シューケア

【シューキーパー9種比較】おすすめの形と選び方を解説【革靴にシューツリーは必須】

shoe-keeper-33

シューキーパー(シューツリー)って使っていますか?

革靴を履いたあと、何もせずにそのままにしていると靴の型崩れが起きてしまい、せっかくの美しいシルエットが台無しになってしまいます。

加えて、革が汗を吸ってしまっているので、湿気による革のダメージや、カビや雑菌の繁殖なども発生する可能性も…。

シューキーパーを使えば、上記の不安要素を取り除けます。

本記事では革靴ライフをより充実したものとしてくれる、シューキーパー9種類の特徴を比較して選び方とおすすめのタイプをご紹介します。

各シューキーパーの特徴まとめ(スクロールできる表)
外観ブランド・メーカー素材特徴
キャンドゥプラスチック安価で軽い
スコッチグレインプラスチック安価なプラ製でありながら左右非対称で使いやすい
マーケン木製調湿・消臭・除菌効果に優れる
スレイプニル木製幅広のワークブーツに適した形状
briga-shoe-tree-33ブリガ木製甲高で高さ方向へのテンションが掛けやすい
無印良品木製木製シューキーパーとしては比較的安価
コロニル木製可動域が大きく革靴の適用サイズ広い
サルトレカミエ木製縦方向のバネの力が無く過度な力をかけずに形状保持可能
ダイソー木製安価だが過度な力が掛かるため革が伸びやすい

上の表はスクロールできます。

シューキーパー選びのポイントを解説した図革靴を美しい状態で長く履きたいなら木製シューキーパーがおすすめ
シューキーパーのタイプ別特性比較表
表中のマークの意味
  • :優れている
  • :良い
  • :イマイチ
  • :効果なし
材質別シューキーパー比較
タイプ形状維持調湿軽さ価格オススメ度商品ページへ
プラスチック
amazonで見る

amazonで見る
形状別シューキーパー比較
タイプ形状維持調湿軽さ価格オススメ度商品ページへ
チューブ
amazonで見る
ネジ
amazonで見る
バネ
amazonで見る

シューキーパーは靴の形状を美しく保つシューケア用品

シューキーパー(シューツリー)はシューケアアイテムの1種です。

革靴の履き口から差し込んで使います。

革靴にシューキーパーを入れると革にテンションが加わり、靴の形状を美しく保つことができます。

洋服でいうところのハンガーのような存在です。

シューキーパーを使わないと革靴の形が崩れ、せっかくの上品なたたずまいが台無しに…。

革靴をいつまでも美しい状態にキープしたいなら、シューキーパーの活用はマストです。

シューキーパーの種類

一口でシューキーパーといっても、その種類は多岐たきに渡ります。

工夫をらしたシューキーパーが各メーカーから多く販売されていますよね。

そんな数多くの種類があるシューキーパー。

種類によって何が違うのかといいますと、大きく異なる要素としては素材形状

この2点がシューキーパーの機能に大きく関わってきます。

それぞれどのような違いがあるのか…。

一路
一路
そのメリット・デメリットを見ていきましょう!

シューキーパーの素材

シューキーパーの素材としてよく目にするのは、

  • プラスチック製
  • 木製

上記2種です。

プラ製のシューキーパーは革靴の形状維持機能はもちろんのこと、軽くて比較的安価な特長があります。

一方で、木製のものは形状維持だけでなく、汗で蒸れた靴内の吸湿や消臭機能を有します。

木製のシューキーパーはシューツリーとも呼びます。

木という素材は周囲の湿度が高い環境であると水分を吸収し、逆に湿度が低いと自身に含まれる水分を周囲へと発散するという湿度コントロールを行います。

また、木そのものの香りで靴内の匂いを打ち消したり、木の中に含まれている成分によって殺菌作用も得られます。

しかし、プラスチック製のシューキーパーと比較すると木製のシューキーパーは価格が高いです。

また、重みもあります。

各シューキーパーそれぞれの特徴に見合った使い方をすることで、靴を長持ちさせることに繋がります。

そういう意味では、プラスチックと木、それぞれ一長一短といいたいところなのですが…。

しかし、一般的には、

  • 木製のシューキーパーの使用が推奨される

ことが多いです。

個人的にも、プラスチック製よりも木製のシューキーパーがおすすめです。

特に、革靴を管理する場合、革に含まれる水分調節機能を持った木製の方が好ましいのは火を見るより明らか。

僕の場合、プラスチック製のシューキーパーは、スニーカーやサボなどのそこまでケアに気を使わない靴や、価格的に木製シューキーパーに手が出せないときに使用しています。

一路
一路
革靴の管理は基本的に木製シューキーパーです!

