シューケア

【ジェイソンマーク】レザースニーカーを洗おう!簡単・お手軽にきれいな足元へ

スニーカーって履きますか?

大多数の方が履いていると思いますし、現在履かれていない方も過去には履いていたでしょう。

足元にカジュアル感をプラスしてくれる便利なスニーカー、クッション性が良く履き心地が良い、長時間歩いても疲れにくいというその特性からついつい多用しがちです。

ですが、多様しがちだからこそ汚れやすいというのもまた事実。

なので、気持ち良く靴を履くために洗わなければならないのですが、スニーカーを丸洗いって中々時間と手間がかかります。

最近はコインランドリーにもスニーカー専用の洗濯機がありますが、コットンや化学繊維しか洗えなかったり、洗濯機に傷を付けてしまうようなスパイクやヒールの靴には使用出来ないといった制限がありますよね。

今回はそんなお悩みを解消する「すごいヤツ」、ご紹介します。

その名は「ジェイソンマーク」

ジェイソンマーク(JASON MARKK)」、聞いたことがある方は多いと思います。

特に、スニーカーフリークの方には最早必須アイテムとなっている感もありますね。

ブランド紹介を見てみましょう。

JASON MARKK(ジェイソン マーク)は世界で一番愛され、信頼されるスニーカーアクセサリーブランドを目指して2007年に設立。
現在では世界中のスニーカー愛好家達の信用を獲得しています。
colette、Foot Patrol、Bodega、Reed Space、KICKS LAB.、Properなど世界中の有名セレクトショップやスニーカーショップで販売されています。

※ブランドプロフィールより

何やらオシャレショップの名前がズラリと並んでいます。

設立から10年以上ということで、それだけの信頼と実績を積み重ねてきた事の表れでしょう。

そんなスニーカーラバーが愛して止まないジェイソンマーク、革靴好きとはいえ、同じ「靴」好きとして僕も絶賛愛用中であります。

今回はそんなジェイソンマークでレザースニーカーを洗います。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
ん?レザー?

実はこのジェイソンマークのクリーナーは革靴にも使用可能なんです!

ジェイソンマークで洗う靴のご紹介

洗う靴はこちら。

プーマ×フェラーリのコラボ10周年記念モデル、白のレザースニーカーです。

3年ほど前に購入し、履き続けています。

白のスニーカーは汚れが目立ちやすいため、こまめにお手入れが必要です。

定期的にお手入れしないと汚れが定着してしまって、ちょっとやそっとじゃ落ちなくなってしまいますから注意が必要なんですね。

僕は手入れが苦ではない(むしろ好きです)タイプなのでちょこちょこと汚れ落としをしていますが、それでも汚れは付くものです。

少し黒くなっているのが分かりますでしょうか?

革のシボにも汚れが入り込んでしまって、全体的にくすんだ印象です。

このスニーカーをジェイソンマークのシューズクリーナーで洗っていきます。

レザースニーカーの洗い方

ジェイソンマークのクリーナーの使用方法は以下の通りです。

  1. ブラシに水を付ける
  2. クリーナー(ソリューション)をブラシに付ける
  3. もう一度ブラシを水に付ける
  4. スニーカーをブラッシングする
  5. クロスで水を拭き取る

え?
たった5工程?

一路
一路
か~んたんですね!

用意する道具はこちらです。

使う道具
  1. ソリューション
  2. ブラシ
  3. クロス
  4.  水を張ったプーさんの桶

1と2はジェイソンマークのエッセンシャルキットのセット内容です。

4は…、柄は問いません!

水を張れてブラシ全体が漬かる大きさであれば何でもOKです。

一路
一路
さぁ、洗います!

ブラシに水を付けて…

ブラシにソリューションを取ります。

取りすぎるとブラシから垂れてきます。

一路
一路
取りすぎ注意です!

そして、再度水にブラシを付けて…

スニーカーをブラッシングしていきます。

 

ブラッシングしていくと段々と泡立っていきます。

汚れが落ちていく感があります。爽快です。

ただ、この工程はブラシから水と泡が飛び散りますので汚れても良い格好と場所で行うようにしましょう!

隅々までブラッシングをしたら、泡をクロスで拭き取ります。

周りには飛び散った泡が…。結構飛びます。

もう片方もブラッシング♪

こちらもクロスで拭き取ったらですね…

洗い工程完了です。

如何でしょうか。だいぶ綺麗になっています!

一路
一路
白いですね~!

