にはぜひご覧ください。...
dansko-professional-oiled-3
ダンスコのプロフェッショナルを3年間履いたレビュー!メリット・デメリットは?ダンスコの革靴「プロフェッショナルオイルド」のレビュー記事です。コンフォートシューズであるダンスコの靴は履き心地抜群!長時間履き続けても疲れにくい構造はアメリカの医学協会にも認められています。この記事ではプロフェッショナルオイルドの詳細と3年以上愛用し続けている僕が感じたメリットとデメリットをまとめました。...
Alden-975-8
オールデン975ロングウィングチップをレビュー!コードバンの美しさを直に感じる一足オールデン(Alden)は米国を代表する革靴メーカーの一つ。ホーウィン社から提供される極上のコードバン(馬革)から作られるコードバン靴は上品で深みのある独特なツヤが魅力。こだわりのラストが足を優しく包み込み、フィット感も抜群。とても履きやすいので革靴に抵抗がある方へもオススメです!この記事ではオールデン975ロングウィングチップの魅力をコードバンの経年変化を交えながらご紹介しています。...
santoni-double-monk-1
サントーニのダブルモンクストラップをレビュー【手染めの色彩が美しい1足】イタリアの高級シューズメーカー「サントーニ(Santoni)」のダブルモンクストラップの購入レビュー記事です。上質な革をハンドペイントで塗り上げた深い風合いは一見の価値あり。芸術品といって過言ではない「パーフェクトシューズ」の詳細をご覧ください。革靴を履いた様子もご紹介します。...
shine-or-rain-9
シャインオアレインをレビュー!雨でも安心のスコッチグレインの革靴【2年履いた感想】スコッチグレインのシャインオアレインは晴れでも雨でも履ける全天候対応型の本格革靴です。撥水処理を施した国産カーフのアッパーは水をはじきやすいため、水シミの心配がなく雨に日に履いても安心。悪天候でもガシガシ履ける革靴です。2年間愛用して分かったメリット・デメリットを交えつつ、シャインオアレインのディティールをご紹介します。ご購入時の参考としてもらえれば幸いです!...
履きやすさと満足感で選ぶ!おすすめ革靴

革靴選びのご参考として、履きやすさと持つ喜びを感じるシューズブランドをご紹介します。

コールハーン
ranking-cole-haan
スニーカーのような履き心地の革靴多数!
アメリカ発のシューズ・アパレルブランド。
履き心地
「革靴を履くのはつらい」を覆すバツグンの快適性

記事を見る公式ページ

シェットランドフォックス
ranking-shetland-fox
履いて嬉しい高級感!
靴の美しさ・楽しさを提案するシューズブランド。
履く喜び
メイドインジャパンで日本人の足になじむ形状と高級感

記事を見る公式ページ

リーガル
ranking-regal
本格革靴を手軽に楽しむなら!
日本のシューズブランド。
コスパ
リーズナブルな価格で本格派革靴を楽しめる

記事を見る公式ページ

当ウェブサイト「シンジツイチロ」運営者
一路(イチロ)
ichiro-pic
仕事はほどほど、目立たずひっそり世に佇む技術系社会人。たまの休日に靴を磨くことが生きがい。

「靴磨きで人生に彩りを!」

※当サイトはリンクフリーです。当サイトの記載事項や画像をご利用の場合は「出典」として元の記事へのリンクを設置の上、引用の範囲内でご利用ください。