ファッショングッズ

【バッグのベルトが勝手に緩む…】道具いらずの簡単対処方法を図付きで解説

measures-loosen-bag-belt-24
  • リュックサックのベルトを適度な長さで使いたいのに勝手に下がってきてしまう…
  • バッグのショルダーストラップが緩んできてしまう…

こんなこと、ありませんか?

使いやすい長さにベルトを調節したバッグでも、いざ首や肩からげたときにベルトが緩くてズルズルと下がってきてしまうことがあります。

気付けば一番下まで落ちてしまい、ルーズな印象に…。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
調節したベルト位置を固定できないものか…
一路
一路
できらぁっ!

ってことで…。

バッグのベルトを固定化したい方へ向け、その対処方法をご紹介します。

本記事では、バッグのベルトやショルダーストラップを調節した位置で固定化する方法について書きました。

バックルへのベルトの通し方を工夫するだけでできる、道具いらずのお手軽手法です。

この記事はこんな方にオススメ
  • リュックサックのベルトが調節した位置から落ちてきてしまう
  • ショルダーバッグのストラップを固定したい
  • バッグの長さ調節ベルトの緩みを改善したい

バッグの長さ調節ベルト(ショルダーストラップ)は便利ですが…

リュックサックやショルダーバッグに付いているベルト(ショルダーストラップ)は、とても便利な代物しろものです。

ベルトやショルダーストラップを自分の好きな長さに調節できるため、自分の身体に適した長さ、好みの長さに変えられます。

身体へのフィット感を高めたり、ルーズ・タイトなシルエットを楽しめたりできるのが長さ調節ベルトの良いところ。

一路
一路
好きな長さに自由自在!

そんな便利な長さ調節ベルトにも問題が…。

それは、

ベルトが緩む

ことです。

バッグのベルトが緩んでしまう

便利な長さ調節ベルト、ふとしたときに緩みます。

長さ調節ベルトはバックルにベルトを2回通し、バッグ自体の重さでバックルへの引っ掛かりの強さを得ています

自重によって支えているのです。

バックルに重さが加わっているうちは良いのですが、バッグを持ち上げたときなどに負荷が消えるとバックルへの引っ掛かりが消えてしまいます。

その際、ベルトが緩んで固定したい位置からずれてしまうことがあるのです。

バックルが削れていることでも、摩擦力が低下してベルトがずれていく原因になります。

たとえば、こちらのポータークラシックのスーパーナイロンウエストバッグ

measures-loosen-bag-belt-2

サイドリリースバックルの両端それぞれに、長さ調節用のベルトが付いています。

measures-loosen-bag-belt-4

この部分を調節してベルトの長さを変えられる仕様です。

measures-loosen-bag-belt-3

自分が使いやすい長さに調節するのは、誰しもがやったことがあるかと。

ですが、ベルトの荷重が掛かっていないと、こんな感じに緩んでしまいます。

measures-loosen-bag-belt-5

バックルとベルトが密着していないので、ベルトの位置がずれるのは当然っちゃ当然です。

measures-loosen-bag-belt-6

せっかく長さを調節しても、緩んだりずれたりしてベルトを固定化できなければ意味がありません。

最適な長さに調節した後もずっとその位置にとどまって欲しいですよね?

一路
一路
一度決めた位置からベルトを動かないようにしたいと思うのは当然のことですね!

