革靴

チャーチのライダーをレビュー!スエードの風合い豊かなチャッカブーツ

churchs-ryder-1

スエードのチャッカブーツが欲しいと思ったら、チャーチライダーは要チェック。

イギリスの名門シューズメーカー、

  • チャーチ(Church’s)

が展開するチャッカブーツがライダーです。

カーフスエードを使った柔らかな表情のアッパーにクッション性の高いクレープソール。

くるぶしが隠れるチャッカブーツタイプの革靴はカジュアルシーンに大活躍のシューズです。

churchs-ryder-50

晴れの日、雨の日問わずガシガシ履ける革靴で、休日のラフなスタイリングに華を添えてくれます。

本記事ではチャーチのチャッカブーツ「ライダー」の詳細と履いてみた様子についてレビューします。

この記事はこんな人におすすめ
  • スエードの上品なシューズが欲しい
  • チャッカブーツのおすすめは?
  • チャーチのライダーの詳細が知りたい

チャッカブーツはカジュアル過ぎないオシャレ革靴

まず、

チャッカブーツとはどんな靴なのか

を説明します。

チャッカブーツくるぶしが隠れている、

  • アンクル丈のレザーブーツ

です。

チャッカとはポロ競技の競技時間の単位を意味する言葉。

ポロ競技の選手が試合後に履いていたジョッパーブーツに似たカジュアルなブーツをチャッカブーツと呼んだのが始まりです。

諸説あります。

チャッカブーツはアイレットが2つか3つで外羽根式なのが特徴。

チャッカブーツの伝統的なデザインはカーフのスエードを使用し、ラウンドトゥです。

アッパー(甲革)はヴァンプとクオーターの2種のパーツで構成されるものが多く、シンプルなデザインにまとまっています。

短靴でもなければ完全なブーツでもない、特殊な形状。

適度にフォーマル感のあるカジュアルシューズです。

様々なファッションのスタイリングやシーンに対応できるのが魅力。

事実、先ほど述べた通りチャッカブーツはスポーツシーンで生まれた靴ですからね。

冠婚葬祭を含む完全なフォーマルシーンでの服装には向きませんが、フォーマル過ぎず、カジュアル過ぎない雰囲気は汎用性が高いです。

フォーマルすぎる服装をカジュアルダウンする場合にも役立ちます。

チャーチ(Church’s)のライダー

では、早速ですがこの記事でレビューする革靴に登場してもらいましょう。

…と、まずは箱から。

churchs-ryder-4

チャーチ(Church’s)ライダー(RYDER)です。

churchs-ryder-2

ラスト(木型)形状は「81」。

くるぶしまで覆ったチャッカブーツタイプの革靴です。

フタを開けると…

churchs-ryder-3

注意書きが目に入ります。

ライダーのアッパー(甲革)にはスエードを使っているため、特徴が書かれたメモが付いてきます。

churchs-ryder-9

優れたスエードを使っているのが間接的に分かりますね。

churchs-ryder-5

本体はこちらです。

churchs-ryder-7

ブリティッシュトラッドの空気感をまとったブランド定番のチャッカブーツ。

カーフのスエードを使った起毛感ある上質レザーを使っています。

つま先は丸みを帯びたエッグトゥの形状です。

ソールはクレープソール仕様で、なめらかかつ柔らかな歩行感。

イギリスの名門シューズメーカーのチャーチが送る不朽の名作がライダーです。

churchs-ryder-8

プレーントゥのシンプルかつスッキリとした表情で、

  • カジュアルスタイルをカッチリまとめてくれる便利な革靴

に仕上がっています。

チャーチが展開するカジュアル寄りのモデルの中でも歴史が長く、人気が高いモデルです。

ここでちょっと小話を。

モデル「ライダー」には実は2パターン存在します。

先ほどお見せしたのはライダー。

他にはライダー3というモデルが展開。

違いはアウトソールにあります。

  • ライダーはクレープソール
  • ライダー3はダイナイトソール

をそれぞれ採用したモデルです。

クレープソールのライダーは見た目がカジュアル。

そして、天然ゴム由来の柔らかで快適な履き心地を持ちます。

一方のダイナイトソールは、コバ周りがレザーソールのような見た目。

比較的カッチリとした雰囲気をまとっています。

グリップ力があり、雨の日でもガシガシ履けるのが魅力です。

総じて、ライダーの方がよりカジュアルでラフな使い心地。

休日スタイルにハマりやすいのがライダーですね。

一路
一路
ソールの詳細は後述します!

