革靴

カジュアル革靴おすすめ7選!ガシガシ履けるレザーシューズ【レビューまとめ】

recommend-leather-shoes-1

革靴といえば、

  • フォーマル

という印象をお持ちの方は少なくないはず。

確かに、黒のストレートチップなどのフォーマル度が高い革靴は冠婚葬祭に必要不可欠です。

ですが、デザインによってはカジュアルシーンに上手くハマる革靴もあります。

僕のような私服通勤のサラリーマンは、フォーマルな革靴を履く機会が限られています。

そのため、フォーマル靴を履く機会はそう多くはありません。

しかし、カジュアル靴はどうでしょう?

休日やちょっとそこまで出かけるときなど、フォーマル靴よりもカジュアル靴の方が履く機会が多いという方も決して少なくないかと。

革は丈夫で耐久性抜群。

革で作られた革靴もまた、高耐久を誇ります。

履く機会が多いカジュアル靴だからこそ、丈夫な革靴がオススメです。

スニーカーも良いですが、カジュアル使い用の革靴を持っておくと何かと便利。

かくいう僕も、カジュアルシーンで長期間愛用している革靴をいくつか持っています。

そんなわけで本記事では、日常使いに大活躍する革靴7足をご紹介します。

この記事はこんな方にオススメ
  • カジュアルに使える革靴を探している
  • 長く履ける革靴が欲しい!
  • 雨の日でも気兼ねなく革靴を履きたいなぁ…

メンバーシップ登録で送料無料+新規登録時10%OFFで購入可能
コールハーン公式サイトへ

コールハーン公式オンラインショップで歩きやすい靴を探す

革靴ってカジュアルに履けるの?

革靴といえばフォーマルなイメージがつきもの。

スーツスタイルの足元を飾る革靴は、歴史あるトラディショナルなアイテムです。

ビジネスや冠婚葬祭のときに履くのが革靴という方も少なくないのでは?

それはもったいないです。

  • 革靴が持つポテンシャルは無限大

革靴はフォーマルな場だけでなく、カジュアルシーンにも大活躍してくれます。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
え?
ほんとに?
一路
一路
ブラックのストレートチップは確かにフォーマルですが、カジュアルダウンに使える他のタイプの革靴もあります!

一言で革靴と言っても、その種類は多種多様。

カジュアルライクな革靴は休日にも違和感無く、むしろ良い塩梅あんばいのカッチリ感でカジュアルスタイルを引き締めてくれます。

リラクシンな雰囲気とオシャレなよそおいの、バランスのとれたコーディネートができるのです。

かくいう僕はもちろん、平日・休日問わず革靴を履いています。

しかも無理に履いているわけではなく、履き心地が良いので自然と手が伸び、履いているのです。

それはなぜか?

一般的に歩きづらいとか、履きにくいという印象が持たれやすい革靴。

ですが、自分の足に合った革靴ほど履きやすいものはありません。

革靴は名前の通り、革でできています。

  • 革は丈夫でしなやか

履き込むうちに自分の足になじみ、自分だけの革靴になるのです。

自分の足になじんでいるので履き心地も抜群。

おまけに革は耐久性があるため、長く愛用できます。

お手入れしつつ革を育てていく感覚を味わえるのが革靴の醍醐味だいごみです。

カジュアルな革靴の選び方

カジュアル使いする革靴選びはフォーマルな革靴と違い、カッチリし過ぎず程よくラフな雰囲気をまとえるかがポイントです。

上記を踏まえた革靴選びをするのがおすすめ。

そこで、この項目ではカジュアル使いに適した革靴の選び方を解説します。

ポイントは、

  • デザイン

です。

黒以外はカジュアル度高め

カジュアル使いする革靴は色の選択肢が広いです。

というのも、フォーマルな革靴はブラックが必須条件。

しかし、カジュアル使いする革靴の場合、色はそれほど気にする必要はありません

明るい色ならカジュアル要素が高く、暗い色ならフォーマル度が高いです。

この後に述べる、靴のデザインとのバランスによって最終的なカジュアル度が決まりますが、基本的にカジュアルシーンで履く靴の場合、お好みの色を選べばOKです。

ただ、1つだけ注意点が。

ストレートチップや内羽根式などのフォーマル度の高い靴の場合、黒い色を選ぶとフォーマルさが高くなりすぎることに…。

フォーマルすぎる革靴はカジュアル使いには向きません。

黒の靴を選ぶ場合、靴のデザインをカジュアルに寄せて革靴全体の雰囲気をバランス調整しましょう。

外羽根式はカジュアル寄り

外羽根式の革靴はカジュアル使いにピッタリ。

アッパーとは別れて羽根が付いているのが特徴の外羽根式は、カジュアルなデザインです。

逆に、アッパーと羽根が一体となった内羽根式はフォーマル度が高く、カジュアル使いには不向き。

内羽根式の革靴はフォーマルさが高まりすぎるため、カジュアルな服装では足元が浮いてしまうかもしれません。

一路
一路
もちろん、色や装飾の程度にも左右されますけどね!

