シューケア

【気になるコバの色抜け】色を入れなおす簡単な方法とは?革靴の雰囲気を引き締めよう

靴磨きとは何でしょうか?

一路
一路
あ、哲学とかそういう類の話ではなく、そのままの意味です!

靴クリームを塗って、ブラッシングして、ワックスを乗せて磨き上げる…。

こういった工程を踏むのはアッパー(靴の甲革)が主ですが、ソールコバ(ウェルト)にもお手入れは必要です。

そういった箇所もお手入れすることで、靴の寿命も延びますし、美しさも保たれます。

靴磨きとは何もアッパーの革のケアだけでなく、ソールやコバのケアも含むと僕は考えています。

その中で、今回は靴のコバに着目してお手入れしていこうと思います。

革靴の「コバ」とは

「コバ」とは、アッパー(甲革)よりも外側にはみ出たウェルト部分のことを指し、「エッジ」とも呼ばれます。

コバはソールとアッパーを縫い合わせるために存在する箇所

アッパーよりも外側に張り出しているため、アッパーに傷や擦れのダメージが入るのを防いでくれる効果もあります。

デザイン的にも耐久性的にも重要な部位なのです。

一路
一路
コバ以外の革靴用語についても以下にてまとめています!
革靴の用語をまとめました
【革靴用語辞典】革靴に関する単語まとめ!意味を知れば靴磨きがより楽しいものに革靴用語って専門的な用語が多くて、革靴初心者の方にはよくわからないことが多くないですか?僕はそうでした。今もそうですが。そこで今回は半分自分のために革靴の用語について少しまとめてみました。...

コバをケアする理由

アッパーに目が行きがちな靴磨きですが、コバにもケアをほどこしてあげると靴の美しさがグンと高まります。

コバは靴の輪郭でもあるので汚れていたり、くすんでいたりすると靴全体の雰囲気がボヤけてしまうのです。

逆に、コバが綺麗に手入れされていると、靴の雰囲気が引き締まって美しさがより引き立ちます。

絵を描く際には、輪郭を描いてから色を塗りますよね?

輪郭はその形そのものを表現する重要な要素です。

ということは靴の輪郭たるコバも重要ということ。

一路
一路
かなり大事なポイントですよね!

コバのお手入れ

今回コバをケアする靴はスコッチグレイン(SCOTCH GRAIN)シャインオアレインⅣです。

防水性の高い全天候対応型の万能革靴。

天候を選ばず履ける革靴なので、雨の日はもちろん、天候が読みづらい出張時に大活躍しています。

そんな大活躍中のシャインオアレインで。

雨の日に履いたり、単純に履く機会が多いだけあって、その分汚れるのも早いです。

コバ部分も例にもれず、こんな感じに汚れています。

雨の日に履いたことで付着した水汚れをそのままにしておいたので、コバが白っぽくなっています。

 

つま先、かかとも”シャキッ”とした印象からは程遠いですね…。

とほほ…。(昭和感)

こんな状態ですので、今回しっかりとお手入れしていきたいと思います。

コバのお手入れは以下の工程で行います。

  1. コバの汚れを落とす
  2. インキでコバを補色する
  3. ワックスで保護層を作る
一路
一路
早速やっていきますよ!

コバの汚れを落とす

まずはM.モウブレィの「ステインリムーバー」コバの汚れを落とします。

ネル生地のクロスにリムーバーを取り、コバの汚れを落とすために拭いていきます。

 

見落としがないように、しっかり汚れを落としましょう。

アッパーとの隙間部分も入念に!

汚れ落とし完了です。

この時点で汚れが落ちて、すでに白っぽさが消えていますね。

より綺麗にするために、次の工程に移ります。

インキでコバを補色する

汚れを落としたら、退色したコバの色を補います

使用するのはコロンブスの「コバインキ」です。

コバインキはコバやヒールの色あせを補うことや、傷が付いてしまった際の傷隠しとして使用可能な補色用インキです。

色あせを防いで、おまけにツヤも出してしまう優れもの。

フタの先端にはスポンジが付いているので、ここにインキを染み込ませてコバに塗っていくという仕様です。

塗る際は液だれを防ぐために、瓶のふちの部分にスポンジを押し当てて、ある程度スポンジを絞ってから塗るようにするとGOODです。

万が一、液だれしても良いようにスポンジを上にして使用するとフタが液受けになるため、手や周囲が汚れずに済みます。

さぁ、コバにインキを塗っていきます。

アッパーにインキが付かないように、細心の注意を払って作業を進めます…。

慎重に…、慎重に…。

一路
一路
押すなよ!絶対押すなよ!

通りすがりの御方
通りすがりの御方

ヒールの部分も。

塗り終わりました。

コバに色が入ることで、靴の輪郭がはっきりした印象を受けます。

ちなみに、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、今回使用したコバインキは「革底用」です。

スコッチグレインのシャインオアレインのコバ部分は、ソール同様に合成底のゴム製です。

コバインキには「合成底用」もありますが、革用でも全く問題なく補色できているので、買い足しはしていません。

用途は違いますが、しっかり補色できます。

ただ、使用感の違いはあるかもしれません。

僕自身「革底用」と「合成底」用の違いは気になっているので、そのうち試してみるかもしれません。

一路
一路
好奇心強めな性格なので!

