靴磨き

【ペネトレイトブラシ】手を汚さずに靴クリームを均一に塗れる!おすすめ小型ブラシ【靴磨き用品】

cream-application-brush-4

靴磨きは革に潤いを与えてしなやかさを保つことが目的の一つ。

そのために革靴へ靴クリームを塗り、革に油分と水分を与えて保革します。

ただ、靴クリームを塗るときに指で直接塗ると靴クリームで手が汚れてしまいますよね?

クロスに靴クリームをとって塗る場合でも、徐々にクリームがクロスに染み込んで最終的には手まで到達してしまいます。

結局、手が汚れることに…。

また、指やクロスで靴クリームを塗ると、革靴の細かいところまで靴クリームを行き届かせるのが難しいです。

装飾の穴やウェルトの土踏まず部分には指が入っていきません…。

そんなときに、あると便利な道具が!

それがペネトレイトブラシ

手の汚れ防止や靴クリームの均一塗布に役立つアイテムがペネトレイトブラシです。

手にすっぽり収まるサイズの小型ブラシである「ペネトレイトブラシ」は、靴クリームを塗るときにとても便利。

この記事ではペネトレイトブラシの詳細と便利さをご紹介していきます。

一路
一路
よろしければお付き合いください!

商品名に関して、正しくは「ペネトレトブラシ」ですが、口語としてわかりやすい「ペネトレトブラシ」をこの記事内では使用しています。ご了承ください。

ペネトレイトブラシとは

この記事のテーマであるペネトレイトブラシは、靴を磨くときに使う「靴クリーム」を塗り伸ばすためのブラシです。

こんなブラシ。

cream-application-brush-11

小型のブラシなので小回りが利きやすく、革靴の細かい装飾部分にも靴クリームを塗り広げることができます。

ブラシの毛が細かく、びっしりと。

cream-application-brush-10

持ち手にくびれがあり、手に収まりやすい形状をしています。

cream-application-brush-3 cream-application-brush-1

持ちやすいと靴磨きもやりやすくなるので、地味に嬉しいポイントです。

ブラシの反対側は平べったくなっているので、立てることも可。

cream-application-brush-7

保管するときにも便利な機能です。

豚毛のペネトレイトブラシが一般的かと思いますが、馬毛のブラシもあります。

コードバンやベビーカーフなどの傷がつきやすい繊細な革靴を磨くときには、毛が柔らかな馬毛のペネトレイトブラシを使うことをおすすめします。

一路
一路
豚毛のペネトレイトブラシだと刺激が強いかもしれませんからね!

ペネトレイトブラシを使わないとどうなる?

靴クリームを革靴へ塗るには、クリームを直接指に付けたり、クロスに付けたりして塗ることもできます。

ただ、それだと困ることがありませんか?

指やクロスで靴クリームを塗るときに僕が感じた困ったこととは…

靴クリームで手が汚れる

靴の細かいところまで靴クリームが行き届かない

これらはペネトレイトブラシを使うと解消できます。

一路
一路
具体的にどういうことか、ご説明しますね!

靴クリームで手が汚れる

指やクロスで靴クリームを塗った際に困ること。

一つ目は「靴クリームで手が汚れる」点です。

指で靴クリームを塗ると手が汚れるのは当然ですが、クロスを使った場合でも汚れることがあります。

クロスが薄い場合、靴クリームがクロスに浸透して貫通し、手に靴クリームが付いてしまうことがあるのです。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
クロスを厚くすれば手は汚れないでしょ?
一路
一路
確かにそうなのですが…

クロスを厚くすると、靴クリームがクロスに吸収される量も多くなり、靴クリームを多めに消費することになります。

クロスも靴クリームを吸った分だけ汚れるので、あまり推奨したくないのが正直なところ。

靴の細かいところまで靴クリームが行き届かない

指やクロスで靴クリームを塗ったときに困ることの二つ目は「靴クリームを細かいところまで行き届かせることが難しい」という点。

革靴にはアッパーとソールの隙間やブローグ(装飾の穴)など、複雑な構造の箇所もあります。

cream-application-brush-17 cream-application-brush-18

このようなところまで指やクロスは入りませんよね?

