靴磨き

ガラスレザーの革靴をアーティストパレットで磨くと奥行きある光沢に

ガラスレザーの靴、磨いていますか?

ほとんどケアしなくても美しさを保ち続けるガラスレザー靴。

だからといって、ケアしなくても良いというわけではありません。

革自体に栄養が入りにくかろうが、全く効果がないということではないですし、靴についた汚れも落とす必要があります。

個人的に、ガラスレザーの靴磨きはとてもオススメしたいこと。

その際に靴クリームの一種である「アーティストパレット」を使ってケアをすれば、ガラスレザーがまた違った表情を見せてくれます。

本記事では、ガラスレザーの革靴をアーティストパレットで磨く様子をご紹介します。

▼アーティストパレットを調べる▼
伊勢丹オンラインストア

ガラスレザーの特徴

ガラスレザーというのは、原皮をなめした後に革を乾燥する際、ガラス板の上に革を張って乾かし、革の表面をサンドペーパーでこすり、その上に顔料と合成樹脂を塗って仕上げた革のこと。

革の上に樹脂層が存在していることが特徴で、それ故に樹脂層の光沢感が強く表れた革なのです。

一方で、樹脂層が革の上に存在しているということは、メンテナンス時の水分や油分といった保革のための成分がダイレクトに伝わりにくいということでもあります。

一路
一路
それでも、全く効果が無いというわけではありませんので、お手入れすることをおすすめします!

ガラスレザー靴のお手入れには油性クリームがおすすめ

ガラスレザーは革靴のアッパーにも使われています。

日本のシューズメーカーである「リーガル(REGAL)」のガラスレザー靴はあまりにも有名ですよね。

革靴は履いていくうちに汚れの蓄積や革の乾燥が進行していくため、定期的なメンテナンスが必要。

それはガラスレザーの靴も同じなのですが、ガラスレザーで作られた革靴を磨くには油性クリームがおすすめです。

というのも、先ほど述べた通り、ガラスレザーは表面に樹脂層があるため、栄養成分の浸透が通常の革よりも期待できません。

靴クリームには革への栄養成分の浸透を助けるために、ある程度の水分が含まれている乳化性クリームもあります。

しかし、そもそもガラスレザーは靴クリームの浸透性が悪いため、水分含有量はあまり重要ではありません。

むしろ革自体や樹脂層を守るために靴の表面上に残り、油分でコーティング層を形成することを靴クリームには期待したいのです。

表面に油分が残れば、元々美しいガラスレザーの輝きに有機的ななめらかなツヤが加わり、より一層上品な雰囲気をかもし出すことができます。

一路
一路
端的にいえば、ガラスレザーのお手入れは「見た目重視」ということですね

そういった理由から、僕はガラスレザーの靴には油性クリームを使っています。

ガラスレザーとアーティストパレット

油性の靴クリームにも様々な種類が存在します。

僕が普段、ガラスレザー靴に使用しているのはM.モウブレィコードバンクリームレノベイターですが、これも油性のクリームです。

ですが、

別の靴クリームも使ってみたいなぁ…

という思いがフツフツとわいてきたのも事実。

そこで、今回新たな油性クリームを購入しました。

それがこちら。

ブートブラック(Boot Black)アーティストパレットです。

色はニュートラル。

アーティストパレットもコードバンクリームレノベイター同様、油性の靴クリームです。

そのため、革へしっかりと浸透するというよりも、革表面にとどまりコーティング層として光沢の付与や革の保護層として機能しやすいものとなっています。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
それならコードバンクリームレノベイターだけで十分じゃない?

そう思われた方へ。

実はこのアーティストパレットには、以下の様に、素晴らしい特徴があるのです。

  1. アルガンオイル配合
  2. アーティストパレットだけで鏡面仕上げが可能

なんとも魅力的な効果ですね。

詳しく解説していきます。

【ブートブラック/Boot Black】 アーティスト パレットクリーム(ナチュラル) 【三越・伊勢丹/公式】

アルガンオイル配合

アルガンオイルというのは、モロッコに生育するアルガンツリーの実の種から採取されるオイルのこと。

30キロの果肉から1リットルしか採取されない、とっても貴重なオイルです。

アルガンオイルはオレイン酸やリノール酸、ステロールなどの成分を含みます。

これらは革中の脂質成分とよく似ているため、革のすみずみまでスムーズに浸透します。

一路
一路
革に潤いを与える成分なのです!

