ファッショングッズ

オロビアンコのバッグは丈夫で長持ち!その秘密はリモンタナイロンにあり!【シルベストラ】

日常生活の中で、バッグは必需品ではないでしょうか。

女性はもちろん、男性も一昔前と比べて、ショルダーバッグやバックパックを使用している方をよく見かけるようになってきました。

休日は手ぶらで過ごすという方も、仕事や旅行時にはバッグを持ち歩くことでしょう。

誰しもが使うバッグ、当然、僕も使っています。

僕が日常的に使っているのはオロビアンコのショルダーバッグなのですが、かれこれ7年ほど使い続けています。

ですが、くたびれることなく、まだまだ現役です。

本記事では長期間に渡って僕が愛用している、オロビアンコのバッグをご紹介します。

一路
一路
オロビアンコのバッグの素晴らしい耐久性にはある素材が貢献しているのです!

オロビアンコとは

まずはオロビアンコ(Orobianco)というブランドについて見てみましょう!

1996年、イタリア・ミラノ近郊で創設されたバッグ発祥のファクトリーブランド。
「La moda italiana bella ma intelligente」(デザイン性と機能性を兼ね備えたイタリアンファッションの意)のコンセプトの下、ブランド独自のものづくりを、伝統的な職人技と最新のIT技術の融合により実現してきた。イタリアらしい鮮やかなカラー、自然で抜け感のあるフォルム、それでありながら実用性の高い製品は、ビジネスからプライベートシーンまで様々なスタイルを引き立ててくれる。現在はバッグのみに留まらず、衣食住の各分野へ進出する総合ライフスタイルブランドへと躍進。

『オロビアンコ:Orobianco』とは、イタリア語で“白金”、“貴重なるもの”という意味。ジャコモ氏がチベットを旅している際、現地人がカシミヤを“ホワイトゴールドと呼び、敬意を持って取り扱っている事に感銘し、「ORO(金)」「BIANCO(白)」=『OROBIANCO』と命名。ロゴの中央にいる動物は、このカシミヤヤギがモチーフになっている。

オロビアンコ公式サイトより引用

バッグメーカーとして発祥したイタリアのブランドで、ジャコモ・ヴァレンティーニという方が創業しています。

ブランド名は創業者のジャコモさんがチベットを訪れた際、現地の人々がカシミヤ山羊を”ホワイトゴールド”と呼んでいたことに由来するとのこと。

オロビアンコはバッグメーカーとしてスタートしただけあって、バッグの種類が豊富です。

ショルダーバッグやバックパック、トートバッグにビジネスバッグ、スーツケースもラインナップされています。

また、豊富なバッグ群に負けず劣らず、小物類も充実

財布やカードケースといった革小物、万年筆などの文房具類、アクセサリーにシューズ、アパレルまで…。

多岐にわたる製品づくりを行っており、日々の生活を彩るためのライフスタイルアイテムを提案してくれるブランドです。

一路
一路
シューケア好きとしてはオロビアンコの「シューホーン」が気になる今日この頃…。

▼男性に人気!▼

Orobiancoのバッグ

オロビアンコのバッグ

そんな総合ライフスタイルブランドのオロビアンコですが、ブランドの代名詞と言えば、やはり「バッグ」でしょう。

オロビアンコのバッグの魅力は何といっても、使用するシーンを選ばないということだと思います。

フォーマル過ぎない、程よいカジュアルさがあるにも関わらず、どこか上品さをかもし出すたたずまい。

いかなるシーンにも溶け込む雰囲気を持っています。

また、オロビアンコの多くのバッグにはナイロン生地が使用されているため、革バッグほどメンテナンスに気を使う必要がありません。

一路
一路
メンテナンスが不要というわけではないですよ!

あくまで革製のバッグに比べてですが、汚れが付いても湿らせた布でサッと拭いてあげればきれいになることが多く、ガシガシ日常使いすることができます。

気兼ねなく持ち歩くことが可能ということ。

折角気に入ったバッグを買ったのに「服装や場面に合わない」「汚れるのが嫌で使わない」というケースが起こりにくい、うまいところを突いた製品だと思います。

バッグの材質はリモンタナイロン

バッグにナイロンを使用していると述べましたが、そのナイロンも普通のナイロンではありません。

オロビアンコのバッグにはイタリアのリモンタ社が製造している「リモンタナイロン」を使用しているのです。

リモンタ(LIMONTA)社は1893年にイタリアで創業されたファブリックメーカー。

そのリモンタ社が製造している生地の一つがナイロン。

ただ、リモンタが製造しているナイロンは他メーカーのナイロンとは一線を画す、最高級の上質なナイロンなのです。

高い耐久性を誇り、一般的な皮革以上の光沢感と風合いを兼ね備えています。

正にリモンタの技術力が凝縮されたナイロン生地。

発色が非常によく、人工的なナイロンのイメージを覆すような、活き活きとした色と風合いを持っていて、高級感溢れる仕上がりとなっています。

一路
一路
リモンタナイロンをふんだんに使用しているオロビアンコのバッグは、強度と美しさを兼ね備えたバッグとなっているんですよ!