僕は初めてこのジェイソンマークのクリーナーを使用したとき、あまりに汚れが落ちるので感動しました。

今でもあの感動は忘れられないくらいです。

靴ひもを付け直してクリーナー使用前後で比較してみます。

左が洗い前、右が洗い後です。

シボ内に入り込んだ汚れやくすみが綺麗になりました。

ブラシで洗うからこそ、細かい箇所まで毛先が入り込んで汚れを掻き出してくれるんです。

いやー、素晴らしいですね!

さすが、信頼と実績のジェイソンマークです!

クロスで拭き取ったとはいえ、まだ水が残っていますので、一晩乾燥させるのを忘れずに!

コットンや化繊のスニーカーならここで終了なのですが、今回洗ったのはレザースニーカーで素材が「革」なんですね。

レザーシューズをジェイソンマークで洗う!スニーカー用品を革靴に応用【レッドウィング】「JASON MARKK」はスニーカー専用?いえ、革靴にも使えます。レッドウィングのオックスフォードシューズをジェイソンマークのシュークリーナーで洗った過程をご紹介します。ステッチ部分まで汚れを除去することが可能で革靴が蘇るのを実感できます。ただし、洗った後はしっかりと油分補給が必要です!...
一路
一路
革の場合、作業はもう少し続きます!

レザースニーカーの場合は…もうひと工程

レザースニーカーのもうひと工程とは…

そう、栄養補給ですね。

水洗いしていますので、その際に多少なりとも油分が抜けてしまいます。

先ほどお見せした上の写真でも革がマットな質感になっているのがお分かりかと思います。ですので、最後の仕上げに靴クリームで潤い補給をします。

使用するのはこちらのクリームです。

「M.モウブレィ」「アニリンカーフクリーム」です。

このアニリンカーフクリームは名前の通り、アニリンカーフのような繊細な革にも使用することが出来るソフトレザー用の靴クリームです。

デリケートクリームを使う手もあるのですが、少しツヤを出したいというのもあって今回はこのクリームを選びました。

まぁ、使うクリームの種類は気分で変わります。

これはケア用品好きには「あるある」なのではないかと勝手に思っています。

このクリームをペネトレイトブラシに付けて丹精込めて塗りこみます!

全体に塗り終わったら、ブラッシングです。

白い靴にはその靴専用のブラシを用意するのがおススメです。

他の色の靴に使用したブラシを使うと白い靴に色が移ってしまうことがあります。

一路
一路
実体験です…(ホントにあった怖い話風)

続いて余分なクリームをクロスで拭き取ります。

以上で栄養補給工程、完了です!

「洗う前のスニーカー」と「洗った後に栄養補給まで行ったスニーカー」を比較してみます。

左が洗う前、右が栄養補給後です。

靴が持つツヤはそのままに、汚れが落ちて本来の白さを取り戻したスニーカーとなりました!

キャンバス地の子供用スニーカーも洗えます
clean-child-shoes-20
【簡単10分】子供靴を水でジャブジャブ洗わずともキレイにする方法とは?小さい子供は好奇心旺盛。外に出れば水たまりでもぬかるみでもお構いなしで走り回るので靴も汚れやすいです。どうせすぐ汚れるからといって、そのまま放っておくのも気が引けますが、靴を洗う時間がない…。そんな方にはジェイソンマークのスニーカークリーナーをおすすめします。短時間・簡単作業で靴をきれいにできるので、汚れやすい子供靴をその都度お手入れしても負担になりにくく、お子さんの靴をいつもきれいに保つことができます!...

ジェイソンマークで靴をきれいに美しく!

白のレザースニーカーをジェイソンマークで洗ってみました。

その結果は大変満足のいく出来映えで、靴が新品のころを思い出すほど白さを取り戻しました。

スニーカークリーナーといえばジェイソンマーク、その力を改めて実感した素晴らしい時間となりました。

手順もとっても簡単で「スニーカー洗い、面倒だな」と思っている方には大変おススメです。

一路
一路
お気に入りのスニーカー、是非お手入れしてみてはいかがでしょうか?

それでは、ご覧頂きありがとうございました!

革種別の靴磨き方法

shoe-shine-summury-99
【靴磨きのやり方】革靴・レザーシューズのお手入れ方法まとめ【牛革・馬革・オイルドレザーなど】一言で「革靴の磨き方」と言っても、革の種類によって靴磨きの手法は少し変わってきます。革の性質によって適したケア方法は違うもの。革種別に靴磨き方法をまとめました。カーフレザーにガラスレザー、コードバンとオイルドレザー。番外編として、革靴の洗い方もご紹介しています!...
靴磨きの方法まとめ
shoe-shine-summury-99

革靴に使用されている革には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。
革の魅力を最大限引き出すために、革の種類によって適したケア用品・方法を選びましょう。
革種ごとの靴磨き方法をまとめています。

CHECK!

靴磨き方法まとめ