ただ、外羽根式ならそれだけでかなりカジュアル要素が強め。

普段使いの革靴のデザインとして適しています。

ストレートチップ以外はカジュアルさアップ

つま先のデザインもまた、革靴のカジュアルさを左右する要素です。

革靴で最もフォーマルなデザインはストレートチップ。

キャップドトゥとも呼ばれる、つま先に一文字のデザインが入った伝統的なデザインです。

ストレートチップの次にフォーマル度が高いのは、何もデザインのないプレーントゥ。

しかし、プレーントゥはカジュアルにも使えるデザインなので、カジュアル使いという観点からは、避けるべきデザインはストレートチップのみ。

ストレートチップ以外のデザインならば、カジュアルな服装にもなじみます。

仮にデザインがストレートチップでも、明るい色だったり、外羽根式の革靴であれば程よくフォーマル加減が緩和され、カジュアルライクな雰囲気になります。

つま先のデザインと、先ほどまでにご説明した羽根の形状を総合的に踏まえ、カジュアルに履ける革靴を選んでみてください。

カジュアルシーンで大活躍してくれる愛用の革靴7選

ここからは革靴好きの僕がカジュアル使いしているレザーシューズをご紹介します。

シーン別に履き分けている革靴7足です。

シックな装いにしたいときの革靴

まずはシックな(上品で洗練された)雰囲気を出したいときの革靴から。

コーディネートを足元でグッと引き締めたいときに履く革靴です。

それがこちら。

shetland-fox-winston-11

シェットランドフォックス(SHETLAND FOX)のウィンストン

黒のプレーントゥのコードバン(馬革)靴です。

シェットランドフォックスとは
  • 日本のシューズメーカー「リーガルコーポレーション」から1982年にデビューしたシューズブランド

日本人の足型を徹底的に分析して作られたフィッティングと履き心地の良さがシェットランドフォックスの魅力。

コードバン靴「ウィンストン」はシェットランドフォックスのこだわりが詰まった革靴です。

一路
一路
日本のメーカーだからこそ作れる、日本人のためのシューズブランドですよ!

