靴磨き

革靴を水に強くするには?ワックスではっ水性を持たせよう【塗るだけ簡単】

wax-water-repellency-1
通りすがりの御方
通りすがりの御方
雨の日に革靴を履くと、水シミができてしまう…
通りすがりの御方
通りすがりの御方
革靴は水に弱いから雨の日には履かないようにしている…

そんな方は多いでしょう。

ですが、

通りすがりの御方
通りすがりの御方
雨の日にも革靴を履きたい!

なんてことも考えますよね?

そんなときに僕はどうするかといいますと…。

革靴にワックスを塗る

コレですね。

ワックスは革靴にツヤを出すためのシューケア用品。

革靴にワックスを塗って磨き上げると強いツヤを放ち、華やかな見た目に。

エレガントな雰囲気を楽しむためのお手入れ用品、それが靴用ワックスです。

実は、ワックスの機能は見た目をきらびやかにするだけではありません

革にはっ水性を与えられる、機能的な側面も持ち合わせています。

ワックスは油でできています。

ワックスを塗れば、革靴に油膜が形成され、水をはじくようになります。

水と油はなじみませんからね。

ワックスを塗った革靴は多少の雨ならなんのその。

水をはじいてシミを防いでくれます。

本記事では、ワックスを塗るとどのくらいのはっ水効果が得られるのかを検証していきます。

先に結論をいうと、ワックスを塗った面、塗らない面とでこれだけの差が。

wax-water-repellency-11

ワックスを塗ったところは水をはじき、塗っていない面は水がみ込んでいます。

一路
一路
ワックスを塗って革靴にはっ水性を与える方法は本文中で解説していますよ!
この記事はこんな方にオススメ
  • 革靴を水に強くしたい
  • 革に水シミを作りたくない
  • ワックスで得られるはっ水性がどの程度なのか知りたい

革の大敵「水」

革靴をはじめ、多くのレザーアイテムに共通することとして、

革は水に弱い

という点があげられます。

革が水に塗れると、その跡がシミになって残ってしまうことがあるのです。

水に塗れて革内部の染料が移動し、色に濃淡ができてしまうからですね。

一度できた水シミは消せません。

水シミができた場合の対処方法として、革全体を固く絞ったクロスで拭いて革全体の色を濃くするやり方があります。

この方法だとシミがわかりにくくなりますが、あくまで対処であって解消ではありません。

水シミができた革は二度とまったく同じ色味にはならないのです。

そういった意味で

水は革の大敵

といえます。

革靴を履きたいけど、雨の日は…

僕は毎日、革靴を履いているのですが、気になることがあります。

それは天気

先述の、革が水に弱い点を踏まえると、雨の日に革靴を履くと水シミができるリスクが高まるわけです。

雨の日は革靴を履かないのが定石じょうせき

雨の日は、革靴を履きたい気持ちをグッと我慢がまんして、晴れるのを待つのも一つの手。

雨の日はお気に入りの革靴を履かず、スニーカーを履くなんて方もいらっしゃるでしょう。

一路
一路
スニーカーフリークの方は逆でしょうけどね!

ただ、中には意識していても避けられないシーンも…。

たとえ天気予報で晴れでも、急変して雨が降るなんてことがままあります。

雨に降られてビシャビシャ…。

思いっきりシミができてしまった…

どんなに気をつけていても、意図せず革靴が濡れてしまうこともありますから、中々難しいです。

革靴が濡れるのをいかに避けるかが、革靴を美しい状態で楽しむための一つの着眼点となるのです。

雨の日でも革靴を楽しむには?

それでも

雨でも革靴が履きたい!

なんて方のために、いわゆる雨の日用の革靴も展開されています。

ただ、雨の日用の革靴はどうしても種類が限られますし、

今日はこの革靴が履きたい!

という気分のときもありますよね?

とはいえ、持っている革靴全てが水に強いわけでもないし…。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
どうすれば良いのか…

そんな方にオススメなのが、

革靴にワックスを塗る

こと。

ここでいうワックスとは靴用ワックス、すなわち「シューポリッシュ」のことです。

ワックスはロウ分、つまり油でできています。

一路
一路
水と油は混ざり合いませんよね?

