革靴

シャインオアレインをレビュー!雨でも安心のスコッチグレインの革靴【2年履いた感想】

shine-or-rain-9

日本のシューズブランド「スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN)」。

スコッチグレインは高品質ながら3万円台から買える、本格革靴としては比較的リーズナブルな価格が魅力。

高コストパフォーマンスのブランドです。

スコッチグレインはリーガル(REGAL)と並び、日本のメジャーな革靴ブランドとして確固たる地位を築いています。

それを支えているのは、革靴の確かな品質とものづくりへのこだわり。

スコッチグレインの革靴はきめ細やかな高品質な革を使用しており、その風合いには高級感が漂います。

グッドイヤーウェルテッド製法で作られたスコッチグレインの革靴は、修理しながら末永く楽しめるのも嬉しいポイント。

そんなスコッチグレインには数多くの革靴がラインナップされているわけですが、僕はその中の1種、

  • シャインオアレイン

を愛用しています。

シャインオアレインはアッパー(甲革)に撥水はっすいレザーを使った全天候対応型の革靴。

晴れの日はもちろん、水をはじくアッパーによって雨の日にも気兼ねなく履ける革靴

それがシャインオアレインです。

僕自身、かれこれ2年以上履いていますが、ぐずついた天気のときにもガシガシ履ける頼れる存在です。

本記事では、スコッチグレインの革靴「シャインオアレイン」の詳細と2年間愛用したメリット・デメリットについて書きました。

この記事はこんな人におすすめ
  • スコッチグレインの革靴の評判ってどうなの?
  • シャインオアレインを買おうか迷っている
  • 雨の日でも履ける革靴を探している

スコッチグレインのエントリーモデル「アシュランス」のレビュー記事はこちら

スコッチグレインは日本のシューズブランド

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN)は日本のシューズメーカーであるヒロカワ製靴が手掛けるシューズブランドです。