黒いボディでプレーントゥというフォーマル寄りのデザインを持ちつつ、ぽってりとした形状がフォーマル過ぎない愛らしさを表現。

shetland-fox-winston-14

シックな装いながらカジュアルさもあわせ持つ、バランスのとれた革靴。

それがウィンストンです。

流行にとらわれない長く履けるデザインで、5年・10年と末永く付き合っていきたいと思える革靴です。

ウィンストンのアッパー(甲革)には水染めコードバンが使われています。

shetland-fox-winston-16

馬のおしりの皮をなめして作られる革、「コードバン」。

コードバン本来の風合いをかせる「水染め」で仕上げた水染めコードバンは、上品で透明感のあるツヤを放ち独特の雰囲気を持っています。

shetland-fox-winston-4

ウィンストンは外羽根式の革靴。

shetland-fox-winston-10

外羽根式の革靴は羽根の部分がガバッと開くため、足が出し入れしやすく履きやすいのが特長。

履きやすいウィンストンは、カジュアルシーンでも使いやすい革靴です。

ラスト形状にもシェットランドフォックスのこだわりが。

shetland-fox-winston-3

美しさを犠牲にせず、足形に近い形との両立を達成した流線形デザイン。

このデザインを採用することで自然な履き心地が得られ、かつ足の負担を軽減することが可能に。

履き続けても疲れにくく、快適なフィット感が得られる革靴に仕上がっています。

シェットランドフォックスの革靴へのこだわりが凝縮されたラストを採用したウィンストンは、重厚ながらも快適な履き心地を提供してくれます。

エレガントさを出したいときの革靴

足元にエレガントさを出したいときにはオールデンの「975」ロングウィングチップがオススメ。

Alden-975-6

先ほどのウィンストンと同様、アッパーにコードバンを使った革靴です。

全体の見た目はかなりボリューミー。

オールデンのNo.8ナンバーエイト(♯8)と呼ばれる、ダークバーガンディの赤とも紫とも異なる渋い色見の革靴。

深みのある色味はダークバーガンディならではの妖艶ようえんな雰囲気。

シックとはまた異なる、エレガントでゴージャスな印象。

僕と2年以上の時間を共に歩んでいるコードバンの革靴です。

デザインはフルブローグとも呼ばれるウィングチップ。

Alden-975-14

アッパー(甲革)はホーウィン社のシェルコードバン。

Alden-975-17

アメリカでも屈指のタンナーである、ホーウィン社のコードバンは繊維密度が高く厚みがあり、それでいて色ムラが少ないのが特長。

アイレットは5穴で外羽根式。

Alden-975-7

クラシックなたたずまいながらも、外羽根のウイングチップがカジュアル感を演出。

一路
一路
優雅さが表れていますね!