ということは…。

革靴にワックスを塗れば、その部分が水をはじくようになり、はっ水性が高まります。

ワックスを塗った革は水をはじくため、革内部へ水を浸入させません。

水シミができる原因を解消できるのです。

ただ、一つ注意点が。

ワックスのはっ水性は完全なものではなく、雨に降られた際の水の浸入を防ぐ程度のレベルです。

水にジャブけされる状況だと、その効果をあまり感じられないかもしれません。

あくまで日常使用を想定した場合のはっ水性ですのであしからず。

雨の日でも革靴を楽しみたい方は、ワックスを塗って革にはっ水機能を持たせましょう。

ワックスで革靴にはっ水性を与える方法

さて、この項目では、実際にワックスを使って革靴にはっ水機能を持たせる方法をご紹介します。

後ほど、はっ水効果を検証しやすいように、革靴のつま先部分のみワックスを塗っていくことにしますね。

wax-water-repellency-13

使う道具は

です。

手順は

  1. ワックスを塗って
  2. 磨く

だけ。

使うワックスの種類はサフィールノワール(SAPHIR NOIR)ビーズワックスポリッシュ

wax-water-repellency-2

天然由来の油分で作られたシューポリッシュです。

豊富なカラー展開があるので、革靴の色によって使い分けてみてください。

ニュートラル(無色)はどんな色の革にも使えるので、一つ目のワックスの色としてオススメです。

ちょっと話が脱線しましたが、ワックスを直接指に取り…

wax-water-repellency-3

はっ水性を与えたい箇所に塗っていきます。

wax-water-repellency-4

片方の靴に塗った後は、もう片方の革靴に。

wax-water-repellency-5

さらに、もう片方の靴に戻り、を繰り返し。

左右交互にワックスを塗り重ねていきましょう。

wax-water-repellency-6

ワックスを数回塗り重ねたら、クロスで磨く工程に移ります。

指に巻き付けたクロスに、ハンドラップでごく少量の水をしみ込ませ、革靴を磨きます。

wax-water-repellency-7

先程塗ったワックスをならし、油膜の層を形成していきます。

wax-water-repellency-8

クロスは軽くすべらせるように、力を加えずに磨きます。

ワックスの引っ掛かりが感じられなくなったらOK。

一連の作業で革上にワックスの油膜を作れました。

一路
一路
これではっ水性がアップしましたよ!

ワックスのはっ水効果を検証

通りすがりの御方
通りすがりの御方
ワックスを塗ってはっ水性が上がったといっても、どの程度の効果があるの?
一路
一路
おっしゃる通りですね!

百聞は一見にかず。

実際にご覧ください。

wax-water-repellency-9

雨の中、30分程度さらされた革靴です。

wax-water-repellency-10

ワックスを塗った箇所と塗っていない箇所とでは、まったく異なる状態に。

wax-water-repellency-12
  • ワックスを塗った箇所革が水を弾き、水滴が付着
  • ワックスを塗っていない箇所革に水がしみこんでいる

ワックスの効果はこれほどはっきり表れます。

ワックスを塗った箇所は革への水の浸入が見られません。

水滴がついているだけです。

ワックスを塗っていない箇所はご覧のように…。

wax-water-repellency-11

革の中へ水が浸透し、色が濃くなっています。

革靴にワックスを塗ると、水が内部へと浸透するのを防ぎ、革の水シミを防いでくれます。

過信は禁物きんもつではあるものの、ワックスは

革靴を水から守ってくれる頼れる存在

です。

革靴の水シミが心配な方はワックスを活用してみてください。

一路
一路
ツヤを出すだけがワックスの用途じゃないですよ!

雨の日はワックスを塗った革靴でやりすごす

本記事では、革靴にワックスを塗り、はっ水性を高める方法をご紹介しました。

ワックスは油でできているため、水と混ざり合いません。

そのため、革靴にワックスを塗れば水をはじく油膜を張れます。

たとえ雨に降られたとしてもワックスの油の層が革内部への水の浸入をガッチリガード。

革靴にくっきり水シミがついてしまうのを防げます。

ワックスのはっ水性は完璧かんぺきではありませんが、雨の日に革靴を水から保護し、やり過ごすには十分です。

革靴に水シミを作りたくないなら、ワックスを塗ってみることを検討してみてはいかがでしょうか?

