革小物お手入れ

革の補色に便利なアイテム!レノベイティングカラー補修クリームの使い方【サフィール】

経年変化がとっても魅力的である革製品。

使い込めば使い込むほど味わい深いものとなる革ですが、使っていくうちに色あせや汚れの沈着による変色が起こってきます。

それも経年変化の一部ではあるのですが、革製品としての美しさを大きく損ねる原因となることもあります。

今回は、革の色あせや変色した箇所の補色が可能な、あるアイテムのご紹介です。

革の色あせはなぜ起こる?

革製品を使い込んでいくと、風合いが増し、劣化とは一線を画した独特の変化を起こします。

いわゆるエイジング経年変化と呼ばれる現象ですが、これに伴い、革の色が部分的に薄くなったり、変色したりすることがあります。

これは革の製造工程をひもといてみれば簡単に理解することができます。

革は元々、動物の皮から作られます。

その「皮」をなめしてできるのが「革」

なめしとは?
皮のなめし方とは?革の性質に影響する「鞣し工程」って一体何!?「皮」から「革」へと変化させる工程は「なめし」といわれ、古くから革は人類に活用されてきました。革は丈夫でしなやかなため応用の幅が広く、大変便利な素材です。この記事では、なめし工程がどのようなものか、どんな処理をするのかをご説明しています。...

当然、色は付いていません。

動物が本来持っている「皮の色」が「革の色」として表れます。

そうやって出来た革に染料や顔料で色付けされているのです。

いくら染料や顔料が色の定着が良いとはいえ、永久に色が定着するわけではありません。

何らかのきっかけがあれば、色は落ちてしまいます。

そのきっかけの内、最も起こりえるのが革へ水分が接触することでの色落ち

元々革へ定着していた色が水によって浮いてしまうのです。

すでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、色付けを行っているということは、色あせは防ぐことはできないということ。

色を入れることができたということは、裏を返せば、その色は抜くことができるということでもあるわけです。

染色後に革を樹脂コーティングなどで覆ってしまえば色あせを防げますが、その代償として革の経年変化を楽しむことができなくなってしまいます。

革製品と付き合っていく以上は、革の色あせ・変色という問題にも向き合う必要があるのです。

革の補色を行う便利グッズ「レノベイティングカラー補修クリーム」

では、どうやって革の色あせと上手に付き合っていくのか。

それはコチラを使えば簡単に解決します。

靴磨き用品でお馴染み、サフィール(SAPHIR)「レノベイティングカラー補修クリーム」です。

このクリームは、スムース革の皮革製品全般に使用できる着色補修クリームで、色だけでなくキズをカバーする効果もあり、かつ使用後も自然な仕上がりで色落ちの心配も無用。

クリームの重ね塗りでしっかり補色することも可能。

また、他の色と混ぜ合わせれば絵の具のような色調整もできる、大変便利なクリーム。

過去にはセメダインのシューズドクターに混ぜて色の調整に使用する、ということも行いました。

シューズドクターで削れたかかとを修理する方法
【シューズドクターの使い方】かかと削れを補修する方法を図付きで解説【自分で修理】革靴のかかとの削れって気になりませんか?そんな時はセメダインの「シューズドクター」でチャチャっと補修しちゃいましょう。簡単お手軽工程で初心者でもお気に入りの靴の修理が出来ちゃいます!かかとの補修は見た目だけでなく健康を保つうえでも重要な意味を持つのです。...
一路
一路
革製品のケアには必須のアイテムです!

その他にも使いやすい機能があります。

効果を以下にまとめました。

  1. クリームがべた付かず、乾いた後は色移りしない
  2. 色のバリエーションが豊富(47色)で、それらの組み合わせ次第で様々な色が表現可能
  3. サフィールのレノマットリムーバーで落とせる(ミスしても修正可能)

上記で登場するレノマットリムーバーといえば、靴の汚れ落としで使用する強力なクリーナー。

汚れ落としだけでなく、色々応用が利くんですね。

一路
一路
カビの除去にも使えますし!
レノマットリムーバーで革にできたカビを除去する
【カビ取り方法】革に発生したカビを溶剤で徹底除去!【レノマットリムーバー】革に発生したカビの落とし方をご紹介している記事です。革製品にカビはつきもの。この記事ではベルトに生えてしまったカビの除去をレノマットリムーバーで行っています。革靴や革財布にも応用できますので是非お試しください!...

