革靴

コロンブスの牛革インソールレビュー!革靴のサイズが大きい悩みを解決

コロンブスの牛革インソールレビュー記事のアイキャッチ
記事内に商品プロモーションを含みます

革靴はジャストサイズで履きたいです。

買うときは当然、ジャストサイズを選んで買いますよね?

ただ、革靴は履き続けるうちに、サイズに余裕が出てきます。

革がなじんでくるからですね。

グッドイヤーウェルト製法の靴ならば、ソールの沈み込みが大きいため、より顕著。

なんだかサイズがゆるいなぁ…

と感じがちに。

サイズが大きい革靴は靴の中で足がずれるため、靴擦れが起きやすく、歩きにくさを感じやすいです。

そこで活用したいのがインソール

インソールを革靴に入れれば、ゆるい革靴のサイズ感をジャストに近づけられます。

革製インソールなら革靴の印象をそこなうことなく、重厚な雰囲気をそのままにサイズ調節が可能です。

コロンブスの牛革インソールは、栃木レザーを使ったしっかりとしたインソール。

革の風合いを前面に押し出したインソールで、チープな印象がまったくありません。

革は足の汗を吸収しやすいため、足の蒸れを防ぐ実用的な側面もあり。

革靴のエレガントな印象を崩さず、フィッティングを高め、靴内部を快適な環境に整えられます。

本記事では、コロンブスの革製インソールの詳細と使い方をレビューしました。

この記事はこんな人におすすめ
  • 革靴のサイズが大きいと感じる
  • 革靴を履くと靴擦れがひどい
  • 革靴の雰囲気を壊さないインソールが欲しい
  • コロンブスの革製インソールの詳細が知りたい

革靴のサイズ選びはシビア

革靴を買う・履くにあたって、よくある悩みがサイズ問題

革靴を買うときは試着するので、いざ自宅で履くときに小さすぎて履けないなんてことは起きませんが…。

サイズが大きいというのは、結構ありがちです。

というのも、革靴は革でできているため、履いているうちに革がなじみます。

革がなじむとしなやかになり、フィッティングが柔らかに。

包み込まれている感覚が高まる一方で、締め付け感がなくなり、フィッティングが低下している感覚を覚えることも。

また、ソールが沈みこむことで、革靴内部の空間に少し余裕ができることでもフィッティングが低下。

革靴がゆるくなるのです。

アウトソールとインソールの間のコルクが沈みやすいグッドイヤーウェルト製法の靴だと、ソールの沈み込みの影響が顕著。

長く履いているうちに、

  • なんだか革靴のサイズがゆるくなっているな…

と感じやすいのです。

そのため、革靴のサイズ選びはシビア

革靴を買うときはなじんだ後のことを考えて、少しきつめを選ぶのがセオリー。

ですが、きつすぎるサイズを選んでしまうと、革がなじんだ後もきつさが残り、快適な履き心地が得られなくなってしまいます。

大きすぎても小さすぎてもダメ

革靴のサイズ選びは悩みどころです。

革靴のサイズが大きいと起こる問題

革靴を履き続けるうちに徐々にサイズがゆるくなる、つまり、

  • 足に対して靴が大きい

と、困ったことが起きます。

それは靴擦れ。

足のサイズに対して靴のサイズが大きいと、フィット感が低下。

靴が足をホールドしきれず、歩いたときに靴の中で足がずれるのです。

足がずれると革と足とがこすれ、靴擦れが起きます。

革靴を履くと靴擦れが起きるから履きたくない…

なんてお悩みをよく耳にしますが、それは足と靴のサイズが合っていないから。

靴のサイズが大きいからなのですね。

逆に、足のサイズと靴のサイズが合っていれば、フィッティングが向上。

足がずれにくくなり、靴擦れが起きません。

革靴が小さければそもそも履けないので、足のトラブルは起きようがありません。

しかし、サイズが大きい場合はすんなり履けるため、靴擦れが起きて足が痛くなるのです。

靴擦れで困っているなら、自分の足のサイズに合った革靴を選ばないといけません。

革靴のサイズが大きいと感じたらインソールで調節

  • 革靴のサイズが大きい
  • ゆるい

と感じたとき、そのままにしておくと、快適な履き心地を得られません。

履いていて不快な靴は自然と履かなくなってしまいます。

一路
一路
もったいないですよね?

