靴修理

手軽に靴のつま先補強!靴を丈夫に、そしてストレスフリーの世界へようこそ!

革靴のつま先部分のすり減りって気になる方、多いのではないですか?

つま先が削れると見た目の美しさが損なわれると共に、靴修理のタイミングも早まり、手間とお金もかかります。

出来るなら避けたいですよね?

  • いつの間にかつま先が擦り減っている…

そういった事態を避けるために何をすべきか、今回はそんなお話しです。

最も削れるのはかかと

ご存知の通り、靴を履いていて最もすり減りやすい箇所は「かかと」です。

これはどんな種類の靴でも共通している項目だと思います。

ご自身が歩いている時を思い返していただくと、「着地はかかとから」という方が多いのではないかと。

健康法の一つとして

通りすがりの御方
通りすがりの御方
意識してつま先から着地しているよ

という方もいらっしゃるかもしれませんが、大半の方は該当すると思います。

【シューズドクター】かかとを補修して靴の状態と身体のバランスを良好に!【自分で修理】革靴のかかとの削れって気になりませんか?そんな時はセメダインの「シューズドクター」でチャチャっと補修しちゃいましょう。簡単お手軽工程で初心者でもお気に入りの靴の修理が出来ちゃいます!かかとの補修は見た目だけでなく健康を保つうえでも重要な意味を持つのです。...

従いまして、「靴のかかと」とは磨耗しやすいものなのですが、これが革靴の場合、もう一箇所すり減りが気になるところが増えます。

革底ではつま先も

それは「つま先」です。

正確には革底以外の靴でもつま先の磨耗は起こるのですが、レザーソールの革靴の場合、それが顕著になります。

新品の革靴の場合、革がまだ硬い状態なのでレザーソールも当然硬く、返りが悪い状態です。

ですので、歩いた際に足に靴が付いて来ずに靴が地面を擦る感じになります。

レザーソールはもともと削れやすいですから、返りが悪いと益々削れやすくなるというわけです。

つま先がダメージを受けることは靴を履いて歩く以上、避けようがない事なのです。

対応としては削れた箇所を補修するか、削れを防止するために事前に処置を施すか、ということになります。

つま先の削れ対策とは

一般的に見られる手法としては、履き降ろす前にあらかじめ、アッパーを曲げて履きジワをあえて作る方法や、ソールのつま先を削り、そこにトゥスチールやトゥラバーを取りつけるで磨耗に強くするという方法が挙げられます。

履き下ろす前にシワを刻む

アッパーに履きジワを付けるというのは非常に簡単で、靴を履いた状態でシワをつけたい箇所にボールペン等、ある程度硬くて細丸い棒を当てて、足の付け根を歩く時のように曲げます。

そうする事で事前に革のアッパーにシワを入れ、実際に歩いた際の返りを良くするのです。

一方で、この手法は意図的にシワを付けるので、実際に歩いた時に入るシワの位置とは多少異なってきます。

少しの違いであれば最初に付けたシワに矯正されるので問題無いのですが、大きく異なる場合は、シワが二重に入ってしまったり、通常では入らないような、美しさを大きく損ねるシワになってしまう事もあります。

ですが、しっかりと気をつけて行えば問題が起こることはまずない、とは思いますので結構お手軽な手法です。

僕は自然に履いて出来るシワが好きなので、多少不細工な履きジワになったとしても、それも個性として楽しみたいので、事前にシワをつけたことはありません。

一路
一路
その辺はお好みですね!

トゥの補強

もう一つの手法としては革底のつま先部分を多少削って、その部分に金属やラバーを付けて削れに強くするという手法です。

この方法は履き下ろす前、購入時に処置することもありますし、靴を履き下ろしてからある程度履き込んでから、処置を施す場合があります。

こちらも人によって、どういった対策をするかは意見が分かれるところだと思います。

個人的にはまっさらの革底の感覚を楽しみたいので後者が良いかな、と思います。

一路
一路
実際に試したことはありませんが…
いつかやってみたいですね!

この処置をするには靴の修理屋さんにお願いするか、自分で行うかになるのですが、修理屋さんに依頼するには数千円の費用と作業期間が必要ですし、自分で行うにも革を削る道具が必要です(グラインダーとか、僕は持っていません)。

一路
一路
ちょっとハードルが高いイメージがあるんですよね~

自分でつま先補強を

そんなところに便利なキットがあるんですよ、この世の中!

