靴磨き

ブートブラックのアーティストパレットを初めて使ってみました【靴磨き】

沢山の種類がある靴磨き用品。

人それぞれ愛用のクリームやワックスがあると思います。

僕はと言うと、靴磨きで出るツヤやパッケージの高級感が好きで、主にサフィールノワールを使用することが多いのですが、たまには気分を変えて別のクリームを使いたくなります。

一路
一路
そんな時ありませんか?

そして、色々なクリームを買い足していって、気付けば多くの靴磨き用品が手元にある状態に。

靴磨きラバーあるあるだと思っています。

少なくとも僕はそんな状態です。

今回、そんな僕の靴磨き用品のラインナップに新たな仲間が加わりましたので、ご紹介がてら、実際に使ってみてどんな感じに仕上がるか見てみようと思います。

ブートブラックのアーティストパレット

今回仲間入りしたのがこちらの靴クリーム。

ブートブラック(Boot Black)アーティストパレットです。

ブートブラックとはイギリスの古い言葉で、「靴磨きをする人」を意味するそう。

その昔、革靴が黒のブーツタイプしかない時代に、その靴を磨くことによって、より黒々とした仕上がりにしたことから靴を磨く職人をこう表現したことに由来します。

靴クリームを筆頭に、数多のシューケア用品を送り出しているコロンブス社が、その知識と開発力を結集して作り上げた、ジャパンメイドのシューケアブランドがブートブラック。

靴磨きラバーに送るシューケア用品ということですね。

boot-black-brush-type-2
【靴磨き用】ブートブラックの馬毛・豚毛・山羊毛のブラシ3種を並べて比較してみるブートブラック(Boot Black)の馬毛・豚毛・山羊毛の3種類のブラシを並べて満足する記事です。ついでにそれぞれのブラシの比較もしています。決して安いとは言えない靴磨きブラシですが、所有する喜びと使う楽しみがあることは間違いなし。もちろん、実用性も完璧です!...

そして、こだわりのラインナップの中でも、2年の歳月を費やして生まれたのが、今回ご紹介する「アーティストパレット」。

油性クリームながら乳化性クリームのように伸びが良く、扱いやすい仕様となっています。

成分的な特徴としては、モロッコ産アルガン種子から抽出された「アルガンオイル」配合というところがあります。

アルガンオイルが含まれることで、ワックス特有の光沢を与えつつ、革の保湿もすることができるのです。

一路
一路
なにそれ、完璧なの?

最高です!!

ちなみに油性クリームですから、防水性も高め。

至れり尽くせりですね。

アーティストパレットという名前の通り、クリームの色も豊富で、黒靴に青や赤のクリームを乗せるといったように色味で遊ぶことも可能です。

全色欲しい!

そして綺麗に飾りたい…。

夢ですね。

一路
一路
そんなアーティストパレットを使っての靴磨き、やっていきますよ!

▼アーティストパレットを探す▼

伊勢丹のサイトで調べる!

アーティストパレットでの靴磨き

アーティストパレットを使った靴磨きの手順について、今回はコロンブスの公式な使用方法で行おうと思います。

その磨き手順とはこちらです。

一路
一路
説明文章が見えますか?

容器の裏側に方法が記載されています。

  1. クリームを薄く塗り伸ばす
  2. 少量の水を含ませた柔らかい布で拭き上げる
  3. 乾いた柔らかい布で磨き上げる

このアーティストパレットは、「靴にクリームを塗った後に水を含ませたポリッシュクロスで磨く」という工程があり、他の靴クリームのように、クリーム塗布後のブラッシングを行いません。

この辺りは、今後使用していく中で自分なりの使い方を模索してみようと思っています。

一路
一路
自分なりのアレンジをした靴磨き手法を編み出すのも、靴磨きの一つの楽しみ方ですよね!
person-love-shoes-1
【靴磨き好きからの視点】革靴が好きな人の5つの特徴革靴好きに共通すると(個人的に)思う項目をまとめました。他の方の革靴が気になったり、ケア方法を試行錯誤したり…。そして、益々革靴の魅力に引き込まれていく。そんな素敵な世界をあなたも体験してみてはいかがですか?...

そして、今回磨く靴は、スコッチグレインアシュランス

黒のストレートチップ、フォーマル靴です。

一路
一路
今日も調子いいね~、君!
輝いてるよ!

