靴磨き

ステインリムーバーとステインクレンジングウォーターを比較【汚れ落ちの違いは?】

mowbray-cleaner-1

革靴の汚れ落としといえば、M.モゥブレィのステインリムーバーがあまりにも有名です。

  • サラサラとした液で使いやすい
  • 百貨店やホームセンターで手に入りやすい
  • 高い洗浄力を持つ

靴クリーナーの定番アイテムとして不動の地位を築いています。

そこで気になるのが、同じくM.モゥブレィから展開されている靴クリーナー、ステインクレンジングウォーターとの効果の違い。

同じM.モゥブレィブランドといっても、ステインクレンジングウォーターは、上級ラインのM.モゥブレィ・プレステージのクリーナー。

ステインリムーバーよりも価格が高く、配合成分も異なります。

そこで本記事では、同じM.モゥブレィブランドのクリーナー、ステインリムーバーとステインクレンジングウォーターの汚れ落とし効果を比較しました。

mowbray-cleaner-3

各クリーナーを使った後の革の状態も合わせて見ていきますね。

この記事はこんな人にオススメ
  • ステインリムーバーとステインクレンジングウォーターの違いを知りたい
  • 靴クリーナーが違うと革靴の汚れ落ちに差は出るの?
  • 靴クリーナーはどんな基準で選べば良いの?
ステインリムーバーがオススメな人
  • 革靴の油汚れと水汚れをごっそり落としたい
  • 保管場所をとらない小さめ容器が良い
  • 低価格のクリーナーが欲しい
ステインクレンジングウォーターがオススメな人
  • 革の汚れを落としつつ保湿もしたい
  • 溶剤のニオイが苦手
  • スニーカー洗いにも使いたい