とはいえ、革靴のサイズ自体を変えることは困難。

既に履き込んでいるため、返品でのサイズ変更はできません。

そこで登場するのがインソール

革靴のサイズが大きくてゆるいと感じたら、インソールを入れればフィット感が向上します。

インソールは革靴に入れる中敷きです。

インソールを入れると靴底が高くなり、革靴の空間が狭まります。

それにより、靴と足との密着感が向上。

ゆるさが改善します。

一路
一路
インソールで底を高くすると、アッパーと足とがピッタリくっつき、靴擦れ防止になりますよ!

履いていくうちに生じるわずかなズレはインソールで微調節するくらいが丁度良く、格段にフィッティングが向上します。

インソールは革靴に入れるだけなので、サイズのゆるさ対策が簡単なのも便利なポイント。

サイズ感が気に入らなければ、すぐに取り出して別のインソールに代えたり、インソールを2枚重ねて投入することも可能。

インソールは手軽に革靴のフィッティング調節ができる、とても便利なアイテムです。

インソールは革靴の上品な印象を崩してしまう

ただし、インソールを革靴に使う際には1つ大きな問題が。

それはインソールのデザインによっては、

  • 革靴の雰囲気を崩してしまう

こと。

革靴は重厚でエレガントな印象です。

一言でいえばフォーマル

カラフルであったり、スポーティなインソールを革靴に入れると、とたんにカジュアルチックな印象に。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
履いていればインソールは見えないでしょ!

という意見はもっともですが、ここは日本。

シーンによって、革靴を脱ぐ機会が多いです。

訪問先でスリッパに履き替えたり、食事のときに座敷席に通されたりと、何かと靴を脱ぐ機会があります。

そのとき、革靴とは不釣合いなデザインのインソールが見えると、ちょっと気恥ずかしさを感じる羽目に。

革靴に入れるインソールは革靴の雰囲気を崩さない、

  • フォーマルなデザインのアイテムを選びたい

と考えるのは自然なことです。

コロンブスの牛革インソール

革靴の雰囲気に合うインソールって何かないかな?

と思ったとき、チェックしたいのがコロンブス牛革インソールです。

columbus-leather-insole-5

革の風合いが楽しめるインソールならば、革靴に入れてもフォーマルな印象を崩しません。

では詳細を見てみましょう。

牛革インソールのパッケージ

まずはパッケージから。

パッケージには大きく天然皮革の文字が。

columbus-leather-insole-3

天然皮革を使った中敷き。

パッケージのインソール写真はあくまでイメージです。

天然皮革なので、インソールの色がパッケージのインソール写真の色と異なる場合があります。

1点1点違うのは革の魅力ですね。

男性紳士靴用で、サイズはフリー。

columbus-leather-insole-2

24.0から27.0cmのサイズに対応しており、多くの紳士靴のサイズに対応可能です。

columbus-leather-insole-4

素材の持つ吸湿性と風合いを活かした中敷です。

との文言が。

価格は税込み1,650円。

columbus-leather-insole-10

ちなみに、パッケージ背面には注意事項が書かれています。

columbus-leather-insole-8

インソールは革製なので、折り曲げるとシワになります。

また、コロンブスの革製インソールは洗濯できません。

プラスチックや布地のインソールなら洗濯できますが、コロンブスのレザーインソールは革製で水を嫌うため、洗濯不可。

汚れたら革用クリーナーで汚れを拭き取ってください。

加えて、汗をたくさんかいた場合、靴下にインソールの色が移る場合があります。

ときどき陰干しをして、インソールの水分を飛ばしましょう。

また、白や淡い色の靴下は色移りが起きたときに目立ちやすいです。

履き始めは、万が一にも色移りが起きたときに目立たない、黒や暗い色の靴下で過ごすのがおすすめです。

中にはインソール本体とサイズチャート入り

では、開けてみましょう。

columbus-leather-insole-11

パッケージを開けると、1足分のインソール本体とサイズチャートが入っています。

インソールはなめらかな面を上にして使います。

columbus-leather-insole-6

インソールは紳士靴にフィットしやすい標準的な形。

裏はこんな感じで毛羽立っていて、革の風合いが感じられる仕様に。

columbus-leather-insole-13
一路
一路
シンプルなので、どんなデザインの革靴にも合わせられますよ!