では初のアーティストパレットでの靴磨き、やっていきましょう!

ブラシでホコリ落とし

何はともあれ、ブラッシングでホコリを落とします

今回はシューレースは外しません。

はい、怠けています。

あまり根を詰めると趣味の域を出てしまいますからね!(漂う言い訳臭)

汚れ落とし

クリーナーで古いクリームと液体汚れを落とします

クリーナーをクロスに取って靴を拭き上げます。

ゴシゴシせずに、優しく滑らすように行うと革を傷めずに済みます。

それと、クリーナー使用時はネル生地を使用すると汚れが取れやすいような気がします。

一路
一路
あくまで体感的なものなので、何故なのかは分かりませんが…

起毛した生地が汚れを絡めとっているのでしょうか。

汚れや以前塗った靴クリームが結構取れました!

以前、ワックスで仕上げているのでそれが取れたのでしょう。

アーティストパレットを塗布する

続いて、主役のアーティストパレットを塗布する工程に移ります。

ふたを開けると、こんな感じ。

今回購入した色は「デニム」です。

デニム地のような深い紺色で、黒靴に塗りこみたいという衝動にかられて購入しました。

一路
一路
まっさらなクリーム面は美しいものです!

これを指に取ります。

感触としては、比較的柔らかめ。

容器裏側の使用方法では「クロスにクリームを取る」となっていましたが、クリームの感触をこの手で感じたいと思い、手で塗り込むことにしました。

このクリームは非常に伸びが良く、スイスイ塗り進めることが出来ます。

先ほども申しましたが、油性なのにとても扱いやすいクリームです。

一路
一路
ハンドリング性が大変素晴らしいです!

上の写真はクリームを塗り込んだ後の状態。

さすが、油性クリームなだけあって、ギラついています。

次に、ポリッシングクロスで磨きます。

ハンドラップでクロスにごく少量の水を付けましょう。

少量の水を含ませたポリッシュクロスで革靴を磨いていきます。

どの程度ツヤを出したいかによりますが、ツヤツヤにしたい場合は、再度少量のクリームを塗り、水を含ませたクロスで拭くという工程を満足いくまで繰り返します。

今回は使用感の確認ということで、1度だけクリーム塗布と磨きを行いました。

一路
一路
仕上がりの写真はこちら!

革のキメが整ったように上品なツヤが出ました。

ワックスで仕上げたものより控えめな光沢ではありますが、その分、革に奥行きを感じるような深い輝きが出ています。

一路
一路
アーティストパレットの効果を十分感じることができました!

アーティストパレット、良いです!

今回はアーティストパレットの使用感を確かめてみました。

正直、靴クリームだけでこの輝きを出せるのですから驚きです。

アーティストパレットはシューケア用品の雄であるコロンブスが、2年の歳月を費やして開発したクリームというだけあって、その効果は素晴らしく、靴磨きがより一層楽しくなるアイテムだと思います。

革靴に魅力的で深いツヤを与え、本来靴クリームに期待する以上の輝きと色気を靴から放たせることが可能です。

一路
一路
是非一度は使ってみてください!

その扱いやすさにびっくりするはずです。

従来の靴クリームにイメージとは異なる使用感と効果が得られる、アーティストパレットの使用感についてでした。

お求めはお近くの百貨店、または伊勢丹のウェブサイトでどうぞ!

▼アーティストパレットを探す▼

伊勢丹のサイトで調べる!

コードバン靴も磨いてみました
alden-artist-palette-11
【驚異の輝き】コードバンの革靴をアーティストパレットで磨いたらどうなる?【オールデン】アーティストパレットを使用したコードバンの革靴のお手入れ方法をご紹介します。水分に弱いコードバンですが、油性の靴クリームであるアーティストパレットは繊細な馬革にも安心して使用可能です。また、色が豊富なのもアーティストパレットの魅力!オールデンのバーガンディ色の靴をルージュの靴クリームで磨きます。...

それでは今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!

靴磨きの方法まとめ
shoe-shine-summury-99

革靴に使用されている革には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。
革の魅力を最大限引き出すために、革の種類によって適したケア用品・方法を選びましょう。
革種ごとの靴磨き方法をまとめています。

CHECK!

靴磨き方法まとめ