M.モゥブレィの靴クリーナー

日本の「株式会社R&D」が手がけるシューケアブランド「M.モゥブレィ」。

  • シューケアに興味がある人なら知らない人はいない

といって過言ではないメジャーブランドです。

M.モゥブレィには、靴磨きをはじめ、シューケア全般をはかどらせるこだわりのアイテムが勢ぞろい。

靴クリームやワックス、靴の乾燥剤やニオイ消しまで。

たくさんのシューケアアイテムを展開しています。

その豊富なラインナップの中で、一際ひときわ存在感を放つのが靴クリーナーです。

M.モゥブレィには、以下の靴クリーナーがあります。

  • ステインリムーバー
  • ステインクレンジングウォーター

ステインリムーバー

M.モゥブレィの靴クリーナーとして不動の地位を築いているのが、ステインリムーバー

mowbray-cleaner-2

サラッとした使い心地で確かな洗浄力を持つ、優秀なアイテム。

M.モゥブレィブランドを代表する靴クリーナーで、さらにブランドの壁を超え、

  • 靴クリーナーの代名詞

とも呼べる、それほどまでにメジャーな靴クリーナー。

ホームセンターなど、比較的身近なお店でも入手可能なので、

  • 初めて手に取った靴用クリーナーがステインリムーバーだった

という人も多いはず。

靴の表面の汚れや古いクリームをしっかり落とし、革の通気性を保てます。

軟水ベースのソフトな汚れ落としなので、革の色落ちやシミのリスクを軽減できます。

靴磨き初心者の人にもオススメの靴クリーナーです。

とはいえ、革靴に初めて使う場合は、目立たない場所でテストしてから使いましょう。

ステインクレンジングウォーター

ステインクレンジングウォーターは天然成分にこだわった配合のクリーナー。

mowbray-cleaner-8

M.モゥブレィブランドの上級ライン「M.モゥブレィ・プレステージ」のアイテムです。

ステインクレンジングウォーターの主な成分は以下の通り。

  • オリーブオイル
  • ホホバオイル
  • オレンジオイル
  • キャスターオイル

溶剤が含まれていないクリーナーなので、革に優しく、汚れもすっきり落とせます。

ステインリムーバー以上に革への刺激が少なく、革のお手入れに慣れていない人でも革にダメージを与えるリスクがないため、安心して使えます。

ステインクレンジングウォーターは革への低刺激性から、

  • 革靴
  • 財布
  • バッグ
  • ベルト

など、革製品全般に使えるのも魅力。

また、クリーナー自体が泡立つ性質を持つため、ブラッシングと組み合わせれば、泡立てながらの汚れ落としが可能。

スニーカーのソールの汚れ落としにも応用できます。

ステインリムーバーとステインクレンジングウォーターを比較

この項目では、M.モゥブレィブランドの以下のクリーナーを比較してみます。

  • ステインリムーバー
  • ステインクレンジングウォーター

特徴と仕様を比較

ステインリムーバーとステインクレンジングウォーターで何が違うのか、表でまとめました。

スクロールできる表
項目ステインリムーバーステインクレンジングウォーター
ブランドM.モゥブレィM.モゥブレィ・プレステージ
特徴さらっとした使い心地
高い洗浄効果で革靴の汚れ落としに効果抜群
天然成分で革に優しく革靴以外の革製品全般に使える
泡立つ液体でブラッシングと組み合わせた汚れ落しができる
汚れを落としつつ革の保湿が可能
成分有機溶剤
界面活性剤
油脂
水(軟水)
防カビ剤
オリーブオイル
ホホバオイル
オレンジオイル
キャスターオイル
防カビ剤
精製水
容量60ml(スモール)
300ml(レギュラー)
500ml(ラージ)
100ml(レギュラー)
300ml(ラージ)
価格660円(スモール)
2,200円(レギュラー)
3,300円(ラージ)
1,100円(レギュラー)
2,420円(ラージ)
1ccあたりの価格11.0円(スモール)
7.3円(レギュラー)
6.6円(ラージ)
11.0円(レギュラー)
8.1円(ラージ)

特徴や成分が異なるのは当然ですが、サイズ展開や価格、1cc当たりのコスパも違ってきます。

  • なるべく安く抑えたい
  • かさばらないように小さい容器が良い

など、選ぶときのご参考になれば嬉しいです。

続いて、クリーナーリキッドの比較を。

それぞれの液を出してみます。

mowbray-cleaner-4

ステインリムーバーは白い液体。

ステインクレンジングウォーターは無色透明です。

ステインリムーバーの感触は…

mowbray-cleaner-6

サラサラとした液体です。

一方のステインクレンジングウォーターは、ほんの少し粘性がありヌメリを感じます。

mowbray-cleaner-5

感触はこのくらいにして。

クリーナーは使ってなんぼ。

mowbray-cleaner-7

次の項目から実際の使用感を比較します。

使用感比較:革靴の汚れ落としで検証

通りすがりの御方
通りすがりの御方
仕様を見ただけじゃ…
実際の使った様子がないと判断できないよ…

ということで、ステインリムーバーとステインクレンジングウォーターを実際のお手入れに使ってみます。

汚れ落とし効果の比較です。

汚れ落としの検証に使うのは、こちらの革靴。

mowbray-cleaner-11

スコッチグレインのアシュランスです。

こちらの革靴の左右に、それぞれステインリムーバーとステインクレンジングウォーターを使って汚れ落としをしていきます。

mowbray-cleaner-9

向かって左側、右足の靴にはステインリムーバーを。

mowbray-cleaner-10

向かって右側、左足の靴にはステインクレンジングウォーターを使っていきます。

mowbray-cleaner-12
一路
一路
それぞれのクリーナーで汚れ落ちと革靴の仕上がりを比較していきますね!