▼プレゼントにも!▼

Orobiancoのバッグ

愛用品のご紹介:オロビアンコのショルダーバッグ

では、オロビアンコのバッグとはどういったものか、具体例として僕の愛用品を見てみましょう。

それがこちら。

 

オロビアンコのショルダーバッグ、「シルベストラ ミニ(SILVESTRA MINI)」です。

オロビアンコのバッグ:シルベストラミニのデザイン

ベージュ部が牛革製、ネイビー部がリモンタナイロン製の2カラーで構成された、落ち着いた印象の中に遊び心を付け加えたようなデザイン。

一路
一路
とても気に入っています!

冒頭にも述べたように7年以上使用していますが、全然飽きが来ません。

それどころか、むしろ年々どんどん好きになっています。

表面、裏面共にサイドジップが取り付けられており、バッグの区分けとデザイン性を両立したこだわりの意匠、そこもポイント高し!

オロビアンコのロゴパッチは革製。

オロビアンコのバッグ:シルベストラミニは2WAY型

持ち手も付いていて、肩掛けだけでなくハンドバッグとしても使える2WAYタイプ。

 

この持ち手が使い勝手が良く、重宝するのです。

ちょっとした移動の時なんかは、わざわざ肩掛けするのではなく、手に持った方が楽な場面って意外と多いもの。

ホントに些細なことですが、長い間使うものって小さな便利さが結構大事なんですよね。

ここでブレイク:バッグを長年使い込んだあかし

長期間使用しているだけあって、革部分の色が落ちてきています。

過去に一度だけサフィールのレノベイティングクリームで色を入れ直しているのですが、その時の補色跡が残っています。

革の色とクリームの色合わせが不十分だと、このような仕上がりになってしまうんですよね…。

次回の補色の際は、もっと色合わせが上手にできるように精進したいと思います!

革の補色をする方法
革の補色に便利なアイテム!レノベイティングカラー補修クリームの使い方【サフィール】補色クリームを使って革製品の色補修を行います。使用するのはサフィールのレノベイティングカラー補修クリーム、塗るだけのお手軽作業で簡単に革への色入れを行うことが出来る便利なクリームです。革の色あせは避けようがないことですが、ケアをしてあげれば革製品を長く綺麗な状態に保つことが出来ますよ!...

話が本筋からズレてしまったので、戻しますね。

オロビアンコのバッグ:シルベストラミニの便利なサイドポケット

サイドジップを開けると…、

小物を入れられるスペースがあります。

ここには必要な時にサッと取り出せるものを入れていて、目薬などを入れることが多いです。

一路
一路
ここもかなりの便利ポイント!

オロビアンコのバッグ:シルベストラミニはリモンタナイロンを使用

バッグの生地は先ほどもご説明したリモンタナイロン

 

美しい光沢があり、何より驚くべきは長期使用のダメージを感じさせない生地自体の美しさです!

一路
一路
何度も述べますが、これ、7年使用していますからね!

それこそ雨の日も雪の日も、毎日。

時にはびしょ濡れになったりしながら使い倒しても、まだまだ余裕の表情です。

とんでもない品質です。

オロビアンコのバッグ:シルベストラミニのメインポケット

バッグのメインジップを開けてみましょう。

中はこんな感じ。

メインの収納スペースがこんにちは。

内部も美しい光沢を放っています。

外からは見えないところまで気を配っている、そんなこだわりが僕は大好きです。

容量としては、少し小さめ。

普段使いとしてスマホや財布、鍵、その他小物を入れる程度なら問題ありません。

【革小物】栃木レザーを使用したキーリング
leather-key-ring-16
キーリングの便利さを語る!カギを束ねてまとめる事で管理が楽に【栃木レザー】キーリングのご紹介記事です。キーリング(キーホルダー)を使ってカギをひとまとめにすれば、管理を一括で行えてとっても便利!日本のブランド「クロスロード」のレザーキーリングは栃木レザーを使用した丈夫で長く使える逸品です。革製品の使い始めの前にしておきたい、革のお手入れ方法もご説明しています。...
一路
一路
むしろ大きすぎると逆に使いづらいことがあるので、僕はこのくらいのサイズがベストです!

