サタデーズニューヨークシティのデニムジャケットをレビュー!春秋定番アウター

Saturdays-nyc-denim-jacket-1
記事内に商品プロモーションを含みます

徐々に暖かくなってくる、あるいは少し肌寒くなってくる…。

  • 昼間は暑さを感じるけど、日が落ちたら寒い

そんなときに便利な、ちょうど良い塩梅あんばいのアウターがデニムジャケットです。

Gジャン(ジージャン)とも呼びますね。

デニムジャケットは、デニム特有のガシガシ着れてラフに扱える使い勝手の良さがあり、ちょっと羽織りたいときにオススメのアウターです。

肌寒いな…

と思ったときにサッと着れる手軽さがとても便利。

1着持っていると重宝するアウター。

それがデニムジャケット。

今回、アメリカのファッションブランド、

  • サタデーズニューヨークシティ(Saturdays NYC)

のデニムジャケットを購入しました。

ということで、本記事ではサタデーズニューヨークシティのデニムジャケットの詳細とデニムジャケットの便利な点を紹介します。

季節の変わり目に便利なデニムジャケット

この記事で紹介するデニムジャケットはとても便利な側面があります。

デニムジャケットは季節の変わり目にとても重宝するのです。

徐々に暑さを増していく春。

逆に、だんだんと冷え込みが激しくなっていく秋。

春や秋は昼と夜の寒暖差を感じやすく、着るものに困る時期です。

朝、肌寒さを感じて厚着していっても昼になるころには、

  • 暑い…

となることが多いです。

そんなとき、手軽に脱ぎ着できるアウターがあればとても便利。

デニムジャケットはまさにそんなアイテムなのです。

ガシガシ洗える便利なデニムジャケット

通りすがりの御方
通りすがりの御方
手軽に脱ぎ着するだけなら、ジャケットやカーディガンでも良いんじゃない?
一路
一路
確かにそうなのですが…、しかし!