シューキーパーの形

シューキーパーの形には、大きく以下の3種類があります。

  • チューブタイプ
  • ネジタイプ
  • バネタイプ

それぞれの違いは、つま先とかかとの接続部の形状の違いによるものです。

まず、チューブタイプとはつま先部分とかかと部部がチューブで繋がっているタイプのもの。

チューブの先端にバネが内蔵されており、バネによって靴に対して前後にストレスをかけて革を伸ばします。

ネジタイプのシューキーパーは、つま先部分とかかと部分の長さ調整が可能。

調整後にネジで固定するタイプです。

ネジタイプはあらかじめ使用する靴と同じ長さに調整して靴に入れるため、チューブタイプに比べて強いストレスをかけずにすみます。

ネジタイプのシューキーパーは、革靴の形状にジャストフィットさせるイメージです。

バネタイプはつま先部分とかかと部分が直接バネで繋がれており、最もシンプルな構造。

靴に投入するとバネが折り曲がって力がかかるため、バネのストレスが靴の前後だけでなく上方向にもかかります。

また、シューキーパーのかかと部分は靴のかかと部分との接触面が小さい形状のものが多いのが特徴の一つ。

長期間使用し続けると、靴のかかとに対して局所的に強い負荷がかかり革が伸びたり、かかとの形状が崩れてしまうことがあります。

以上のご説明で分かる通り、上記の3つの中でおすすめは、

  • チューブタイプ

または、

  • ネジタイプ

です。

靴の形状保持という観点で見れば、バネタイプの使用は極力避けたいところ。

ただ、シューキーパーを使用しないことが最も悪いことなのは間違いありません。

シューキーパーを使用しないよりはバネタイプを使用した方が靴の状態を保つ上では良いことではあります。

バネタイプのシューキーパーは最も安価ですから、入門編としてはOK。

本格革靴を手に入れたら、チューブタイプ、またはネジタイプのシューキーパーを使いましょう。

愛用中のシューキーパーたちを特徴と共に紹介

シューキーパーの素材や形状の種類について述べたところで、僕が日頃から使っているシューキーパーたちの一部をご紹介します。

それがこの子たち。

シューキーパーまとめ(スクロールできる表)
外観ブランド・メーカー素材特徴
キャンドゥプラスチック安価で軽い
スコッチグレインプラスチック安価なプラ製でありながら左右非対称で使いやすい
マーケン木製調湿・消臭・除菌効果に優れる
スレイプニル木製幅広のワークブーツに適した形状
briga-shoe-tree-33ブリガ木製甲高で高さ方向へのテンションが掛けやすい
無印良品木製木製シューキーパーとしては比較的安価
コロニル木製可動域が大きく革靴の適用サイズ広い
サルトレカミエ木製縦方向のバネの力が無く過度な力をかけずに形状保持可能
ダイソー木製安価だが過度な力が掛かるため革が伸びやすい

上の表はスクロールできます。

素材や形状の異なるシューキーパー9種類です。

こうして見ると、あらためてシューキーパーのバリエーションって豊富だなと感じます。

一路
一路
それぞれご紹介していきますね!

素材編:プラスチック製シューキーパー

まずは素材編。

プラスチック製のシューキーパーから登場してもらいましょう。

ではどうぞ。

キャンドゥのシューキーパー

1つ目はこちら。

100円ショップのキャンドゥ(CAN★DO)で購入した、100円シューキーパーです。

プラスチックですが、ほどほどの弾力性があり、靴に入れる分には割れる心配はなさそう。

一年以上使用していますが、全く問題なく使用できています。

安価なのに丈夫。

おまけに軽いので、取り回ししやすいというメリットもあります。

重くないので靴磨きがしやすいというのも嬉しいポイント。

針金の位置調整を行うことでサイズ調整が可能で、靴のサイズ問わず使用できます。

スコッチグレインのシューキーパー

続いても同じく、プラ製シューキーパー。

こちらはスコッチグレインの革靴を購入すると付属しているシューキーパーです。

赤い本体と金色の「SCOTCH GRAIN」ロゴがが目立つ、デザイン性高めのシューキーパー。

ちなみに、スコッチグレインの中でも上位グレードの革靴を購入すると、付属してくるシューキーパーは木製になります。

先ほどのキャンドゥのシューキーパーは左右の区別は無かったですが、スコッチグレインのシューキーパーだとちゃんと左右で形状が異なります。

より革靴の形に沿うようになっているということです。

サイズ調整もキャンドゥのものと同じ機構を用いているので可能。

プラスチックシューキーパーの大まかな傾向としては以下のメリットがあると思います。

プラスチック製シューキーパーの良いところ
  1. 安価
  2. 軽量

素材編:木製シューキーパー(シューツリー)

この記事でご紹介するシューキーパーのうち、すでにご紹介したプラスチック製の2種以外は木製のアイテムとなります。

まずは大雑把に、木製シューキーパーの特性についてご説明しますね。

この記事の前半部でも少し述べましたが、木製シューキーパー特有の効果としては、以下の項目があります。

木製シューキーパー独自の機能
  1. 調湿
  2. 除菌・消臭
  3. 形状維持効果が高い

長期間履いた靴はたくさんの汗を吸います。

そんなとき革靴のような履き口が狭い靴の場合、汗の逃げ場が狭く、靴の中が蒸れてしまいます。

蒸れた状態を長時間放置するとどうなりますか?