サイズ的にパソコンなどは入りませんので、仕事用には別のバッグを使用しています。

そのバッグも今後ご紹介していければ、と思います。

※追記:日常使いのバッグをご紹介します!
amiacalva-backpack-8
機能性抜群!AMIACALVAの使いやすさを追求したバックパック【リュック】日本のバッグブランド「AMIACALVA(アミアカルヴァ)」のギャバジンバックパックのご紹介記事です。バックパックはその高い機能性と便利さからたくさんの方が日々使っています。それゆえに多くの種類があって迷ってしまいます。そんな中、僕がバックパックを選ぶ際に基準としている項目があるのですが…。AMIACALVAのバックパックはそれをすべて満たしていましたとさ!...

バッグ内部には「LIMONTA」と「made in Italy」との表記。オロビアンコの製品はイタリア製にこだわって作っているそうですよ。

携帯電話や筆記具などを収納可能なポケットも装備。

ここにモノを入れておくと、バッグを開けてから中をゴソゴソ探す必要がなく、スムーズに取り出せるので便利です。

ポケットの反対側にはジップが付いていて、メインのスペースとは区切った使い方ができます。

一路
一路
ポケットが多いと荷物を区分けできるので嬉しいですよね!

おまけの便利機能:キーリング代わりに使えるフックも!

肩掛けのベルトと持ち手部分はフック式で繋げられています。

そのため、キーホルダーのような使い方も可能です。

試しに、シューホーンを付けてみました!

革靴のダメージを軽減!携帯用シューホーン
シューホーンを使って靴のダメージを軽減しよう!革靴を履く時の必需品【靴べら】革靴を履く際に必須のアイテム、それはシューホーン。靴べらとも言うその便利グッズを使用すれば、革靴へのダメージを軽減できて愛用に靴と長い期間付き合うことができます。100円ショップのダイソーの商品とキプリスの携帯用のものをご紹介。特に携帯用のシューホーンはいつでもサッと取り出せて使用できるのでとっても便利ですよ!...

外出先で意外と無いことも多いシューホーン…。

外出時に必ず持ち歩くバッグだからこそ、シューホーンを付けておけば、いつでもどこでも靴を傷めずに履くことができますね。

一路
一路
オロビアンコのバッグの機能面には、ただただ脱帽であります!

オロビアンコのバッグに荷物を入れてみる

実際に普段持ち歩く以下のモノを入れてみて、普段使いの大きさを見てみましょう。

  • ペンケース
  • コインケース
  • ミドルウォレット
  • カードケース
  • ピローミスト

それらを入れてみるとこんな感じになります。

ふっくらとして、丸みを帯びた形をしているバッグだと分かりますね。

この状態でもまだ要領には余裕が。

一路
一路
ワイヤレスイヤホンなどの小物を追加で入れても大丈夫!
通勤・通学・運動のお供に
【BOSE】 完全ワイヤレスイヤホンでケーブルの煩わしさから解放された話完全ワイヤレスイヤホンはケーブルが無くて、ストレスフリーに音楽が楽しめます。数ある完全ワイヤレスイヤホンの中で、ボーズ(BOSE)のサウンドスポーツフリーワイヤレスに使い心地をお伝えします。スポーツ時にも使えるフィット感抜群のイヤホンの魅力をとくとご覧あれ!...

▼オン・オフ両方使える▼

Orobiancoのバッグ

オロビアンコのリモンタナイロンバッグは素敵!

今回お伝えしたいことは、「オロビアンコのバッグは丈夫で素敵」ということ。

その丈夫さを支えるのはリモンタ社の高機能ナイロンであり、他のバッグに比べ圧倒的な耐久性を持っています。

それでいて美しい光沢もある…。

バッグというのは普段使いするだけに、ある程度の期間使用し続けていると飽きが来てしまったり、生地が破れてしまったりして買い替えることが多いと思います。

実際、僕はこのバッグに出会うまでは2、3年に1回程度はバッグを買い替えていました。

しかし、このバッグを使うようになってからは、かれこれもう7年以上使用し続けています。

恐らく今後も壊れるまでずっと使い続けていくでしょう。

壊れるのもいつになるか全く予想できません。

一路
一路
一生使えるかも?

そんな予感さえする、オロビアンコのリモンタナイロンバッグ。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
丈夫なバッグが欲しい!

そんな方に、とてもおすすめです。

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!

▼日本公式サイト▼

【Orobianco】

洋服の管理方法まとめ
cloth-care-summary-99

洋服を美しく、長く愛用するための保管・管理方法をまとめました。
ハンガーや洋服ブラシ、ニオイ対策など洋服に手を加えてあげましょう。

CHECK!

洋服の管理方法まとめ

こんな記事もオススメ!