シューケア

革靴のブラッシングの重要性を解説!馬毛ブラシでホコリを落とせばシューズ長持ち

記事内に商品プロモーションを含みます

革靴を履いた後、その革靴をどうしていますか?

玄関に脱ぎっぱなし?

それとも下駄箱に収納?

ちょっと待ってください。

いずれの場合でも、その前に、

  • やらなきゃいけないこと

があります。

それは…。

  • 馬毛ブラシを使ったブラッシング

です。

ブラシで革靴をブラッシングすることでホコリを落とし、革を乾燥から守る必要があるのです。

本記事では革靴のブラッシングの重要性とその方法について紹介します。

革靴をブラッシングする意味は?

ブラッシングとは、その名の通り靴にブラシをかけることです。

靴にブラシ?

と思う人も中にはいるかもしれません。

それ意味あるのかな?

みたいな。

意味はですね…。

大ありです。

それはなぜかと言いますと。

靴を履いて外出した際には、必ず靴にホコリが付くからです。

靴は地面と直接触れますよね?

そして、地面には目に見えないようなチリホコリがたくさん落ちています。

時期によっては花粉や黄砂なんかもあるでしょう。

それらが風に乗って靴に付いてしまうのはもちろん、歩いた際に地面のホコリなどが巻き上げられて、それらが靴に付着するのです。

そして、そのまま帰宅して靴を脱ぎ、靴箱へ…。

となると、外で付いたホコリが付いたまま、革靴を保管してしまうことになります。

そのホコリが靴に悪さをするのです。

靴に残ったホコリは革の水分や油分を奪い取ってしまい、革の乾燥の原因となります。

靴にホコリが付いた状態で長期間保管したり、ホコリを落とさずに外出して、また新しいホコリをくっ付けて帰ってきて…。

そんなことを繰り返していると、どんどん革の潤いが失われていき、乾燥が進行していくのです。

それを防ぐために、靴にブラシをかけてホコリを落とすことが非常に重要。

お気に入りの靴は綺麗な状態を保ちたいですよね。

一路
一路
このちょっとした作業の積み重ねが、革靴と長く付き合っていくためには必須なのです!

革靴のブラッシング方法

革靴のブラッシングの方法はというと、非常にシンプル。

なにせ、

  • ブラシをかけるだけ

です。

学校や職場で掃除するときにほうき掛け、やりませんでしたか?

