靴磨き

靴磨き道具でお金をかけるべきは馬毛ブラシ!毎日使うからこそ良いものを

invest-horsehair-brush-1

靴磨きに必要な道具はいくつかの種類があります。

初心者の人がまず揃えたい道具は…

  • シューキーパー
  • 馬毛ブラシ
  • 靴クリーナー
  • 靴クリーム
  • クロス

の5つ。

上記で目立ちがちなのは靴クリームですよね?

靴クリームやシューポリッシュは靴磨きの顔。

主役級の存在感を放ちます。

とりあえず高級な靴クリームにお金をかけて、あとの道具は安く適当に

なんて考えになりがちです。

しかし、その考えはおすすめできません。

靴磨き道具の中で、もっともお金をかけて良い道具を準備すべきなのは他ならぬ、

  • 馬毛ブラシ

です。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
馬毛ブラシ?
地味だなぁ~…

といった印象を持つ人は少なくないでしょう。

靴磨きに興味を持ったばかりの人やこれから靴磨き道具を揃えていこうとしている人に、

まずは馬毛ブラシ!

と意気込んでいる人を見たことがありません。

しかし、馬毛ブラシは革靴を履いたら必ず使う道具。

毎日使う馬毛ブラシだからこそ、お金をかけて上質なアイテムを買えば、気分が高まるというものです。

靴磨きやシューケアが楽しくなりますよ。

本記事では靴磨き道具の中でも馬毛ブラシにお金をかけるべき理由を解説します。

この記事はこんな人におすすめ
  • 限られた予算で靴磨き道具をそろえたい
  • 上質な靴磨き道具を買いたいけれど使えるお金が限られる
  • 馬毛ブラシにお金をかけるべき理由って何?

靴磨き道具一式をそろえようとするとお金が掛かる

靴磨きに使う道具にはたくさんの種類があります。

というのも、靴磨き工程には大きくわけて以下の6つの段階があり、それぞれで使う道具が異なるから。

靴磨きの6工程
  1. 形状保持
  2. ホコリ落とし
  3. 汚れ落とし
  4. クリーム塗布
  5. 磨き上げ
  6. 鏡面仕上げ

作業工程の分だけ靴磨き道具が存在し、各シューケア用品メーカーもまた、それぞれ特徴あるケアアイテムを展開しています。

それら豊富な靴磨き道具をそろえようとすると、たくさんお金が掛かります。

当たり前ですが。

といいますか、各工程で使う道具を揃えるだけでもなかなかの金額に達します。

全部の道具にお金をかけていては、すぐにお財布が寂しくなってしまうため、ある程度の優先順位もうけて、

  • お金をかける道具

と、

  • お金を掛けない道具

を振り分けなければいけません。

「ザ・靴磨き道具」といえば?

お金をかけるべき道具とは何か?

を考える上で、真っ先に思い浮かぶのは、

靴磨きといったらこの道具!

というポジションの靴磨き道具。

それは…。

多くの人が思い浮かべるのは靴クリームシューポリッシュ(ワックス)でしょう。

靴磨きの必需品。

まさに、

  • ザ・靴磨き道具

ですよね。

靴磨き初心者の人は特に、靴磨きの花形である靴クリームに意識がフォーカスされがちです。

高級靴クリームにまずはお金をかけよう

と考え、色々な靴クリームを探すわけです。

でも、ちょっと待ってください。

本当にお金をかけるべきは靴クリームでしょうか?

いったん立ち止まって、靴クリームにお金をかけるべき理由をもう一度じっくり考えてみましょう。

とりあえず靴磨きといえば靴クリームだから

という考えだけが先行していませんか?

実は、限られた予算の中でお金をかけるべき道具は他にあります。

一路
一路
その道具と理由については、次の項目で詳しく説明しますね!

限られた予算でお金を投入すべき道具は「馬毛ブラシ」

靴磨き道具でまずお金をかけるべきは、

  • 馬毛ブラシ

です。

馬毛ブラシは、主に革靴に付いたホコリを払い落とすために使われる道具。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
馬毛ブラシ?
地味だな~…