たとえ細かいところでも、靴クリームが塗れないと保革が十分に行えません。

革に油分や水分を行き渡らせるためには、指やクロスでは限界があるのです。

ペネトレイトブラシを使うメリット

ここからは、ペネトレイトブラシを使うことで得られるメリットについて述べます。

ペネトレイトブラシを使えば、靴クリームをブラシに付けて塗れるので手が汚れません。

また、ブラシの毛一本一本が細いため、靴の細かい隙間までブラシが入り込み、塗りムラや塗り残しが起こりづらいという利点も。

特に、ブローグ(装飾の穴)がある靴は指やクロスでまんべんなくクリームを塗るのは至難の技。

ブローグ靴のお手入れにはペネトレイトブラシは必須と言えるでしょう。

一路
一路
靴磨きをより快適にするアイテムがペネトレイトブラシなのです!

ペネトレイトブラシは靴クリームの色の数だけ揃えるのが吉!

靴磨きに便利なペネトレイトブラシですが、使用する際は靴クリームの色の数だけブラシを用意することをおすすめします。

というのも、同じペネトレイトブラシを複数の靴クリームに使い回すと、革靴への色移りが起きてしまいます。

例えば、茶色い靴に茶色の靴クリームを塗るとき、ブラシに黒い靴クリームが付いていたら、茶色の靴に黒色が移ってしまいますよね?

革の風合いをそこねる原因になってしまうのです。

使う度にペネトレイトブラシを洗うというのも一つの選択肢ではありますが、手間がかかります。

ペネトレイトブラシは色ごとに複数本持っておくと便利です。

cream-application-brush-13

ちなみに僕は現在、10本所持しています。

cream-application-brush-15
一路
一路
靴クリームや使う靴によって少しづつ増えていった結果です!

ペネトレイトブラシで靴クリームを塗布してみる

ペネトレイトブラシの効果について、実際に使いながら確認してみましょう。

リーガルのブラウンシューズに保革をすべく、ペネトレイトブラシを使います。

cream-application-brush-17
日本のシューズメーカー「リーガル」の革靴
regal-brown-shoes-2
リーガルの革靴を購入レビュー!カジュアルな茶色の靴は経年変化も楽しめます【REGAL】リーガル(REGAL)のブラウンの革靴を購入したのでご紹介しています。茶色の靴は黒色に比べて革色の変化が顕著で、経年変化(エイジング)が激しいもの。だからこそ革靴が今後どのような姿になっていくのかという楽しみがあります。グッドイヤーウェルト製法を採用しているため、ソールの張替えも容易で長く履くことのできる革靴となっています!...

ペネトレイトブラシに靴クリームを付けます。

cream-application-brush-9 cream-application-brush-6

当然ですが、全く手が汚れません。

靴の隙間もなんてことなく入り込み、靴クリームを塗布できます。

cream-application-brush-5

ステッチ(縫い目)部分も。

cream-application-brush-16

ステッチ部分は雨水が浸透しやすい箇所です。

ステッチに油分を含む靴クリームを塗っておけば、雨水を弾いてくれるので防水性が高まります。

一路
一路
ペネトレイトブラシのおかげで、ステッチにもクリームをしっかりと塗り込めます!

ブラシの毛は履きジワにも入り、抜かりなく保革効果を与えます。

cream-application-brush-12

履きジワ部分は大きい負荷がかかるため傷みやすく、革の乾燥が進みやすい箇所。

ペネトレイトブラシならまんべんなく均一に、履きジワにも靴クリームを行き渡らせることが可能です。

今回使った靴クリームは「クレム1925」です
creme-saphir-11
【SAPHIR NOIR】こんなに輝く!?クレム1925を使った靴磨き【ド定番】「靴磨きを始めたいけど靴クリームは何を使ったらよいのだろう?」、「おすすめは?」。その問いにはサフィールノワールのクレム1925とお答えします。革靴をどんな仕上がりにしたいかにもよりますが、クレム1925は多くの方が満足できるクリームであると思います。この記事ではクレム1925の詳細と実際の靴磨き方法をご紹介しますよ!...

