靴磨き

ブートブラックと江戸屋のコラボ馬毛ブラシはホコリ落としに大活躍!【靴磨き】

boot-black-horsehair-brush-

靴磨きに欠かせないもの、それはブラシです。

革靴を磨く際には、ブラシ以外にも靴クリームやクロスなど必要なものがありますが、個人的に一番重要な道具が「ブラシ」であると思っています。

なぜなら、革靴を長持ちさせるために最も注力すべき点は「ホコリを落とすこと」であると考えているからです。

そのホコリ落としを行うために使用するのがブラシ。

ブラシの毛の種類は豚毛、馬毛、山羊毛、化繊と様々ですが、その中でも馬毛のブラシホコリ落とし用のブラシとして広く使われています。

本記事は僕が使用している馬毛ブラシのご紹介と、ブラッシングでのホコリ落としの重要性を語ります。

馬毛ブラシの用途

馬毛ブラシの主な用途は「ホコリ落とし」です。

なぜ、馬毛ブラシをホコリ落としに使うのかを説明するには、まず馬毛ブラシの特徴をお話しなければなりません。

馬毛ブラシはその名の通り、馬の毛を植え込んで作られたブラシです。

通常、靴磨きで使われるブラシには馬毛の他に豚毛がありますが、馬毛は豚毛よりも毛が柔らかく、繊細な毛先を持ちます。

毛が柔らかいということは、毛先が曲がりやすいということ。

一路
一路
曲がった毛先は反発力で元の状態に戻ろうとしますよね?

そこに、馬毛ブラシがホコリ落とし用ブラシとして使われる理由があります。

しなやかさからくる、馬毛の高い反発力を利用して、革靴に付いたホコリを毛先ではじくように「払い落とす」ことができるのです。

また、毛先が柔らかく細いために、革靴の細かい隙間にも入り込んでしっかりとホコリをかき出すことが可能になります。

甲側であるアッパーと靴底であるソールの間の「コバ」や接合部分にも毛先が行き届くので、ホコリの取り残しを防げます。

一路
一路
馬毛ブラシがホコリ落とし用ブラシとして広く使われているのには、ちゃんとした理由あってのことなのですね!
ホコリ落としの重要性
【ブラッシングの重要性】革靴を履いた後は馬毛ブラシでホコリを落とす!革靴を長く愛用するために、最も重要なこと、それはブラッシングです。そして、それを継続すること。それこそが愛用の革靴と末永く付き合うための必須工程です。僕の愛用靴であるオールデンの975を例にとり、実際にブラッシングをしてみます。...

愛用の馬毛ブラシ

ここで、僕が日頃から愛用している馬毛ブラシに登場してもらいましょう。

ブートブラック(Boot Black)の「クリーニングブラシ 馬毛」です。

boot-black-horsehair-brush-4

こちらのブラシは日本のシューケア用品メーカーのコロンブスが展開するブランド「ブートブラック」と老舗刷毛専門店である「江戸屋」のコラボレーションによって生まれたブラシ。

ひっくり返して毛先を見てみますと…

boot-black-horsehair-brush-7 boot-black-horsehair-brush-3

このブートブラック×江戸屋のブラシは、一般的な馬毛ブラシよりも毛足が短く調整されていて、比較的毛のコシが強く、しなやかであり、毛先を曲げた際の反発力も強め。

boot-black-horsehair-brush-6

実際に触ってみると、ほどよい弾力を感じることができます。

boot-black-horsehair-brush-5

毛束も良くまとまっていて、なおかつ狭い間隔で植えられています。

それによって毛先の密度が高くなるため、ホコリの取り残しがなくなるというわけです。

革靴の表面を傷つけないように繊細なタッチで、それでいてホコリを払う力は失わず。

そんな絶妙なバランスで作られたブラシだと思いますね。

革靴に付いたホコリや汚れを落とすことに特化したブラシですので、特に力を要することなく、毛先の反発力で革靴上のホコリをしっかり落とせます。

僕の手よりも大きいので、一度にブラシ掛けできる面も広く、効率的にブラッシングすることが可能です。

持ち手中央部分には「Boot Black」のロゴ入り。

boot-black-horsehair-brush-2

ブラシの中では割と高額な部類のお値段ですが、実用性はもちろん、所有する喜びもあるので個人的にはお値段以上のものだと感じています。

一路
一路
オシャレなデザインも満足度高し!

