革靴

ブランドストーンのローカットブーツ2039をレビュー!ラフに履ける頑丈スリッポン

blundstone-slip‐on-shoes-1
雨の日に履く革靴がない
シンプルで洗練されたローカットブーツが欲しい

そんな人におすすめなのがブランドストーン(Blundstone)ローカットブーツです。

ブランドストーンはオーストラリアで誕生した、150年以上の歴史を持つシューズブランド。

ブランドストーンの定番のブーツは雨の日でも安心して履ける革靴です。

しかし、完全にくるぶしを覆うブーツなので脱ぎ履きが手間。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
もう少し脱ぎ履きしやすい靴はないものか…
ブランドストーンの靴で!

と探している人にピッタリなのがローカット型のブーツです。

blundstone-slip‐on-shoes-41

モデル名は2039

雨に強いブランドストーンのブーツのタフさと気軽さはそのままに、ローカットタイプで脱ぎ履きがラクなシューズです。

靴を脱いだり履いたりする機会の多い日本人にピッタリ。

本記事ではブランドストーンのローカットブーツ「2039」の詳細をレビューします。

この記事はこんな人におすすめ
  • 雨の日でも気軽に履ける靴が欲しい
  • ブーツの脱ぎ履きが手間…もうちょっと気軽に着脱したい
  • ブランドストーンのローカットブーツのディティールを知りたい

ブランドストーンのシューズを見る
Rakuten Fashion公式サイト

雨の日に活躍するブーツ

革靴を履くときに意識するのが天候です。

というのも、晴れの日はどんな靴でも履けますが、雨の日はそうはいきません。

なぜなら、革は水に弱いから。

雨に濡れると革にシミが残るリスクがあるのです。

特に、

といった、繊細な革種の場合は顕著。

コードバンの革靴を雨の日に履こうものなら、無数のシミで見るも無残な姿になってしまいますよね?

雨に濡れたコードバンは以下の通り、悲惨な状態に。

革が白っぽく変色していますね。

そのため、

雨の日には履きたくない

となるわけです。

そこで活躍するのがブーツ

ブーツは丈夫な革で作られています。

オイルドレザーを筆頭に、撥水はっすい性のレザーなど、雨に強い素材で作られているブーツがほとんど。

また、武骨でワイルドな印象が強いブーツは、多少の雨ジミならばそれもまた味として楽しめる、野性味あふれる存在感があります。

ブランドストーンのブーツはラフに履けるタフな作り

雨の日でも、もちろん晴れの日でも頼れるブーツは、様々なシューズブランドで展開しています。

その中で、

  • ブランドストーン(Blundstone)

は、サイドゴアブーツの元祖として地位を築いているブランド。

blundstone-slip‐on-shoes-4

ブランドストーンは、オーストラリアで誕生したシューズブランドです。

オーストラリア南東部に浮かぶ自然豊かなタスマニア島。

ジョン・ブランドストーン氏が1870年にタスマニア島で創業したのがブランドストーンです。

150年以上の歴史を持っています。

blundstone-slip‐on-shoes-3

ブランドストーンを象徴するブーツがORIGINALSシリーズ。

靴の横にゴアを備え、履き口にはストラップ。

ゴアとは
  • ゴム布のこと

ブランドストーンのアイコン的なブーツです。

ブランドストーンのブーツは、頑丈で履き心地に優れるのが特徴。

ブランドストーンのアイコンともいうべきサイドゴアブーツは、水を侵入させない作りで雨にめっぽう強いのが特徴。

長靴のように、雨の日でもガンガン履けるタフなブーツです。

気をつかわず、気軽に履けるラフな使用感はヘビロテ間違いなしのアイテムですよ。

ブーツは脱ぎ履きが手間

ただ、ブーツは脱いだり履いたりするのが面倒…。

出かけるとき、

足を突っ込んでそのまま外に出ていく

というのは無理です。

足がきれいに収まりませんよね?