通りすがりの御方
通りすがりの御方
梅雨の湿度が多い時期はカビが出るよね?
一路
一路
そうです!
その状態が靴の中でも起こってしまうのです。

湿度が高い状態が長く続くと、カビやその他雑菌が繁殖しやすくなります。

それがイヤなニオイを誘発するのです。

履いた後の靴に木製シューキーパーを入れてあげれば木が革靴内の水分を吸ってくれて、靴の外に放出してくれます。

いわゆる、

  • 木の呼吸

というやつですね。

水分を除去できれば靴の中の蒸れが原因の雑菌の繁殖も抑制される、というわけ。

これはプラスチック製のシューキーパーにはない効果です。

また、木製のものは木そのものに硬さがあるので、しっかりと靴の型崩れを防止することもできます。

木製シューキーパーのメリット・デメリットを述べたところで、次は形状の違いについてご説明します。

木製シューキーパーの中にもいくつか種類がありますから、要チェックです。

形状編:チューブタイプ

形状ごとのシューキーパー。

まずはチューブタイプ

甲部とかかと部が金属製のチューブでつながっている構造のもので、チューブの先にバネが内蔵されています。

このバネがシューキーパーを靴に入れたときに、負荷をかける役割を果たして靴の履きジワをしっかりと伸ばしたり、靴の型崩れを防止したりします。

マーケンのシューキーパー

そんなチューブタイプのシューキーパー。

1つ目はこちらです。

ディプロマットシダーシューツリー

こちらはアメリカのシューツリーメーカーである、マーケン(MARKEN)が製造・販売を手がけているシューキーパー。

主に米国アーカンソー州ホットスプリングス産のアロマティックシダーを使用して、かつリーズナブルな価格で品質の高いシュートゥリーを日本国内に提供しているメーカーです。

また、サルヴァトーレフェラガモやメフィストUSAなどのOEM製造(相手先ブランド製造)を手がけており、高い技術レベルを誇っているのも特長。

アロマティックシダーを使っているため、調湿・消臭・除菌効果は折り紙付き。

甲部とかかと部が2本のチューブで繋がっていて、このタイプをダブルチューブといいます。

ダブルがあるということは当然、シングルもあります。

その辺は後述しますね。

つま先の外側にくぼみがありますよね?

この部分にはネジが設置してあります。

ドライバーで回せるようになっているのです。

クルクル回して締めていくと…

ネジを締めたことで、甲の中央部の割れているところ(スリット)の幅が狭まっています。

もう片方と比較してみましょう。

幅が全然違いますね。

実はこれ、幅のサイズ調整のためのネジ穴

細身の革靴だとありがちなのですが、靴にシューキーパーを入れるとき、シューキーパーの甲部が履き口周辺に引っかかってしまって、それ以上入らないことがあります。

革靴とシューキーパーのサイズがバッチリあっていれば、そんな現象は起こらないのですが…。

全ての靴にそれ専用のシューキーパーをあてがうのはコストがかかります。

ときには、シューキーパーを転用したいとき、ありますよね?

そんな時に横幅のサイズを狭められると、

  • 靴に合った大きさに調整できて使い回しが利く

ということなんですね。

一路
一路
便利すぎ~!

スレイプニルのシューキーパー

2つ目はスレイプニル(Sleipnir)のシューキーパーです。

こちらもダブルチューブタイプ。

力を加えると、甲部とかかと部がくっつきます。

革靴の中ではこのような状態となり、そのバネの反発力を利用して革を伸ばすというわけです。

スレイプニルのシューツリーもまた、甲部分がバネで横方向にテンションが掛けられる仕様。

幅もネジを絞めたり緩めたりして微調節できます。

先ほどのマーケンディプロマットシューツリーに比べると、ゴールドのロゴが高級感をかもし出し、よりスタイリッシュな印象が強い。

もともと幅広の設計のためワークシューズなど、カジュアルな革靴に合いやすいシューキーパーです。

ブリガのシューキーパー

3つ目はブリガ(BRIGA)のシューキーパー。

briga-shoe-tree-33

エス・アイザックスが展開するブランド「BRIGA(ブリガ)」。

BRIGAのシューキーパーはダブルチューブの木製シューツリーです。

briga-shoe-tree-7

甲高設計になっており、革靴の立体的で美しいフォルムをしっかりキープします。

イギリスの伝統的な革靴の木型をベースとしているため、細身のドレスシューズやレースアップシューズに特におすすめ。

先ほどまでにご紹介した、つま先が割れているサイドスプリット型ではなく、割れていないプレーン型。

横方向へのバネが効かないのがマーケンやスレイプニルのシューキーパーとは異なる点です。

その分、甲高由来の高さ方向への負荷をしっかり掛けられるのが特徴。

くびれのある、細身で上品なヨーロッパブランドのシューズにピッタリのシューキーパーです。

無印良品のシューキーパー

ここからはシングルチューブのシューキーパーのご紹介に移ります。

ダブルチューブに比べるとどっしり感は劣りますが、その分軽めです。

一路
一路
どちらのタイプでも革靴の形状保持はしっかり行えますから、お好みで選んでみてください!