コードバンのツヤが美しいオールデン975は履くだけで、足元にあるにも関わらずその存在感をいかんなく発揮。

アメリカの革靴を代表するメーカー、オールデンの代名詞ともいえるコードバン靴は、深みのあるツヤが美しい、履いていて気分が上がる靴です。

2年以上履き続けても全くガタがこない頑丈さも魅力。

ガシガシはけるので、カジュアルシーンにも大活躍してくれます。

革の風合いをとことん楽しめる革靴

革の上質でユニークな味わい深い表情を存分に楽しみたいなら、サントーニの革靴はチェックしておきたい逸品。

革の風合いをとことん楽しめる革靴が目白押しです。

サントーニのダブルモンクストラップの革靴は風合い豊かな表情が魅力の1足。

santoni-double-monk-11

ハンドカラーペインティングによる、深みのあるカラーとツヤ感が強く表れています。

santoni-double-monk-14

この美しい色味は素晴らしいの一言。

色気ただようカラーグラデーションです。

santoni-double-monk-36

キメ細やかな革がハンドペイントの絶妙な色合いをより際立たせています。

santoni-double-monk-15

柔らかな革で、革の魅力をあらためて教えてくれる、まさに芸術品。

ストラップ部分のゴールドバックルは高級感をより一層高め、履く喜びを感じさせてくれます。

santoni-double-monk-17

丁寧ていねいな作りで、革の風合いだけでなく革靴としての完成度の高さに驚かされるシューズに仕上がっています。

足元に軽快感が欲しいときの革靴

コールハーンの革靴は、スニーカーのような気軽で軽快な履き心地。

普段からスニーカーしか履かないという方でも、構えることなく取り入れられる革靴です。

ここからは、僕が愛用しているコールハーンの革靴のディティールをご紹介していきます。

cole-haan-penny-loafer-3

こちら、コールハーンの「ピンチペニー」。

アッパー(甲革)は光沢が美しいガラスレザー。

cole-haan-penny-loafer-4

靴ひもがない、履きやすい形です。

シューツリーを外すと、落ち着いた淡いブラウンのインソールが顔を出します。

cole-haan-penny-loafer-11

後ろからも見てみましょう。

cole-haan-penny-loafer-15

履く人を選ばない、シンプルでスタイリッシュなデザインです。

スニーカーライクな履き心地を持つコールハーンの革靴は、普段からあまり革靴を履かない方にもオススメできる、日常使いしやすい革靴です。

それを実現するのが、クッション性の良いインソールと歩きやすさを追求した形状。

気軽に楽しめるコールハーンの革靴は、カジュアル用革靴のとっかかりとして最適。

革靴愛好家の方はもちろん、休日に履ける革靴を探しているという方にもオススメの革靴です。

スニーカーのような履き心地の革靴

スニーカーのような履き心地を持つコールハーンの革靴。

その中でも、特にストレスフリーの感覚を味わえるのが、独自技術のオリジナルグランドを採用した靴です。

オリジナルグランドとは
  • コールハーンのオリジナルテクノロジー「グランド.OS」の1種
  • 革靴とは思えない快適な履き心地を提供する

快適性の高さは限界突破する勢い。

こちらはオリジナルグランドを搭載したモデルのプレーントゥ。

cole-haan-nubuck-shoes-4

ヌバックレザーを使ったレザーシューズです。

ネイビーのソリッドな革の質感が印象的。

cole-haan-nubuck-shoes-11

カジュアルに履ける革靴です。

重さは片足で約300g。

cole-haan-nubuck-shoes-32

ハチャメチャに軽いです。

この軽さとソール構造が履き心地に大きく貢献。

ストレスフリーな歩行感が得られます。

cole-haan-nubuck-shoes-36

実際に履くと、まるで雲の上を歩いているかのような、軽くフワフワとした履き心地。

自然と足取りが軽くなる革靴です。

メンバーシップ登録で送料無料+新規登録時10%OFFで購入可能
コールハーン公式サイトへ

コールハーン公式オンラインショップで歩きやすい靴を探す

雨の日でも革靴を楽しみたいときの革靴

日本のシューズブランド「スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN)」。

スコッチグレインには数多くの革靴がラインナップされているわけですが、僕はその中の一つ「シャインオアレイン」を愛用しています。

シャインオアレインはアッパー(甲革)に撥水はっすいレザーを使った全天候対応型の革靴。

晴れの日はもちろん、水をはじくアッパーによって雨の日にも気兼ねなく履ける革靴。

それがシャインオアレインです。

shine-or-rain-4

こちら、スコッチグレインの「シャインオアレインⅣ」。

ブラックのセミブローグタイプの革靴です。

shine-or-rain-8

シャインオアレインのアッパーは、フッ素が含まれた国産カーフレザーです。

シャインオアレインは撥水はっすい性の革を用いたスコッチグレインの製品ラインナップの一つ。

国産のカーフ(仔牛の革)をなめす段階でフッ素を配合することにより、撥水はっすい効果を付与させた革を使用しています。

そのため、革に水シミができにくく、雨の日にも安心して履くことができます。

スコッチグレインの撥水はっすいレザーは、エナメルやガラスレザーのように革表面を加工しているわけではないので、革本来の自然な表情を楽しめるのが売り。

革の上に邪魔者が存在しないため、通常の革靴と同様に保革作業が可能です。

靴クリームを使った水分・栄養補給もしっかりと行えます。

靴底はスコッチグレインオリジナルの「SGソール」。

shine-or-rain-16

ラバー製のSGソールは、グリップ力が高く、雨に濡れた床でも滑りにくいです。

一路
一路
雨の日でもガンガン活躍してくれる秘密はアウトソールにも表れていますね!

シャインオアレインの強みはやはり、雨の日でも本格革靴が楽しめる点。

雨の日はどうしても革にできる水シミが気になってしまい、いわゆる「1軍靴」を履くのをためらってしまいます。

しかし、撥水はっすいレザーをアッパーに使ったシャインオアレインならば、水シミを気にせずに履くことができます。

比較的低価格帯でありながら、非常に満足度の高いスコッチグレインのシャインオアレインは、雨の日用の革靴をお探しの方にとてもオススメです。

ちょっとしたアウトドアや散策で活躍してくれる革靴

ちょっとしたアウトドアシーンや、その辺を散策したりできるような気軽に履ける革靴はとても便利。

さらに言えば、楽に履けるスリッポン(サボ)タイプの靴は一足持っておいて損はありません。

靴紐を結んだりほどいたりすることもなく足を包み込んでくれるので、脱ぎ履きが楽なスリッポン。

ダンスコ(dansko)のコンフォート靴である「プロフェッショナルオイルド」もスリッポンタイプの靴です。

僕自身、ダンスコのプロフェッショナルオイルドは大のお気に入りで、3年以上愛用しています。

dansko-professional-oiled-10

シンプルでトラディショナルなデザインのスリッポンタイプの革靴です。

アッパーにはオイルドレザーを使用。

dansko-professional-oiled-6

ソールには弾力性のあるポリウレタンが採用されており、衝撃吸収性を高くする工夫がなされています。

dansko-professional-oiled-9

歩くときの衝撃が緩和され、快適な履き心地に。

ダンスコはソールが約5cmと厚く、重厚な作り。

dansko-professional-oiled-1

手に持ってみると靴自体の重さをズッシリと感じますが、意外にも、履いてみるとその重さをほとんど感じません。

足にフィットする靴は重さを感じにくいものですが、ダンスコのプロフェッショナルオイルドもその例にれず、快適な履き心地です。

僕が日ごろから愛用している中で感じた、ダンスコのプロフェッショナルオイルドのメリットとして以下の5点があります。

  1. 履き心地抜群
  2. 疲れにくい
  3. とても丈夫
  4. 撥水性がある
  5. 服装を選ばない

以上の通り、ダンスコのプロフェッショナルオイルドは履き心地が良く、ついつい手が伸びてしまう快適シューズ。

計算されたヒールの高さとアーチ形状が身体の負担を軽減し、履き続けても疲れにくい革靴です。

オイルドレザーで作られているため撥水はっすい効果もあり、雨の日でもガシガシ履ける点も魅力的。

疲れにくく、天気に左右されないので意識せずとも出番が増えます。

一路
一路
アウトドアにも、ちょっとした散歩にも使いやすい革靴です!