スコッチグレインの靴は全て国内生産されています。

また、全ての革靴がグッドイヤーウエルテッド製法で作られているので、何度もソール補修が可能。

末永く付き合える革靴です。

また、スコッチグレインの靴のアッパーには、国内外から厳選した革が使われています。

選び抜かれた革だけに、その質は確かなもの。

それにも関わらず、靴の価格は比較的抑えられています。

コストパフォーマンスに優れるのもスコッチグレインの革靴の特長です。

スコッチグレインのシャインオアレイン

ここからは、僕が愛用しているスコッチグレインのシャインオアレインのご紹介に移ります。

shine-or-rain-4

こちら、スコッチグレインのシャインオアレインⅣです。

モデル名は2770BL。

ブラックのセミブローグタイプの革靴です。

シャインオアレインは撥水はっすい性の革を用いたスコッチグレインの製品ラインナップの一つ。

国産のカーフ(仔牛の革)をなめす段階でフッ素を配合することにより、撥水はっすい効果を付与させた革を使用しています。

スコッチグレインの撥水はっすいレザーは、エナメルやガラスレザーのように革表面を加工しているわけではないので、革本来の自然な表情を楽しめるのが売り。

革の上に邪魔者が存在しないので、通常の革靴と同様に保革作業が可能です。

靴クリームを使った水分・栄養補給もしっかりとできます。

ちなみに、靴ひもはさのはたくつひもに変えています。

shine-or-rain-12

シャインオアレインのディティール

ざっくりとシャインオアレインの特長が分かったところで、その詳細を見ていきます。

シャインオアレインのアッパー

まずはアッパー(甲革)から。

shine-or-rain-8

シャインオアレインのアッパーは、フッ素が含まれた国産カーフレザーです。

shine-or-rain-19

撥水はっすいレザーとはいえ、通常の革と同様に問題なく鏡面仕上げが可能。

shine-or-rain-15

撥水はっすい性が高く、水弾きが良いのが特長のシャインオアレインのアッパー。

そのため、水シミができにくく、雨の日にも安心して履けます。

こちらのシャインオアレインⅣはワイズE。

shine-or-rain-17

同じシャインオアレインシリーズの「シャインオアレインⅢ」よりもワイズが細めの作りです。

シャインオアレインⅣ:ワイズE

シャインオアレインⅢ:ワイズEEE

ヒール部分はこのように。

shine-or-rain-1

犬の耳に見えるかかとの「ドッグイヤー」は、革靴の耐久性を上げるために縫いをずらす手法。

細かな配慮が見られる仕様です。

シャインオアレインのインソール

シューキーパーを外してインソールをみてみます。

shine-or-rain-18

シャインオアレインのインソールには、タンニン(渋)レザーの表面をペーパーバフ加工したものを使っています。

shine-or-rain-13
ペーパーバフ加工とは
  • サンドペーパーなどで革を細かく起毛させる加工
  • スエードやベロアよりも繊細で、バフ加工された革繊維の毛足はきめ細かい

なぜインソールにバフ加工した革を使っているのかといいますと、バフ加工された革は水分の吸収性に優れる特長を持つから。

靴の内側は足から出る汗によって蒸れやすいです。

バフ加工された革をインソールに使うことで、靴内部の汗を吸収しやすくなり、快適な履き心地となります。

その上、革製のインソールは履きこむことでその人の足型に沿って沈み込み、高いフィット感が生まれやすいメリットもあり。

一路
一路
革はインソールに適した素材なのです!

ヒール部分にはブランドロゴが刻まれています。

shine-or-rain-14

こちらのかかと部分のふくらみもクッション性の良さに貢献しているパーツです。

履き口の流線形は美しさを際立てます。

shine-or-rain-10

見れば見るほど、スコッチグレインのシャインオアレインにハマっていくディティールです。

一路
一路
う、美しい…!(感嘆)

シャインオアレインのアウトソール

靴底はスコッチグレインオリジナルのSGソール

shine-or-rain-16

ラバー製のSGソールは、グリップ力が高く、雨に濡れた床でもすべりにくいです。

雨の日でもガンガン活躍してくれるシャインオアレインを支えるソールがSGソール。

ソールをよく見ると中央にSGの刻印があります。

shine-or-rain-5

耐磨耗性やグリップ性に優れたSGソールは、すり減りやすいつま先やかかとの化粧部分では硬度を硬めに作られています。

ですが、その他の接地面では、しなやかに返るようにゴム硬度を変えています。

shine-or-rain-7

耐久性と歩きやすさのバランスの調整がなされたソールです。

ステッチも規則正しく並び、美しい仕上がり。

shine-or-rain-6

シャインオアレインは水を弾きやすい革靴ですが、グッドイヤーウェルテッド製法のため、水の浸入を完全に阻むことはできません。

shine-or-rain-2

しかし、コバの縫い目辺りに靴クリームを塗っておけば、ある程度の水の浸入を防げます。

一路
一路
完全防水ではないにしろ、対策は可能です!

スコッチグレインのシャインオアレインを2年履いて感じたメリット・デメリット

さて、ここからはスコッチグレインのシャインオアレインを2年間愛用してきた中で感じたメリット・デメリットをご紹介します。

シャインオアレインのメリット

まずはメリットから。

  • 雨の日でも本格革靴が楽しめる
  • 滑りにくい
一路
一路
シャインオアレインは雨の日が楽しみになる革靴です!

雨の日でも本格革靴が楽しめる

シャインオアレインの強みはやはり、雨の日でも本格革靴が楽しめる点。

雨の日はどうしても革にできる水シミが気になってしまい、いわゆる「1軍靴」を履くのをためらってしまいます。

しかし、撥水はっすいレザーをアッパーに使ったシャインオアレインならば、水シミを気にせずに履くことができます。

shine-or-rain-20

スコッチグレインの高品質な革靴を、天候を気にせずに楽しめるのは大きいメリットです。

滑りにくい

他のメリットとして、ソールのグリップ力が高く、滑りにくい点が挙げられます。

シャインオアレインは先程ご紹介した通り、靴の裏がゴム製のSGソールを採用しています。

shine-or-rain-3

SGソールが強力なグリップ力を生むため、雨に濡れた道路でも滑りにくいです。

一路
一路
もちろん、晴れの日でもそのグリップ力は健在!