あれを靴に対してやるだけです。

簡単ですよね。

僕の小学校時代は教室の床を、ほうき草で出来た座敷ぼうきで一生懸命掃除したものです

…と、話がずれましたが、その簡単なブラッシングをするだけで、靴が乾燥から守られて寿命が大幅に伸びます。

これはやるっきゃありません。

ブラッシングは1足あたり1~2分程度もやれば十分な効果は得られますから、どんなに忙しい人でも続けられます。

重要なのは、

  • 本人のやる気

つまりは、

  • 靴を大事にしたいという思い

これだけです。

実際に革靴のブラッシングをやってみる

ブラッシングに必要なものは、

と、

  • ブラシ

です。

今回ブラッシングするのはオールデン(Alden)975

ロングウイングチップです。

そして、今回の主役。

ブラシの紹介。

それがこちら。

ブートブラック(Boot Black)の馬毛ブラシです。

こちらは老舗刷毛専門店「江戸屋」製造のブラシ。

毛足が短く密度が高い、まさにホコリ落としにうってつけのブラシです。

毛足が短いと靴に当てた際の反発力がと良くなり、ホコリがよく落とせます。

ブラシの毛の種類には他にも、

  • 山羊
  • 化繊毛

がありますが、なぜ馬の毛を使用するのか…。

それには理由があります。

馬の毛は他の毛に比べて毛が柔らかく細いため、靴の隅々まで毛が入り込んでホコリをかき出してくれます。

馬毛は革靴のお手入れとは切っても切れない関係です。

ブラッシングの方法はいたってシンプル。

ブラシを手に取って靴全体を満遍まんべんなくブラッシングします。

手首のスナップをきかせて、ホコリを払うことを意識しながらブラシをかけていきましょう。

本当は靴紐をほどいてタンと羽根の間もブラッシングしたいところですが…。

そうするとかなり時間がかかるので毎回はしません。

このブラッシングで1番重要なのは、

  • 継続すること

です。

ブラッシングが面倒なことになってしまって、

今日はやらなくていいや…

となってしまったら本末転倒ですからね。

クリームを入れるときなど、ある程度本腰を入れてお手入れするときのみ、羽根とタンの間のブラッシングをすればOKです。

今回お手入れするオールデンの975には穴飾りがついており、その部分は当然ホコリが溜まりやすくなります。

入念にブラッシングして、ホコリをしっかりかき出します。

サイドの穴飾りも。

馬毛が非常に高密度で植えられているので、細かい装飾の隙間にもしっかり入り込み、ホコリを取ってくれます。

コバ部分もホコリが溜まりやすいスポットです。

地面との距離が近いですし、特に、グッドイヤーウェルテッド製法の場合はコバが張り出していますからホコリが乗って残りやすいのです。

隙間に入り込んだホコリをかき出すように、スナップをきかせてブラッシングしていきます。

左右の革靴をブラッシングしたら作業終了。

次回の登板まで靴をしっかり休ませましょう。

ホコリ落とし用のブラシは毎日使用するもの。

良い道具を使うのがおすすめです。

価格は高めですが奮発して道具を揃えれば満足度が高まります。

それこそ、

  • 清水の舞台から飛び降りる

の気持ちで、ブートブラックの馬毛ブラシを購入しました。

ですが、ブラシとしては価格が高いのはまごうことない事実…。

価格が手頃なブラシもありますので、ぜひとも調べてみてください。

革靴のブラッシングは継続が大事

本記事では馬毛ブラシを使った革靴のブラッシングの重要性と手順を紹介しました。

手順というほどのものではない、とても簡単なものです。

先ほども述べましたが、革靴のブラッシングは継続が大事。

靴を履き終わったら、そのままにせずにブラッシングするべき。

ちょっとした一手間を加えるだけで靴の寿命は劇的に伸びます。

せっかくの愛するマイシューズ。

簡単なお手入れだけでもして、末長くお付き合いしてみてはどうでしょうか?

それでは、今回はこの辺で。
少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

5-shoeshine-goods-1
初心者におすすめのシューケア用品5選!最低限必要な靴磨きグッズは何?靴磨きを始めたいけど何が必要なの?その疑問にお答えする記事です。とりあえず揃えておきたいシューケアアイテムは馬毛ブラシ・シューキーパー・靴クリーム・クリーム塗布用ブラシ・磨きクロスの5つです。それらの道具にどんな効果があるのかを解説します。...
shoe-care-brush-2
靴磨きブラシ6種類と用途を解説!おすすめは?シューケアブラシレビューまとめ革靴を磨くときに重要な道具がブラシです。「ホコリを払う」「靴クリームを塗り伸ばす」「ツヤを出す」などブラシの用途は様々で、各工程で適したブラシは異なります。馬毛や豚毛、山羊毛のブラシを使い分ければ革靴の仕上がりをより良いものにできますよ!...
invest-horsehair-brush-1
馬毛ブラシにお金をかけるべき理由とは?毎日使うからこそ良い靴磨き道具を靴磨き道具でお金をかけるべきは馬毛ブラシです。理由は毎日使うから。使う頻度が高いからこそ上質な道具の恩恵を受ける機会が増えます。靴磨き時の気分の高揚と上質ゆえの機能性の高さを存分に味わえますよ。おすすめの高級馬毛ブラシと合わせて馬毛ブラシの有能さを解説した記事です。...
daily-care-suede-leather-1
起毛革靴の日常メンテはブラッシングだけ!ホコリをかき出し毛並みを整えれば革靴長持ちスエードやヌバックなどの起毛革の靴の日常メンテはブラッシングでOK!毛羽立った革の中にもぐりこんだホコリや汚れをかき出し、毛並みを整える効果があります。それだけで革が長持ちしますよ。起毛革の乾燥が気になったときだけ栄養スプレーでケアしましょう。起毛革靴のブラッシング方法とその効果について解説した記事です。...
革靴を長持ちさせるシューケア用品のまとめ記事のアイキャッチ
革靴を長持ちさせる必須作業3選!必要な道具を解説【普段のお手入れが肝】この記事では靴クリームやシューポリッシュでのケア以上に大切な「靴を傷めない方法」について解説。革靴の寿命をのばすためには傷めないように取り扱うことが重要です。ブラッシングでホコリを落とし、シューキーパーで型崩れを防止、靴ベラを使ってかかとのダメージを軽減させれば革靴は劇的に長持ちします。...
ブートブラックのシューケアブラシを比較した記事のアイキャッチ
ブートブラックの馬毛・豚毛・山羊毛のブラシ3種を並べて比較してみるブートブラック(Boot Black)の馬毛・豚毛・山羊毛の3種類のブラシを並べて満足する記事です。ついでにそれぞれのブラシの比較もしています。決して安いとは言えない靴磨きブラシですが、所有する喜びと使う楽しみがあることは間違いなし。もちろん、実用性も完璧です!...
靴磨きを今すぐしたいなら
ネットショップで買える靴磨きセット

靴磨きを始めたい。けれど道具をそろえるのが面倒…。

そこでおすすめしたいのが靴磨きセット。1セット買うだけで必要な道具がまるっと揃います。道具選びの手間が不要。今すぐ靴磨き可能に。

大事な革靴を劣化させないために靴を磨いてコンディションを整えるのがおすすめです。

おすすめセットを見る

こんな記事も読まれています