シングルチューブタイプの1つ目はこちら。

無印良品のシューキーパー。

こちらはレッドシダーから作られているシューキーパーで、無印良品らしい、かなりシンプルなデザインです。

甲部は中央にスリットがあり、前後方向に力が加わると上の写真のように横幅が広がる仕様。

これにより、靴に入れた際、前後だけでなく横方向にも負荷がかかり、全体的に革を伸ばす効果が得られます。

木製のシューキーパーは比較的価格が高いものが多いですが、この無印良品のシューキーパーは2000円台と木製シューキーパーにしては破格の安さです。

コロニルのシューキーパー

シングルチューブタイプの2つ目はこちら。

コロニル(Collonil)のシューキーパーです。

先ほどの無印良品のものはロゴもなく、チューブもシルバーでシンプルなデザインでしたが、こちらは金色のプレートに「Collonil」のロゴが入り、チューブもゴールド仕様。

高級感をかもし出しています。

コロニルといえば、1909年創業のドイツのメーカーで、レザーケアアイテムのトップブランド。

一路
一路
栄養クリームで有名な1909 シュプリームクリームデラックスもコロニルの製品ですね!
  • 皮革に優しい
  • 人体に優しい
  • 環境に優しい

をブランドコンセプトに、その機能性や品質の高さだけでなく、環境に配慮した商品作りにおいても世界中で大変高い評価を受けています。

このコロニルのシューキーパーもアロマティックシダーを使用しており、型崩れ・靴底の反りを防止するとともに、靴内の湿気を吸収して嫌なにおいを予防する効果があります。

以上がチューブタイプのシューキーパーでした。

チューブに内蔵されているバネと甲部のネジ、あるいはスリットにより、一つのシューキーパーである程度の靴のサイズをカバーできます。

一路
一路
チューブタイプは総じて汎用性が高いタイプといえるでしょう!

形状編:ネジタイプ

次はネジタイプのシューキーパー。

それがこちら。

サルトレカミエ(Sarto Recamier)のシューキーパーです。

サルトレカミエはシューケア用品を手がけるR&Dが開発したシューツリーブランド。

「Sarto」はイタリア語で仕立て屋・仕立人を意味し、「Recamier」は歴史上もっとも美しい女性といわれたレカミエという名に由来します。

その心は「歴史上、最も美しい靴木型を造る仕立屋」という意味。

ネジ式のシューキーパーで、甲部とかかと部間の長さを調整した後にでネジで締めて固定化させる仕様。

この機構によってミリ単位での調整が可能となり、ジャストサイズに固定できます。

また、チューブタイプのようにバネの力が無いので、靴にテンションをかけずに形状を整えられるのも特長。

靴にかかる負荷を抑えられるので、繊細な革を使用した靴に使いたいです。

また、チューブタイプのような甲部とかかと部の接続箇所が空洞ではないため、単純に使用している木の体積が大きく、その分、水分吸収能力も高め

上の図のように、ネジを緩めると甲部がスライドして長さ調整ができるようになっています。

ゴールドのタグは高級感あるたたずまい。

サルトレカミエのシューキーパーを靴に入れると、なんともいえない高揚こうよう感が味わえます。

形状編:バネタイプ

形状編、最後はバネタイプ

バネタイプのシューキーパーは甲部とかかと部が直接、バネで繋がれた構造を持ちます。

かかと部もこれまでにご紹介した木製シューキーパーとは異なり、体積が小さく設定されているものが多く、靴との接触面が比較的小さいです。

そのため、靴のかかとにかかる負荷が大きく、長期間使用すると靴の型崩れの原因となることも…。

バネ式のシューキーパーを使うことによる靴の型崩れリスクについては、後ほど写真付きで説明します。

バネ式のシューキーパーは長時間使うことでの型崩れのリスクはあるものの、価格は低く抑えられている傾向にあります。

僕が所持しているバネタイプのシューキーパーは1種類のみ。

それがこちらです。

100円ショップでおなじみ。

ダイソー(DAISO)のシューキーパー。

100円ショップですが、一本150円で販売されています。

一足分(2本)だと300円ですが、それでもシューキーパーとしては破格のお値段。

このようにバネが曲がる構造です。

実際に革靴に入れてみましょう。

バネが大きく曲がり、靴のアッパーに負荷をかけていることが分かりますね。

革をしっかり伸ばせています。

ですが、かかとを見てください。

かかとの1点にバネの力が集中してしまっています。

この状態で長期間保管しているとその箇所の革が伸びていってしまい、最終的に革靴の型崩れを引き起こすのです。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
革靴の型崩れを防止するのがシューキーパーなのに?
一路
一路
残念ながら、そうなんです…

バネタイプのシューキーパーの使い方として、

  1. 靴を脱いだ後、
  2. 一晩だけ靴に入れて汗を吸収させて、
  3. その後取り出す

という方法がおすすめの活用方法。

革靴が最も型崩れしやすいのが、汗などの水分で湿った後の乾燥するときです。

そのタイミング、ピンポイントでバネ式のシューキーパーを入れておくだけでも革靴の型崩れ防止には効果を発揮します。

比較的安価なので、シューキーパーを初めて使う方などの入門編としては良いかもしれません。

以上が僕の所持するシューキーパー8種です。

シューキーパーの選び方|おすすめは?