革は栃木レザーを使用

素材はブランド革の栃木レザーです。

columbus-leather-insole-9

栃木レザーの革質はとても良く、実際に触ると品質の高さをダイレクトに感じます。

columbus-leather-insole-15

革がしっかりしています。

厚みも十分。

columbus-leather-insole-12

品質はお墨付き。

ブランド革のインソールは気分も上がります。

革特有の良い香りがするため、ニオイが気になる靴に入れると、それだけでニオイ対策ができますよ。

満足度の高いレザーインソールです。

サイズ調節可能

靴によっては、そのままではサイズが合わないときがあります。

その場合はカットして使います。

サイズガイド用の紙が付属しているので、ハサミやカッターで切って使いましょう。

イギリスやアメリカ、ヨーロッパなどの欧米の靴をお持ちの人は、以下のサイズ換算表を参考にしてみてください。

日本表記 イギリス表記 アメリカ表記 ヨーロッパ表記
24.0 5.0 6.0 39.0
24.5 5.5 6.5 40.0
25.0 6.0 7.0 40.5
25.5 6.5 7.5 41.0
26.0 7.0 8.0 41.5
26.5 7.5 8.5 42.0
27.0 8.0 9.0 42.5

表は目安です。靴のブランドやラスト形状によって対応サイズにはわずかな変動があります。

サイズチャートのカッティングのコツも記載。

columbus-leather-insole-7

はじめは大きめにカットし、その後、実際の革靴の大きさに合わせて少しずつ切り進めましょう。

一度切ってしまったら元には戻せません。

そのため、大きめに切って慎重に作業するのがおすすめです。

牛革インソール仕様まとめ

コロンブスの革製インソールは、天然皮革の持つしなやかさによって抜群の履き心地を誇ります。

また、革の特徴でもある高い通気性は汗をかいたときに力を発揮。

吸湿性をかし、革靴内の蒸れを防ぎます。

コロンブスの革製インソールは、

  • 靴の履き心地を気にする人
  • 靴擦れがひどく革靴を履くのが億劫になっている人
  • 革靴の上品な印象を損ないたくない人

におすすめです。

製品仕様
項目 詳細
内容 1足分(2枚入り)
サイズ 幅:105mm
長さ:294mm
厚さ:5mm
素材 牛革(栃木レザー)
原産国 日本
参考価格 1,650円(税込)

