靴磨き

【初心者でも簡単】鏡面磨きに仕上げるコツと道具を解説【革靴ピカピカ】

easy-mirror-polish-19

靴磨きを始めたばかりの方が直面する壁としてありがちな以下の悩みがあります。

  • 鏡面磨きが難しい…
  • 磨いても磨いても革靴が輝かない…

鏡面磨きとは、すなわちシューポリッシュ

いわゆる、靴用のワックスで革靴のトゥ(つま先)やかかと部分を磨き上げること。

革靴の表面を鏡のような光沢を持った仕上がりにする手法です。

革靴に鏡面磨きをほどこすことで、革靴をより美しく、ドレッシーな雰囲気に仕上げることができます。

靴がきれいになれば、周囲の方にも好印象を持ってもらえることも多くなります。

また、鏡面に仕上げたワックスの膜が保護層の役割を果たし、革自体への傷が付きにくくなる効果も。

ですが、鏡面磨きというのは初心者の方が初めてやってみると、想像以上にうまくいかないことが多いです。

鏡面のような理想的な状態にならないことが多々あります。

過去の僕がそうでした…。

それはなぜかというと、鏡面磨きにはコツがあるのです。

ワックスの乗せ方や磨き方によって仕上がりが変わってきます。

そのため、初めて鏡面磨きにチャレンジすると勝手がわからず、苦戦することになってしまうのですね。

  • コツをマスターしないと鏡面磨きは楽しめないの?

と問われれば、決してそんなことはなく。

とはいえ、まったくコツがいらないわけではありません。

しかし、一般的なワックスを使うと難しい鏡面磨きも、使う道具次第革靴を鏡面に仕上げるハードルはグッと下がります。

本記事では、初心者の方でも簡単に鏡面磨きを楽しめる道具と手法を紹介します。

これから説明する内容を意識すれば、お手軽に鏡面磨きを楽しめますよ。

鏡面磨きを簡単にする道具

一般的に鏡面磨きに用いられる道具は、

  • シューポリッシュ(ワックス)