レノベイティングカラー補修クリームの修正・除去にも流用できるのは大変ありがたいです。

実践!革の補色をやってみます

レノベイティングカラー補色クリームで色を入れ直すのはこちらの革。

一面の革!

これは僕がシューケアをする時にはいつも使用しているレザーシートです。

どこでも靴磨きを可能に!
自宅で靴を磨くのに適した場所は?シートを敷けばどこでもシューケアが可能【下敷きマット】自宅で靴磨きを行うとき、どこでしますか?家の中が汚れるのが嫌だから玄関や外で行うという方にお伝えしたい、リビングでの靴磨きの快適さ!それを可能にするのは下敷きとしての革製シート。場所を気にせず、いつでもどこでも靴磨きを可能にする、汚れ受けとしてのシートの素晴らしさをお伝えします!...

このシートの上で靴磨きなど行っているのですが、色が抜けたり、白っぽく変色している箇所が徐々に目立ってきています

拡大するとこんな感じ。

革シートが変色したところで作業そのものに支障はないのですが、できればきれいなシートの上で作業したい、そう思うんです。

気分の問題なのですが、こと靴磨きを行う際には、その気分も重要な要素であると感じています。

一路
一路
優雅に靴磨きを楽しむ、的な!

そういった雰囲気を演出するために、この革シートをきれいによみがえらせようと思います。

レノベイティングカラー補色クリームによって!(謎の倒置法)

今回実施する作業は以下の工程です。

クリームのチューブに一連の流れが書いてあるんです。

これによると…

  1. ブラッシング
  2. 補色クリームを塗る
  3. 10分待ってクリームを乾かす
  4. クロスで磨く
一路
一路
とても簡単!

では早速、作業に移りましょう。

財布の補色はこちら
wallet-complementary-color-8
革財布のコバの補色方法とは?樹脂がはがれた革の断面に色を入れてキレイに保つ財布の縁である「コバ」部分の補色方法についてご紹介しています。革の切断面であるコバには樹脂が塗られていたり、何らかの加工をされている場合が多いですが、徐々に劣化して樹脂が剥がれてきます。そんな時はレノベイティングクリームで補色を行い、財布をきれいな状態に戻してあげましょう!...

ブラッシング

まずは補色する対象をブラッシングします。

余計なホコリを除去して、補色クリームがしっかりと革へ乗るようにします。

普段、革靴のホコリ落としにも使っている馬毛ブラシを使用しています。

補色クリームを塗る

ホコリ落としが終わったら、主役の登場。

レノベイティングカラー補色クリームをクロスに取って、色を入れる箇所に塗ります。

 

色ムラを極力防ぎたい、クリームの伸びをよくしたい、というときは水をクリームと1:1程度の割合で混ぜると、クリームを塗り広げやすくなるのでおすすめです。

また、クリーム塗布後の仕上がりが気に入らない、補色しなくても良いところまでクリームを乗せてしまったときにはレノマットリムーバーで拭き取ることが可能。

やり直しがききます。

カラー補修クリームの色調整
color-adjustment-4
【革用補色クリームの色調整】茶色に薄め剤・白・黒・黄を混ぜたらそれぞれどうなる?【検証】サフィールのレノベイティングカラー補修クリーム同士を混ぜて色味の調整を行っている記事です。革の色に合わせた補色をするためには色の調整が必要。ベースのフォーン(茶)の色の調整に使用するのはホワイト(白)、ライトニング(うすめ剤)、バターキャップ(黄色)、ブラック(黒)の計4種。果たしてどんな色になったのか!?...

10分待ってクリームを乾燥させる

クリームを塗ったら、10分ほど時間をおいて乾燥するのを待ちます。

一路
一路
靴のブラッシングでもして待ちましょう!

そんなこといって、いざ靴のブラッシングを始めると、1時間ほど経ってしまうのは靴磨きラバーあるあるでしょうか?

…とまぁ話が脱線しましたが、補色が不十分だと感じた場合は、もう一度補色クリームを塗って、複数の補色層を形成すると良いでしょう。

クロスで磨く

10分待ったら、クロスで磨き上げます。

 

靴磨き同様、仕上げの作業です。

これにより見栄えが良くなります。

一路
一路
これにて作業は終了!

革の補色完了!

では仕上がりを見てみましょう。

白っぽい箇所が無くなっています。

この写真単体だとわかりにくいと思いますので比較画像を。

革シート上の黒色の均一感が大きく向上したのがわかりますね。

こんな簡単な作業でこれだけ効果があるとは…。

恐るべし、補色クリーム!