牛革インソールの使い方

コロンブスの革製インソールを実際に使ってみます。

サイズ調節したいのは、こちらの革靴。

columbus-leather-insole-32

オールデン(Alden)の975

コードバンの風合いが美しい革靴です。

グッドイヤーウェルト製法を採用しており、履き続けるうちにフィッティングに少し余裕が出てきてしまいました。

ソールのコルクが沈み込んだためです。

履いたときに履き口に隙間ができています。

columbus-leather-insole-34

フィッティングのゆるさを解消するため、インソールを入れることにしました。

インソールを入れると、Aldenのロゴが隠れてしまうのが玉にきず…。

ですが、革製インソールならば、それほど上品さをそこなわずにサイズの微調整ができます。

インソールの使い方は以下の通り。

  1. サイズチャートの型紙を希望のサイズにカットする
  2. 型紙をインソールに合わせてカットする
  3. 滑らかな面を上にして靴の中に入れる

では、実際にやっていきます。

サイズチャートの型紙を希望のサイズにカットする

まずは、付属のサイズチャートを切り出します。

24cmから27cmの間で1cm刻みの点線が入っています。

点線に沿って切り出しましょう。

まずは大きめに切って様子を見ながらサイズ調節するのがおすすめです。

0.5cmの位置には目安線があるので、サイズチャートの大きさを微調整するときにはカッティングの参考にしましょう。

切り出したサイズチャートは1度靴に入れてみて、

  • サイズが適正か
  • 紙が余って浮き上がった部分がないか

をチェック。

紙が浮いている部分があれば、あらためてサイズチャートを切り、サイズ調整します。

微調整するときはサイズチャートの点線にとらわれず、靴の形状に合わせて臨機応変に。

繰り返しますが、1度に終わらせようとするのではなく、少しずつ切り進めながら調整するイメージでやると上手くいきますよ。

今回インソールを入れるオールデンの革靴のサイズはアメリカ表記で7.5です。

先ほどのサイズ表でいうと、日本サイズの25.5cmに相当します。

ただ、こちらの革靴は履き込んで少しゆるくなっています。

そのため、サイズチャートは0.5cmアップの26.0cmで切り出しました。

columbus-leather-insole-21

試しに入れてみると、バッチリ。

columbus-leather-insole-16

靴に丁度良く収まったら、サイズチャートの切り出しは終了。

次の工程に進みます。

型紙をインソールに合わせてカットする

続いて、革製インソールにサイズチャートを合わせてカッティング。

サイズチャートとインソールのかかとを合わせます。

columbus-leather-insole-17

サイズチャートとインソールがずれないようにテープで固定すると作業しやすくなりますよ。

columbus-leather-insole-18

固定後は、端からハサミで切り進めます。

columbus-leather-insole-19

革用カッターでもOKです。むしろその方がきれいに切れるのでおすすめ。

革製インソールは硬いため、切りにくさを感じます。

工作用のハサミで切る場合は慎重に。

columbus-leather-insole-20

かくいう僕も、工作用ハサミで切り出したため、かなり慎重に作業しました。

手を切らないように細心の注意を払いましょう。

カッティング終了です。

columbus-leather-insole-24

上手く切れました。

columbus-leather-insole-22

サイズチャートをはがすとこんな感じ。

columbus-leather-insole-23

ためしに靴に入れてみます。

columbus-leather-insole-29

バッチリです。

columbus-leather-insole-25

インソールが浮かずにきれいに収まりました。

もう片方のインソールにもサイズチャートを合わせ…

columbus-leather-insole-26

切ります。

columbus-leather-insole-27

これにてカッティング終了。

columbus-leather-insole-28

先ほどと同じように、サイズチャートを外して作業完了です。

滑らかな面を上にして靴の中に入れる

では、切ったインソールを革靴に投入してみます。

こんな仕上がりに。

columbus-leather-insole-33

サイレントな印象。

元の革靴の状態がこちらで…

columbus-leather-insole-35

インソールを入れるとこんな感じ。

columbus-leather-insole-31

インソールを入れてもカジュアルにならず、シンプルな仕上がりに。

匿名とくめい性が加わり、スタイリッシュな印象になりました。

肝心なフィッティングは良好。

columbus-leather-insole-30

履き口の隙間が狭まり、実際にフィット感が大きく向上しています。

コロンブスの牛革インソールの使用感レビュー

牛革インソールを入れた靴のビフォーアフターをお見せします。

牛革インソール投入ビフォーアフター①
ビフォー
columbus-leather-insole-32
アフター
columbus-leather-insole-33
牛革インソール投入ビフォーアフター②
ビフォー
columbus-leather-insole-35
アフター
columbus-leather-insole-31
牛革インソール投入ビフォーアフター③
ビフォー
columbus-leather-insole-34
アフター
columbus-leather-insole-30

インソール投入で見た目はよりシンプルに。

サイレントなデザインで、脱いだときにも革靴の上品さをキープ。

足へのフィット感が高まり、歩きやすさも改善されました。

columbus-leather-insole-36

実際に履くとフィッティングの高まりが感じられます。

履き込むうちにサイズがゆるくなってきた革靴があれば、インソールを投入してみてください。

インソールの表面はサラサラしており、足触りが快適です。

世の中さまざまなインソールがありますが、

  • インソールの厚さ
  • 適用サイズの幅
  • 素材の風合い

上記全てを満たしたインソールはなかなかありません。

シンプルな革1枚の構造なので、革靴内部でのスポンジなどの干渉がなく、どんな革靴にも使えます。

もちろん、スニーカーにもバッチリ。

スニーカーの嫌なニオイが気になる人は、ニオイ対策として革製インソールを使うのも有効です。

スニーカーの場合、同じサイズ表記でも革靴より大きめに作られているため、若干大きめにカットしてサイズを合わせましょう。

湿気の吸収もバッチリ。

履くたびにインソールが沈み、なじんでいきます。

インソールを入れたばかりのときはきつくても、履き続ければ慣れていきます。

革なので、徐々に風合いが変わっていく経年変化を楽しめるのもGOOD。

一路
一路
コロンブスの牛革インソールは、フィッティングが高まることで快適な履き心地になるだけでなく、インソールのエイジングが履くのを楽しみにしてくれますよ!