シューキーパーを選ぶときには以下の点に意識を向けると、満足度の高いアイテムをゲットできます。

  • シューキーパーのサイズ
  • シューキーパーの価格
  • シューキーパーの吸湿性

シューキーパーのサイズ

革靴は履き続けるうちに足からのテンションが加わり、形が歪みます。

シューキーパーはそんな革靴の歪みを矯正します。

シューキーパーが革靴の内側から縦や横にテンションを加え、シワ伸ばし。

そのため、サイズが小さすぎると、革靴に十分なテンションを加えられません。

シューキーパーは靴に合ったサイズ選びをしましょう。

逆に、大きすぎると靴に入りません。

バネ式のシューキーパーの場合、縦方向に伸び縮みするため、ある程度適用サイズに融通が利き、便利です。

一路
一路
別の革靴への使い回しもできますし!
参考:サイズ対応表
日本UKEUUS
24.55.5406.5
25.0640.57
25.56.5417.5
26.0741.58
26.57.5428.5
27.0842.59
27.58.5439.5
28.0943.510
28.59.54410.5
29.01044.511
29.5114512

シューキーパーの価格

基本的に、シューキーパーは革靴の形状を精度良く再現するほど価格が上がります。

木製で靴の形状を精巧にかたどったシューキーパーは高く、プラスチック製でざっくりと成形されたシューキーパーは比較的お安めです。

木製でも、木の種類によって価格が変動することもあり、シューキーパー選びにおいて価格は大事な判断指標です。

基本的に、靴の種類や数を踏まえ、お財布事情と相談しながらシューキーパーを選ぶと良いでしょう。

1軍・2軍と革靴を履き分けている人ならば、

  • 1軍の靴には木製の価格高めのシューキーパー
  • 2軍の靴にはプラスチック製の安価なシューキーパー

といったように。

無理なく使い分けるのがおすすめです。

一路
一路
シューキーパーを使わないことが革靴にとって最も良くないことですからね…

シューキーパーの吸湿性

また、外回りでよく汗をかく人には、断然木製シューキーパーがおすすめ。

足も汗をかくため、革靴が汗を吸いやすいです。

脱いだ後にそのまま放置していると雑菌の温床おんしょうに…。

木製シューキーパーならば、汗を吸ってくれるため、靴内部を清潔に保てます。

シダー製なら、防菌効果もあるためベター。

プラスチック製だと革靴が吸った汗を吸わないため、カビが生えてしまうかもしれません。

大事な革靴は木製シューキーパーで守りましょう。

自覚がなくても、1日で足から出る汗は両足で200cc(コップ1杯分)と言われています。

営業の外回りで汗をかく人以外でも、シューキーパーは吸湿性の高い木製を選ぶに越したことはありません。

木製のチューブ式・ネジ式のシューキーパーなら安心

shoe-keeper-36

種類が多すぎて迷ってしまうという人には、基本的に、

  • 木製

で、

  • チューブ式

または、

  • ネジ式

のシューキーパーを選ぶのをおすすめします。

というのも、木製のシューキーパーは履いた後に汗を吸った革靴の内部環境を除湿し、清潔な状態を保てます。

また、チューブ式あるいはネジ式のシューキーパーは革靴に適度なテンションを加え、革靴の形状を整えるとともに、過度な力で革を伸ばしすぎる心配もありません。

ただ、どうしても価格は高め。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
シューキーパーに数千円は出せないよ…

という人は、プラスチック製のシューキーパーをチェックしてみると良いでしょう。

シューキーパーの選び方をまとめると、

  • 基本は木製でチューブ式・またはネジ式を選ぶべき
  • 予算が厳しいならばプラスチックシューキーパーをチェック

という判断基準がおすすめです。

大事に履きたい革靴ならば木製のチューブ式・ネジ式タイプのシューキーパー一択といって過言ではありません。

木製シューキーパーがおすすめ
  • 高価な革靴を長持ちさせて、大事に履きたい人
  • 革靴の内側を清潔に保ちたい人
プラスチック製シューキーパーがおすすめ
  • 価格を抑えて、革靴の型崩れを防ぎたい人
一路
一路
個人的におすすめしたいのは木製チューブタイプあるいはネジタイプのシューキーパーです!

シューキーパーのサイズ選びに迷ったら

シューキーパーは革靴の履きジワをしっかり伸ばすことが大事。

つまりは、革靴に合ったサイズ選びが重要です。

シューキーパーを選ぶとき、実際に革靴へ入れてフィット感を確かめられれば理想なのですが、試着できないことが多いです。

シューキーパーを取り扱っているお店に行く必要があり、なおかつ、お目当てのサイズが試着できるようにサンプル品が展示されていなければなりません。

都会ならまだしも、シューキーパーのサイズや種類が豊富に取り揃えられ、かつ試着が可能な状態のお店はそうそうありません。

ですが、シューキーパーを購入しないことには、革靴を履き下ろせませんよね?