ちなみに、購入時には靴袋が同梱されています。

churchs-ryder-6

高級革靴には必ずといって良いほど付いてくる、定番付属品です。

churchs-ryder-36

靴を袋に入れておけば、ちょっと持ち歩くときにも傷を付けないので安心ですね。

ライダーのアッパー

ライダーのアッパー(甲革)には上質なカーフスエードを使用。

churchs-ryder-12
スエードとは
  • 革の肉面を細かく起毛させた革種を指す
  • カーフを使用して毛足を短く細かく仕上げたスエードは高級品
  • 起毛で表面張力が高まるため撥水性を持ち耐水性が高い
  • 傷や汚れが目立たずマットな質感

チャーチのライダーにはカストロスエードが使われています。

暖かみのある雰囲気が特徴です。

きめ細かなスエードはソフトな質感で優しい触り心地。

churchs-ryder-20

退色しにくいため、劣化を感じにくく長く履ける革靴です。

チャーチのスエードはとても上品でエレガンス。

churchs-ryder-14

厳選した皮革で美しい履きジワが入ります。

丁寧ていねいに起毛させて仕上げた、スエードの中では比較的長めの美しい毛並みをしています。

ライダーはチャッカブーツのシンプルなデザインゆえに、素材の質感が前面に押し出されるブーツ。

ライダーの洗練された空気感はチャーチのものづくりへのこだわりが生み出しているわけです。

ライダーのアイレットは2つ。

churchs-ryder-15

2アイレットデザインのチャッカブーツは靴ひもを締めたり緩めたりするのがラクです。

爪先から甲の前側までが低く、そこから立ち上がる甲から履き口のラインは美しいの一言に尽きます。

churchs-ryder-21

ブーツタイプでありながら、すっきりとした足元を演出。

軽ささえ感じるデザインです。

伝統にもとづくデザイン性の高さがなせる、

  • 高いレベルでのものづくり

を感じさせます。

カラー展開としては、

  • 王道のブラウン
  • チャーチ独自のマラッカ
  • 妖艶なダークバーガンディ
  • 使いやすいネイビー

など、カラーバリエーションが豊富です。

ライダーは縫製ほうせい丁寧ていねいなのも嬉しいポイント。

churchs-ryder-18

細かく繊細な縫い目が見事。

churchs-ryder-16

きれいで見惚みとれてしまうほどです。

かかとのライン取りもバッチリ。

churchs-ryder-22

高級感を生み出す要因の1つです。

履き口のなめらかな曲線もまた美しく。

churchs-ryder-26

細部を見てもあらのない上質な作りのチャッカブーツに仕上がっています。

ライダーのライニングとインソール

ライダーのライニングは摩耗に強く、色落ちしにくい革を使用。

churchs-ryder-11

柔らかで感触が良く、足を優しく包み込みます。

churchs-ryder-13

吸湿性に優れているため、長時間履いても蒸れにくいです。

インソールに刻まれたロゴはゴールドで高級感抜群。

churchs-ryder-10

ライニングやインソールは足に直接触れるため、履き心地に直結する部位です。

そのため、インソールやライニングの革にもこだわりを持ったチャーチの革靴は選んでおいて間違いなし。

また、ライダーのインソールの下にはコルクが多く詰まっているため、クッション性に優れます。

ストレスフリーな履き心地に貢献しているポイントです。

ライダーのアウトソール

ライダーはダブルウェルトを採用しており、靴の外周をウェルトが1周しています。

churchs-ryder-19
ダブルウェルトとは
  • 360°グッドイヤーウェルト製法とも呼ばれる
  • アッパー全体にウェルトを縫い付けた仕様
  • コバの張り出しが大きくなるが靴が頑丈になる