シャインオアレインは、国産撥水はっすいカーフとゴム製ソールの組み合わせによって高い耐水性を実現した、まさに雨の日にこそ本領を発揮する革靴です。

シャインオアレインのデメリット

一方のデメリットはと言うと…

  • 購入したばかりだとツヤが出にくい

靴磨きが好きな方だと最初は戸惑うかもしれません。

一路
一路
あくまで「最初は」ですけどね!

購入したばかりだとツヤが出にくい

シャインオアレインを購入して間もない頃、靴クリームで磨いてもツヤが出にくい時期がありました。

シャインオアレインは撥水はっすいレザーを使用しているためか、通常の革よりもロウ分が定着しにくい傾向があるように感じます。

ですが、しばらくお手入れを続けていくと、他のカーフレザーと同じように問題なくツヤが出るようになります。

購入当初こそ革のツヤが出にくかったり、鏡面に仕上げにくかったりすることがありますが、クリームやワックスを継続的にのせていくと美しい輝きを見せてくれますのでご安心を。

shine-or-rain-11
一路
一路
シャインオアレインはお手入れしがいのある革靴です!

スコッチグレインのシャインオアレインで雨の日も快適に過ごそう

本記事では日本のシューズブランド、スコッチグレインのシャインオアレインの詳細と履き続けて分かったメリット・デメリットについて書きました。

シャインオアレインは、撥水はっすいレザーのアッパーが水をはじいてくれるため水シミの心配がなく、雨の日でも気兼ねなく履ける革靴です。

どんな天候でもガシガシ履けるシャインオアレインは、日常で大活躍してくれる頼れる存在。

テンション落ち気味な悪天候の日でも、ふと目をやればシャインオアレイン。

足元をいろどってくれる本格革靴は雨の日の憂鬱ゆううつとした気分を払ってくれます。

比較的低価格帯でありながら、非常に満足度の高いスコッチグレインのシャインオアレインは、雨の日用の革靴をお探しの方にとてもオススメです。

一路
一路
ぜひお試しください!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

recommend-leather-shoes-1
カジュアル革靴おすすめ7選!ガシガシ履けるレザーシューズ【レビュー集】冠婚葬祭やビジネスの印象が強い革靴。ですが、革靴にはカジュアルシーンでも大活躍してくれるポテンシャルがあります。革の丈夫さやフォーマル・カジュアルのバランスの取れた雰囲気は日常の様々なシーンで活躍する可能性を秘めているのです。革靴をシーン別に履き分ければ、休日のシューズライフが充実!普段からスニーカーしか履かないという方にはぜひご覧ください。...
shetland-fox-winston-5
シェットランドフォックスの革靴ウィンストンレビュー!ツヤめく水染めコードバンシェットランドフォックス(SHETLAND FOX)の革靴であるウィンストンのレビューを2年間履いた感想と共にお伝えします。日本人に適したラストをはじめ、履き心地を追求したウィンストンは履いて快適なだけでなく、水染めコードバンの上品なツヤめきも魅力の一つ。メイドインジャパンの極上の革靴をぜひとも味わっていただきたいと思います。...
assurance-1
スコッチグレインのアシュランスをレビュー!3年履いた感想は?【標準モデル】SCOTCH GRAINのエントリーモデルの位置づけでもある「アシュランス」のディティールについて書いた記事です。3年以上愛用した感想と共にご紹介します。上質なカーフレザーの風合い、ノンスリップレザーソールの安定感ある履き心地が魅力の国産靴です。スタンダードなストレートチップのモデルは冠婚葬祭にも活躍してくれます。...
black-leather-shoes-1
黒のメンズ革靴おすすめ5選!コーデに大活躍の使いやすい定番色【レビュー集】黒の革靴はフォーマル・カジュアルな服装問わず、大活躍してくれる頼れる存在。一足持っておくと何かと便利です。カッチリ感を演出しつつも、他のアイテムを邪魔しない絶妙なバランスが黒い革靴の魅力。この記事ではオススメの黒い革靴をまとめています。気軽に履けるローファーから冠婚葬祭にも使えるストレートチップまで。使いやすさ抜群のブラックシューズをご覧ください!...
