PR

【裾上げ不要】ジーンズの長さ調節方法は?ダブルターンアップでシルエットに変化を

double-turn-up-12
ジーパンの裾を引きずりたくない…
ジーンズの裾上げ、面倒だなぁ…

その悩み、解決します。

この記事では長すぎるジーパンの裾をダブルターンアップで長さ調節して履きやすい長さにする方法を解説。

ジーパン(ジーンズ)の裾上げ、していますか?

買ったままの状態だと自分の足よりも長いこともある、ジーパンの裾。

  • 快適に穿くため
  • シルエットをきれいに見せるため

上記の理由からジーパンの裾上げをすることは、ごくごく一般的な行為です。

ですが、1度裾上げしたジーパンは2度と元の長さに戻せません。

合わせる靴によっては、あえて足元に裾のクッション(たまり)を作らせたいこと、ありませんか?

切らなければよかった…

なんて思っても後悔先に立たず。

そんなときのために、

  • 裾上げせずに裾の長さを調節する方法

があります

本記事ではジーパンの裾の長さを切らずに調節する方法について、実際のやり方を図で解説します。

裾の長さを調節する手法とは、ダブルターンアップです。

ダブルターンアップで足元スッキリ
ビフォー
double-turn-up-4
アフター
double-turn-up-6

ジーパンの裾の長さを調節する意味

double-turn-up-9

ジーパンの裾上げ

購入時にお店でする人は多いです。

お店の試着室でジーパンを試着して、裾が長いと感じた際、裾上げをします。

長いままだと裾を踏んでしまうため、歩いた時に足に裾が引っかかって転倒するリスクがあります。

危ないです。

あるいは地面に裾がこすれて、ジーパンの裾がいたみます。

また、ジーパンの裾が余ると足元にクッションができて、パンツのシルエットが崩れるのもデメリットの1つです。

ジーパンの長さを裾上げでお直しすることで上記のデメリットを防ぎ、スッキリとしたシルエットでジーパンを穿けます。

ファッショナブルにジーパンを穿きこなすために裾長さの調整が必要なのです。

ジーパンの裾が長いと生じるリスク
  • 歩いた時に足に裾が引っかかって転倒する
  • ジーパンの裾が傷みやすくなる
  • パンツのシルエットが崩れる

ジーパンの裾長さを調節する方法

ジーパンに限らず、パンツの裾長さの調節はパンツのシルエットをきれいに見せるために必要なこと。

では、パンツの裾長さを調整するために、どのようなことをすれば良いのでしょうか?