ステインリムーバーで汚れ落とし

まずは、ステインリムーバーを使った汚れ落としから。

mowbray-cleaner-17

汚れ落とし用のクロスにステインリムーバーを浸み込ませて…

mowbray-cleaner-13

靴を拭きます。

mowbray-cleaner-14

サラサラとスムーズにクロスが革の上をすべり、作業性良好です。

mowbray-cleaner-15

一通り甲革を拭き上げた後のクロスの状態はこんな感じ。

mowbray-cleaner-16

汚れや古い靴クリームがキッチリ落ちています。

繰り返し、ステインリムーバーをクロスに付けて汚れを落としていきます。

mowbray-cleaner-21

クリーニング作業を3回繰り返した後のクロスの状態はこちら。

mowbray-cleaner-33

革靴についていた汚れがクロスに移り、クリーニングできているのが分かります。

ステインクレンジングウォーターで汚れ落とし

続いて、ステインクレンジングウォーターを使ってクリーニングしていきます。

mowbray-cleaner-18

クロスにステインクレンジングウォーターを浸み込ませ…

mowbray-cleaner-19

拭きます。

mowbray-cleaner-20

ステインクレンジングウォーターで拭いていると泡立ちが起きます。

mowbray-cleaner-23

それ以外はステインリムーバーと同様の使用感。

サラッとした使い心地です。

汚れ落ちはこんな感じ。

mowbray-cleaner-22

汚れが落ちていますが、ステインリムーバーよりは洗浄効果が弱い気が…。

しかし、心配ご無用。

再度クリーニングしてみると…

mowbray-cleaner-28

このように。

mowbray-cleaner-34

2回、3回とクリーニングを繰り返すとだんだんと汚れ落ちが顕著に。

汚れ落ち効果が表れるまでに少し時間がかかる印象ですが、汚れはキッチリ落とせます。

汚れを浮かせる力はステインリムーバーよりも遅いですが、だからこそ革に優しく、じっくり汚れが落ちるのが実感できる結果になりました。

比較結果

では、ステインリムーバーとステインクレンジングウォーターの汚れ落ちを比較してみましょう。

ステインリムーバーはこんな落ち方。

mowbray-cleaner-24

一方のステインクレンジングウォーターはこちらの汚れ落ち。

mowbray-cleaner-25

上がステインリムーバー、下がステインクレンジングウォーターで汚れ落としをした後のクロスの様子です。

mowbray-cleaner-26

ステインクレンジングウォーターは、汚れ落とし1回目こそ、効果はステインリムーバーに劣ります。

mowbray-cleaner-27

しかし、2回目、3回目はステインリムーバーと同じくらい汚れが落ちていますね。

ステインクレンジングウォーターはステインリムーバーに比べて、汚れを浮かせるのが少し遅いです。

逆に、ステインリムーバーは汚れが落ち出すタイミングが早いですね。

クリーナーとしてのパフォーマンスはどちらも素晴らしいの一言。

次は、肝心の革靴の状態を比較します。

mowbray-cleaner-31

全体的にステインリムーバーがサッパリしている印象。

一路
一路
ステインクレンジングウォーターは革にツヤがありますね!

近づいてよく見てみましょう。

mowbray-cleaner-29

ステインリムーバーは革がマットに。

汚れが落ちてスッピンに近い状態になっています。

mowbray-cleaner-30

ステインクレンジングウォーターは革がモチっとしている印象。

汚れを落としつつ保湿ができる特性ゆえの仕上がりです。

mowbray-cleaner-35

ステインクレンジングウォーターで汚れ落としをした靴は控えめなツヤがあります。

洗浄効果は同等、使用後の革は大きな違い。

ステインリムーバーとステインクレンジングウォーターは、クリーナーという同じジャンルのアイテムながら、異なる性質を持つことが検証できました。

最後は、靴クリームでの栄養補給を忘れずに。

mowbray-cleaner-32

靴磨きをはかどらせるため、靴クリーナーできっちり汚れを落としましょう。

どっちがオススメ?

ステインリムーバーとステインクレンジングウォーターってどっちを選べば良いの?

とお悩みの人は、それぞれのクリーナーの特徴を踏まえて選ぶのをオススメします。

ステインリムーバーがオススメな人
  • 革靴の油汚れと水汚れをごっそり落としたい
  • 保管場所をとらない小さめ容器が良い
  • 低価格のクリーナーが欲しい
ステインクレンジングウォーターがオススメな人
  • 革の汚れを落としつつ保湿もしたい
  • 溶剤のニオイが苦手
  • スニーカー洗いにも使いたい

ステインリムーバーは溶剤が入っているので、汚れ落とし効果抜群。

油汚れもガンガン落ちます。

また、60ml容器の展開があるため、シューケア用品をかさばらせたくない人にもオススメ。

500ml容器のコスパの良さも見逃せません。

一方の、ステインクレンジングウォーターは上質な天然成分が主体のクリーナーなので、革の汚れ落としと保湿を同時にしたい人にオススメ。

革靴以外にも使えて、用途が広いのも魅力です。

溶剤フリーなので、作業中に手に付いても安心。

泡立つ液体なので、スニーカー洗いにも活躍します。

一路
一路
自分の使い方に合わせて、適したクリーナーを選んでみてください!