アーティストパレットは油性クリームでありながら、アルガンオイルを配合することで、ワックスを塗った時と同様の光沢を与えつつも、革の保湿も行えるという二刀流を実現したわけです。

当然、ガラスレザーだけでなく、カーフレザーやコードバンなど、他の種類の革にも使えますし、しっかりと保革も行えます。

アーティストパレットでコードバンの靴磨き
artist-palette-strong-shiny-17
短時間で革靴にツヤが出る!靴クリームのアーティストパレットでコードバン靴を磨いたら驚いた話光沢が売りのコードバン(馬革)と油性靴クリームであるアーティストパレット。ツヤを出すためには相性抜群の組み合わせ、しかも短時間で靴に光沢を与えられます。鏡面磨きするほどじゃないけど、ツヤは欲しい…。そんな方にはアーティストパレットで靴磨きをすることをおススメします!...

アルガンオイルは貴重なだけに価格も高く、それがアーティストパレットの価格(35gで2,200円(税込))にも反映されています。

一路
一路
他の靴クリームに比べて値段が高いのも納得です!

アーティストパレットだけで鏡面磨きが可能

革靴を鏡面に仕上げるためには、靴用ワックス(シューポリッシュ)が必要ですよね?

靴クリームを塗って保革や補色をした後にワックスで磨き上げる、靴磨きの基本工程。

それが鏡面磨き

アーティストパレットにかかれば、それがいっぺんに行えます。

靴クリームとシューポリッシュの2つの機能がアーティストパレットには備わっているのです。

それは何故かと言いますと、先ほどから何度か出ているキーワードである「油性クリーム」

アーティストパレットは油性のクリームであり水分を含まず、構成成分は油分のみ。

そのため、革表面に成分が残りやすく、革靴に光沢を与えやすい特長を持ちます。

アーティストパレットを塗った後に通常の鏡面磨きの操作を行えば、ワックスを使用しような見事な鏡面を作ることができるのです。

一路
一路
画期的な靴クリームですよ、これは!

アーティストパレットでガラスレザーの靴を磨いてみる

アーティストパレットのご紹介も済んだところで、そろそろガラスレザー靴のお手入れをやっていきましょう!

磨く靴はコールハーン(COLE HAAN)のペニーローファー。

ご覧の通り、ガラスレザーをアッパーに使った革靴です。

磨き手順は以下のようになります。

  1. 靴のホコリを払う
  2. クリーナーで靴上の汚れを除去する
  3. 靴にアーティストパレットを塗る
  4. ブラシでアーティストパレットをなじませる
  5. クロスで靴を磨きツヤを出す

アーティストパレットの使い方としては、クリームを塗った後にクロスで磨くのがコロンブスさんが提案する正式な使用法です。

しかし、今回はブラッシングによってクリームをなじませる工程を踏ませることにします。

それはなぜなのか…。

単に気分の問題!

というのも、靴磨きの仕方は一つではありません。

一路
一路
自分の思うように磨いて、靴磨きを楽しむことが最も重要ですよ!

靴のホコリを払う

まずは靴についたホコリを払います。

使うのは馬毛のブラシ。

柔らかい馬毛を使って、手首のスナップを利かせてブラシ掛けします。

一路
一路
アーティストパレットがしっかりと革へ乗るように、邪魔なホコリを落としましょう
ホコリ落としには「馬毛ブラシ」
boot-black-horsehair-brush-
ブートブラックのクリーニングブラシはホコリ落としに大活躍!江戸屋コラボの馬毛ブラシ靴磨きに使うブラシ、どんなものをお使いですか?ブートブラック(Boot Black)と老舗札網専門店の「江戸屋」のコラボレーションで生まれた馬毛ブラシは使い勝手抜群でデザインもスタイリッシュ!効率的に革靴の汚れを落とせて所有する喜びも得られます。そんな極上ブラシのご紹介記事です!...