それは以下の方法です。

  • 裾上げ
  • ロールアップ

裾上げ

まず1つ目は裾上げです。

長い裾は思い切って切断し、適正な長さにする方法ですね。

パンツ購入時に裾上げをすることもありますが、裾上げのタイミングは人それぞれ。

裾上げは洋服のお直し専門店でも可能。

そのため、パンツ購入直後は裾が長い状態で楽しみ、飽きてきたら裾上げして雰囲気を変えることもできます。

ただ、デメリットが。

一度切った裾は元の長さに戻せません。

切らなきゃよかった…

なんてことにならないように、裾上げするときは慎重にすべきです。

特に、ジーパンの未洗い品であるリジッドジーンズは、洗濯すると大幅に生地が縮みます。裾上げには慎重な判断が必要です。

ロールアップ

パンツの裾長さ調節法の2つ目はロールアップです。

double-turn-up-10

ロールアップとは、裾を折り返して裾長さを短くする手法。

折り返す幅や回数を調整して、パンツの裾の長さを調節します。

裾を折り返すだけなので簡単。

ですが、2回、3回と折り返して複数回のロールアップをすると裾が太くなり、野暮ったい印象になってしまうのがネックです。

考えなしにロールアップしたからといって、格好良くなるわけではありません。

着こなし全体のバランスをとってこそ、初めてロールアップがきてきます。

野暮ったさを回避しつつ、

  • ロールアップを楽しみたい
  • 裾長さを調整したい

そんな欲張りな人へ。

オススメなのが、ロールアップの応用、

  • ダブルターンアップ

です。

ダブルターンアップとは

ダブルターンアップは、ロールアップの派生形。

パンツの裾長さを調節するとともに、ファッション性も高めてくれるパンツの折り返し法の1種です。

具体的には、2回ロールアップするのですが、

  1. 1回目のロールアップ幅を長めに取る
  2. 2回目のロールアップをジーパンのチェーンステッチ(環縫い)が見えるくらいの位置幅で取る

別名、1.5(ワンハーフ)ロールともいいます。

ダブルターンアップとは、もともとは二重に折り返してできる裾のポケットで、

  • タバコの火を消す
  • タバコの吸い殻を収納する

上記のために考案された手法。

今では、チェーンステッチや裾のアタリ(パッカリング)を隠さずにロールアップできる手法として、ジーパン愛好家に重宝されています。

2回折り返すので、裾が長いジーパンでも適度な長さに短くできます。

裾が長いけど切りたくない

そんな人にダブルターンアップはオススメです。

ダブルターンアップは足元がスッキリまとまる

ダブルターンアップは裾上げをしなくてすむ効果以外にも、優れたメリットがあります。

それは、足元に軽快感が生まれること。

ジーパンなどのパンツの裾が長いと足の甲や靴の上で生地のたまり(クッション)を作ってしまいます。

足元にたまりができると、どこか野暮ったくなり、スタイリングがスッキリまとまりません。

  • おしゃれは足元から

というように、洗練された足元だとコーデ全体がしまって見えます。

ダブルターンアップやロールアップでパンツの裾を短くして生地のたまりを解消すると、パンツのシルエットがストンと落ち、見映えが良くなる効果が。

足元にパンツのクッションがあるのと無いのとでは、コーデの印象は段違い。

活用例:ダブルターンアップでワイドパンツをスッキリと
black-leather-shoes-14

たまりが無いほうが清潔感は高まります。

ダブルターンアップで足元をスッキリさせて、日々のスタイリングをスッキリとおしゃれにまとめましょう。

ダブルターンアップを実際にやってみる

では実際に、ダブルターンアップでジーパンの裾の長さを調節してみましょう。

以下は、ジーパンとワークブーツを組み合わせたときの図です。

double-turn-up-4

やはり、ジーパンとワークブーツはしっくりきます。

ですが、ジーパンの裾の長さが少し長いため、靴と干渉してクッション(生地のたまり)ができています。

この状態はスッキリしているとは言いがたく、少し野暮ったい感じに。

あえての野暮っぽさを楽しむのもアメカジスタイルの1つです。

しかし、たまにはキレイ目にジーパンを穿きこなしたい…。

そんなときは、先ほど紹介した手法の「ロールアップ」がオススメです。

では、ここでジーパンの裾を1回、折り返してみます。

double-turn-up-2

このようになりました。

ロールアップ状態です。

ロールアップしていない先ほどの状態と比べ、クッションのたまりが多少緩和されました。

ですが、まだくるぶしからすねにかけて少し生地がダボついています。

もう少しスッキリさせたいなぁ…
裾長さの調整がまだ不十分

そんなときに試して欲しいのが、

  • ダブルターンアップ

です。

やり方としては、まず1度ジーパンの裾を大きく折り返します。

double-turn-up-1

ポイントは広めにロールアップすること。

かなり広めにロールアップ幅をもうける

そして、2度目のロールアップ。

2回目のロールアップの幅は1回目よりも小さく幅をもうけ、チェーンステッチ(上図の黄色い糸)が見える位の位置で折り返しましょう。

そうすると、このような状態になります。

double-turn-up-6

アンクル(くるぶし)丈になって、クッションが解消されました。

生地のたまりが無くなり、ジーパンのシルエットが下にストンと落ちる形へ。

スッキリとした印象となっています。

