革靴

【リーガルの革靴購入レビュー】カジュアルな茶色の靴は経年変化を楽しみやすい

regal-brown-shoes-2

今回は新たに購入した靴のご紹介です。

これまでは革靴を買うことなんて年に一度あるかどうかだったのですが、このブログを始めてからというもの、物欲がフツフツとわいてくるのを感じています。

そりゃそうですよね。

一路
一路
革靴に想いをせながら記事を書いているんですから!

その抑えきれない衝動を解放して、革靴を購入しました。

前回購入のコールハーンのガラスレザー靴から約半年…

今回買った革靴とは何なのか…。

本記事では、新たに購入した日本のシューズメーカー「リーガル(REGAL)」のストレートチップの革靴について、その魅力をご紹介します。

リーガルの革靴を購入

早速ではありますが、今回僕が購入した革靴はこちらです。

regal-brown-shoes-1

って箱!(←)

…はい、ということで、こんな感じで焦らずいきますよ。

日本のシューメーカーである、

  • リーガル(REGAL)

の革靴です。

オープン・ザ・箱!!

regal-brown-shoes-4

箱を開けると今回の主役、愛しの革靴ちゃんのお目見え。

それがこちらです。

regal-brown-shoes-6

ブラウンのストレートチップの革靴です。

ブラウンとは言っても、浅黄褐色とでもいいましょうか。

黄色味がかった茶色です。

黒色などの濃い色とはまた違った色合いで、繊細な雰囲気がただよいます。

茶色の革靴は比較的革の色が薄く、部分部分で色ムラができやすいのが特徴です。

したがって、雨に濡れたりすると水シミができたり、有色の靴クリームを使用した際の色の違いがわかりやすかったりします。

色ムラができやすいということはデメリットと思われがちですが、

  • 経年変化(エイジング)

という観点から見れば一概にそうとは言い切れません。

その色ムラこそ、その靴の味となって自分だけの靴という意識をより高めてくれるのです。

色ムラの発生については、

ととるか、

  • シミ

ととるか。

個人個人でとらえ方が異なるでしょうから、ご参考までに。

一路
一路
あくまで僕の意見です!

個人的には、これからこの革がどのように変化していくのか楽しみでなりません。

リーガルとは

ではここで、この革靴の製造会社、

  • リーガル

について少しお話しします。

リーガル(REGAL)とは、株式会社リーガルコーポレーションが展開するシューズブランドの一つです。

リーガルコーポレーションは1902年(明治2年)に創業された日本企業で、1961年(昭和36年)から現在にいたるまで、リーガルブランドの靴を生産しています。

100年以上の歴史を誇る、

  • 日本を代表するシューズメーカー

なのです。

リーガルの他に、

  • ケンフォード
  • シェットランドフォックス

もリーガルコーポレーションが手掛けるブランド。

僕自身、シェットランドフォックスの靴を一足持っていて、大のお気に入り靴となっています。

日本のシューズメーカー、大好きです。

リーガルはメンズ・レディース靴共に取り扱っており、また、フォーマルな革靴からカジュアルなレザースニーカーまで、性別問わず幅広い種類の靴を作っています。

靴修理の、

  • リーガルリペア

というサービスまで提供しており、「靴を大切に長く履いてほしい」という熱い想いがヒシヒシと伝わってきます。

一路
一路
良いブランドだなぁ…(しみじみと)

リーガルの革靴の詳細

まずは靴ひもを結んで、詳細を見ていきましょう。

regal-brown-shoes-8

靴ひもや履き口の縁取りがダークブラウンになっていて、ブラウンのアッパー(甲革)のアクセントとなっています。

当たり前ですが、履きジワも入ってないのでキレイですね。

ここからどんなシワが入っていくのか…。

一路
一路
シワも楽しみの一つです!
個人的には!

インソールも革製。

regal-brown-shoes-7

REGALという刻印と共に、MADE IN JAPANの文字が入っています。

安心と信頼の日本製、ポイント高いですね。

ヒール(かかと)はドッグテイル仕様。

regal-brown-shoes-10

負荷がかかりやすいかかとの縫いを補強する役目を持つ、犬の尾っぽに似ているパーツです。

耐久性も高そうですね。

ソールはこのように。

regal-brown-shoes-12

レザーソールっぽい雰囲気ですが、ゴム製です。

ゴム製ソールは、

  • 滑りにくい
  • 削られにくい

という特長を持っているため、タフに履ける作りになっています。

レザーソールのように、ツルッとすべることもないでしょう。

アッパーとソールの接合縫製は、

  • グッドイヤーウェルト製法

を採用。

regal-brown-shoes-9

グッドイヤーウェルト製法はソールの張替えが容易であり、何度もソール交換が可能。

長く愛用できる革靴といえます。

一路
一路
革を育てていく楽しみを長く味わえるのは有り難いです!
かかとが削れてきた?自分で修理できます
【かかと補修】革靴のヒールをパテで肉盛りする方法【トップリフト補強】革靴のかかと部分のすり減り、気になりませんか?履いているとどうしたってかかとにダメージが入ってしまいます。ですが、そんなすり減ってしまったかかとも自宅で自分で簡単に補修することが出来ます。その手法をご紹介!修理する靴はシェットランドフォックスのウィンストンです。...

リーガルの革靴を履いた様子

では、このリーガルの革靴を履いてみます。

装・着!!

regal-brown-shoes-11

この革靴はストレートチップですが、カジュアルに履きたいと思い、黄色味がかった茶色を選択。

そのため、靴下もカジュアルなカラフルソックスにしてみました。

一路
一路
色味が最高です!