インソールで革靴サイズを微調節すれば快適な履き心地に

本記事では、コロンブスの革製インソールをレビューしました。

革靴のサイズが大きいと感じたとき、そのままにしておくと靴擦れが起き、履き心地が悪くなる原因に…。

そんなときはインソールを入れてサイズ調節しましょう。

ただ、カラフルなインソールやスポーティなインソールは、カジュアルすぎて革靴の雰囲気とはミスマッチな場合があります。

そこでチェックしたいのが革製インソール

インソール自体が革の上品な印象を放っているため、革靴の上品な印象を崩さずにインソールでのサイズ調節が可能です。

コロンブスの革製インソールは、栃木レザーを使った、シンプルながらも上質さを感じる中敷き。

フリーサイズなので、自分の革靴に合ったサイズにカッティングすれば、幅広いサイズに対応できます。

カット用のサイズガイドが付いているため、初めてでも簡単にインソールのサイズ調節ができるのもありがたいポイント。

革製なので足から出る汗を吸収し、靴内部の環境を整えてくれる点も見逃せません。

革の高機能性と、スタイリッシュな見た目でありながら比較的リーズナブルにゲットできるのが魅力。

革靴のエレガントな印象を崩さずにフィッティングを向上させたい人は、革製インソールをチェックしてみてください。

それでは、今回はこの辺で。
少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

comparison-leather-insole-1
【レザーインソール比較】リーガルとコロンブスの中敷はデザインと通気性が違うリーガルとコロンブス、異なるブランドの革製インソールを比較した記事です。違いは見た目と通気性。足が蒸れやすいのなら通気性に優れたリーガルを、シンプルなデザインが好みならコロンブスがおすすめ。革靴の高級感をキープしながらフィッティングを高めるレザーインソールはとても便利。満足度の高い中敷き選びの参考にどうぞ。...
shoe-rubbing-1
かかとの靴擦れがつらいときの対処方法3選!原因は革靴のサイズが大きいから痛くてつらい「かかとの靴擦れ」の対策方法を紹介した記事です。かかとの靴擦れの多くは足に対して靴のサイズが大きいことが原因。足と靴のフィッティングを向上させれば靴擦れが解消します。...
insole-lumbago-3
腰痛の悩みにはインソールがおすすめ!靴に入れるだけの中敷対策【姿勢を矯正】現代人を悩ます「腰痛」。日々、腰の痛みと戦っている方も多いのでは?姿勢や体型も重要ですが、歩き方も原因だったりします。その場合にはインソールでの腰痛対策がおススメ!この記事では腰痛対策のインソールをご紹介しています。...
regal-leather-insole-1
リーガルのインソールをレビュー!上質な風合いの革が高級感漂う中敷きリーガル(REGAL)の革製インソールをレビューした記事です。革靴のサイズがゆるいけど普通のインソールは見た目がカジュアルに寄り過ぎる…なんてお悩みの人は必見。スタイリッシュな見た目をキープしつつゆるさを解消できます。牛のベンズを使ったインソールは通気性良好。靴の蒸れを防止する高機能性を合わせ持つ優れた中敷きです。...
dry-cushion-insole-1
リーガルのドライクッションインソールをレビュー!通気性と快適性をもたらす2層構造リーガルのドライクッションインソールをレビューした記事です。革靴のサイズゆるみを解消するだけでなく、汗を吸収して蒸れにくい環境を整える優秀インソール。高機能ウレタンフォームは歩行時の衝撃をしっかり吸収。歩きやすいシューズに仕上がります。...
against-loose-shoes-1
靴のサイズがゆるいならライニングパッドで解決!かかとの内側修理にも靴のサイズがゆるいのを簡単に解消する方法を解説した記事です。かかとの内側にライニングパッドを貼るだけで靴のフィット感が向上。歩きやすい靴に早変わりします。...
relieve-back-pain-3
靴とインソールで歩き方を矯正する具体例【腰の痛みをやわらげたい】長年にわたって腰の痛みに悩まされていませんか?腰痛の原因は多種多様ですが、歩き方や身体の姿勢が原因の可能性もあります。その場合は身体のバランスを整える靴やインソールを試してみるのがオススメ!背筋が伸びれば腰への負担も軽減され、腰の痛みが改善するかもしれませんよ!...
loafer-size-adjustment-1
ローファーのフィッティング調節方法3選!靴がゆるいときの対策を解説ローファーのサイズがゆるい…。フィッティングのゆるさに悩みの人は、インソールやタンパッドを入れてサイズ感を調節しましょう。ジャストサイズでローファーを履けば靴擦れが解消。ストレスフリーで楽しめます。革靴のサイズを微調節する方法を詳しく解説した記事です。...
shoe-size-perfect-1
革靴がピッタリすぎる?良い選び方です!ゆるいと足に悪影響が出ます革靴のサイズ選びの基準とその理由を解説した記事です。「革靴のサイズがピッタリすぎてゆとりがない…」「きつい感じでサイズ選びに失敗しているような…」と悩んでいる人へ。そのサイジングは正解です。革靴は履き込むとサイズにゆとりが出てくるため、ややきつめぐらいを買うべきです。履き続けてなじんだ革靴はスニーカーのリラクシンな履き心地とは一味違う快適性を発揮します。...
靴磨きを今すぐしたいなら
ネットショップで買える靴磨きセット

靴磨きを始めたい。

けれど道具をそろえるのが面倒…。

そこでおすすめしたいのが靴磨きセット

1セット買うだけで必要な道具がまるっと揃います。

道具選びの手間が不要

今すぐ靴磨き可能に。

大事な革靴を劣化させないために靴を磨いてコンディションを整えるのがおすすめです。

おすすめセットを見る