バッグのベルトを緩めないための対処方法

そんな方に朗報です。

バッグのベルトを緩めない方法があります。

主な方法は以下の2つ。

バッグのベルトを緩めない方法
  1. ベルトストッパーを使う
  2. ベルトをバックルに通す方法を工夫する

ベルトストッパーを使う

バッグのベルトを緩めないための方法、1つ目はベルトストッパーを使うこと。

ベルトが緩んでしまうのは、遊びがあるからです。

要はしっかりと固定されておらず、たわんだ状態が発生しやすいことが原因。

ベルトストッパーでベルトを固定化すれば緩みを防げます。

ベルトストッパーはバッグのベルトやショルダーストラップに後付けで装着でき、固定化が容易です。

ベルトをベルトストッパーでパチッと留めれば対策完了。

わずわわしいベルトのずれとはオサラバです。

一つだけ難点があるとすれば、ベルトストッパーを買わなければいけないということですね。

ベルトをバックルに通す方法を工夫する

バッグのベルトを緩めないための方法、2つ目はベルトをバックルに通す方法を工夫すること。

これが何を意味するかというと、バックルとベルトの引っ掛かり面を増やし、摩擦が加わる箇所を多くする狙いがあります。

通常、ベルトはバックルに空いた2つのスリットに通すため、ベルトとバックルの接地面は2箇所です。

しかし、これだけだとどうしても緩みが生まれ、結果としてベルトのずれが生じます。

裏を返せば、バックルとベルトの接地面を多くすれば摩擦が強くなり、バックルとベルトがガッチリホールドされるということ。

緩まず、ずれなくなります。

この方法は先ほどのベルトストッパーのような道具を必要とせず、ベルトの通し方を変えるだけ。

今すぐできて簡単・お手軽です。

すぐにできる!道具いらずのバッグのベルトを緩めない方法

今すぐできる簡単方法として、バックルへのベルトの通し方を工夫する方法を実践してみます。

図で解説しながら手順を追っていきますね。

バッグのベルトの緩みでお悩みの方は、ぜひともやってみてください。

まずは、バックルの接続部から遠い方のスリットのベルトを抜きましょう

measures-loosen-bag-belt-7

説明しやすいように、バックルに空いた2つのスリットに記号を振っておきますね。

measures-loosen-bag-belt-23
  • バックルの接続部に近い方を「Aスリット」
  • バックルの接続部から遠い方を「Bスリット」

と呼びます。

横から見るとこんな感じ。

measures-loosen-bag-belt-8

今はAスリットだけにベルトが通っている状態です。

Aスリットから出ているベルトの端をグルッと回し

measures-loosen-bag-belt-20

Bスリットの下側から差し込みます。

measures-loosen-bag-belt-21

Bスリットの上側から出たベルトの端をつかみ…

measures-loosen-bag-belt-9

Aスリットの上側から差し込みましょう。

measures-loosen-bag-belt-22

そうすると、こんな感じになります。

measures-loosen-bag-belt-10

この時点で、Aスリットにはベルトが二重に通っています。

スリットの大きさによってはベルトが通らないことがあります。その場合は先ほどご紹介したベルトストッパーの利用をオススメします。

ここまできたら、あとはベルトを締めるだけ。

すると、仕上がりはこのようになります。

measures-loosen-bag-belt-11

Bスリットの外周をベルトがグルッと囲む形になりました。

measures-loosen-bag-belt-12

実際に触ってみるとわかりますが、ホールド力が高くベルトが緩みません。

バックルとベルトの設置面が多くなり、摩擦力が働いているおかけです。

Aスリット、Bスリットそれぞれでしっかりとベルトを保持しています。

反対側のバックルとベルトも同じ方法で対策します。

measures-loosen-bag-belt-13

ベルトをグルッと回して…

measures-loosen-bag-belt-14

バックル接続部分に近いほうのスリットへ通します。

measures-loosen-bag-belt-15

ベルトを締めて…

measures-loosen-bag-belt-16

すると、このように。

measures-loosen-bag-belt-17

バックルの両方でベルトを固定化すれば、ベルトが緩んでずれる心配がなくなります。

measures-loosen-bag-belt-18

ベルトの緩みを気にせず、思う存分バッグを活用できるようになりました。

measures-loosen-bag-belt-19
通りすがりの御方
通りすがりの御方
バッグのベルト・ショルダーストラップ・肩ひもの長さを調節したのに勝手にズルズル下がって困る…

という方は、ぜひとも取り入れてみてください。

一路
一路
簡単なので今すぐできますよ!

長さ調節ベルトを固定して快適バッグライフを!