です。

ワックスはロウや油脂を主成分とする靴磨き用品の1つで、革靴の表面に油膜を形成できます。

革の上に形成される油膜は非常に均一なので光を反射しやすくなり、革靴に光沢があらわれます。

それが鏡面磨きで靴が輝く仕組みです。

ワックスには革靴を輝かせる効果があるのですが、冒頭でも述べたように、靴磨きに慣れていない人だと、使いこなすのが難しいと感じることもあります。

革靴が上手く光らない…

と感じたとき、そんなときに頼りになるアイテム達があります。

鏡面磨きのお助けアイテム①|ミラーグロス

まず1つめがサフィールノワール(SAPHIR NOIR)のミラーグロス

easy-mirror-polish-2

鏡面磨きに特化した、まさに革靴に輝きを与えるために作られた製品です。

その特長は、何といっても革靴の光らせやすさ。

輝かせるまでの早さ・輝きの強さ・輝きの持続力、いずれも高い水準の鏡面磨きに特化したワックスです。

薄く、それでいて非常に硬い皮膜を形成するカルナバワックス。

加えて、優れた熱安定性を有する鉱物由来のモンタンワックスなど。

それら高級天然ワックスが惜しげもなく使用されているのがミラーグロス。

それらワックスが圧倒的な光りやすさと持続力の秘密です。

特に、革靴が輝くまでの早さは他のワックスと比べて圧倒的。

鏡面磨き初心者でも、簡単に早く光らせることができます。

そのため、これから鏡面磨きを始めたい人の強い味方になってくれます。

熟練者の人でも時短がはかれます。

そのため、日頃忙しくて靴磨きの時間がなかなか確保できない人にもオススメです。

じっくり鏡面磨きを楽しみたい人は、その日の気分によってワックスを使い分けるのも一興ですね。

ちなみにミラーグロスの色は、

  • ニュートラル(無色)
  • ブラック
  • バーガンディ
  • ダークブラウン

の4色展開です。

鏡面磨きのお助けアイテム②|ポリッシュウォーター

2つめはブートブラック(Boot Black)のポリッシュウォーターです。

easy-mirror-polish-4

こちら、靴磨き専用の水です。

鏡面磨き時に使うことでワックス層を平らにならし、ツヤ出し効果を高める効果があります。

精製水をベースに、エタノールが20%含まれています。

このエタノールがポイント。

エタノールは油となじみやすいため、ワックスの柔軟性を高める効果があります。

柔らかくなったワックスは、より平滑に層を形成できるようになるため、革靴がより輝くというわけです。

また、エタノールは水よりも沸点が低いため、早く乾燥します。

これによりワックス層の固化が早まり、鏡面磨きの時短にも貢献します。

鏡面磨きをアシストするアイテム、それがポリッシュウォーターです。

鏡面磨きのコツ

用いる道具と同じくらい重要なのがやり方です。

いくらミラーグロスのような鏡面磨きに適した道具を使っても、やり方が間違っているとその効果を発揮できません。

革靴の鏡面磨きにはいくつかのコツがあります。

コツというのは人によって種々あるのですが、僕が普段気にかけているところでいうと、以下の4点があります。

  1. ワックスを何層も塗り重ねる
  2. 塗り重ねたワックスをしっかり乾燥させる
  3. クロスで磨くとき、水研ぎ用の水を付けすぎない
  4. 諦めず磨き続ける

それぞれのポイントを説明していきますね。

ポイント①|ワックスを何層も塗り重ねる

ワックスを何層も塗り重ねること、これがコツの1つです。

鏡面に仕上がるということは、その部分にワックスの油膜ができていることを意味します。

つまり、ワックスが塗られていない箇所はいくら磨こうが鏡面にはならないということ。

ワックスを1層塗った程度ではクロスで磨いていくうちに、ワックスががれて革表面が露出してしまうこともあるでしょう。

ワックスを塗り重ねて複数の層を作ることで、しっかりと満遍まんべんなく革靴上への油膜形成ができます。

ワックスを何層も塗り重ねて輝きの土台を築き上げるイメージです。

何事も基礎は大事ですからね。

ポイント②|塗り重ねたワックスをしっかり乾燥させる

塗り重ねたワックスをしっかりと乾燥させることも鏡面磨きを成功させるためには重要です。

塗った直後のワックスは柔らかく、その状態のままクロスで磨いてしまうと、

  • クロスにワックスが吸い込まれてしまう
  • ワックスの層がそぎ落とされてしまう

なんてことに。

そうなると、せっかく塗ったワックスも意味がなくなってしまいます。

ワックスに含まれる有機溶剤が揮発するのを待ち、ロウ分が固化してからクロスで磨き上げると鏡面に仕上がりやすくなります。

先ほど紹介したポイント①と本項目のポイント②は、鏡面のベースをしっかりと作るという意味合いがあります。

シューポリッシュの層を何層も重ねて油膜形成の土台作りを行い、それをしっかりと乾燥させて硬く丈夫なものとします。

その条件を整えた上でクロスで磨くと、土台を崩さずに表面をなめらかにできるのです。

ポイント③|クロスで磨くとき水研ぎ用の水を付けすぎない

ワックスで土台を作った後の磨き工程も仕上がりの良し悪しを左右します。

クロスで磨く際には、クロスに水を付けすぎないこともコツの1つです。

固化したワックスにごく少量の水を与えることで、最表面のワックスの伸びが良くなります。

その状態にしてからクロスで磨くとワックス層の凸凹を無くせます。

そのため、鏡面磨きにはわずかな水が必要なのですが、水の付けすぎはかえって逆効果に…。

水分が多すぎるとワックス層に水が浸透し、色ムラができてしまうのです。

個人的に水分量の加減は最も判断が難しい項目。

この感覚をつかむには場数を踏んで経験を積むことが必要かもしれません。

ちなみに、先ほど登場したブートブラックのポリッシュウォーターは通常の水よりも早く乾燥するため、水の付けすぎによる色ムラができにくくなります。

ポイント④|諦めず磨き続ける

最後は精神論。

諦めず磨き続けること。

これも大事な心掛けです。

革靴をワックスで磨いて鏡面にするのは難しいものです。

初めてトライしてバッチリ上手くいく人は少数派。

初めての鏡面磨きは、いうなれば未知の世界。

僕が初めて鏡面磨きをやってみたとき、ひたすらに革靴を磨きながら、こう思いました。

一路
一路
(一体、いつになったら輝くんだ…)
  • どのくらいで靴が輝いてくるのか
  • そもそも今の状態は正解なのか
  • いつまでたっても鏡面にならないんじゃないか

そんなことを考えてしまいます。

ですが、諦めずに磨き続ければ、だんだんと革靴がツヤを持ってくるはずです。

さすがに1時間以上磨き続けて革靴が光らない場合は、少し方法を見直す必要があるかもしれません。

しかし、これまでに紹介したコツを意識すれば問題なく革靴を鏡面に仕上げられます。

先ほど登場した鏡面磨きのお助けアイテム、「ミラーグロス」と組み合わせれば早く鏡面磨きが完成します。

革靴の鏡面磨き方法

easy-mirror-polish-20
そもそも鏡面磨きってどうやるの?