一般的なグッドイヤーウェルト製法は靴の前半分のみに縫いをほどこすのですが、360°すべてにウェルトを配したダブルウェルトは重厚な見た目です。

ダブルウェルトの場合、かかとの固定に釘を使う必要がないため、意外と軽量なのも特徴。

見た目からは意外なほど、軽やかに歩けます。

churchs-ryder-28

通常の革靴よりも広い範囲にコルクが敷き詰められるため、クッション性が良く抜群の履き心地です。

従来のグッドイヤーウェルト製法よりも優れた機能性を持ち、チャーチらしい力強さを感じる1足に仕上がっています。

churchs-ryder-17

グッドイヤーウェルト製法は英国靴の代名詞。

イギリス靴の中でも、チャーチは伝統的なグッドイヤーウェルト製法を継承するブランドです。

チャッカブーツの場合、ステッチダウン製法を採用するシューズメーカーが少なくない中で、チャーチのライダーはグッドイヤーウェルトでの製造をつらぬいています。

そして、ライダーはダブルソール仕様。

churchs-ryder-23

コルクがたっぷり詰められているのとあいまって、中底の沈みを実感しやすい仕様です。

履くたびに自分の足になじむ感覚を味わえます。

靴底のクレープソールは厚みがあり、レザーソールやラバーソールに比べて柔軟性に優れる特性を持ちます。

churchs-ryder-24

クレープソールは素材の特性上、反発性にんでいるからです。

歩くときのサポートを果たし、長時間歩いても疲れにくいのが特徴の靴底。

クレープソールでかつコルクたっぷりのソールは足なじみが早いです。

ゆえに歩行時の靴の返りが良く、柔らかな履き心地で快適。

churchs-ryder-25

ゆえに、クレープソールはカジュアル系の革靴ではおなじみの靴底です。

ライダーをはじめとするチャッカブーツやデザートブーツの定番ソール。

churchs-ryder-31

レザーソールやダイナイトソールなどの他のソールには無い、独特の反発力は唯一無二でついついクセになります。

churchs-ryder-27

一方でデメリットもあり、雨で濡れた地面ではグリップ力が低下します。

熱にも弱いため、真夏のアスファルトの上を歩くとべたつきを感じるかも…。

しかし、そんなデメリットを補って余りある履き心地の良さがあります。

だからこそ、クレープソールは今もすたれることなく一定の支持を集めているのです。

また、チャーチの靴底は平坦ではなく、外側に向かって丸みを帯び、足の裏を包み込むフィット感が得られるのが良いところ。

履き下ろした後のクレープソールを見ると分かりやすいです。

churchs-ryder-47

中央部分は汚れていますが、端の部分は汚れていませんよね。

足の形状を考慮した立体的な作りになっているのが実感できる、徹底したモノづくりへの姿勢が感じられるソールです。

ライダーのラスト(木型)は81

ラスト(木型)は革靴の魅力を理解する上では欠かせない重要な要素です。

チャーチのライダーのラストは81を採用しています。

churchs-ryder-29

1950年代に登場してから長年愛されている定番ラストです。

一路
一路
1970年に発表された外羽根ウイングチップのバーウッドのラストとして有名ですね!

ラスト81は捨て寸が短め。

捨て寸とは
  • 足のつま先と靴の空間を指す
  • 捨て寸があることで歩いたときに窮屈過ぎずにすむ
  • 快適な歩行をサポートする効果がある

そのため、ノーズが短くカジュアルな雰囲気です。

カジュアルなジャケパンスタイルのようなオフの日のコーデにもバッチリ合います。

形状としては丸みのあるかわいらしいデザイン。

churchs-ryder-30

同時に、ボリュームを感じる見た目で愛嬌があります。

ラスト81はチャーチのカジュアルラインによく採用される木型で、ボリューム感のあるつま先部分が特徴のデザインです。

ドレッシーというよりはラフ。

ぽってりしたラウンド型のつま先をはじめ、ボリューム感のあるトゥデザインがカジュアルライクな1足。

つま先から甲にかけてなだらかな傾斜で上がるため、甲周りのフィット感も快適ですよ。

靴を買ったらシューキーパーは必須

ちなみに、新しく靴を買ったらシューキーパーをセットで買うのがおすすめ。

というか、必須。

シューキーパーを使わないと、靴が型崩れを起こして見るも無残な姿になりますからね。

チャーチのライダーにはサルトレカミエのシューツリーを用意しました。

churchs-ryder-37

チャッカブーツはブーツ用のシューキーパーではなく、通常の短靴用のものでも問題ありません。

履いていないときはシューキーパーを靴の中に入れて…

churchs-ryder-32

しっかり形状保持。

churchs-ryder-34

姿勢正しくスッとした印象に。

churchs-ryder-33

革が適度に伸びて美しいたたずまいになりました。

churchs-ryder-35
一路
一路
末永く付き合っていく準備ができましたよ!
チャーチのチャッカブーツの詳細
項目詳細
ブランドチャーチ(Church’s)
モデルライダー(RYDER)
製法グッドイヤーウェルト(ダブルウェルト)
ラスト81
アッパー素材カーフスエード
ソール素材クレープソール
生産国イギリス
価格144,100円
サイズチャート
UKJPNUSEU
5.524.56.539.5
6.025.07.040.0
6.525.57.540.5
7.026.08.041.0
7.526.58.541.5
8.027.09.042.0
8.527.59.542.5
9.028.010.043.0