そんなときにオススメなのが、先ほどご紹介したコロニルのアロマティックシダーシューツリーです。

アロマティックシダーシューツリーはシングルチューブで縦の伸縮に融通ゆうずうき、しかも甲部分が縦に割れたセンタースプリットタイプで横方向への広がりやすさも確保。

つまりは、適応サイズが広いのです。

コロニルのシューキーパーのサイズ展開としては、以下の通り。

アロマティックシダーシューツリーのサイズ展開(メンズ用)
  • Sサイズ
  • Mサイズ
  • Lサイズ
各サイズの適用範囲(メンズ)
シューツリーのサイズ革靴の適用サイズ
Sサイズ24.0cm~25.5cm
Mサイズ26.0cm~27.0cm
Lサイズ27.5cm~30.0cm
アロマティックシダーシューツリーのサイズ展開(レディース用)
  • Sサイズ
  • Mサイズ
各サイズの適用範囲(レディース)
シューツリーのサイズ革靴の適用サイズ
Sサイズ22.5cm~23.0cm
Mサイズ23.5cm~25.0cm

上記の通り、メンズが3サイズ、レディースが2サイズ展開。

1つのシューキーパーのサイズで、革靴のサイズバリエーションに比較的広く対応可能です。

コロニルのアロマティックシダーシューツリーは、サイズ選びが重要なシューキーパーの中にあって、サイズ選びに失敗しにくいシューキーパーといえます。

シューキーパーのよくある質問|Q&A

shoe-keeper-34

この項目ではシューキーパーについて、以下のよくある質問にQ&A形式でお答えしていきます。

シューキーパーQ&A
  • シューキーパーは何個必要?
  • シューキーパーのサイズの目安は?
  • シューキーパーはいつ入れる?
  • シューキーパーは靴に入れっぱなしでも良いの?

シューキーパーは何個必要?

シューキーパーは何個必要?

基本的には靴の数だけ必要です。

上のボックスをクリックすると回答が見れます。

シューキーパーは革靴やスニーカーの型崩れを防ぐためのアイテムです。

服でいうところの「ハンガー」のような存在なので、靴の形状やサイズの合ったシューキーパーが必要。

靴の長さだけでなく、幅や高さも重要。

そのため、1足ずつ靴に合ったシューキーパーを準備するのがおすすめです。

ただし、お財布事情でどうしてもシューキーパーが用意できず、靴の数に対してシューキーパーが足りない場合。

履き終わった後だけシューキーパーを入れ、1~2日程度ったら外して、他の靴に使い回すのが良いです。

というのも、靴の型崩れは汗を吸った靴が乾くときに最も起こりやすくなります。

靴を脱いだ後、汗が乾くまでの間だけでもシューキーパーを入れておけば、まったく使わないよりも型崩れを防ぎやすくなります。

先ほどの回答中の、

基本的には靴の数だけ必要です。

の「基本的には」の意味は上記のやむをえない場合のとき。

なるべく、靴の分だけ用意するのがベターです。

シューキーパーのサイズの目安は?

シューキーパーのサイズの目安は?

投入時にきつすぎず、甲革やかかとが張る状態のサイズを選びましょう。スニーカー用のシューキーパーの場合は、サイズ小さめでも履きジワ部分が伸びればOKです。

上のボックスをクリックすると回答が見れます。

シューキーパーのサイズは、投入する靴のサイズを大きく外れないことが重要です。

具体的には、

  • きつすぎず、ゆるすぎず

履き口からシューキーパーを入れるとき、引っかかって力を込めないと投入できないのなら、そのシューキーパーは大きすぎです。

そのまま無理に入れると、革を過度に伸ばしてしまい、足へのフィット感がゆるくなってしまうかも…。

逆に、シューキーパーは小さすぎても意味をなしません。

革靴の内側からしっかりとテンションをかけ、履きジワや形状の崩れを正すのが役目ですからね。

シューキーパーを入れた後、甲革を上と横から指で押し込んでみて、スペースが余りすぎているなら小さい証拠。

革のシワが伸びる程度にテンションがかかるシューキーパーを選んでみてください。

シューキーパーはいつ入れる?

シューキーパーはいつ入れる?

履き終わったらすぐに入れましょう。ひどく濡れた靴は、半日程度、内側を乾燥させた後で投入すると良いです。

上のボックスをクリックすると回答が見れます。

シューキーパーは、帰宅して靴を脱いだ後にすぐに入れてOKです。

革靴の形状が崩れやすいのは、靴が吸った汗が乾くとき。

シューキーパーを入れないと、靴が吸った水分が乾くときに型崩れを起こすリスクが生まれます。

  • 湿気がこもらないように、靴を脱いでからすぐにはシューキーパーを入れない

という意見もありますが、木製のシューキーパーなら水分を吸ってくれるので安心。

靴の内側の水分を調節し、カビの発生を防ぎます。

プラスチック製シューキーパーの場合、水分を吸収する機能がないため、靴を脱いだ後は数時間時間を置いてからプラ製シューキーパーを入れましょう。

シューキーパーは靴に入れっぱなしでも良いの?

シューキーパーは靴に入れっぱなしでも良いの?