という人へ向け、以下に手順をお示しします。

  1. 革靴の光らせたい箇所にワックスを塗り重ねる
  2. ワックスを乾燥させる
  3. 水を付けたクロスでワックス層を磨き上げる

手順自体は簡単です。

簡単ゆえに技術がものをいうのが鏡面磨き。

それが楽しさを引き立てているとさえ感じます。

とはいえ、やはりお手軽に鏡面磨きを楽しみたいという思いもあります。

ミラーグロスと鏡面磨きのコツを用いてもらえば、より簡単に革靴へ光沢を与えられますよ。

鏡面磨きの方法を実践しながら解説

ここからは鏡面磨きの実践編です。

これまでに紹介してきた、鏡面磨き専用ワックスのミラーグロスと靴磨き専用水のポリッシュウォーター

さらに、

  • 鏡面磨きのコツ

を使って、靴磨きをしていきます。

磨く靴はスコッチグレイン(SCOTCH GRAIN)のアシュランス

黒のストレートチップの革靴です。

easy-mirror-polish-6

この革靴にガッツリ鏡面磨きをほどこします。

その過程を順を追いながら説明します。

革靴の光らせたい箇所にワックスを塗り重ねる

まずは、革靴の光らせたい箇所にワックスを塗ります。

鏡面磨き用ワックスのミラーグロスを直接指に取り…

easy-mirror-polish-3

革靴に塗ります。

easy-mirror-polish-9

円を描くようにクルクルと指をすべらせて塗りましょう。

今回は靴のキャップ(つま先の切り替え部分)のみ光らせます。

かかとや靴の側面を光らせたい場合には、そちらにもワックスを塗りましょう。

鏡面をほどこす箇所が変わっても方法は同じです。

片方の靴にある程度ワックスを塗ったら、反対の靴にもワックスを塗ります。

easy-mirror-polish-7

左右交互にワックスを塗ると、

  • 片方の靴にワックスを塗っている間にもう片方のワックスが乾燥していく

ということができます。

ワックスの塗布と乾燥を同時にできるのでおすすめです。

この操作を数回繰り返し、左右の靴にワックスの層を塗り重ねていきます。

easy-mirror-polish-5

2~5回程度繰り返せば、輝く鏡面を手に入れるためには十分なワックスが乗っていることでしょう。

ワックスを厚塗りすれば靴が輝きやすくなりますが…。

その分、ワックス層を除去することが大変になります。

薄塗りは逆。

光沢は控えめですが、落とすのが楽です。

お好みでワックス層の厚さを調整しましょう。

ワックスを乾燥させる

ここで、いったん小休憩。

革靴に塗ったワックスを乾燥させます。

ワックスに含まれている有機溶剤を飛ばして、ロウ分を固化させます。

乾燥工程を踏まずにすぐにクロスで磨いてしまうと、せっかく塗ったワックスがクロスに吸収されたり、部分的なワックスがれの原因となります。

急がば回れ。

3~5分程度時間を置いて、ワックスの乾燥を待ちましょう。

一路
一路
その間、お茶でも飲んでリラックス!