カジュアルな革靴の磨き方

カジュアルな革靴の磨き方は基本的に特別なことはせず、革に水分と油分を与えてコンディションを整えるのが大事。

その点は通常の靴磨きと変わりません。

磨き方
  1. ブラッシングでホコリを落とす
  2. 靴クリーナーで汚れを落とす
  3. 靴クリームを塗ってからクロスで磨き上げる

しかし、カジュアルな革靴の場合、鏡面磨きのような光沢を出すのには違和感があったり、ガシガシとカジュアルシーンで履くため、ワックスの層が割れやすかったりします。

そういった場面を想定するなら、日頃のお手入れではシューワックスは使わず、靴クリームでのツヤ出し程度に抑えた方が無難です。

また、革種として先ほどご紹介した、ダンスコのサボのようなオイルドレザーを使った靴は、小さな傷程度ならブラッシングのみで目立たなくなります。

総じて、カジュアルシーンで履ける革靴はお手入れがラク。

気軽に革靴を楽しめるのが利点の1つです。

とはいえ、フォーマル靴のようにガッツリ輝かせるのも大いにあり。

気分によって革靴の仕上がりを変えるのも、

  • ラフに履けるカジュアルな革靴の楽しみ方

です。

革靴はカジュアル使いにもおすすめ

本記事では、カジュアルシーンで活躍してくれる革靴7足をご紹介しました。

革靴は耐久性が高くガシガシ履いてもへこたれにくい丈夫さがあります。

フォーマルな場だけでしか革靴を活用しないのはもったいないです。

カジュアルに・ラフに履ける革靴は持っておくと何かと重宝します。

適度なフォーマル・カジュアルのバランスがとれたたたずまいはコーディネートをシックにまとめる手助けをしたり、ファッションにアクセントを加えてくれます。

また、丈夫でしっかりとした革を使った革靴は、そのがっしりとした硬さで歩行をサポートしたり、足を外からの衝撃から保護してくれます。

一路
一路
ぜひともカジュアルに革靴を履いてみてください!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

