シューケア

東急ハンズとコロンブスのコラボ馬毛ブラシをレビュー!大きくて持ちやすい【靴用ホコリ落とし】

tokyu-hands-horsehair-brush-1
通りすがりの御方
通りすがりの御方
持ち手が大きくて使いやすい革靴用のクリーニングブラシが欲しい!

なんて方は、東急ハンズとコロンブスがコラボレーションして生まれたブラシ、

「東急ハンズ×コロンブス 東急ハンズオリジナル クリーニングブラシ 馬毛」

を要チェックです。

東急ハンズオリジナルクリーニングブラシはある程度の大きさがあるため、

  • 手にフィットする使いやすさ
  • 一度に多くの面をブラシ掛けできる効率の良さ

を持っているのが特長。

ブラッシングがはかどるアイテムです。

馬毛が密に詰まっているため、ホコリ落とし効果が抜群。

革靴を履いた後は、毎回ブラッシングしてホコリを落とすことが靴を長持ちさせる秘訣ひけつ

ですから、

ブラシの使いやすさ

短時間でサッとできる作業の簡単さ

は意外と大事。

毎回のことですから、ストレスフリーな使い心地はとても重要です。

東急ハンズオリジナルクリーニングブラシは簡単・手軽に革靴のホコリを落とせます。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
使用頻度の高いアイテムだからこそ、利便性を重視したい!

そんな方にオススメの馬毛ブラシです。

本記事では、東急ハンズとコロンブスのコラボによって生まれたシューケアブラシ「東急ハンズオリジナル クリーニングブラシ 馬毛」をレビューします。

この記事はこんな方にオススメ
  • 使いやすい馬毛ブラシを探している
  • 高品質なホコリ落とし用ブラシが欲しい
  • 東急ハンズオリジナルの馬毛ブラシの詳細が知りたい

東急ハンズ公式サイトへGO!
東急ハンズの馬毛ブラシを見てみる

革靴のホコリを落とすのはとても大事

革靴は外で履くものです。

履き続けるうちに起こること、それは

ホコリの付着

です。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
ホコリなんて、何てことないでしょ!

と思った方は要注意。

ホコリは革靴の大敵です。

というのも、革に付いたホコリは革内部の水分や油分を奪い取ってしまうから。

そのままにしておくと、ホコリに潤いや栄養を取られて革が乾燥しててしまいます。

乾燥した革はしなやかさが失われ、美しい見た目がそこなわれたり、ひび割れが起こったりと、革トラブルの元となります。

特に、地面との距離が近くチリやホコリが付きやすい革靴は、ホコリを取り除くのに一層、気を払わなければなりません。

革靴のケアに欠かせない馬毛ブラシ

とはいえ、

通りすがりの御方
通りすがりの御方
革靴のホコリを取り除くためにはどうすれば良いの?

なんて方もいらっしゃるはず。

ズバリ、革靴のホコリは

ブラシ

で取り除きます。

革靴に付着したホコリをブラッシングして払い落とすのです。

ホコリはただ単に革の上に乗っているだけですから、ブラシがけで簡単に取り除けます。

ブラシで「シャッシャッ」とブラッシングすればホコリ落とせるので、誰でも手軽にできます。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
ブラシといっても沢山種類があるなぁ…
通りすがりの御方
通りすがりの御方
どれを使ったら良いのか分からない…
一路
一路
ホコリ落としには「馬毛ブラシ」です!

はい。

ホコリ落としには馬の毛を使った馬毛ブラシ(ホースブラシ)が適しています。

馬の毛は柔らかく、毛先が細いのが特徴。

十分にしなりつつ、革靴の細かな箇所にまで入り込み、ホコリをしっかり払ってくれます。

馬毛ブラシの毛束は密に作られているため、ブラッシングを抜かりなく、靴全面に行えるのも良い点です。

革靴のケアには馬毛ブラシは絶対に欠かせない、大事なアイテムです。

東急ハンズの馬毛ブラシ「東急ハンズオリジナル クリーニングブラシ 馬毛」

さて、シューケアに大事な馬毛ブラシ。

各シューケア用品メーカーから、それぞれこだわりのブラシが販売されています。

中には都内の百貨店などでしか取り扱っていなかったりして、入手が難しいものもあります。

しかし、この記事でご紹介するのは比較的入手しやすいブラシです。

それがこちら。

tokyu-hands-horsehair-brush-2

東急ハンズコロンブスがコラボレーションして開発した「東急ハンズオリジナル クリーニングブラシ 馬毛」です。

tokyu-hands-horsehair-brush-3
コロンブスとは
  • 日本の老舗シューケアブランド
  • 多様な素材やデザインに対応したシューケアアイテムを展開している