と思うことなかれ。

馬毛ブラシは靴磨きで超重要なアイテム。

限られた予算の中で、お金をかける価値は十分にあります。

以下の項目で理由を説明していきますね。

馬毛ブラシにお金をかけるべき理由

馬毛ブラシにお金をかけるべき理由は大きく3点。

以下のポイントが理由です。

馬毛ブラシにお金をかけるべき理由
  • 馬毛ブラシは毎日使う
  • 上質な馬毛ブラシは気分を高める
  • 上質な馬毛ブラシは使いやすい

馬毛ブラシは毎日使う

馬毛ブラシは毎日使うから。

これが馬毛ブラシにお金をかけるべき理由の1つめ。

馬毛ブラシは革靴のホコリやチリを払い、きれいな状態に保てる道具。

ホコリが革の水分や油分を奪い取るのを防ぎ、革の乾燥を防止する役目があります。

外出した際には靴には必ずホコリが付きますから、帰宅したら毎回馬毛でのブラッシングをするのが理想。

つまり、革靴を毎日履く人なら、毎日馬毛ブラシでのホコリ取りをする必要があります。

そう。

馬毛ブラシは毎日使う道具なのです。

お金をかけがちな道具の一例として先ほどあげた靴クリームはというと、毎日は使いません。

月に1回の保革のときだけ使うなんてことはザラにあります。

よく使う場合でも、せいぜい週1回程度がボリュームゾーン。

週1回の出番の靴クリームよりも毎日使う馬毛ブラシの方がお金のかけがいがあります。

お金をかけて上質な馬毛ブラシを購入すれば、その後、毎日使う機会があり、コスパの良さを感じやすいのです。

上質な馬毛ブラシは気分を高める

馬毛ブラシにお金をかけるべき理由の2つめは、上質な馬毛ブラシを使う行為が気分を高揚こうようさせるから。

一言で表すと、

  • 良いものを使っている感

が得られます。

自己満足の世界ですが、靴磨きは趣味性の高い分野。

自己満足の度合いは靴磨きを楽しむ上で重要な要素です。

気分の高まりは継続性も生みやすく、靴磨きに飽きずに人生を通した趣味としての原動力にもなります。

先ほど述べた通り、馬毛ブラシは毎日使う道具でもありますから、気分の高揚こうようを毎日味わえます。

上質で高級感ただよう馬毛ブラシは靴磨きの楽しさをブーストさせる存在なのです。

一路
一路
馬毛ブラシは地味な道具に見えて、気分を高める重要な要因ともなっているのですね!

上質な馬毛ブラシは使いやすい

馬毛ブラシにお金をかけるべき理由の3つめは、上質な馬毛ブラシは使いやすいからです。

高級な馬毛ブラシは気分を高めるだけでなく機能面にも優れます。

持ち手に高級な木材を使って肌なじみが良かったり、手作業でブラシ毛が植えられているため丈夫で毛が抜け落ちにくかったり。

ブラッシングしやすく、かつブラシ毛がそこかしこに散らばりにくいです。

比較的安価な馬毛ブラシに比べ、使い勝手が良く長く使える傾向にあります。

毛の品質も高く、しなやかで細い毛が均一に並んでいるため、ブラッシング効率が高く作業性良好。

お金をかけた以上の見返りがあるのが馬毛ブラシなのです。

おすすめの馬毛ブラシ

馬毛ブラシにこだわるべき理由がわかると、続いてこんな疑問が浮かぶはず。

おすすめの馬毛ブラシってどんなの?