シートがきれいになったことで、今まで以上に快適な靴磨きライフを送ることができそうです。

一路
一路
次の靴磨きが楽しみ!

革の補色クリームでいつまでも愛用の品をきれいに保つ!

当記事では、サフィールのレノベイティングカラー補色クリームを使用した革への補色をやってみました。

使用していくにつれて、革が色落ちするのは仕方がないこと。

ですが、補色クリームを使えばそんな色落ちも風合いをそこねずに、難なく解消することが可能です。

お気に入りの革製品をいつまでも綺麗な状態で使用するために、便利なケアグッズでより充実したレザーライフを楽しみましょう!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

repair-peeling-leather-shoes-14
【革剥がれリペア方法】靴のつま先の革がめくれてしまっても諦めないで!バッチリ補修可能です「お気に入りの革靴のつま先がどうもおかしい…。よく見たら革がはがれていた!」なんて靴をお持ちの方に読んでいただきたい記事です。革の剥がれは補色クリームと床面仕上げ剤を使うことで簡単に補修できます。写真付きで補修手順をご紹介していますので、革の剥がれが気になる方はお試しください。...
upper-repair-summary-1
【アッパーの修復と補色方法まとめ】革靴の傷・毛羽立ち・剥がれ・色あせのセルフ補修革靴のアッパー(甲革)の傷や革の剥がれ・毛羽立ちが気になる?はたまた、革の色あせを何とかしたい!そんな方へ送る、革靴のアッパーのトラブル対処方法についてまとめた記事です。傷を埋め、毛羽立ちを寝かせ、補色する手法をご紹介!簡単セルフ補修で革靴を美しい状態に保ちましょう。...
care-each-part-leather-shoes-1
【革靴の部位ごとお手入れ方法まとめ】外側・内側・靴底のケアをそれぞれ解説!【トータルメンテ】普段から革靴のお手入れをされている方!革靴の外側だけのケアになっていませんか?確かに靴磨きのメインステージは甲革、つまり「アッパー」です。ですが、革靴にはそれ以外の部位もありますよね?そう!「靴の内側」や「靴底」です。それらの部位も含めた総合的なメンテナンスをしてあげれば、革靴がもっと長持ちしますよ!この記事では革靴の外側・内側・靴底のお手入れ方法をまとめています。...
repair-wearing-mouth-1
革靴の履き口のコバがはがれたときの補修方法【簡単2ステップできれいに】「革靴の履き口にダメージが入ってきたな…」と感じている方に読んで欲しい記事です。履き口周りのコバはがれをセルフ補修する方法を解説します。自宅で手軽にできる簡単リペアですので気軽にやってみてください!...
darkening-leather-complement-color-7
頑固な革の黒ずみを解消!レザーケア用補色剤で革の色を補修する方法【手帳カバーをお手入れ】中々落ちない、頑固な革の黒ずみ汚れ。無理に除去しようとしても、かえって革へダメージを与えてしまうかも…。そんなときは革用補色クリームで黒ずみ箇所を着色しましょう。補色剤を塗るだけの簡単作業で革製品の黒ずみが解消されるのでおすすめです!革手帳カバーを例に、方法をご説明します。...
color-adjustment-4
【革用補色クリームの色調整】茶色に薄め剤・白・黒・黄を混ぜたらそれぞれどうなる?【検証】サフィールのレノベイティングカラー補修クリーム同士を混ぜて色味の調整を行っている記事です。革の色に合わせた補色をするためには色の調整が必要。ベースのフォーン(茶)の色の調整に使用するのはホワイト(白)、ライトニング(うすめ剤)、バターキャップ(黄色)、ブラック(黒)の計4種。果たしてどんな色になったのか!?...
革小物ケア方法まとめ
leather-care-summary-99

革製品には財布やバッグ・ベルトなど様々な種類があります。
愛用の革製品をお手入れする方法についてご紹介しています。

革小物ケア方法を見る

ネットショッピングはAmazonギフト券の利用がお得!
Amazonで買い物するなら「Amazonギフト券」チャージタイプの活用がオススメ。
チャージ金額に対して通常会員なら最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%のポイントが貯まります。
あらかじめチャージしておけばお得に買い物を楽しめますよ!

▼Amazon公式サイトへ▼ Amazonギフト券をチャージする

こんな記事もオススメ!