その名も「かかとつま先兼用ラバープレート」です。

それがこちら。

ラバープレートと接着剤、釘のセットです。

靴のつま先やかかとに付属の接着剤や釘でプレートを取り付けることができます。

東急ハンズなどいろいろな場所で販売されているので、売り場で見たことあるという方も多いのではないかと思います。

僕はある程度履いて、少しつま先の削れが気になってきたレザーソールの靴にはこれを取り付けるようにしています。

これをつけるとつま先のレザー部が削れなくなります。

そういう商品なので当たり前ですが…。

ただ、これを付けることで生まれる最大の効果は、「つま先、あるいはかかとの削れを心配しなくても良い」という心の余裕だと思います!

僕はこの感覚を得るためにこの商品を愛用しています。

レザーソールの靴を履いていると

  • つま先補修の時期はいつ頃かな
  • かかとの修理時期はそろそろかな

と心配になり、気になってしょうがないんです。

そうなると、歩くにもなるべく革底が削れないようにとか、余計なことを考えてしまって、その靴を心底楽しめなくなってしまうのです。

一路
一路
我ながら損な性格だと思います!

それを解消するのがこのラバープレートということなんですね。

実際に靴に付けるとこんな感じです。

取り付けて1年ほど経っているのでだいぶ使用感がありますが、逆に言えば、ある程度履いてもラバープレートの削れはこの程度で済んでいるという事です。

つま先が削れてしまう

その心配から完全に解放されました。

肝心の取り付け方ですが、このラバープレートは接着剤で取り付けます。

剥がれそう、と心配な場合は更に釘を打ち込んでもいいです。

それ用の穴もプレートに開いていますので。

ただ、僕の場合は今まで剥がれたことがないので接着剤のみで取り付けています。

実際に取り付ける作業の様子は以下の記事にてご紹介しています。

革靴のつま先削れが気になる方へ!プレートを張り付けるだけの補修方法を解説【簡単3ステップ】革靴のレザーソールの削れって気になりますよね?履き下ろし直後は特につま先が削れやすく、修理に出すにも手間なりお金が掛かります…。そんなときには簡単・お手軽につま先補修が可能な、ラバープレートを使いましょう。接着剤で取り付けるだけで補修が完了しますよ!...

つま先削れが気にならず快適!

つま先の補強を行うと靴のダメージを軽減すると同時に、精神的な余裕も生まれます。

靴のダメージが軽減できれば、その靴と長く過ごせますし、長期的にみるとコストパフォーマンスもよいと思います。

一路
一路
何より、靴を履いて出かけることを心の底から楽しむことができるので、外出が本当に楽しみになりますよ!

靴のためにも自分のためにも「つま先補強」是非行ってみてはいかがでしょうか。

少しでもご参考になれば幸いです。

それでは、ご覧頂きありがとうございました!

革靴のアッパーが傷ついてしまったときは?
fill-wounds-leather-shoes-9
【修理】革靴の傷を補修!えぐれてしまった革をパテで埋めてキレイにする方法【アドベース】革靴にできてしまった傷の補修を行った記事です。「アドベース」というコロンブス社の傷補修用パテ剤は革の傷を埋めるのに最適。色を付けるためのカラー剤と組み合わせることで色の調整も自由自在!革靴にできてしまった傷、あきらめるにはまだ早い!...
sole-repair-summary-1
【靴底のリペア方法まとめ】セルフ補修で靴が長持ち!つま先やかかとの修理を自分でやってみよう靴底を自分で修理する方法をまとめた記事です。靴底でダメージを受けやすい箇所である「かかと」と「つま先」について、簡単・お手軽な補修方法をご紹介しています。セルフで行えば、修理専門店に依頼するよりも安く済むのでお財布にも優しいですよ!...
靴磨きの方法まとめ
shoe-shine-summury-99

革靴に使用されている革には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。
革の魅力を最大限引き出すために、革の種類によって適したケア用品・方法を選びましょう。
革種ごとの靴磨き方法をまとめています。

CHECK!

靴磨き方法まとめ

こんな記事もオススメ!