そんなわけで、お金をかけるだけの価値がある、おすすめ馬毛ブラシを紹介していきます。

ブートブラック|クリーニングブラシ

invest-horsehair-brush-3

ブートブラックのクリーニングブラシは、ブラックの持ち手にゴールドのブランドロゴがあしらわれた、高級感ただよう馬毛ブラシ。

invest-horsehair-brush-5

白馬毛のブラシは密に植えられており、1度のブラッシングで広い面をカバー。

invest-horsehair-brush-2

効率良くホコリを落とせます。

見た目のエレガントさとブラッシングをサッと完了できる作業性の良さが魅力の馬毛ブラシです。

紗乃織刷子(さのはたブラシ)|馬毛ブラシ

紗乃織刷子(さのはたブラシ)の馬毛ブラシはブナの木目が美しく、見る者を楽しませてくれるこだわりブラシ。

高級感ただよう表情が魅力です。

見た目だけでなく、機能性も申し分なし。

ブラシ自体がわずかにった構造で縦方向のブラッシングがしやすいです。

ブラシ毛は直線に切りそろえることで、しっかりと面でホコリやチリをキャッチします。

使いやすくてホコリ落ちが良いブラシ。

職人の技が光る、使う喜びを感じる逸品です。

コロンブス×東急ハンズ|クリーニングブラシ

invest-horsehair-brush-7

コロンブス東急ハンズがコラボして生まれた馬毛ブラシがクリーニングブラシです。

持ち手にくびれがあり持ちやすく、それでいて適度な大きさがあるため、ブラッシングしやすいのが特徴。

invest-horsehair-brush-6

先ほどご紹介した2種類の馬毛ブラシに比べるとグッと値段が落ちるため、手を出しやすいのもおすすめポイント。

invest-horsehair-brush-4

先ほどまでに紹介したブラシに比べると比較的手ごろな価格ながら、ブラシとしては高価格帯ですから高級品には変わりません。

馬毛ブラシにお金をかけた方が良いとはいうものの、5,000円・10,000円の馬毛ブラシには手が出せない人は要チェックです。

上質な馬毛ブラシは靴磨きの満足度をより高める

本記事では馬毛ブラシにお金をかけるべき理由について解説しました。

数ある靴磨き道具を限られた予算で揃えるのは、なかなか骨が折れます。

靴磨きの花形というべき靴クリームにお金を掛けようと考えがち。

ですが、それ以上に予算をくべきなのが馬毛ブラシです。

馬毛ブラシは革靴のホコリ落としに使うため、革靴を履いた後には必ず使う道具

革靴を毎日履く人なら、それこそ毎日使います。

毎日使う道具だからこそ、上質な道具を使うべき。

上質な馬毛ブラシは気分を高め、靴磨きへのモチベーションを高く保てます。

高価な馬毛ブラシは作りも良いため、使い勝手良く、耐久性も合わせ持つ利点も。

お金をかけた恩恵を感じやすいのが馬毛ブラシなのです。

質の良い靴磨き・シューケアの時間を楽しみたい人は、ぜひとも上質な馬毛ブラシを使ってみてください。

初期費用こそ掛かりますが、1回買ってしまえばあとはず~っと使えます。

一路
一路
以降の靴磨きの満足度がアップしますよ!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

shoe-care-brush-1
靴磨きブラシの種類を解説!おすすめは?【シューケアブラシレビューまとめ】革靴を磨くときに重要な道具がブラシです。「ホコリを払う」「靴クリームを塗り伸ばす」「ツヤを出す」などブラシの用途は様々で、各工程で適したブラシは異なります。馬毛や豚毛、山羊毛のブラシを使い分ければ革靴の仕上がりをより良いものにできますよ!...
grew-up-brush-17
使い込んだ山羊毛ブラシの効果はいかほど?革靴がどれだけ光るか検証してみた【ブラシが育つ】「山羊毛ブラシって本当に効果あるの?」と気になっている方。山羊毛ブラシを使えば革靴にみずみずしい濡れたような美しいツヤが得られるのは間違いありません。ですがそれには条件が。山羊毛ブラシは育ってからが本領発揮なのです。使い込むことで真価を発揮する山羊毛ブラシで靴磨きをより楽しいものへと昇華させましょう!...
boot-black-brush-type-2
ブートブラックの馬毛・豚毛・山羊毛のブラシ3種を並べて比較してみるブートブラック(Boot Black)の馬毛・豚毛・山羊毛の3種類のブラシを並べて満足する記事です。ついでにそれぞれのブラシの比較もしています。決して安いとは言えない靴磨きブラシですが、所有する喜びと使う楽しみがあることは間違いなし。もちろん、実用性も完璧です!...
【ブラッシングの重要性を解説】馬毛ブラシでホコリを落とせば革靴長持ち革靴を長く愛用するために、最も重要なこと、それはブラッシングです。そして、それを継続すること。それこそが愛用の革靴と末永く付き合うための必須工程です。僕の愛用靴であるオールデンの975を例にとり、実際にブラッシングをしてみます。...
where-buy-shoe-shine-1
靴磨き道具はどこで買う?ネットで選び放題【Amazon・楽天・Yahoo】靴磨き道具ってどこで買えるの?近くに見当たらないけど…。そんな人はネット通販を利用しましょう。靴磨き道具の種類は実に豊富。ネット上でならたくさんの靴磨き用品をくまなくチェックできるため、必要な道具や気になる道具がすぐにゲットできます。実店舗だと商品展開数が限られますからネットでの買い物がおすすめです。この記事では靴磨き道具が豊富に揃ったネットストアをまとめています。...
履きやすさと満足感で選ぶ!おすすめ革靴

革靴選びのご参考として、履きやすさと持つ喜びを感じるシューズブランドをご紹介します。

コールハーン
ranking-cole-haan
スニーカーのような履き心地の革靴多数!
アメリカ発のシューズ・アパレルブランド。
履き心地
「革靴を履くのはつらい」を覆すバツグンの快適性

記事を見る公式ページ

シェットランドフォックス
ranking-shetland-fox
履いて嬉しい高級感!
靴の美しさ・楽しさを提案するシューズブランド。
履く喜び
メイドインジャパンで日本人の足になじむ形状と高級感

記事を見る公式ページ

リーガル
ranking-regal
本格革靴を手軽に楽しむなら!
日本のシューズブランド。
コスパ
リーズナブルな価格で本格派革靴を楽しめる

記事を見る公式ページ

当ウェブサイト「シンジツイチロ」運営者
一路(イチロ)
ichiro-pic
仕事はほどほど、目立たずひっそり世に佇む技術系社会人。たまの休日に靴を磨くことが生きがい。

「靴磨きで人生に彩りを!」

※当サイトはリンクフリーです。当サイトの記載事項や画像をご利用の場合は「出典」として元の記事へのリンクを設置の上、引用の範囲内でご利用ください。
あなたにはこんな記事もおすすめ