ブーツを履くときは玄関に腰を下ろし、手で靴をしっかり支えながら足入れしないとちゃんと履けません。

脱ぐときも同じ。

脱ぐというよりは、ブーツをしっかり手で持って「取り外す」という意識が大事です。

紐靴なら、靴ひもをほどいてから脱ぐ手間もかかります。

これ、結構面倒。

脱いだり履いたりする機会が多いと、特に感じやすいです。

ちょっとしたことですが、積み重なるとイヤになってしまうのはあるある

  • だんだんとブーツを履く機会がなくなっていき、結局履かなくなってしまう

というのは、もったいないです。

もっと気楽にブーツを履きたい

そんな欲求が出てきます。

脱ぎ履きしやすいブランドストーンのローカットブーツ

気軽にブーツを楽しみたい

そう思ったとき、チェックしたいのが先ほど紹介したブランドストーンです。

ブランドストーンには通常のブーツだけでなくローカットモデルもあります。

それがこちら。

blundstone-slip‐on-shoes-9

ブランドストーンのモデル名「2039」です。

blundstone-slip‐on-shoes-2

スリッポンシューズ(SLIP ON SHOE)と記載がある通り、気軽に履ける靴。

ローカットブーツ「2039」は日本別注モデルをきっかけにグローバル商品へと展開したモデルです。

blundstone-slip‐on-shoes-7

靴の脱ぎ履きの機会が多い日本では、がっちり足を覆うロングタイプやハイカットタイプよりもローカットの靴の需要が高いのです。

もともと、ローカットモデルは日本限定で展開していたアイテムですが、履き心地の良さが評判となりグローバルに取り扱うようになりました。

モデル2039はブランドストーンのオリジナルブーツの高機能性はそのままに、スリッポン型の気軽な使いやすさが魅力です。

世界中で多くの人々に愛されてきたブランドストーンのシューズ。

ブランドストーンのブーツは、丈夫な作りと足に負担をかけない快適な履き心地が魅力です。

頑丈なのは堅牢なレザーアッパーゆえ。

blundstone-slip‐on-shoes-5

さらに、快適な履き心地は、伸縮性の高いサイドゴアとクッション性に優れたソールで生み出しています。

魅力的なブランドストーンのローカットブーツ、詳細を見ていきましょう。

アッパーはオイルドレザーで頑丈

アッパーにはオイルドレザーを採用しているため、多少の傷ならブラッシングで解消します。

オイルドレザーは油をたっぷりしみこませた革なので、傷や雨に強いのです。

blundstone-slip‐on-shoes-13

水弾きが良く、多少の水はへっちゃら。

blundstone-slip‐on-shoes-14

水に強いオイルドレザーは全天候に対応できる使いやすさが魅力です。

blundstone-slip‐on-shoes-11

続いて、デザイン面。

ブランドストーンのブーツはラウンドトゥが特徴。

blundstone-slip‐on-shoes-6

つま先部分が丸みを帯びて可愛らしさがあります。

指を動かせるゆとりが生まれる、履きやすさに貢献しているデザインです。

かかとにはストラップ付き。

blundstone-slip‐on-shoes-12

こちらはただの飾りではありません。

履くときに手で持ってかかとを入れるのを助けるプルストラップです。

blundstone-slip‐on-shoes-19

プルストラップを持ちながら足入れすれば、片手でも簡単に履けます。

ブランドストーンのロゴが入ったデザインはオシャレな印象にも貢献。

スタイリングのアクセントにもなりますよ。

伸縮するサイドゴアで着脱がラク

ブランドストーンの代名詞ともいうべきサイドゴアは、気軽に履けるブーツには必須の要素です。

blundstone-slip‐on-shoes-8

ブーツの両サイドに伸縮するゴムをもうけているため、いざ足を入れたときに履き口が大きくなり、足入れしやすくなります。

blundstone-slip‐on-shoes-10

当然、脱ぐときも快適。

脱ぎ履きがしやすいだけでなく、履いた後はゴムが足回りにぴったりフィット。

ホールド感が高く、かつ足の動きにも柔軟に対応できるので、とても動きやすい靴に仕上がっています。

高クッションで疲れにくいインソール

インソールは通気性とクッション性を高めた仕様。

blundstone-slip‐on-shoes-15

このようにインソールを外せば…

blundstone-slip‐on-shoes-17

中の構造が丸わかりです。

blundstone-slip‐on-shoes-20

インソールには、