クリーナーで靴上の汚れを除去する

続いて、クリーナーで靴に付いている汚れや古い靴クリームを除去します。

使用するのはブートブラックシルバーラインのツーフェイスローションです。

こちらのツーフェイスローションは油性汚れを落とす成分と、水性汚れを落とす成分が入っていて、普段は容器内で分離しています。

使用するときはボトルを軽く振って2つの層を混ぜ合わせ、白濁した状態で使用します。

これをクロスに取り、靴を拭きます。

ゴシゴシこすらずとも、軽くなでるくらいで汚れは落ちていきます。

一路
一路
力はまったくいりません!

革靴にアーティストパレットを塗る

ホコリと汚れを落としたら靴クリームを塗る準備は完了。

いよいよ、アーティストパレットを靴に塗っていきます。

クリームをブラシに少量取って…

アッパーに塗り込んできます。

アーティストパレットは油性クリームで、かつ顔料なので、革に乗るイメージです。

普段、乳化性クリームを使用している方は少し使い勝手が違うかもしれません。

一路
一路
回数を重ねて慣れましょう!

ステッチや甲の履きジワには重点的に塗り込みます。

 

靴クリームをステッチに塗ることで防水性の確保が可能となります。

また、履きジワに塗ることによって樹脂層が割れた箇所からクリームが浸透し、樹脂層の下にある革にクリームの成分を行き渡らせる効果があります。

豚毛ブラシでアーティストパレットをなじませる

靴クリームの塗布が終わったら、クリームをよりなじませるために豚毛のブラシでブラッシングします。

豚毛のブラシを使うのは、比較的毛のコシが強く、クリームをなじませる効果が高いため。

加えて、余分なクリームを絡め取ることができます。

クロスで靴を磨きツヤを出す

この工程が最後です。

クロスで磨いてツヤを出します。

一路
一路
アーティストパレットの真骨頂です!

アーティストパレットは顔料ベースのため、染料とは違い色素の革への浸透がありません。

アーティストパレットの名前の通り、正にアーティストのように靴をパレットの見立てて、絵を描く様をほうふつとさせます。

磨き用クロスはサフィールのポリッシュクロスです。

磨き用のクロスで、繊維落ちが少なく使いやすいクロス。

ワックスでの鏡面仕上げ時にお世話になっているクロスです。

当然、アーティストパレットでの磨き作業でも使用します。

一路
一路
このクロス、磨きやすいんですよ!

クロスを手に巻いて、ハンドラップで少量の水を付けます。

ワックスでの鏡面磨き時と同じようにクロスで靴を磨きます。

クロスで円を描くようにクルクルと。

後は自分が納得のいくまで磨き、これに手作業終了。

仕上がりを見てみましょう。

アッパーの履きジワが目立ってしまって、アーティストパレットの効果が見にくいですね…。

横から見てみます。

この図だと、かなりツヤが出ているのがわかるかと思います。

一路
一路
ガラスレザー本来のツヤ以上の輝きを放っていますね!

ガラスレザーのツヤも良いですが、アーティストパレットで磨くと、ツヤに奥行きがでて、上品でみずみずしい輝きが得られます。

油性クリーム、かつ天然成分を使用しているからこその有機的なツヤといいますか。

革に命が吹き込まれたような印象すら受けます。

一路
一路
流石、アーティストパレット!

アーティストパレットでガラスレザー靴を磨こう!