入れっぱなしでOKです。シューキーパーには自分がその靴を履いていないときにも自らの足の分身として形をキープする役割があります。ただし、バネタイプのシューキーパーに関しては入れっぱなしはNGです。

上のボックスをクリックすると回答が見れます。

先ほども述べましたが、シューキーパーは靴のハンガーのような存在。

自分の代わりに靴を履き続け、靴の型崩れを防ぎます。

そのため、シューキーパーは靴に入れっぱなしでOKです。

だからこそ、靴の分だけシューキーパーを揃えたほうが良いという側面があります。

ただし、バネタイプでかかとに過度なテンションがかかるシューキーパーに関しては、入れっぱなしはいけません。

かかとに無理な力が長時間かかるため、かかとの革が伸びてしまい、形状が崩れます。

  • 靴の形をキープするためのシューキーパーによって型崩れが起きる

なんて、本末転倒なことが起きてしまいますからね。

バネタイプのシューキーパーは靴のお手入れのときだけなど、シーンを選んで活用しましょう。

シューキーパーの特徴を比較

shoe-keeper-35

最後に、シューキーパーの種類別に特徴を以下にまとめました。

シューキーパーのタイプ別特性比較表
表中のマークの意味
  • :優れている
  • :良い
  • :イマイチ
  • :効果なし
材質別シューキーパー比較
タイプ形状維持調湿軽さ価格オススメ度商品ページへ
プラスチック
amazonで見る

amazonで見る
形状別シューキーパー比較
タイプ形状維持調湿軽さ価格オススメ度商品ページへ
チューブ
amazonで見る
ネジ
amazonで見る
バネ
amazonで見る