チャーチ(Church’s)はイギリスの名門シューズメーカー

この項目ではチャーチのブランド紹介を。

チャーチ(Church’s)はイギリスのノーザンプトンに工場を構える名門シューズメーカーです。

ノーザンプトンはイギリスの靴作りの聖地。

1873年、チャーチはそこで生まれました。

チャーチは長い歴史の中で正統派のイギリス靴として不動の地位を確立。

英国靴ブランドの中でも人気が高く、欧米セレブや映画「007」のジェームズ・ボンドが履いていることでも有名です。

チャーチは1930年にアメリカへ進出。

1965年にはエリザベス女王が工場を訪問し、英国女王賞を授かっています。

チャーチには英国王室御用達の称号はありませんが、称号がなくとも群を抜いた名声があったため、あえて申請をしていないのです。

1999年にはプラダグループ入り。

スタイリッシュでスマートな革靴作りにかじを切るも、こだわりの製法や上質な革種を変えずに伝統を守り通しています。

結果、英国トップブランドの地位を維持し続けているのです。

チャーチはインソールに都市名が刻まれており、そのロゴで製造年代が判別可能。

比較的古い革靴は愛好家の人たちに、

  • オールドチャーチ

の愛称で親しまれています。

肝心の革靴製造に関しては、驚くべきことに約250もの工程をます。

期間に換算すると約8週間の時間をかけ、職人の方々の手で1足ずつ丁寧ていねいに生産されています。

グッドイヤーウェルト製法で作られた靴はとても丈夫で、靴底の交換をしながら何十年と履ける靴です。

価格は張りますが、それ以上の価値がある革靴です。

チャーチのライダーを履いてみた

では、実際にライダーを履いてみます。

こちらです。

churchs-ryder-42

足元がボリューム感を得て、パンツの存在感をうまく引き出しています。

churchs-ryder-41

ライダーの丸みを帯びたフォルムがどこか柔和な空気をただよわせ、リラクシンなよそおいに。

churchs-ryder-43

ワイドシルエットのパンツとの相性も抜群の一足です。

churchs-ryder-40

後ろから見てもシンプル。

churchs-ryder-38

カーフスエードの起毛感が豊かな表情を与えています。

churchs-ryder-39

どの角度から見てもスタイリッシュなのは、さすがはチャーチ。

曲線美が素晴らしいです。

churchs-ryder-45

履いて出かけるのが楽しみでなりません。

履いて歩くと如実にょじつにわかる、クレープソールの良好な返り。

churchs-ryder-46

履き下ろし直後にもかかわらず、柔らかなフィッティングとクッションのきいた履き心地。

churchs-ryder-48

靴擦れとは無縁のシューズに仕上がっています。

churchs-ryder-49

くるぶし周りは余裕があるので、締め付け感が一切ないのが歩きやすさの秘密です。

churchs-ryder-51

ライダーは…というよりは、チャッカブーツは着脱が簡単。

アイレットが2つなので靴ひもをほどけばすぐに羽根を広げられるからです。

churchs-ryder-44

脱ぎ履きしやすく、快適な履き心地を提供します。

スニーカーには劣りますが、ドレスシューズやブーツに比べると圧倒的に履きやすいですよ。

日本ではお店に入るときなど、靴を脱ぎ履きする機会が多いですから、

  • ライダーのラクさ

はとてもありがたいです。

チャーチのライダーはカジュアルながらも足元をすっきりまとめる高級革靴

本記事ではチャーチのライダーの詳細と履いてみた様子について書きました。

チャーチのライダーはブランド定番のラスト81を採用したチャッカブーツです。

丸みのあるトゥにカーフスエードの上品で優しい風合い。

唯一無二の存在感を放つ1足に仕上がっています。

クレープソールの柔らかでクッション性の高い返りの良さは履き心地抜群です。

レザーソールやゴムソールよりも足にぴったり吸い付いてくる感覚を味わえます。

チャッカブーツの持つ武骨な空気感とチャーチの丁寧ていねいなモノづくりで生まれるエレガントな雰囲気。

他ブランドにはなかなか出せない伝統的でクラシカルな空気感まとうチャーチの靴だからこそなせるわざです。

一路
一路
イギリスの名門シューズブランド「Church’sチャーチ」の作りの良さを味わってみてはいかがでしょうか?