デニムジャケットだけの便利な機能があるのです。

それはガシガシ着れること。

デニムジャケットはラフに着れる手軽さが魅力の1つ。

デニムはコットンでできており、ケアが容易です。

汚れたら洗濯機に突っ込んで洗えばOKですからね。

ウールジャケットなどはクリーニングに出したり、自宅でオシャレ着洗いをしたりと、何かと気に掛けなければいけないことが多いもの。

デニムジャケットならば気にせずラフに洗えます。

洗濯後のシワもまた味。

アイロンがけも不要です。

さらに、洗いこむことで徐々にインディゴの色が落ち、経年変化が楽しめます。

ジーンズのようなアタリやヒゲの成長を楽しめるというわけです。

着込むうちに生地が自分の身体になじみ、色落ちが楽しめる…。

着ていて楽しいのがデニムジャケット。

デニムジャケットは使い勝手が良く、育てる楽しみがあるのです。

サタデーズニューヨークシティのデニムジャケットをレビュー

ここからは、僕が新たに購入したデニムジャケットにフォーカスします。

それがこちら。

Saturdays-nyc-denim-jacket-4

サタデーズニューヨークシティ(Saturdays NYC)Emil Denim Jacketエミルデニムジャケットです。

サタデーズニューヨークシティは名前の通り、アメリカはニューヨークで生まれたアパレルブランド。

機能的で時代を問わず着れる、ベーシックなデザインの服を多数ラインナップしています。

そんなサタデーズニューヨークシティの製品の1つが、この記事でご紹介するインディゴ染めされたデニムジャケット。

Saturdays-nyc-denim-jacket-3

ジーンズよろしく、着込むことで経年変化を楽しめます。

控えめなブランドロゴ。

Saturdays-nyc-denim-jacket-5

全体的にソリッドなデザインで、さまざまなスタイリングに取り入れられる使いやすいデニムジャケットです。

インディゴのデニム生地に黄色のステッチがえます。

Saturdays-nyc-denim-jacket-6

使っているメタルボタンは、サタデーズニューヨークシティのオリジナル。

Saturdays-nyc-denim-jacket-7

ブランド名が刻印されています。

細かいデザインが格好良いのです。

最初はボタンが硬く扱いづらさを感じますが、デニムがなじむにつれて簡単に着脱できるようになるので安心。

チェストポケットは2つ。

Saturdays-nyc-denim-jacket-8

ポケットのフラップがボックス型だったり、そのポケットからラインが縦に入っていたりと、リーバイスの2ndタイプ・3rdタイプを融合したような。

そんな雰囲気。

サイドにはウェルトポケットが2つ。

Saturdays-nyc-denim-jacket-9
ウェルトポケットとは
  • 口に飾りが付いたスリットタイプのポケット

寒いときには手を突っ込んで暖をとれます。

Saturdays-nyc-denim-jacket-10

もちろん、財布などの小物を収納するも良し。

他のジャケットと比べると丈は短め。

Saturdays-nyc-denim-jacket-11

袖口よりもだいぶ丈が詰められているのがわかりますね。

袖口にはフロントと同じくメタルボタン付き。

Saturdays-nyc-denim-jacket-12

暑いときにはボタンを外して、さらに袖をまくって着るのも、抜け感が足されるのでオススメ。

こなれた感じが演出できます。

フロント下段部には、サタデーズNYCの特徴的なデザイン「バックスラッシュ」が黄色いステッチでほどこされています。

Saturdays-nyc-denim-jacket-16

サタデーズNYCを象徴する、シンプルさを極めたロゴが美しいです。

後ろ側はこのように。

Saturdays-nyc-denim-jacket-13

いたってサイレントなデザインです。

Saturdays-nyc-denim-jacket-14

デニム生地の風合いの変化をたっぷりと堪能たんのうできますよ。

腰部分にはサイドアジャスターが付けられ、シルエットの調整が可能。

Saturdays-nyc-denim-jacket-15

アジャスターを広げてゆったりと、はたまた狭めてタイトに。

その日の気分や合わせるアイテムによって着こなしを変化させられます。

デニム生地なのでコットン100%。

Saturdays-nyc-denim-jacket-17

ストレッチ素材を使用していない純コットン。

着こんでなじんだ後の、良質な着心地を楽しむのが今から楽しみ。

この濃いインディゴがこれからどのような表情へと変化していくのか…。

Saturdays-nyc-denim-jacket-18
一路
一路
ワクワクします!

デニムジャケットを着てみた

では、実際にデニムジャケットを着てみます。

Saturdays-nyc-denim-jacket-19

ワークスタイル。

無骨で男らしい印象がグッと高まります。

インディゴの暗い色味もあいまって、カチッとした雰囲気です。

洗濯を繰り返すことでインディゴが落ち、徐々に明るい色になれば、よりカジュアル色が強くなっていくことでしょう。

サイドショットはこちら。

Saturdays-nyc-denim-jacket-20

裾が程よく締まるシルエットなので、ルーズな感じもなく。

Saturdays-nyc-denim-jacket-21

丈は短め。

ボトムはワイドシルエットのパンツを合わせて、Aラインシルエットを作るのがオススメ。

ちなみに、合わせているのはポータークラシックの刺し子パンツです。

フロントボタンを開けて、そして、袖をまくってよりラフに着こなすのもデニムジャケットの醍醐味だいごみ

Saturdays-nyc-denim-jacket-22

スタイリングの幅が広がります。

着方を変えれば体温調節がしやすく、そういった意味でも機能的なアウターです。

saturdays-nyc-denim-jacket-23

少々野暮ったくなってしまうこともあるデニムジャケット。

  • でもそこが良い

と思わせてくれる格好良さがあります。

saturdays-nyc-denim-jacket-24

デニムジャケットを着ていると、

  • カジュアル上等!

そんな気持ちになるのです。

sashiko-linen-short-sleeve-20

デニムジャケットは1着持っておくと便利ですよ。

Aラインシルエットを構築!ワイドパンツのススメ
wide-pants-recommend-2
【ワイドパンツのおすすめ7選】Aラインシルエットづくりに最適なメンズボトムスワイドパンツは敬遠されがちなボトムスですが、簡単にAラインシルエットが作れるオシャレアイテムです。細身のパンツでは表現できない、独特の男性的で男らしいシルエットが完成します。この記事ではオススメのワイドパンツをまとめました。...

タフに・ラフに!大活躍のデニムジャケット

本記事ではサタデーズNYCニューヨークシティのEmil Denim Jacketを例にとり、デニムジャケットの使い勝手の良さを紹介しました。

ガバッと羽織れるデニムジャケットは、寒暖差を感じやすい春や秋のアウターとしてピッタリ。

肌寒い朝は着て

暑さを感じる日中は脱いで

と、手軽にラフに温度調節ができます。

丈夫な素材のデニム生地なので、ガシガシ洗えるタフさも魅力。

日々表情を変えていくデニムの経年変化を楽しみながら、末永く愛用できるのがデニムジャケットです。

インディゴカラーは合わせるボトムスの幅が広く、手軽にコーディネートに取り入れられます。

ワードローブにデニムジャケットを一着加えれば、ファッションがより楽しくなること間違いなし。

一路
一路
ぜひお試しを!