アーティストパレットを使用したガラスレザー靴の靴磨きについてご紹介しました。

ガラスレザーはその特性ゆえに、靴クリームが浸透しにくいです。

ですが、ことアーティストパレットに関しては、アルガンオイルの革への浸透性の高さと、顔料ベースのクリーム由来の革上での保持力の強さからガラスレザーに好相性です。

しかも、油性クリームであるためワックスを使わずとも靴を輝かせることが可能。

与えられる輝きも奥行きのある美しいツヤを放ち、とても上品。

是非、靴をキャンバスに見立てて、アーティスト気分で靴磨きをしてみてください。

アーティストパレットは他のシューケア用品とは異なり、一部の百貨店など取扱店舗が非常に少ないですが、伊勢丹オンラインストアで取り扱っています。

一路
一路
こちらも是非チェックしてみてください!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

▼アーティストパレットを調べる▼
伊勢丹オンラインストア

artist-palette-strong-shiny-17
短時間で革靴にツヤが出る!靴クリームのアーティストパレットでコードバン靴を磨いたら驚いた話光沢が売りのコードバン(馬革)と油性靴クリームであるアーティストパレット。ツヤを出すためには相性抜群の組み合わせ、しかも短時間で靴に光沢を与えられます。鏡面磨きするほどじゃないけど、ツヤは欲しい…。そんな方にはアーティストパレットで靴磨きをすることをおススメします!...
only-artist-palette-25
【靴磨きクリーム】革靴の輝きをアーティストパレットだけで作り上げる!アーティストパレットを使った靴磨き方法をご紹介しています。シューポリッシュを使わずとも革靴へ強い光沢・ツヤを与えることが出来る油性靴クリーム、それがブートブラックのアーティストパレットです。スコッチグレインの黒色の革靴をデニムカラーで磨いたら、奥ゆかしい革の質感を手に入れることが出来ました!...
ブートブラックのアーティストパレットを初めて使ってみました【靴磨き】靴磨き愛好家としては色々なシューケア用品を使いたくなるものです。ブートブラックのアーティストパレットもその例に漏れず。アーティストパレットの使用感を確かめるべく購入しましたので、実際に使ってみた感触をレポートします。色味は「デニム」を選択。黒の革靴にほんのり青みを入れてみます!...
glass-leather-eye-catching
【ガラスレザー靴のお手入れ方法】革の性質と磨く必要性も解説【メリットは?】ガラスレザーの靴は靴磨き不要?いえいえ、そんなことはありません。ガラスレザーとはいえ、しっかりとケアすると、美しい状態を保ち続けられます。この記事ではお気に入りのガラスレザー靴と末長く付き合っていくために必要なシューケア・靴磨き方法をご紹介!あわせて、ガラス革のメリット・デメリットも書いています。...
glass-leather-cracks-6
ガラスレザーのひび割れは経年変化の証!気にせず革靴のエイジングを楽しもう【特徴も】ガラスレザーのヒビ割れって予防できる?目立たなくできる?そんな事を思われている方へ向けた記事です。ガラスレザーは割れます!それも含めてその革靴を愛してみてはいかがでしょう?もちろん、定期的なお手入れも忘れずに!...
how-to-use-artist-palette-1
気分は画家!アーティストパレットの使い方まとめ【革種を問わず靴磨きを楽しめる】靴磨きをもっと楽しみたい!そんなあなたにオススメなのがアーティストパレット。革靴をキャンバスに見立て、まさに芸術家のようにシューケアを堪能できます。カーフレザーはもちろん、コードバンやガラスレザー、オイルドレザーにいたるまで、様々な革種を上品に仕上げてくれる靴クリーム。この記事ではアーティストパレットの特長と革種ごとの使い方・実際に使った様子についてまとめています。...
glass-leather-elegant-1
【エレガントさアップ】コードバンクリームレノベーターでガラスレザー靴の輝きを高めるガラスレザーの革靴のツヤがなくなってきた…。そんな方はコードバンクリームレノベーターで靴磨きしましょう。ガラスレザーの上品な輝きが復活。足元を美しく、エレガントに演出したい方は要チェックです。...
boost-brilliance-glass-leather-1
【輝きブースト】ガラスレザー靴を鏡面磨きすると仕上がりはどうなる?ガラスレザーの革靴を鏡面に仕上げたらどうなるの?気になる方はこの記事をチェック。ガラスレザー本来の光沢に鏡面の輝きがプラスされ、美しさがアップします。足元のエレガントさを高めたいならガラスレザー靴にワックスを塗ってみて下さい。...
靴磨きに使う道具まとめ
靴磨きに使う道具一覧図靴磨きが捗るシューケアアイテムたち

革靴のお手入れに使う道具にはどんなものがあるの?
靴クリームやワックス、ブラシなど。
靴磨きを楽しむために必要な道具や持っていると便利なアイテムをご紹介します。

靴磨きの道具のレビューをまとめた記事を見る