メンバーシップ登録で送料無料+新規登録時10%OFFで購入可能
コールハーン公式サイトへ

コールハーン公式オンラインショップで歩きやすい靴を探す

shetland-fox-winston-5
【シェットランドフォックス・ウィンストンをレビュー】履き続けるとツヤを増す水染めコードバン靴シェットランドフォックス(SHETLAND FOX)の革靴であるウィンストンのレビューを2年間履いた感想と共にお伝えします。日本人に適したラストをはじめ、履き心地を追求したウィンストンは履いて快適なだけでなく、水染めコードバンの上品なツヤめきも魅力の一つ。メイドインジャパンの極上の革靴をぜひとも味わっていただきたいと思います。...
Alden-975-8
オールデン975ロングウィングチップのディティールは?コードバンの美しさを直に感じる一足【Alden】オールデン(Alden)は米国を代表する革靴メーカーの一つ。ホーウィン社から提供される極上のコードバン(馬革)から作られるコードバン靴は上品で深みのある独特なツヤが魅力。こだわりのラストが足を優しく包み込み、フィット感も抜群。とても履きやすいので革靴に抵抗がある方へもオススメです!この記事ではオールデン975ロングウィングチップの魅力をコードバンの経年変化を交えながらご紹介しています。...
santoni-double-monk-1
【サントーニ】ダブルモンクストラップの革靴をレビュー【手染めの色彩が美しい1足】イタリアの高級シューズメーカー「サントーニ(Santoni)」のダブルモンクストラップの購入レビュー記事です。上質な革をハンドペイントで塗り上げた深い風合いは一見の価値あり。芸術品といって過言ではない「パーフェクトシューズ」の詳細をご覧ください。革靴を履いた様子もご紹介します。...
cole-haan-penny-loafer-1
【革靴の経年変化】コールハーンのペニーローファーを1年間履いたらこんな感じになりました楽に履ける革靴ってないかな?そんな方にオススメしたいのがコールハーン(COLE HAAN)のレザーシューズ。アメリカのファッションブランド「コールハーン」の革靴はスニーカーライクな履き心地で気軽に楽しめる靴です。休日用の革靴として一足持っておくと重宝します。この記事では1年以上履き続けたコールハーンの革靴の革の状態やディティールをご紹介します。...
cole-haan-nubuck-shoes-1
コールハーンのヌバック革靴を購入レビュー!どんなコーデにもなじんで抜群の履き心地コールハーンのヌバックレザー靴のディティールと履き心地をレビューした記事です。抜群のクッション性と軽さを誇るコールハーンの革靴は履き続けても快適。それでいて上品な佇まい。ストレスフリーでドレッシーな革靴をお探しならコールハーンは要チェック。独自技術「グランドOS」を採用した革靴の詳細はいかに!?...
shine-or-rain-9
スコッチグレインのシャインオアレインをレビュー!雨でも安心の革靴【2年履いた感想】スコッチグレインのシャインオアレインは晴れでも雨でも履ける全天候対応型の本格革靴です。撥水処理を施した国産カーフのアッパーは水をはじきやすいため、水シミの心配がなく雨に日に履いても安心。悪天候でもガシガシ履ける革靴です。2年間愛用して分かったメリット・デメリットを交えつつ、シャインオアレインのディティールをご紹介します。ご購入時の参考としてもらえれば幸いです!...
dansko-professional-oiled-3
ダンスコの革靴『プロフェッショナル』を3年間履いた感想とメリット・デメリットとは?【レビュー】ダンスコの革靴「プロフェッショナルオイルド」のレビュー記事です。コンフォートシューズであるダンスコの靴は履き心地抜群!長時間履き続けても疲れにくい構造はアメリカの医学協会にも認められています。この記事ではプロフェッショナルオイルドの詳細と3年以上愛用し続けている僕が感じたメリットとデメリットをまとめました。...
black-leather-shoes-1
【コーデに大活躍】黒のメンズ革靴おすすめ5選!履き回しやすい定番色【レビューあり】黒の革靴はフォーマル・カジュアルな服装問わず、大活躍してくれる頼れる存在。一足持っておくと何かと便利です。カッチリ感を演出しつつも、他のアイテムを邪魔しない絶妙なバランスが黒い革靴の魅力。この記事ではオススメの黒い革靴をまとめています。気軽に履けるローファーから冠婚葬祭にも使えるストレートチップまで。使いやすさ抜群のブラックシューズをご覧ください!...
plain-clothes-leather-shoes-1
私服に革靴はおかしくない!ポイントはデザインと形状【スタイリングを引き締める】私服に革靴っておかしい?いえ、まったくおかしくありません。むしろ足元が引き締まり、上品なコーデが完成します。ただ、意識すべきは羽根のデザインとつま先の形状。外羽根式で丸みを帯びた形状がカジュアル使いにはベター。休日のラフな服装を少しだけドレスアップすれば、大人の雰囲気漂うスタイリングが作れます。...
regal-reputation-1
リーガルの評判は?高品質ながらリーズナブルな国産革靴ブランド【購入レビューあり】日本のシューズブランド「リーガル」の特長は?気になる人はこの記事をチェック。リーガルには熟練の職人の方々の手で作られる高品質な革靴が多数ラインナップしています。それでいて、本格革靴としては比較的リーズナブルな価格帯。「革靴を手入れしながら長く履きたい」と思ったときのエントリーシューズとしてピッタリです。購入レビューと合わせてご覧ください。...
step-1-shoe-keeper-10
【靴磨き手順STEP1】シューキーパーで革靴の形状を維持する【シューズを美しい状態で保つ方法】靴磨きを始めようと思ったそこのあなた!まずは革靴にシューキーパー(シューツリー)を入れましょう。靴用ハンガーともいうべきシューキーパーは、靴の型崩れを防止してくれる優れもの。お気に入りのシューズをいつまでもきれいな状態に保つため、シューキーパーを利用するのはシューケアの基本です!...
cole-haan-nubuck-shoes-1
コールハーンのヌバック革靴を購入レビュー!どんなコーデにもなじんで抜群の履き心地コールハーンのヌバックレザー靴のディティールと履き心地をレビューした記事です。抜群のクッション性と軽さを誇るコールハーンの革靴は履き続けても快適。それでいて上品な佇まい。ストレスフリーでドレッシーな革靴をお探しならコールハーンは要チェック。独自技術「グランドOS」を採用した革靴の詳細はいかに!?...