水を付けたクロスでワックス層を磨き上げる

ワックスをしっかり乾燥させた後は磨き工程です。

水を付けたクロスで革靴に塗ったワックスを磨いていきます。

ここで使う水は靴磨き専用水のポリッシュウォーター。

容器にポリッシュウォーターを適量取り分けます。

今回はポリッシュウォーターをシューポリッシュ缶のフタに垂らすことにしました。

easy-mirror-polish-1

当然ですがポリッシュウォーターの受け容器は何でも良いですし、水道水を使っても鏡面磨きは可能です。

続いて、指に巻き付けたクロスにポリッシュウォーターを湿らせます。

easy-mirror-polish-8

クロスに浸み込ませましょう。

easy-mirror-polish-18

そして、ポリッシュウォーターを付けたクロスをミラーグロスに「ポンポン」と叩くように着けます。

easy-mirror-polish-15

この操作をすることで、クロスにほんのわずかに付いたワックスが革靴上のワックスのデコボコをならす効果を生み出します。

そして、ここからクロスで革靴を磨いていきます。

先ほど革靴へ塗ったワックス層を輝かせるため、心を込めて磨き上げるのです。

easy-mirror-polish-12

優しく、愛でるようにクルクルと円を描きながらクロスをすべらせます。

これを左右の靴で交互に繰り返します。

ミラーグロスとポリッシュウォーターの効果によって、1分程度の磨き作業だけで下図の状態になりました。

easy-mirror-polish-17

向かって左側(右足用)の靴が既に輝きを放ってきています。

一般的なシューポリッシュだといくら前述のコツを活用したところで、これほど早く光沢を放つことはありません。

ミラーグロスとポリッシュウォーターの効果が鏡面磨きにかかる時間を明らかに短くしている証拠です。

この磨き操作を左右交互に繰り返します。

繰り返し磨いていくうちに、ワックス層のくもりがなくなっていきます。

それと同時に、ワックスを塗り重ねた箇所が美しい光沢を放ってきます。

ワックス層にクロスの磨き跡が付かなくなったら、鏡面磨き終了の合図です。

革靴の鏡面の仕上がりを確認

では、革靴の仕上がりを見てみましょう。

easy-mirror-polish-10

磨いたつま先が光り輝いています。

つま先がしっかりと輝くことで、革靴全体の印象が上品でスタイリッシュなものに引き上げられました。

鏡面磨きをほどこした靴のつま先部分を拡大してみます。

easy-mirror-polish-11

ツヤッツヤッ!

このきらびやかな仕上がり。

鏡面磨きとはよく言ったもの。

革がまるで鏡のように周囲の景色が反射しています。

ミラーグロスやポリッシュウォーターといった靴磨き専用の道具と、少しのコツさえあれば、初心者の方でも美しい鏡面を手に入れられます。

1度鏡面磨きの感覚をつかめさえすれば、それを頼りに一般的なシューポリッシュを使用したときでも鏡面に仕上げるのが容易に。

鏡面磨きに慣れてしまえば、こっちのものです。

鏡面磨き前後を比較してみる

ここで、鏡面磨き前鏡面磨き後とで革靴の状態を比較してみましょう。

easy-mirror-polish-16

図中の上が鏡面磨き前、下が鏡面磨き後です。

こうして並べて比べると違いは明らか。

光沢の質が違います。

鏡面磨き前の状態では、革本来の質感を残した、

  • 革の風合いが感じられる控えめなツヤ

なのに対して、鏡面磨き後には、

  • ドレッシーでエレガントさ

を感じられる、優雅な輝きを放つようになっています。

どちらもそれぞれの良さ、味わい深さがあります。

しかし、鏡面磨きをほどこした靴は分かりやすく「美しい靴」であると感じます。

この美しさにとらわれてしまったら、もう後戻りできません。

一路
一路
僕のように夢の中でも靴を磨くようになりますよ!
通りすがりの御方
通りすがりの御方
それはない!

初めての方でも簡単!鏡面磨きを楽しもう

easy-mirror-polish-14

本記事では革靴を磨く際の鏡面磨きの手法について紹介しました。

初めて鏡面磨きをやってみると、

  • 靴を上手く光らせられない
  • 「果たしてこの方法で良いのか」という不安がよぎる

そんなことがあります。

そんなときは、

  • 鏡面磨き専用の道具を使う
  • コツを意識する

上記を徹底してみましょう。

意外とすんなり鏡面磨きが成功します。

もちろん、回数をこなして経験地を積むことも重要ですが、簡単に仕上げられる方法があるに越したことないですよね?