ワックスの用途はなにもツヤを出すだけではありません。

はっ水性機能を持たせるために革靴に塗ってみてください。

一路
一路
お気に入りの革靴を水シミから守りましょう!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

shoes-rainy-days-1
【雨の日でも楽しめる革靴3選】水に強いおすすめレザーシューズ【ポイントは革の種類にあり】雨の日にも革靴を履きたいなぁ…。水に濡れても大丈夫なビジネスシューズが欲しい…。なんて方に向けた記事です。はっ水レザーやオイルドレザーで作られた靴は水に強く、悪天候でも大活躍してくれます。フォーマルに、カジュアルに使える耐水性の革靴についてまとめました。レインシューズとしても活用できるオススメの靴たちです。...
easy-mirror-polish-13
革靴が鏡面にならない?ある道具とコツを使えば簡単に光沢が出る【方法解説】靴磨きを初めたばかりの方には少しハードルが高いかもしれない「鏡面磨き(ハイシャイン)」ですが、鏡面磨き専用の道具やちょっとしたコツを意識すれば、意外と靴を輝かせることができます。この記事では鏡面磨きをする時におススメの道具である、ミラーグロスとポリッシュウォーター、さらに、上手く鏡面に仕上げるためのコツをご紹介しています。...
mowbray-high-shine-polish-1
【M.MOWBRAY】ハイシャインポリッシュをレビュー!ホントに光る?【使い勝手良し】M.MOWBRAYのハイシャインポリッシュの使い心地と磨いた革靴の仕上がりをご紹介しています。カルナバワックス配合でツヤ出し効果が高い靴用ワックスです。本当に革に輝きを与えられるのか、過程を写真付きでお見せします!...
mirror-repair-cream-2
革靴の鏡面が割れた?油性の靴クリームを塗って磨けば簡単に修復できます【方法を実践解説】靴磨きで施した鏡面は美しいですが、履いているうちにどこかにぶつけたり、踏まれたりして鏡面が割れてしまうことがありますよね?割れた鏡面はそのままにせず、修復しましょう。割れた箇所に油性の靴クリームを塗って軽く磨けば、簡単に鏡面の輝きを取り戻すことが可能です。この記事では鏡面修復の方法を実践を踏まえてご説明しています。...
rainy-season-red-wing-1
梅雨時期に活躍したレッドウィングのオイルドレザーの革靴をお手入れ【オイル入れ】オイルドレザーを使った革靴は水に強いため、雨が多い時期でも気兼ねなく履ける頼れる存在です。しかし、いくら耐水性があるとはいえ、履き続けていくうちにダメージが蓄積、油分が抜けていきます。梅雨時期にヘビロテしたオイルドレザーの革靴には栄養補給してあげましょう。この記事では、レッドウィング(RED WING)のワークブーツをオイルアップする方法を図付きで解説しています。...
wet-upper-care-2
雨に濡れた革靴を救うためのお手入れ方法とは?【ガラスレザーのアッパー編】雨に濡れた革靴のアッパー(甲革)のお手入れ方法についてご紹介しています。雨などによって水に濡れた革はその後ひどく乾燥し、そのままの状態で放置するとひび割れが生じます。比較的水に強いガラスレザーであってもお手入れしなければその状態は悪化するばかりです。雨に濡れた後の靴はしっかりお手入れして長く履けるよう心がけましょう!...
wet-sole-care-4
【写真付き】雨に濡れた革靴を復活させる方法とは?【レザーソール編】雨に濡れたレザーソールのお手入れ方法について書いています。雨などで水に濡れた革製のソールはそのままにしておくと、その寿命を大きく縮めてしまいます。ソールを長持ちさせて靴を長く履くためのレザソールのケアを実践を踏まえてご紹介しています!...
wax-softener-1
ワックスソフトナーをレビュー!硬くなったワックスを柔らかくするには?硬くなったワックス、そのまま捨てるのはもったいないですよ!ワックスソフトナーをふきかけてあげれば柔らかさが戻り、使い勝手がよみがえります。溶剤が揮発して固まった靴クリームをゆるくしたり、クリームが固着したブラシの毛先をほぐすことにも活用できます。この記事ではワックスソフトナーの詳細と使い方をご紹介しています。...
靴磨きに使う道具まとめ
shoe-care-goods-summary-2

革靴のお手入れに使う道具にはどんなものがあるの?
靴クリームやワックス、ブラシなど。
靴磨きを楽しむために必要な道具や持っていると便利なアイテムをご紹介します。

靴磨きの道具一覧を見る

こんな記事もオススメ