dansko-professional-oiled-3
ダンスコのプロフェッショナルを3年間履いたレビュー!メリット・デメリットは?ダンスコの革靴「プロフェッショナルオイルド」のレビュー記事です。コンフォートシューズであるダンスコの靴は履き心地抜群!長時間履き続けても疲れにくい構造はアメリカの医学協会にも認められています。この記事ではプロフェッショナルオイルドの詳細と3年以上愛用し続けている僕が感じたメリットとデメリットをまとめました。...
mirror-gloss-2
【ミラーグロスをレビュー】超簡単に革靴を鏡面に仕上げる方法【サフィールノワール】鏡面磨きを施した革靴って美しいですよね! 革が本来持つツヤも艶やかではありますが、シューポリッシュでピカピカに磨き上げた革靴の美し...
regal-aging-1
【REGAL】1年履いたリーガルの革靴のエイジングの様子は?【茶色革の経年変化】日本のシューズブランド、リーガル(REGAL)の革靴についてご紹介した記事です。リーガルの革靴の特徴と僕が所有するストレートチップの靴の詳細について書いています。お手ごろ価格で高品質なリーガルの革靴はシンプルデザインかつ、日本人の足に合うフィッティングの良さが魅力。履き心地も良く、ビジネス・カジュアルシーン問わず大活躍するレザーシューズ。1年履いた経年変化も書いています。...
shoes-rainy-days-1
【雨の日でも楽しめる革靴3選】水に強いおすすめレザーシューズ【ポイントは革の種類にあり】雨の日にも革靴を履きたいなぁ…。水に濡れても大丈夫なビジネスシューズが欲しい…。なんて方に向けた記事です。はっ水レザーやオイルドレザーで作られた靴は水に強く、悪天候でも大活躍してくれます。フォーマルに、カジュアルに使える耐水性の革靴についてまとめました。レインシューズとしても活用できるオススメの靴たちです。...
protect-spray-1
【革靴の雨対策】1909シュプリームプロテクトスプレーをレビュー【防水と保革】革靴を水濡れから守りたい!防水スプレーを使いたいけどシミになるのが怖いなぁ…。なんて人にはコロニルの1909シュプリームプロテクトスプレーがオススメ。フッ素系防水スプレーなので革の特性をそこなうことなく、撥水性が向上します。革への栄養補給効果もあるため、一石二鳥の優れた防水スプレーです。革にシミも作りません。革製品全般だけでなく布地にも使える、優れたケアアイテムです。...
zozo-mat-1
【ZOZOMATの使い方】足のサイズを3D計測!靴選びの参考に自分の足のサイズを正確に知りたい?ZOZOMATを使えば、3Dで自分の足の形状を知ることができます。専用シートとスマホアプリで簡単に計測できるので、とてもお手軽。自宅にいながら自分に合った革靴やスニーカーを知ることができますよ!...
履きやすさと満足感で選ぶ!おすすめ革靴

革靴選びのご参考として、履きやすさと持つ喜びを感じるシューズブランドをご紹介します。

コールハーン
ranking-cole-haan
スニーカーのような履き心地の革靴多数!
アメリカ発のシューズ・アパレルブランド。
履き心地
「革靴を履くのはつらい」を覆すバツグンの快適性

記事を見る公式ページ

シェットランドフォックス
ranking-shetland-fox
履いて嬉しい高級感!
靴の美しさ・楽しさを提案するシューズブランド。
履く喜び
メイドインジャパンで日本人の足になじむ形状と高級感

記事を見る公式ページ

リーガル
ranking-regal
本格革靴を手軽に楽しむなら!
日本のシューズブランド。
コスパ
リーズナブルな価格で本格派革靴を楽しめる

記事を見る公式ページ

当ウェブサイト「シンジツイチロ」運営者
一路(イチロ)
ichiro-pic
仕事はほどほど、目立たずひっそり世に佇む技術系社会人。たまの休日に靴を磨くことが生きがい。

「靴磨きで人生に彩りを!」

※当サイトはリンクフリーです。当サイトの記載事項や画像をご利用の場合は「出典」として元の記事へのリンクを設置の上、引用の範囲内でご利用ください。