M.モゥブレィの靴クリーナーは特徴豊か|使い方に合わせて選ぼう

本記事では、ステインリムーバーとステインクレンジングウォーターを比較しました。

同じM.モゥブレィブランドの靴クリーナーですが、それぞれ特徴があり、用途に応じて使い分けるのが吉。

ステインリムーバー
  • 確かな汚れ落ちとコスパの良さが魅力
ステインクレンジングウォーター
  • 革製品全般に使えるクリーナーで保湿効果もあり

自分の使い方に合った靴クリーナーを選べば、作業が快適で効率良くできます。

クリーナーの特徴を知って、革製品のお手入れの幅を広げましょう。

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

stain-remover-1
M.モゥブレィのステインリムーバーをレビュー!革靴用クリーナーの使い方を解説エムモウブレィのステインリムーバーは高い洗浄力を持つ靴用クリーナー。革靴の汚れをきっちり落とせるにもかかわらず、革に優しい特徴を持つため、シューケア初心者でも扱いやすいクリーナーです。この記事では、ステインリムーバーの詳細と使い方をご紹介します。...
stain-cleansing-water-1
【ステインクレンジングウォーターをレビュー】溶剤フリーで革に優しいクリーナーM.モゥブレィ・プレステージのステインクレンジングウォーターの詳細と使用感についてレビューした記事です。天然成分にこだわった配合で、溶剤フリーの革に優しいクリーナーなのにもかかわらず、確かな洗浄効果を持つ優れたレザークリーニング剤。柑橘系の爽やかな香りの液体なので石油系の刺激臭が苦手な人にもオススメです。...
shoe-cleaner-summary-1
【おすすめ靴クリーナー5種類を比較】目的に応じて選ぶべき革靴用汚れ落とし靴クリーナーってたくさんあって何を使ったら良いか迷う…。そんな方はこの記事をご覧ください。5つの靴クリーナーの特長を比較しつつ、まとめています。ご自身に合ったクリーナーを選ぶ参考にしてもらえれば幸いです。...
compare-boot-black-cleaner-22
ブートブラックの靴クリーナーを比較!レザーローションとツーフェイスプラスローションは何が違う?ブートブラックにラインナップされている2つの靴クリーナー、「レザーローション」と「ツーフェイスプラスローション」。同じブランドなのになぜクリーナーが1種類ではないのか、それには理由があります。この記事では実際の使用感を踏まえつつ、2つのクリーナーの違いについて書いています。...
quick-wipes-1
クイックワイプスの使用感レビュー!靴用ウェットシートで簡単汚れ落とし【革靴・スニーカーに】面倒な作業をせずに簡単に靴の汚れを落としたいなら、ジェイソンマークのクイックワイプスを使ってみてください。ウェットシートタイプのクリーニングアイテムで、靴を拭き取るだけで簡単に靴の汚れを落とせます。1枚ずつ個包装されているのでかさばらず、旅行や外出時に携帯するのに便利。使いたいときにサッと取り出して革靴やスニーカーの汚れ落としができますよ!...
Amazonギフト券チャージでお得に買い物を楽しもう

amazon-gift
Amazonで買い物するならAmazonギフト券チャージタイプを活用しましょう。

Amazonアカウントに現金チャージするごとに、チャージ金額に応じて通常会員なら最大2.0%プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。

Amazonポイントは、Amazonでの商品購入に利用できるポイントです。1ポイントにつき1円のレートで買い物に使えます。

チャージ金額とポイント表(スクロールできます)
1回のチャージ金額もらえるポイント(通常会員)もらえるポイント(プライム会員)
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

まとめてチャージするとポイントがアップします。Amazonで買い物する機会が多い人ほどお得です。

コンビニ・ATM・ネットバンキングなどで現金支払い可能なので、クレジットカードなしで安心の買い物ができます。

Amazonのチャージの仕方
  1. 下記のボタンをクリック
  2. 現金で5,000円以上をチャージ(支払い方法はコンビニ・ネットバンキング・ATMのいずれか)
  3. ポイントを受け取る(ポイント付与日は利用明細をチェック)

▼Amazon公式サイト▼
Amazonギフトをチャージする