靴磨きをしやすくするペネトレイトブラシ

以上、ペネトレイトブラシのご紹介でした。

ペネトレイトブラシは手を汚さずに靴クリームを塗れるだけでなく、革靴にまんべんなくクリームを行き渡らせることができる便利な道具。

靴磨きを快適にしてくれるシューケアグッズです。

快適な靴磨きができれば、より一層靴磨きが楽しくなるはず。

一路
一路
是非、お試しください!

ちなみに、ペネトレイトブラシを保管するためのスタンドもあります。

cream-application-brush-14

ペネトレイトブラシをスタイリッシュに保管したい方におすすめです。

ペネトレイトブラシの保管用スタンド
penetrate-brush-stand-8
【保管に最適】ペネトレィトブラシスタンドを活用して周囲の靴クリーム汚れを防止しよう靴磨きで靴クリームを塗るために使うペネトレイトブラシ。手を汚すことなく、均一にクリームを塗布できる便利グッズですが、収納をどうするか、お悩みの方も多いのでは?そんなときは「ペネトレイトスタンド」を活用してみて下さい。収まりが悪かったブラシをスッキリ整理整頓できますよ!...

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!

shoe-care-brush-1
靴磨きにはどんなブラシを使うの?毛の種類や形状で使い分けたいシューケアブラシ革靴を磨くときに重要な道具がブラシです。「ホコリを払う」「靴クリームを塗り伸ばす」「ツヤを出す」などブラシの用途は様々で、各工程で適したブラシは異なります。馬毛や豚毛、山羊毛のブラシを使い分ければ革靴の仕上がりをより良いものにできますよ!...
5-shoeshine-good-1
まずはコレ!靴磨きをはじめるためのオススメアイテム5選【何が必要?】靴磨きを始めたいけど、まず何が必要なの?その疑問にお答えします。とりあえず揃えておきたいシューケアアイテムは馬毛ブラシ・シューキーパー・靴クリーム・クリーム塗布用ブラシ・磨きクロスの5つです。なぜ、僕がそれらの道具を選んだのか、どんな効果があるのかを本記事内でご紹介します。...
bristle-handle-brush-4
【ブリストルハンドルブラシ】靴のお手入れで手が汚れる?柄付きブラシを使えば作業が快適に!【サフィールノワール」靴のお手入れでブラシを使うと手の汚れが気になりませんか?持ち手が付いたブラシなら手とブラシ部分に十分な距離があるため、手が汚れにくいです。サフィールノワールの「ブリストルハンドルブラシ」は柄付きの豚毛ブラシなので、靴クリームを塗り伸ばしたり、靴用洗剤を使うときの洗浄用ブラシとして使用可能。「靴のお手入れはしたいけど汚れるのはイヤ!」という方はぜひともお試しください。...
apply-brush-7
【アプライブラシの使用感レビュー】四角いフォルムが革靴の細かい部分に行き届く!靴クリームを塗りやすい小型ブラシ手を汚さずに靴クリームを塗りたいなぁ…。そんな方にはサフィールのクリーム塗布用ブラシ「アプライブラシ」がオススメ。持ちやすい形状のアプライブラシは使いやすく、長方形に植え込まれたブラシ毛が革靴の細かい箇所にもしっかり入り込み、靴クリームを満遍なく行き渡らせることができます。シューケアのお供にどうぞ!...
step-4-shoe-cream-1
【靴磨き手順STEP4】革靴を靴クリームで保革する【栄養補給と補色効果あり】革靴はだんだんと乾燥し、硬くなっていきます。そうなると革がひび割れたりシワが入ったりして、最悪の結果を招くことになりかねません。靴クリームを塗ってしっかりと水分・油分を与えてあげることが革靴と長く付き合っていくコツです。この記事では潤いと栄養を補給して革靴を守るための方法をご紹介しています。...
Amazonギフト券をチャージしてお得に買い物!

amazon-gift
Amazonで買い物するならAmazonギフト券チャージタイプを活用しましょう!
チャージ金額に対して通常会員なら最大2.0%プライム会員なら最大2.5%のポイントが貯まるのでお得に買い物を楽しめます!

▼Amazon公式サイトへGO!▼
Amazonギフトチャージ

▼Amazonをよく利用される方へ!▼
Amazonプライム会員なら配送料が無料に!

こんな記事もオススメ!