ミラーグロスやポリッシュウォーター、さらにコツを駆使して、鏡面磨きを楽しんでみてください。

その中で、あなただけの技法も生まれるかもしれません。

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

not-fail-mirror-shine-1
失敗しないハイシャイン方法6つのポイント!くもらせない鏡面磨きを理論解説ハイシャインを失敗したくない…。故温記事では失敗しないためのポイントを押さえた鏡面磨きの方法を解説します。革靴を曇らせずに強い輝きを得るためには作業のどこに気を付ければ良いかが分かります。...
mirror-gloss-2
【ミラーグロスをレビュー】超簡単に革靴を鏡面に仕上げる方法【サフィールノワール】ミラーグロスの詳細と使用感をレビューした記事です。強力なツヤを早く仕上げるお助けアイテムがミラーグロス。ハイシャインが難しいと感じている人におすすめです。...
polish-water-1
【ブートブラックのポリッシュウォーターをレビュー】性質と使い方は?革靴の鏡面磨きをアシストブートブラックのポリッシュウォーターは鏡面磨きをするときにワックスとあわせて使う、エタノールを含んだ靴磨き専用の水です。ポリッシュウォーターには鏡面を作りやすくし、さらに、より美しくする効果があります。それはなぜか?本記事で解説するとともに、実際の使用感をレビューします!...
high-shine-primer-1
【ハイシャインプライマーをレビュー】使い方は?速くきれいな鏡面作りをサポートM.モゥブレィのハイシャインプライマーってどんなアイテム?使い方を知りたい!という人はこの記事をチェック。鏡面を誰でも簡単に、手早く作れます。ツヤが出なくてお悩みの人や手軽に革靴のハイシャインを楽しみたい人にオススメです。...
start-polishing-shoes-11
靴磨き方法を6つの手順でわかりやすく解説!各工程の意味とは?【初心者必見】靴磨き方法を手順ごとに解説した記事です。靴磨きを6つの段階に分け工程ごとに作業の意味や必要性を説明します。靴磨きって何をやるの?どんな道具が必要なの?そんな疑問にお答えします。...
recommend-leather-shoes-9
カジュアル革靴おすすめ10選!ガシガシ履けるレザーシューズ【レビュー集】カジュアル使いできる革靴のレビューをまとめた記事です。革靴が持つ革の丈夫さやフォーマル・カジュアルのバランスの取れた雰囲気は日常の様々なシーンで活躍する可能性を秘めています。革靴をシーン別に履き分ければ休日のシューズライフが充実。普段からスニーカーしか履かないという人はぜひご覧ください。...
shoe-care-goods-summary-12
靴磨き道具の使用レビュー100件以上まとめ!おすすめメンテ用品と使い方を解説靴磨きにはどんな道具を使うの?何が必要?使い方は?この記事を見ればわかります。ブラシや靴クリーム、ワックスやシューキーパー。使う理由と得られる効果と合わせてオススメアイテムのレビューをまとめました。...
assurance-1
スコッチグレインのアシュランスをレビュー!3年履いた感想は?【標準モデル】SCOTCH GRAINのエントリーモデルの位置づけでもある「アシュランス」のディティールについて書いた記事です。3年以上愛用した感想と共にご紹介します。上質なカーフレザーの風合い、ノンスリップレザーソールの安定感ある履き心地が魅力の国産靴です。スタンダードなストレートチップのモデルは冠婚葬祭にも活躍してくれます。...
履きやすさと満足感で選ぶ!おすすめ革靴

革靴選びの参考として履きやすさ持つ喜びを感じるシューズブランドを紹介します。以下のボタンから詳細記事や公式サイトをチェックしてみて下さい。

コールハーン
コールハーンの革靴
スニーカーのような履き心地!アメリカ発のシューズ・アパレルブランドがコールハーンです。カジュアル・スタイリッシュ・コンフォートな靴が目白押し。
公式オンラインショップの購入特典会員登録すると送料無料。さらに登録時と誕生月にクーポンプレゼント。
快適性
ソールの返りが良くクッションもきいているため次の一歩が踏み出しやすい
価格
30,000~50,000円
履き心地オススメ度
「革靴を履くのはつらい」を覆すバツグンの快適性
オススメの人「革靴は足が痛くなって履くのがつらい」と感じている人

記事を見る公式ページ

リーガル
リーガルの革靴
本格革靴を手軽に楽しむなら日本のシューズブランドのリーガルは要チェック。革靴初心者にもおすすめです。
快適性
アッパーとソールが確かなホールド感を生み靴がずれにくくコスパと履き心地のバランスが良い
価格
20,000~40,000円
コスパオススメ度
リーズナブルな価格で本格派革靴を楽しめる
オススメの人比較的低価格で上質な革靴をまず1足買いたい人

記事を見るAmazonへ

シェットランドフォックス
シェットランドフォックスの革靴
履いて嬉しい高級感が魅力!シェットランドフォックスは靴の美しさ・楽しさを提案するシューズブランド。国内最高品質の高級革靴がラインナップしています。
快適性
日本人の足型に合うアーチサポート採用した足のことを考え抜いた良好な履き心地
価格
50,000~70,000円
履く喜びオススメ度
メイドインジャパンで日本人の足になじむ形状と高級感
オススメの人日本人の足に合う上質な国産革靴を履きたい人

記事を見るAmazonへ

こんな記事も読まれています