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

伊勢丹公式サイトで靴を探す
【三越伊勢丹】メンズシューズ

recommend-leather-shoes-1
カジュアル革靴おすすめ8選!ガシガシ履けるレザーシューズ【レビュー集】カジュアル使いできる革靴をまとめた記事です。革靴が持つ革の丈夫さやフォーマル・カジュアルのバランスの取れた雰囲気は日常の様々なシーンで活躍する可能性を秘めています。革靴をシーン別に履き分ければ休日のシューズライフが充実。普段からスニーカーしか履かないという人はぜひご覧ください。...
plain-clothes-leather-shoes-1
私服に革靴はおかしくない!ポイントはデザインと形状【スタイリングを引き締める】私服に革靴っておかしい?いえ、まったくおかしくありません。むしろ足元が引き締まり、上品なコーデが完成します。ただ、意識すべきは羽根のデザインとつま先の形状。外羽根式で丸みを帯びた形状がカジュアル使いにはベター。休日のラフな服装を少しだけドレスアップすれば、大人の雰囲気漂うスタイリングが作れます。...
jm-weston-boots-1
J.M.ウエストンの342ローカットブーツをレビュー!上質カーフの革靴J.M.WESTONのローカットブーツをレビューした記事です。プレミアムラインのウルトラウエストンのシューズは上質カーフレザーを使ったエレガントな1足。アッパー・インソール・アウトソールの詳細と履いてみた様子を紹介した記事です。...
basic-care-leather-shoes-1
革靴を長持ちさせる必須作業3選!必要な道具を解説【普段のお手入れが肝】この記事では靴クリームやシューポリッシュでのケア以上に大切な「靴を傷めない方法」について解説。革靴の寿命をのばすためには傷めないように取り扱うことが重要です。ブラッシングでホコリを落とし、シューキーパーで型崩れを防止、靴ベラを使ってかかとのダメージを軽減させれば革靴は劇的に長持ちします。...
shoe-keeper-33
【シューキーパー9種比較】おすすめの形と選び方を解説!革靴には必須シューキーパーには様々な種類があります。それぞれ機能や価格も違いますから、ご自分の使い方に合ったシューツリーを選びましょう。いくつかのシューキーパーを比較しておすすめのアイテムを紹介します。...
melancholy-monday-3
憂鬱な月曜日…革靴は僕に寄り添ってくれました【お気に入りの靴を履いて気分を上げよう】連休明けの憂鬱さってハンパじゃないですよね?僕はお気に入りの革靴を履くことで気分を高め、何とか乗り切っています。お気に入りのアイテムでテンションを上げ、ナーバスな気持ちを和らげるライフハックをご紹介した記事です。...
jm-weston-boots-1
J.M.ウエストンの342ローカットブーツをレビュー!上質カーフの革靴J.M.WESTONのローカットブーツをレビューした記事です。プレミアムラインのウルトラウエストンのシューズは上質カーフレザーを使ったエレガントな1足。アッパー・インソール・アウトソールの詳細と履いてみた様子を紹介した記事です。...
履きやすさと満足感で選ぶ!おすすめ革靴

革靴選びの参考として履きやすさ持つ喜びを感じるシューズブランドを紹介します。

コールハーン
ranking-cole-haan
スニーカーのような履き心地の革靴多数!
アメリカ発のシューズ・アパレルブランド。
履き心地
「革靴を履くのはつらい」を覆すバツグンの快適性

記事を見る公式ページ

リーガル
ranking-regal
本格革靴を手軽に楽しむなら!
日本のシューズブランド。
コスパ
リーズナブルな価格で本格派革靴を楽しめる

記事を見る公式ページ

シェットランドフォックス
ranking-shetland-fox
履いて嬉しい高級感!
靴の美しさ・楽しさを提案するシューズブランド。
履く喜び
メイドインジャパンで日本人の足になじむ形状と高級感

記事を見る公式ページ

革靴と服が大好き!「シンジツイチロ」運営者
一路(イチロ)
ichiro-pic
仕事はほどほど。目立たずひっそり世に佇む理系院卒社会人。技術職。たまの休日に靴を磨くことが生きがい。靴磨き知識アドバイザーの資格保有者。運営者情報を見る

靴磨き知識アドバイザーの資格証
「靴磨きで人生に彩りを!」

※当サイトはリンクフリーです。当サイトの記載事項や画像をご利用の場合は「出典」として元の記事へのリンクを設置の上、引用の範囲内でご利用ください。
あなたにはこんな記事もおすすめ