  • ショックプロテクションシステム

を搭載。

クッションがきくため、歩いた時の衝撃を吸収。

クッションのおかげで、歩きやすく疲れにくいブーツになっています。

歩行時に本来足を曲げるべき部分をしっかりと曲げ、ねじれを防ぐスチールシャンクを内蔵。

人間工学を基に設計された構造で疲れにくいですよ。

ブランドストーンのインソールのかかと部分には独自開発した素材の、

  • XRD

を使用。

blundstone-slip‐on-shoes-21

高性能なクッション素材なので、衝撃を効果的に吸収。

歩行時の衝撃から足を守り、快適な履き心地に貢献します。

インソールにはクッションをもうけて快適な歩行感を確保。

まさに、気軽にガシガシ履ける靴です。

インソールには「6」と表記。

blundstone-slip‐on-shoes-22

靴のサイズを示しています。

はめ込み式のインソールは足の形状に沿うカップ状です。

blundstone-slip‐on-shoes-18

通気孔が開いているため、蒸れにくい仕様。

blundstone-slip‐on-shoes-24

快適な履き心地に貢献するポイントです。

ちなみに洗濯できます。

アッパーの裏側にはタグ付き。

blundstone-slip‐on-shoes-16

メイドインベトナムです。

水が浸みこまないアウトソール

ブランドストーンのソールは、アッパーとソールの一体型。

blundstone-slip‐on-shoes-23

アッパーとソールの結合は、

  • インジェクション・モールド式製法

を採用。

通常、革靴はアッパーとソールを糸で縫い合わせるため、雨がしみ込む可能性があります。

しかし、ブランドストーンのソールは加熱した素材を金型に流してアッパーと結合させるインジェクション製法で取り付けます。

そのため縫い目がなく、靴底から水が浸みこまないメリットが生まれるのです。

アッパーとソールの縫い合わせ部分がないため、水の浸入を許さないというわけです。

blundstone-slip‐on-shoes-29

近付いて見ると、つなぎ目がないのが分かります。

blundstone-slip‐on-shoes-43

一体感のあるアッパーとソールです。

雨が入ってくるとしたら、アッパーが割れたときぐらい。

blundstone-slip‐on-shoes-42

オイルドレザーが割れることなんてめったにないですから、安心ですね。

一路
一路
よっぽどお手入れをおろそかにしたら割れてしまうかもしれませんが…

ポリウレタンのミッドソールとサーモウレタンのアウトソールでとてもタフ。

blundstone-slip‐on-shoes-25

加水分解の影響は避けられませんが、下駄箱の奥に長期間しまいっぱなしにしなければ、5年以上は愛用できます。

ソールが劣化してきたらソール交換もできるので、安心して愛用し続けられますよ。

加えて、グリップ力が高くすべりにくい、まさに雨の日の強い味方のシューズです。

blundstone-slip‐on-shoes-26

底面はオリジナルのソールパターン。

blundstone-slip‐on-shoes-28

ソールの材料は、

  • 細菌

などからの劣化に強い、サーモウレタン素材。

140℃の高温にも耐えるなど、高い耐久性を誇ります。

真夏のアスファルトの上を歩いてもなんてことありません。

雪の上でも水が浸入せず、また、スリップしにくい側面もあり。

天候だけでなく、季節問わずに履き回せるブーツですよ。

インソール同様に、アウトソールにもサイズ「6」と記載あり。

blundstone-slip‐on-shoes-27

日本表記だと25.0cm相当です。

他のサイズチャートは次の項目でまとめますね。

ブランドストーンのローカットブーツ2039の概要まとめ

この項目ではブランドストーンのローカットブーツの仕様概要をまとめます。

項目詳細
素材アッパー:オイルドレザー(牛革)
アウトソール:サーモウレタン
インソール: EVA
ミッドソール: ポリウレタン、XRD
生産国ベトナム
価格23,100円
サイズチャート
UKサイズ日本サイズ(男女共通)cm
221.5 ~ 22.0
322.5 ~ 23.0
423.5 ~ 24.0
524.5
625.0
725.5 ~ 26.0
826.5
927.0 ~ 27.5
1028.0 ~ 28.5
1129.0
サイズチャート(子供用)
kidsサイズ日本サイズ(男女共通)cm
916.5 ~ 17.0
1017.5 ~ 18.0
1118.5
1219.0 ~ 19.5