全国に店舗展開している東急ハンズ。

そのシューケア用品売り場で取り扱っているので、目にしたことのある方は多いはず。

持ち手は木製で高級感があります。

tokyu-hands-horsehair-brush-12

ちなみに、ブナ材を使っています。

このブラシ、とても使いやすいです。

というのも、以下の特長があるから。

  1. 持ち手にくぼみがあり、指にフィットする
  2. サイズが大きく、一度に多くの面をブラッシングできる
  3. 毛束が密でホコリの払い残しが防げる

持ち手にくぼみがあり、指にフィットする

東急ハンズの馬毛ブラシの特長の一つが、持ち手にくぼみがあること。

tokyu-hands-horsehair-brush-5

くぼんでいるため指にピッタリフィットし、使い心地が抜群です。

tokyu-hands-horsehair-brush-6

ブラッシング中にすっぽ抜けません。

tokyu-hands-horsehair-brush-7

とても持ちやすく快適な使用感。

tokyu-hands-horsehair-brush-4

木製の持ち手は程よい重さが感じられ、手首のスナップを効かせてのブラッシングがしやすくなっています。

サイズが大きく、一度に多くの面をブラッシングできる

東急ハンズの馬毛ブラシはサイズが大きいのも良い点です。

tokyu-hands-horsehair-brush-8

持ってみるとこんな感じ。

tokyu-hands-horsehair-brush-13
通りすがりの御方
通りすがりの御方
え?
でも、大きいとかさばるから良くないんじゃ?

と思いきや。

ホコリ落とし用のブラシは大きい方が便利です。

なぜかというと、ブラシのサイズが大きいと一度に多くの面をブラッシングできるから。

ホコリ落としは革靴を履き終わった後、必ず実施したい作業です。

革靴を毎日履くなら、毎日ブラッシング。

コレが基本。

ですが、ブラッシングが面倒だと

今日はやらなくていいか…

なんてことになりがちです。

毎日の作業だからこそ手早く、パパッとできるのが大事。

一度に多くの面をブラシ掛けできる大きいサイズのブラシは、ホコリを効率良く落とせます。

そのため、ブラッシングを短時間で済ませられるのです。

東急ハンズの馬毛ブラシは、効率良くホコリを落とせて重宝します。

一路
一路
馬毛ブラシの大きさは正義!
東急ハンズの馬毛ブラシのサイズ

縦180mm × 横60mm × 高さ60mm

毛束が密でホコリの払い残しが防げる

東急ハンズの馬毛ブラシは毛束の密度が高く、馬毛がぎっしり詰まっています。

tokyu-hands-horsehair-brush-9

毛束が密だと、ブラッシングしたときにホコリを余すところなく払い落としてくれます。

tokyu-hands-horsehair-brush-10

一度のブラッシングでホコリを落としやすくなるのです。

先ほど述べたブラシの大きさと同様、ブラッシングの効率を高める利点ですね。

毛先は柔らかく、しなやか。

tokyu-hands-horsehair-brush-11

細かな箇所まで毛先が入り込み、ホコリをかきだしてくれるのも使いやすいポイントです。

一路
一路
毛束の密度の高さはホコリ落とし用のブラシに求められる大事な要素!