毎日使いたくなるブラシです。

…今、何気なく「毎日使いたくなる」と言いましたが、実はその気持ちも意外と大事なことなのです。

と言うのも、ホコリ落としのためのブラッシングは、革靴を長く履くためにはとても重要。

帰宅して革靴を脱いだ後には毎回行いたい作業なのです。

ブラッシングによるホコリ落としの重要性

なぜ、ホコリを落とすためのブラッシングが重要なのかというと、ホコリは革靴に取って大敵だからです。

革靴を履いて外出すると、空気中のホコリや地面から舞い上がったチリ、泥などが革靴に付きます。

帰宅後の革靴は綺麗に見えても、実際はホコリやチリが沢山付着した状態なのです。

そういったホコリなどを革靴に付いたままの状態で置いておくと、そのホコリが革の水分や油分を吸い取ってしまうのです。

当然、水分や油分を奪われた革は乾燥していきます。

乾燥が進んだ革は柔軟性が失われ、やがてひび割れを起こす…。

そんな悲しい出来事が引き起こされてしまいます。

その悲劇を予防するために、革靴を履いた後はホコリを落として革靴を綺麗にする必要があるのです。

また、ホコリやチリ、汚れに含まれている成分次第ではカビの栄養源になってしまうこともあります。

ホコリが付きっぱなしの革靴を下駄箱にしまって、後日、下駄箱から取り出したらカビだらけだった…。

もし、そんなことがあったとしたら、それは下駄箱内部の湿気だけが原因ではなく、革靴に付いたホコリなども影響していたのかもしれません。

革靴を収納する際にもしっかりホコリを落としておけば、革靴がカビによって見るも無残な姿になってしまうリスクを抑えることができます。

もしカビが生えてしまったら…
【カビ取り方法】革に発生したカビを溶剤で徹底除去!【レノマットリムーバー】革に発生したカビの落とし方をご紹介している記事です。革製品にカビはつきもの。この記事ではベルトに生えてしまったカビの除去をレノマットリムーバーで行っています。革靴や革財布にも応用できますので是非お試しください!...

このように革靴を長く履こうと思えば、ブラッシングという行為は切っても切り離せません。

大した手間でもなければ、その場での分かりやすい効果もない…。

そんな地味な印象の「ブラッシング」。

でも、そのちょっとしたひと手間を加えるだけで1年後、2年後の革靴の状態が劇的に良いものになります。

一路
一路
「革靴のホコリ落とし」とは極めて重要な行為なのです!

頻繁に使うブラシだからこそお気に入りのものを

本記事は僕が絶賛愛用中であるブートブラックのホコリ落とし用ブラシをご紹介致しました。

一見地味な作業のように思えるホコリ落としのためのブラッシングですが、実は革靴を長く履くためには、最も重要なことであると言えます。

一路
一路
「革靴を履いたらブラッシング」、革靴管理の基本ですね!

ほぼ毎日行うブラッシングだからこそ、使っていて気分が高揚するものを使いたい…。

ブートブラックの馬毛ブラシが漂わせる高級感とスタイリッシュなデザインが、正に僕が求めていたものにピッタリ当てはまったのです。

今では毎日、それこそ、狂ったように(←)このブラシで革靴をブラッシングしています。

「使うのが楽しみになる」。

一路
一路
そんなブラシやケア用品を探してみるのもまた一興ですよ!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!

ブートブラックシリーズの3種のブラシを比較した記事はこちら!
boot-black-brush-type-2
【靴磨き用】ブートブラックの馬毛・豚毛・山羊毛のブラシ3種を並べて比較してみるブートブラック(Boot Black)の馬毛・豚毛・山羊毛の3種類のブラシを並べて満足する記事です。ついでにそれぞれのブラシの比較もしています。決して安いとは言えない靴磨きブラシですが、所有する喜びと使う楽しみがあることは間違いなし。もちろん、実用性も完璧です!...
靴磨きの方法まとめ
shoe-shine-summury-99

革靴に使用されている革には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。
革の魅力を最大限引き出すために、革の種類によって適したケア用品・方法を選びましょう。
革種ごとの靴磨き方法をまとめています。

CHECK!

靴磨き方法まとめ