ブランドストーンのローカットブーツを履いた様子

さて、この項目ではブランドストーンのローカットブーツを履いた様子をお伝えします。

と、その前に。

まず、ブランドストーンのブーツを履き下ろす前には防水スプレーでケアしておくのがおすすめ。

blundstone-slip‐on-shoes-32

ただでさえ雨に強いブーツ。

防水効果でさらに水への耐性が上がり、安心して履けるようになります。

コロニルの1909プロテクトスプレーなら、防水効果だけでなく革への栄養補給効果もあるため、履き下ろし前のブーツにスプレーするのに最適です。

シューッとスプレーしておきます。

blundstone-slip‐on-shoes-33

これで履き下ろしの準備はバッチリ。

さて。

いざ、履き下ろしへ。

足入れの際にはかかとのプルストラップを活用しましょう。

blundstone-slip‐on-shoes-31

ストラップを引っ張りながら足を入れるとスムーズに履けます。

blundstone-slip‐on-shoes-39

このようにスポッと。

blundstone-slip‐on-shoes-30

靴べらいらずで履ける手軽さがありがたいです。

着用図はこちら。

blundstone-slip‐on-shoes-37

サイズは6。

日本表記で25.0cm相当です。

ちなみに、ZOZOMAT計測での僕の足型は以下の通り。

zozo-mat-21

足長さが23.8cm。

6でジャスト。

7で少しゆとりがあるサイズ感ですが、ピッタリのサイズ感で履きたいため、6をセレクトしました。

よりラフに履きたいなら1サイズアップでもOKです。

レッドウィングやティンバーランドなどのブーツよりもシンプルで都会的なデザインなので、普段履きのブーツとしても使えます。

blundstone-slip‐on-shoes-38

ブランドストーンのローカットブーツはシンプルなデザインなので、どんなスタイリングにも合わせやすい利点があります。

blundstone-slip‐on-shoes-36

OUTIL(ウティ)のミリタリーパンツと合わせています。

カジュアルな服装を足元から引き締める

はたまた、

フォーマルなコーデに遊び心を加える

といった履きこなしができます。

つま先は丸みを帯びてカジュアル感が高め。

blundstone-slip‐on-shoes-34

ですが、くびれはしっかりと。

カジュアルな要素とフォーマルな要素を合わせ持つ、絶妙なバランスで仕上がったブーツです。

オイルドレザーゆえに、履き下ろした直後から革は柔らかく足なじみが良いです。

blundstone-slip‐on-shoes-35

ロングタイプよりも履きやすく、より気軽な使用感。

blundstone-slip‐on-shoes-40

今度はポータークラシックのチノパンと合わせました。

ブラックのブーツはベージュにも相性抜群です。

ソールのクッションが柔らかく、ふわっとした歩行感を楽しめるのもポイント。

外出が楽しくなる靴です。

  • ちょっとそこまで

なんてシーンでも履ける、頼れるブーツ。

ちなみに、1か月間、週5日のヘビロテした後の靴の様子はこちら。

blundstone-slip‐on-shoes-44

履きジワがしっかり入って武骨な印象が高まりました。

ラフな空気感に拍車がかかり、より気軽に履けるカジュアルシューズにスタイルアップしました。

これからもガシガシ履き込んでいきますよ。

雨の日に活躍して履きやすい!ブランドストーンのローカットブーツ

本記事ではブランドストーンのローカットブーツをレビューしました。

オーストラリアのシューズブランド、ブランドストーン(Blundstone)はサイドゴアブーツの元祖。

ORIGINALモデルはサイドゴアブーツの超定番アイテムで、ブーツながらも気軽な履き心地を誇ります。

ただ、靴の脱ぎ履きの機会が多い日本では少し使いづらい部分も…。

上記を解消したのがローカットタイプのブーツです。

タフな素材と抜群のクッション性はそのままに、軽快に脱ぎ履きできる気軽さを実現。

ただでさえラフに使えるブランドストーンのブーツがさらに使い勝手良くなっています。

シンプルなデザインなのでスタイリングにもよくなじみますよ。