本記事では、バッグのベルト(ショルダーストラップ)が緩んでずれてしまうことへの対処方法について書きました。

バッグのベルトは長さ調節をしっかりしても、ベルトの緩みによってずれてしまうことがあります。

せっかく調節したのに水の泡…

なんてことを防ぐためには対策が必須です。

ベルトストッパーを使っても良いのですが、道具不要で対処できる、

バックルへのベルトの通し方を工夫する方法

がオススメ。

ベルトの通し方を少し工夫するだけなので、今すぐできる対策です。

バッグのベルトの位置が固定できるため、バッグがずり落ちるのを防止できます。

バッグのベルトやショルダーストラップの緩み・ずれが気になる方はお試しください。

一路
一路
バッグのベルトを適正な位置で固定すれば、快適なバッグライフを満喫できますよ!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

ベルトがスリットに二重に入れられない場合はベルトストッパーをお試しください
super-nylon-waist-bag-38
【画像46枚でレビュー】ポータークラシックのスーパーナイロンウエストバッグ【感動するカバン】バックパックは大きすぎ、けれどもサコッシュは容量が足りない…。そんな方にはウエストバッグがオススメ。かゆい所に手が届く絶妙な容量が魅力です。ポータークラシック(Porter Classic)のスーパーナイロンウエストバッグは機能性とデザイン性が高レベルで両立されたカバンです。ブランド独自のナイロン生地は経年変化を楽しめます。画像多めでレビューしますよ!...
easier-use-bag-13
バッグの使いやすさアップ!ファスナースライダーに紐をつけると掴みやすく便利になりますバッグのファスナーに付いている引手である「スライダー」。小さいとつまみにくくて使いづらいなぁと感じたことないですか?そんなときはファスナースライダーにひもを付ければつかみやすく、ファスナーを開閉しやすくなります。ささいなことかもしれませんが、毎日使うバッグですから、そのちょっとしたストレスを軽減してバッグを使いやすくしましょう!...
fasteners-easy-use-1
バッグや財布のファスナーのすべりが悪い?ワックスを塗れば使いやすくなる!【スライダーをスイスイ動かす方法】バッグのファスナーが動かしにくい…。財布のファスナーが引っかかって使いづらい…。そんな時はファスナースライダーにワックス(油)を塗ってみてください。滑らかに動くようになるので使い勝手がアップします。この記事ではファスナー部分にワックスを塗って使いやすく、ストレスフリーな使い心地にする方法をご紹介します。...
second-clipa-2
【バッグハンガー『Clipa(クリッパ)』】使いやす過ぎて2つ目買っちゃいました!バッグを吊り下げられるバッグハンガー、「クリッパ(Clipa)」が便利すぎて2つ目をゲットしました。色々なところにバッグを掛けられるようになるので、バッグの置き場所に困ることがなくなります。新たに入手したのはブラックシルバーの色味のもの。クリッパの使い方とその効果を再確認します。...
オロビアンコのバッグは丈夫で長持ち!その秘密はリモンタナイロンにあり!【シルベストラ】オロビアンコのバッグは非常に丈夫!その秘密はイタリアのファブリックメーカーであるリモンタ社が手掛ける「リモンタナイロン」に有り!リモンタナイロンを使ったバッグは耐久性に優れおまけに、高級感のある光沢も生み出します。天然の革だけでなく、人工繊維にも魅力的なものは沢山存在するんです!...
ウォレットチェーンの応用法!バッグに付ければ中身をゴソゴソ探す必要がなくなりますウォレットチェーンは財布とベルトループ等とを繋いで、財布の紛失防止やファッションのアクセントに使うものですが、視点を変えてバッグに取り付ければ、ガサゴソ中身を探さずとも目的のものを素早く取り出すことが可能な便利グッズに早変わり。そんなウォレットチェーンの応用の仕方について、ご紹介しています!...
Amazonギフト券をチャージしてお得に買い物!

amazon-gift
Amazonで買い物するならAmazonギフト券チャージタイプを活用しましょう!
チャージ金額に対して通常会員なら最大2.0%プライム会員なら最大2.5%のポイントが貯まるのでお得に買い物を楽しめます!

▼Amazon公式サイトへGO!▼
Amazonギフトチャージ

▼Amazonをよく利用される方へ!▼
Amazonプライム会員なら配送料が無料に!

こんな記事もオススメ!