ストレートチップのフォーマルさが靴自体の色と靴下の色で緩和。

カジュアルチックになっています。

休日スタイルに使えそうな雰囲気に。

横から見た図も。

regal-brown-shoes-13

美しい曲線美…。

一路
一路
ため息が出てしまいます…(恍惚の表情で)

何回も言ってしまいますが、色が良いですね。

落ち着きのある感じがベリーベリーグッドです。

regal-brown-shoes-14

かかとのフィット感もピッタリで履いてて気持ち良く。

今後、履いていくうちにインソールが沈み込み、靴の大きさに余裕が出てくるかもしれませんが、その場合は羽根を閉じればOKなサイズ感。

ゆくゆくのサイズ感を見越して革靴を選ぶのも楽しみ方の一つです。

この靴を履いて街を歩くのが楽しみ。

革靴を買った時のこの高揚こうよう感、溜まりません。

一路
一路
オラ、ワクワクすっぞ!

どんな経年変化を見せてくれるのか

本記事では、リーガルの革靴について細部をご紹介しました。

新しい革靴を購入すると、

  • その靴がどのように成長していくか

もとい、

  • どんな経年変化を見せてくれるのか

が楽しみでなりません。

ましてや、茶色の靴となると革の色や質感がどのように変化していくのか、黒色の革靴以上に楽しみです。

一路
一路
しっかりとお手入れを行なって、味わい深い靴ヘと育てていきたいですね!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

regal-reputation-1
リーガルの評判は?高品質ながらリーズナブルな国産革靴ブランド【購入レビューあり】日本のシューズブランド「リーガル」の特長は?気になる人はこの記事をチェック。リーガルには熟練の職人の方々の手で作られる高品質な革靴が多数ラインナップしています。それでいて、本格革靴としては比較的リーズナブルな価格帯。「革靴を手入れしながら長く履きたい」と思ったときのエントリーシューズとしてピッタリです。購入レビューと合わせてご覧ください。...
regal-aging-1
【REGAL】1年履いたリーガルの革靴のエイジングの様子は?【茶色の革の経年変化】日本のシューズブランド、リーガル(REGAL)の革靴についてご紹介した記事です。リーガルの革靴の特徴と僕が所有するストレートチップの靴の詳細について書いています。お手ごろ価格で高品質なリーガルの革靴はシンプルデザインかつ、日本人の足に合うフィッティングの良さが魅力。履き心地も良く、ビジネス・カジュアルシーン問わず大活躍するレザーシューズ。1年履いた経年変化も書いています。...
how-many-japan-size-6
【革靴の海外サイズ対応表】UK・EU・US 外国表記のシューズは日本だと何センチ?あなたの欲しい靴、日本サイズで何cm?靴のサイズで「40」や「8」といった表記を目にしたことはないでしょうか?明らかに日本のセンチメートル表記とは違うこれらの数値、実は海外のサイズ表記法なのです。この記事では日本サイズと海外サイズの換算表や海外サイズの数値の意味について示しています。...
leather-shoes-size-4
【革靴のサイズ換算早見表】ワイズ・足長とは?靴のサイズ選びの参考に【アルファベットの意味】革靴のサイズ選びの時、数字の他に記載されているアルファベットにはどんな意味があるの?それは靴の横幅「ワイズ」を表すものです。この記事では革靴に表記されているワイズの種類がどのような大きさの足に合うのかを換算表で示しています。...
shetland-fox-winston-5
【シェットランドフォックス・ウィンストンをレビュー】履き続けるとツヤを増す水染めコードバン靴シェットランドフォックス(SHETLAND FOX)の革靴であるウィンストンのレビューを2年間履いた感想と共にお伝えします。日本人に適したラストをはじめ、履き心地を追求したウィンストンは履いて快適なだけでなく、水染めコードバンの上品なツヤめきも魅力の一つ。メイドインジャパンの極上の革靴をぜひとも味わっていただきたいと思います。...
santoni-double-monk-1
【サントーニ】ダブルモンクストラップの革靴をレビュー【手染めの色彩が美しい1足】イタリアの高級シューズメーカー「サントーニ(Santoni)」のダブルモンクストラップの購入レビュー記事です。上質な革をハンドペイントで塗り上げた深い風合いは一見の価値あり。芸術品といって過言ではない「パーフェクトシューズ」の詳細をご覧ください。革靴を履いた様子もご紹介します。...
martens-3-hole-1
【ドクターマーチン3ホールオックスフォードをレビュー】抜群の履き心地のおすすめ革靴Dr.Martensの3ホールの定番シューズ「1461」を購入レビューしました。シンプルなデザインで幅広いコーディネートに取り入れられる汎用性の高さと、履き心地の良さが魅力の革靴。初めて革靴に挑戦する方にも取っつきやすい使いやすいレザーシューズです。履きやすい革靴をお探しの方はチェックしてみてください!...
履きやすさと満足感で選ぶ!おすすめ革靴

革靴選びのご参考として、履きやすさと持つ喜びを感じるシューズブランドをご紹介します。

コールハーン
ranking-cole-haan
スニーカーのような履き心地の革靴多数!
アメリカ発のシューズ・アパレルブランド。
履き心地
革靴の常識をくつがえす快適な履き心地

記事を見る公式ページ

シェットランドフォックス
ranking-shetland-fox
履いて嬉しい高級感!
靴の美しさ・楽しさを提案するシューズブランド。
履く喜び
メイドインジャパンの日本人の足になじむ形状と高級感

記事を見る公式ページ

リーガル
ranking-regal
本格革靴を手軽に楽しむなら!
日本のシューズブランド。
コスパ
リーズナブルな価格で本格派革靴を楽しめる

記事を見る公式ページ

こんな記事もおすすめ