パッと見たところ、1ロールしているように見えますが、3回程度ロールアップしたときと同じくらい裾が短くなっています。

アンクル丈なので靴下がチラッと主張することができるのも、オシャレな雰囲気を演出できて良し。

拡大して見てみると、このように。

double-turn-up-8

チェーンステッチのアタリの付き具合や、サイドシーム内側のセルビッジの赤耳もバッチリ見えます。

ジーパンフリークにとっては嬉しいポイントです。

二重に折り返しているので、ロールアップが崩れにくいのもダブルターンアップの良いところ。

ジーパンの良さを主張しつつ、裾の長さを調整できる超便利な手法。

それがダブルターンアップなのです。

ダブルターンアップはワイドパンツにも相性良し

先ほどはストレートジーンズでダブルターンアップを実践しましたが、ワイドパンツにも相性が良いです。

フィルマム(FIRMUM)のワイドパンツに、ダブルターンアップを適用させてみました。

double-turn-up-11

ワイドパンツはシルエットが太いため、裾が長いとルーズな印象になりがち。

ダブルターンアップでワイドパンツの裾を短くすれば、足元がスッキリとまとまり、軽快感のある足元に。

オールデン(Alden)の革靴のような、どっしりとした面構えのシューズとも違和感なくなじみます。

double-turn-up-13

ワイドパンツを取り入れたとき、

  • どうもコーディネートがしっくりこないなぁ…

と感じたら、ダブルターンアップで裾をスッキリとさせてみてください。

まったく違う印象になりますよ。

裾の長さを調節してジーパンを楽しむ

本記事では、ロールアップ方法の1種「ダブルターンアップ」を利用したジーパンの裾長さ調節方法を紹介しました。

裾の長いジーパンは足元に生地のたまりが生じてせっかくの美しいシルエットが崩れがちになります。

かといって、切ってしまうのもしのびない…。

そんなときには、ダブルターンアップで裾の長さを調節しましょう。

折り返す位置で簡単に長さを調整できるため、その日の気分に合った着こなしが可能。

ときには長い状態のまま履いて、ルーズシルエットを堪能たんのうしてみたり。

  • ファッションは自由

そんな考えをサポートする手法です。

ファッションを楽しむための1つの手段として「ダブルターンアップ」を活用してみてはいかがでしょうか?

それでは、今回はこの辺で。
少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

マネキン買いおすすめランキング記事のアイキャッチ画像
マネキン買いできるおすすめメンズ通販3+5選!失敗しないコーデセットを買う方法とは?これからも毎日の服装に悩み続けますか?コーディネートを考えるのが苦手ならコーデ一式をそのまま購入できる「マネキン買い」がおすすめ。ワンクリックで完成されたコーデを購入できるので手軽にオシャレなスタイリングを楽しめます。...
mail-order-age-18
年代別メンズ通販おすすめ3選!年齢に合った服装の見つけ方を解説洋服はどこで買ったら良いの?自分に似合う服を選びたい!そんな人は年齢に合わせた洋服のお店を活用すると服選びが捗ります。10代には10代の。40代には40代のそれぞれ似合う服装がありますからね。この記事では各年代にオススメのメンズファッション通販サイトをまとめています。...
リーバイスのジーパンとレッドウィングのワークブーツの組み合わせは楽しい【アメカジスタイル】労働者の作業着が起源のジーパン(デニムパンツ)と作業用の丈夫なワークブーツ。それらの組み合わせは相性抜群!特に、共にアメリカ生まれのリーバイス(LEVI'S)のジーンズとレッドウィング(RED WING)のブーツを合わせたらスタイルはアメカジの王道です。ラフな格好だからこそ生まれる大人の余裕、味わってみませんか?...
clothes-internet-shopping-1
通販で失敗を防ぐ買い方は?洋服をネットで買うのは難しい…【返品可能がポイント】洋服をネットで買うのに失敗したくない!という方はこの記事をご覧ください。試着ができないネットショッピングでも、良心的な返品交換対応をしているファッションサイトがあります。そんなサイトを活用すれば「買ってから試着して、身体に合わなかったらサイズ違いのアイテムを買い直す」なんてことが可能です。服をECサイトで購入するのをためらっている方はぜひご覧ください。...
american-casual-1
着る服に迷ったらアメカジスタイル!休日にラフな格好をするならどんなアイテムを取り入れる?休日の服装にオススメしたいアメカジファッション。小さな子供と遊んだり、ちょっとそこまで出かけるときに便利なラフさと動きやすさ。それがアメリカンカジュアルの魅力です。シンプルなアイテムを選べば上品な雰囲気も加わり、大人の休日を彩るには最適。スタイリッシュでリラクシンなコーディネートを構築するのに活用できるジャケット、ジーンズ、革靴をご紹介します。...
憧れのブランドはリユースで手軽にゲット
美しいシルエット
上質な素材

上記のような高品質な洋服はそれだけ値段が高いです。普段は見るだけ。気軽には買えない、手を出しにくい価格。

でも欲しい!

そんなときはリユースショップを活用しましょう。古着なら高品質な服を低価格でゲットできます。

国内最大級の商品ラインナップのセカンドストリートなら、憧れのブランド服を驚きの低価格で購入可能。ウェブ上で試着できるので便利です。

セカンドストリートのウェブ試着詳細体型データの入力だけでウェブ上で試着できる

百聞は一見にかず。まずは豊富な商品ラインナップをご覧ください。