こうしてみると各種類、メリット・デメリットがあり、それぞれ特徴があることがわかります。

これらはあくまで、僕が今まで使用してきた印象で感覚的に判断したものです。

そのため、他の方が実際に使ってみた印象とは異なるかもしれません。

履いている靴の形状にも左右されますし、遠方への旅行や出張が多い方は持ち運びしやすいシューキーパーの方が好みだ、ということもあるでしょう。

様々なシューキーパーを沢山試してみて、自分のライフスタイルに合ったシューキーパーを見つけ出すこともまた一興です。

シューキーパーの特徴を知り適したシューキーパーを選ぼう

本記事では、9種類のシューキーパーを見ながら、それぞれの特徴を比較しました。

シューキーパーは革靴の形を整え、型崩れを防止してくれるシューケア用品。

革靴管理の必需品です。

素材と形状でいくつかの種類に分かれますが、基本的に、

  • 木製の、チューブタイプもしくはネジタイプのシューキーパー

がおすすめです。

革靴の形をがっしり保持し、履き続けるうちに革靴が吸った汗を吸収してくれます。

美しさと清潔さを保てますよ。

シューキーパーにお金を掛けたくない人には、プラスチック製のシューキーパーをします。

比較的低価格なので複数足分そろえても、ふところがいたみにくいです。

革靴の数や自分の用途に合わせ、好みのシューキーパーを選んでみてください。

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

recommend-shoe-tree-1
【価格別】おすすめシューツリー3選!高機能で高コスパ【サイズ選びの参考に】シューツリーは革靴の形状を維持するだけでなく、カビの発生を防ぐ除湿作用や消臭機能を持つ優れたシューケアアイテムです。プラスチック製のシューキーパーより高価格ですが、革靴を良好なコンディションに保てるのを踏まえればコスパ抜群。この記事では、価格別にオススメのシューキーパーをまとめました。詳細と合わせてご覧ください。...
difference-shoe-tree-toe-1
【シューツリー比較】サイドスプリットとプレーンの違いと特徴を解説【つま先割れの有無】シューツリーでメジャーなサイドスプリット型とプレーン型は、つま先部分の割れ目の有無の違いです。サイドスプリットは左右に力が掛かるため汎用性が高く、プレーンは細身の美しい靴に特化したシューツリー。それぞれの特徴を比較した記事です。実際に装着した靴でも比べています。...
diplomat-ceder-shoe-tree-1
ディプロマットシダーシューツリーをレビュー!丸みのある外羽根靴におすすめディプロマットシダーシューツリーは丸みを帯びた形状の革靴に適したシューキーパー。型崩れを予防します。革靴にたまった足の汗をシダーが吸収しカビの発生を防げるため、ニオイも解消。レザーシューズの保管に欠かせないシューツリーの詳細をご紹介した記事です。...
スレイプニルのシューツリーをレビュー!レッドウィングのワークブーツにピッタリ革靴を保管する際に使用するシューツリーですが、革靴の形にあっていないものを使ってしまうとその効果は半減してしまいます。レッドウィングのワークブーツに使用しているシューツリーの型が靴と合っていない気がしたので、今回、スレイプニル(Sleipnir)のシューツリー、「トラディショナルモデル」を購入しました。それぞれの革靴に合ったシューキーパーを使用して靴の寿命を延ばしましょう!...
briga-shoe-tree-1
BRIGAシューツリーをレビュー!甲高設計で細身の革靴にピッタリBRIGA(ブリガ)のシューツリーは甲高設計で高さ方向のテンションを加えられる、こだわりシューキーパー。イギリスの伝統的な革靴のラストをベースに作られているため、スタイリッシュなドレスシューズやレースアップシューズにおすすめです。この記事ではオックスフォードタイプのシューツリーの詳細と使用感について解説します。...
sarto-recamier-shoe-tree-1
サルトレカミエのSR300EXレビュー!高級感タップリのシューツリー末永く愛用したいお気に入りの革靴だからこそ、良質なシューキーパーを使って型崩れやカビの発生を防ぎましょう。サルトレカミエのSR300EXはネジ式のシューキーパーでサイズの微調節が簡単。手軽に自分の革靴とサイズを合わせられます。ブナ材の高級感あふれ、所有する喜びを感じる、高コスパで満足度の高い逸品ですよ!...
aromatic-cedar-shoe-tree-1
【コロニル】アロマティックシダーシューツリーをレビュー!革靴の型崩れを予防【イヤなニオイ防止】コロニル(Collonil)のアロマティックシダーシューツリーは革靴保管には欠かせないシューケアアイテム。履き終わった後の革靴に入れれば革のシワを伸ばし、靴の反りを解消できます。シングルチューブタイプのシューキーパーなのでテンションが均一に加わり、型崩れを防止する効果が高いです。シダーの吸湿・防臭作用が靴内部の環境を整え、カビや嫌なニオイを抑える働きもあり。お気に入りの靴を守るため、活用したいシューツリーですよ!...
shoe-keeper-size-comparison-1
シューキーパーのサイズが分からない?コロニルのS・Mサイズを比較シューキーパーのサイズ選びが難しい…。買い物に失敗したくないという人へ向け、シューキーパーのサイズ比較をします。コロニルのシューキーパーはS・M・Lの3サイズ展開。各サイズで靴の適用サイズに幅があるため、「サイズが合わなかった…」という失敗が少ないです。この記事では、同じサイズの革靴にSサイズとMサイズを投入してフィッティングの違いを比較しました。...
5-shoeshine-goods-1
【初心者必見】靴磨き用品おすすめ5選!最低限革靴メンテに必要な道具は何?靴磨きを始めたいけど、まず何が必要なの?その疑問にお答えします。とりあえず揃えておきたいシューケアアイテムは馬毛ブラシ・シューキーパー・靴クリーム・クリーム塗布用ブラシ・磨きクロスの5つです。なぜ、僕がそれらの道具を選んだのか、どんな効果があるのかを本記事内でご紹介します。...
new-shoes-with-keeper-1
新しい革靴とシューキーパーはセットで買うのがおすすめの理由【反り返り対策】新しく革靴を買ったなら、シューキーパーもセットで購入しましょう。シューキーパーを使わないと靴が反り返ってしまい、美しさを損ねます。それだけでなく、革の寿命を縮めることに…。シューキーパーを使えば末永く革靴を愛用できます。なるべく早い段階で活用するのがおすすめ。革靴を買ったタイミングで準備することが理想です。...
shoe-keeper-must-1
シューキーパーっていらない?革靴を長く愛用したいなら絶対必要です「Q.シューキーパーって本当に必要?」「A.必要です」靴の型崩れを防いで美しさをキープしてくれるシューキーパーは、靴を長持ちさせるための必須アイテム。木製のものならば除湿作用を持ち、雑菌やカビの繁殖を抑えて清潔さをキープする効果も。特に、「革靴には絶対必要」といって過言ではないシューケア用品です。...
recommend-leather-shoes-1
カジュアル革靴おすすめ7選!ガシガシ履けるレザーシューズ【レビュー集】冠婚葬祭やビジネスの印象が強い革靴。ですが、革靴にはカジュアルシーンでも大活躍してくれるポテンシャルがあります。革の丈夫さやフォーマル・カジュアルのバランスの取れた雰囲気は日常の様々なシーンで活躍する可能性を秘めているのです。革靴をシーン別に履き分ければ、休日のシューズライフが充実!普段からスニーカーしか履かないという方にはぜひご覧ください。...
shoe-care-goods-summary-1
【靴磨き道具101個使用レビュー】おすすめの革靴メンテナンス用品はどれ?靴磨きにはどんな道具を使うの?何が必要?あると便利なアイテムは?この記事をご覧になればわかります。ブラシや靴クリーム、シューポリッシュやシューキーパー。使う理由と得られる効果と共にオススメアイテムのレビューをまとめています。...
shoe-polisher-beautiful-1
【4選】革靴をきれいにするオススメ靴磨き道具一覧【選び方のポイントは?】 革靴に愛着があればあるほど、上記の思いは強いはず。 革靴は履き続けるうちに汚れていくため、だんだんとみすぼらしくな...
履きやすさと満足感で選ぶ!おすすめ革靴

革靴選びのご参考として、履きやすさと持つ喜びを感じるシューズブランドをご紹介します。

コールハーン
ranking-cole-haan
スニーカーのような履き心地の革靴多数!
アメリカ発のシューズ・アパレルブランド。
履き心地
「革靴を履くのはつらい」を覆すバツグンの快適性

記事を見る公式ページ

シェットランドフォックス
ranking-shetland-fox
履いて嬉しい高級感!
靴の美しさ・楽しさを提案するシューズブランド。
履く喜び
メイドインジャパンで日本人の足になじむ形状と高級感

記事を見る公式ページ

リーガル
ranking-regal
本格革靴を手軽に楽しむなら!
日本のシューズブランド。
コスパ
リーズナブルな価格で本格派革靴を楽しめる

記事を見る公式ページ

当ウェブサイト「シンジツイチロ」運営者
一路(イチロ)
ichiro-pic
仕事はほどほど、目立たずひっそり世に佇む技術系社会人。たまの休日に靴を磨くことが生きがい。

「靴磨きで人生に彩りを!」

※当サイトはリンクフリーです。当サイトの記載事項や画像をご利用の場合は「出典」として元の記事へのリンクを設置の上、引用の範囲内でご利用ください。
あなたにはこんな記事もおすすめ