あ、ちなみにコバインキが乾燥するまで、コバには触れないようにしてくださいね。

ワックスで保護層を作る

コバにインキを塗り終えて乾燥させた後は、コバ部分にワックスで保護層を形成します。

先ほどのコバインキは耐候性が強いインキですが、いかんせん「水性塗料」です。

雨に降られれば、インキが落ちてしまいます。

それを防ぐために、油性のワックスで耐水性を高めて、コバに塗ったインキを水から保護します。

保護層形成に使用するワックスはこちら。

サフィール(SAPHIR)の「ビーズワックスポリッシュ」です。

高級カルナバワックスを含んだ、ビーズワックスベースのシューポリッシュ。

靴に上質な光沢を与え、保革効果もあります。

サフィールのシューポリッシュの詳細
靴磨き用ワックスを比較!サフィールとサフィールノワールの違いを検証【ポリッシュ】サフィールとサフィールノワールのワックスって何が違うの?って事で、数ある靴磨き用ワックスの中で不動の立ち位置を確立している、サフィールブランドの2種類のワックスを比較しました。実際に使用して感触や磨き後の革靴の仕上がりの様子をご覧下さい。比較に用いた革靴はスコッチグレインのカーフレザーを用いたアシュランスです。...

アッパーを光らせるには、それはもう効果抜群のワックスですが、コバにもその効果を与えることが可能です。

こちらのワックスを指にとって、コバに塗ります。

 

先ほど塗ったコバインキの上にしっかりとワックス層を重ねて、保護層を形成していきます。

コバをクロスで磨く

その後、数分程度時間をおいて、ある程度ワックスが乾燥してきたら、コバを磨いてツヤを出していきます

コバ磨きはアッパーに鏡面磨きをするのと同様に、クロスに水を付けて磨き上げていくのですが、今回は水の代わりにコイツを使ってみます。

ブートブラック(Boot Black)のポリッシュウォーターです。

鏡面仕上げ専用の仕上げ液で、水に加えて「エタノール」が含まれています。

アルコールの1種であるエタノールは、水よりも沸点が低いのが特徴。

そのため、このポリッシュウォーターは水単体よりも蒸発するのが早く、磨いたワックス層の乾燥を早める効果があります。

ポリッシュウォーターとは
polish-water-1
ポリッシュウォーターの性質と使い方とは?【革靴の鏡面磨きをアシスト】ブートブラックのポリッシュウォーターは鏡面磨きをするときにワックスとあわせて使う、エタノールを含んだ靴磨き専用の水です。ポリッシュウォーターには鏡面を作りやすくし、さらに、より美しくする効果があります。それはなぜか?本記事で解説するとともに、実際の使用感をレビューします!...

そんなポリッシュウォーター。

コバに塗ったワックス層にも、もちろん効果があります。

ポリッシュウォーターをワックスのフタに少量取り、ポリッシュクロスに染み込ませます。

 

ホントに少量しかとらないという…。

一路
一路
我ながら貧乏性です!

先ほどワックスを塗ったコバをクロスで磨き上げていきます。

滑らせるように優しく。

強くこすると、折角乗せたワックス層がクロスに拭き取られてしまいますからね。

磨き後がこちらです。

コバが黒々としていて、控えめなツヤも出ました。

以上でコバのお手入れ終了です。

汚れのあったつま先とヒール部分を見てみましょう。

 

汚れがしっかりと落ちて、補色もバッチリ。

一路
一路
靴の印象が引き締まりました!

コバのお手入れ前後を比較

では、まとめとして、コバのお手入れ前後の様子を比較してみます。

つま先とかかと部について、どうぞご覧ください!

 

白く汚れていたコバが黒々と光沢が出るようになっています。

靴の輪郭もはっきりと浮かび上がって、靴の表情が引き締まった感じがあります。

アッパーのケアは重要ですが、コバのケアも同じくらい重要。

一路
一路
こうして比較してみると改めて認識できますね!

「オシャレは足元から」。

コバにも気を掛けて紳士な雰囲気を身にまとえば、革靴ライフがより一層楽しくなること間違いなしです。

足元は靴下でも演出できます!
オシャレは足元から(靴下含む)!カラフルソックスでコーディネートに彩りをプラスしよう足元を彩るのは何も靴だけではありません。靴下も足元を飾る重要なポジションを担っています。季節によって靴下の影響力は変化しますが、特に夏は靴下が見える機会も多く、その重要度はとても高いです。アンクル丈のパンツを履く際にも靴下のチラ見せはファッションテクニックの一つ。靴下にこだわって足元を華やかに飾りましょう。...

それでは、今回はこの辺で失礼します。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!

靴磨きの方法まとめ
shoe-shine-summury-99

革靴に使用されている革には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。
革の魅力を最大限引き出すために、革の種類によって適したケア用品・方法を選びましょう。
革種ごとの靴磨き方法をまとめています。

CHECK!

靴磨き方法まとめ

こんな記事もオススメ!