ヘビロテ間違いなしの1足。

雨の日でもガシガシ履ける靴を探している人はぜひチェックしてみてください。

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

ブランドストーンのシューズを見る
Rakuten Fashion公式サイト

recommend-leather-shoes-9
カジュアル革靴おすすめ9選!ガシガシ履けるレザーシューズ【レビュー集】カジュアル使いできる革靴のレビューをまとめた記事です。革靴が持つ革の丈夫さやフォーマル・カジュアルのバランスの取れた雰囲気は日常の様々なシーンで活躍する可能性を秘めています。革靴をシーン別に履き分ければ休日のシューズライフが充実。普段からスニーカーしか履かないという人はぜひご覧ください。...
shoes-rainy-days-1
雨でも履ける革靴3選!水に強いおすすめレザーシューズ【革の種類がポイント】雨でも履ける革靴をまとめた記事です。水に濡れても大丈夫なビジネスシューズが欲しいなら革の種類に着目して靴を選んでみて下さい。水に強い革種ならば悪天候でも大活躍。スタイリッシュなレインシューズをお探しの人はぜひチェックを!...
red-wing-oxford-12
【レッドウィング8109レビュー】タフな革靴ならワークオックスフォードがおすすめRed Wingのワークオックスフォード8109はアイリッシュセッターの短靴バージョン。ブーツタイプではないのでオールシーズン履けて使い勝手の良いシューズです。オイルドレザーのタフさとグッドイヤーウェルテッド製法由来の履き心地で日常使いしやすい靴。この記事では8109のディティールについて書いています。...
dansko-professional-oiled-3
ダンスコのプロフェッショナルを5年間履いたレビュー!メリット・デメリットは?ダンスコの革靴「プロフェッショナルオイルド」のレビュー記事です。コンフォートシューズであるダンスコの靴は履き心地抜群。長時間履き続けても疲れにくいです。5年以上愛用し続けている僕が感じたメリットとデメリットをまとめました。...
jm-weston-boots-1
J.M.ウエストンの342ローカットブーツをレビュー!上質カーフの革靴J.M.WESTONのローカットブーツをレビューした記事です。プレミアムラインのウルトラウエストンのシューズは上質カーフレザーを使ったエレガントな1足。アッパー・インソール・アウトソールの詳細と履いてみた様子を紹介した記事です。...
churchs-ryder-1
チャーチのライダーをレビュー!スエードの風合い豊かなチャッカブーツチャーチ(Church’s)のチャッカブーツ「ライダー(RYDER)の詳細をレビューした記事です。クチコミが気になる人は要チェック。カーフスエードの上品な見た目とクレープソールの良好な履き心地が履く人を虜にする高級革靴です。...
履きやすさと満足感で選ぶ!おすすめ革靴

革靴選びの参考として履きやすさ持つ喜びを感じるシューズブランドを紹介します。以下のボタンから詳細記事や公式サイトをチェックしてみて下さい。

コールハーン
ranking-cole-haan
スニーカーのような履き心地の革靴多数!アメリカ発のシューズ・アパレルブランドがコールハーンです。
公式オンラインショップの購入特典会員登録すると送料無料。さらに登録時と誕生月にクーポンプレゼント。
履き心地オススメ度
「革靴を履くのはつらい」を覆すバツグンの快適性

記事を見る公式ページ

リーガル
ranking-regal
本格革靴を手軽に楽しむなら日本のシューズブランドのリーガルがおすすめ。
公式オンラインショップの購入特典3,000円以上の買い物で送料無料。サイズが合わなかったら返品OK。商品返送料も無料です。
コスパオススメ度
リーズナブルな価格で本格派革靴を楽しめる

記事を見る公式ページ

シェットランドフォックス
ranking-shetland-fox
履いて嬉しい高級感が魅力!シェットランドフォックスは靴の美しさ・楽しさを提案するシューズブランド。
公式オンラインショップの購入特典送料無料。試し履きして合わなかったら無料返品可能で安心です。
履く喜びオススメ度
メイドインジャパンで日本人の足になじむ形状と高級感

記事を見る公式ページ