東急ハンズの馬毛ブラシの使用感

では、東急ハンズの馬毛ブラシを実際に使ってみます。

手首のスナップを効かせ、「シャッシャッ」とブラッシング。

tokyu-hands-horsehair-brush-14

持ち手に重みがあり、スナップの効き方がちょうど良い塩梅あんばいに。

tokyu-hands-horsehair-brush-17

軽いブラシはどうしても手や腕の力でブラッシングする感覚がありますが、ある程度重みのあるブラシは振り子作用が加わり、使いやすいです。

tokyu-hands-horsehair-brush-16
通りすがりの御方
通りすがりの御方
重みがあると使いにくいかな…

なんて思いがちですが、決してそんなことはなく。

適度な重みは快適な使い心地をもたらしてくれます。

靴内側のくびれ部分の隙間にも毛先が入り込み、ホコリをかきだすのも簡単。

tokyu-hands-horsehair-brush-15

安定した使い心地で、ストレスフリーなシューケアが楽しめます。

毎日のブラッシングで使いたい!東急ハンズの馬毛ブラシ

本記事では、東急ハンズとコロンブスのコラボブラシ「東急ハンズオリジナル クリーニングブラシ 馬毛」の詳細と使用感について書きました。

大きめのサイズで持ちやすい東急ハンズのブラシは、使い勝手抜群。

一度のブラッシングで広い面をブラシ掛けでき、持ち手にくぼみがあるためフィット感良し。

革靴のホコリ落としに大活躍してくれます。

革靴のホコリ落としは毎日のことですから、ブラシの使いやすさや作業効率はとても重要です。

東急ハンズの馬毛ブラシは、そのいずれをも叶えてくれます。

「東急ハンズオリジナル クリーニングブラシ 馬毛」で快適な革靴ライフを手に入れましょう。

一路
一路
手軽にササッとブラッシングするだけで革靴が長持ちしますよ!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

東急ハンズ公式サイトへGO!
東急ハンズの馬毛ブラシを見てみる

boot-black-horsehair-brush-
ブートブラックと江戸屋のコラボ馬毛ブラシはホコリ落としに大活躍!【靴磨き】靴磨きに使うブラシ、どんなものをお使いですか?ブートブラック(Boot Black)と老舗札網専門店の「江戸屋」のコラボレーションで生まれた馬毛ブラシは使い勝手抜群でデザインもスタイリッシュ!効率的に革靴の汚れを落とせて所有する喜びも得られます。そんな極上ブラシのご紹介記事です!...
polisher-hose-brush-5
【ポリッシャーホースヘアブラシをレビュー】持ちやすく使いやすい!サフィールの馬毛ブラシ使いやすい馬毛ブラシをお探しなら!サフィールのポリッシャーホースヘアブラシがオススメ。楕円の形をしたブラシなので、手にフィットしやすく使い心地抜群。快適に靴のお手入れができます。ブラシの詳細と実際に靴磨きに利用した様子を踏まえ、レビューしています。...
united-arrows-welt-brush-1
【コバ周りのケアに】ウェルトブラシは小回りが利いて便利なお手入れ道具ユナイテッドアローズのウェルトブラシをレビューした記事です。小回りの効く小さめブラシはコバ周辺の細々した箇所のお手入れにピッタリ。実際に使った様子を踏まえてその便利さを綴った記事です。...
【ブラッシングの重要性】革靴を履いた後は馬毛ブラシでホコリを落とす!【末永く履くための術とは?】革靴を長く愛用するために、最も重要なこと、それはブラッシングです。そして、それを継続すること。それこそが愛用の革靴と末永く付き合うための必須工程です。僕の愛用靴であるオールデンの975を例にとり、実際にブラッシングをしてみます。...
ultimate-shoe-shine-4
【究極の靴磨き】コロンブス社のプロフェッショナルから靴磨きを学ぶ!【書籍】「究極の靴磨き」というコロンブス社の全面協力で生まれた本のご紹介です。靴磨きの手順やノウハウが詳しく書かれたこの本は靴磨き初心者の方はもちろん、玄人の方にもおすすめ!応用するには基礎が大事。この本で改めて基礎を固めれば、自分こだわりの靴磨き方法もよりブラッシュアップされるかも!?...
hands-mowbray-shoe-cleaner-1
東急ハンズ×エム・モゥブレィのシュークリーナーをレビュー!シューケアマイスター監修の革靴用汚れ落とし東急ハンズとエム・モゥブレィがコラボレーションして生まれた「シュークリーナー」をレビューします。褐色のガラス瓶が高級感をまとう、上質なシューケアアイテム。ハンズのシューケアマイスターが監修した、使いやすさと確かな洗浄作用を持つこだわりの革靴用汚れ落としです。実際にお手入れに使った様子もご覧ください!...
靴磨きに使う道具まとめ
shoe-care-goods-summary-2

革靴のお手入れに使う道具にはどんなものがあるの?
靴クリームやワックス、ブラシなど。
靴磨きを楽しむために必要な道具や持っていると便利なアイテムをご紹介します。
気になる方は下のボタンをクリック!

靴磨きに使う道具一覧を見る

こんな記事もオススメ