それでは、今回はこの辺で。
少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

春におすすめのライトアウターまとめ記事のアイキャッチ
春の洋服は何を着たら良い?迷ったときにおすすめのライトアウター5選春に着る洋服に悩んでいるそこのあなた。朝晩冷える一方で昼は暖かな春を快適に過ごすためには定番のライトアウターを知っておくことが大事。春の服装に悩まなくてすみます。この記事ではおすすめのライトアウターをまとめています。...
clothes-autumn-1
秋に着る服は?メンズオータムファッションで「何を着るか困る」を解消する万能アウター秋の服装は何を着れば良いのか困る…。そんな悩みを抱えているならこの記事をチェック。オータムファッションをオシャレに楽しむためのおすすめの服をまとめました。寒暖の差が激しい秋の気候には気軽に脱ぎ着ができる羽織りが便利です。...
firmum-denim-wide-pants-25
【FIRMUM】ワイドパンツをレビュー!経年変化が楽しみなスーピマコットンデニムデニムワイドパンツは肩肘張らないリラックススタイルで抜け感を演出しつつ、動きやすさもある、実用性抜群のアイテムです。普段ワイドパンツを敬遠している方も、美しいシルエットのFIRMUM(フィルマム)のデニムワイドパンツならばコーディネートの幅を狭めずに取り入れられるはず。休日をラフに過ごせるパンツをお探しの方はぜひチェックしてみてください!...
american-casual-1
着る服に迷ったらアメカジスタイル!休日にラフな格好をするならどんなアイテムを取り入れる?休日の服装にオススメしたいアメカジファッション。小さな子供と遊んだり、ちょっとそこまで出かけるときに便利なラフさと動きやすさ。それがアメリカンカジュアルの魅力です。シンプルなアイテムを選べば上品な雰囲気も加わり、大人の休日を彩るには最適。スタイリッシュでリラクシンなコーディネートを構築するのに活用できるジャケット、ジーンズ、革靴をご紹介します。...
リーバイスのジーパンとレッドウィングのワークブーツの組み合わせは楽しい【アメカジスタイル】労働者の作業着が起源のジーパン(デニムパンツ)と作業用の丈夫なワークブーツ。それらの組み合わせは相性抜群!特に、共にアメリカ生まれのリーバイス(LEVI'S)のジーンズとレッドウィング(RED WING)のブーツを合わせたらスタイルはアメカジの王道です。ラフな格好だからこそ生まれる大人の余裕、味わってみませんか?...
bedford-jacket-4
エンジニアードガーメンツのベッドフォードジャケットをレビュー【リピ買い確定】エンジニアードガーメンツのベッドフォードジャケットはカッチリしすぎず、ゆるすぎずの絶妙なバランスが魅力の便利で使いやすいアイテム。ラフに着れるジャケットなので、休日に・ビジネスカジュアルスタイルにと大活躍!一着持っておいて損はないです。この記事ではベッドフォードジャケットのディティールをご紹介しています。...
sophnet-mountain-parka-1
【SOPHNET.】マウンテンパーカーをレビュー!雨や風を防ぐ高機能アウターマウンテンパーカーは春・秋・冬の季節に大活躍の着回し力抜群のアウターです。雨や風を防ぐ高機能性とガバッと羽織れる気軽さが魅力。この記事ではマウンテンパーカーの便利さをソフネットのアイテムのディティールとともにお伝えします。...
ジャケットの便利なポイントをまとめた記事のアイキャッチ
ジャケットの便利なポイント5選!大人の必須アイテムジャケットはスーツのときに着るもの?答えは否。カジュアルスタイルでも着回せる優秀アイテムです。選び方さえ間違わなければ大人のスタイリングを組み立てるのに貢献します。この記事ではおすすめジャケットをまとめました。...
憧れのブランドはリユースで手軽にゲット
美しいシルエット
上質な素材

上記のような高品質な洋服はそれだけ値段が高いです。普段は見るだけ。気軽には買えない、手を出しにくい価格。

でも欲しい!

そんなときはリユースショップを活用しましょう。古着なら高品質な服を低価格でゲットできます。

国内最大級の商品ラインナップのセカンドストリートなら、憧れのブランド服を驚きの低価格で購入可能。ウェブ上で試着できるので便利です。

セカンドストリートのウェブ試着詳細体型データの入力だけでウェブ上で試着できる

百聞は一見にかず。まずは豊富な商品ラインナップをご覧ください。

こんな記事も読まれています