靴磨き

多色の革靴を磨くときは無色の靴クリームを使えば本来の色を保てます【変色防止】

革靴には様々な種類のものがありますよね。

ストレートチップやプレーントゥといった装飾の違いやラストの形、外羽根・内羽根式などなど…。

革靴の種類を挙げていけば枚挙に暇がありません。

そんな数ある革靴のバリエーションの中、というのも革靴の印象を左右する重要な要素です。

最もフォーマルなブラック。

カジュアルなブラウン。

少し個性を持たせたネイビー、バーガンディ等…。

そして、それらの色を複数持った多色の靴もあります。

今回はそんな「多色」の革靴をお手入れする方法をご紹介します。

革靴のお手入れ時に使う靴クリーム

革靴の栄養補給やツヤ出しに使用する「靴クリーム」。

様々な種類がありますが、靴クリームの色にも相当数のバリエーションがあります。

基本的に、靴の色と同じ靴クリームを使うことで革の色落ち部分を補色したり、革靴の色により深みを持たせることができます。

そのため、靴と靴クリームの色の系統は合わせることが好ましいです。

そうすることで、その革靴の魅力がますます高まり、革自体が味わいのある表情に変化していくのです。

多色の靴に使う靴クリームの色は?

では、2色以上の色を持つ多色靴の場合、靴クリームは何色を使えば良いのでしょうか?

例えば、ブラックとブラウンの2つの色を持つ靴の場合、どちらか一方の色の靴クリームを使用すると、次のようなことが起きます。

使用する靴クリームの色2色(ブラック・ブラウン)の靴に対する補色効果
ブラックブラック部は補色・ブラウン部は黒みを帯びる
ブラウンブラック部にほぼ変化なし・ブラウン部は補色

濃い色のクリーム(上表ではブラック)を比較的薄い色の靴(ブラウン)に塗ると、色の変化が顕著にわかります。

逆に、薄い色のクリーム(ブラウン)を濃い色の靴(ブラック)に塗っても、その変化は肉眼ではほとんど分かりません。

薄い色のクリームを濃い色の革靴に塗ることではあまり変化は見られないのですが、濃い色のクリームを薄い色の靴に塗る場合は注意が必要なのです。

薄い色の革靴に濃い靴クリームを塗ると、明らかに色が変わるのがわかりますからね。

一路
一路
これではせっかくの革靴自体の発色の美しさがそこなわれてしまいますね!

そのため、多色の靴をケアする場合は、

「無色(ニュートラル)」の靴クリームを使用する

ことをオススメします。

無色クリームは着色の恐れがないため、どんな色の靴にも使えて、革本来の色を邪魔することもありません。

革の経年変化を楽しむために鏡面磨きも無色ワックスで!
brown-shoes-polish-12
茶色の革靴の鏡面磨き!淡い色の革の風合いを保ちたいなら無色のワックスを使いましょう茶色の革靴を無色のシューポリッシュ(ワックス)で鏡面に仕上げる方法をご紹介しています。茶色の靴をワックスで磨きたいけど、合う色のワックスが無い…。そんなお悩みをお持ちの方にオススメなのが、無色のワックスです。色が付いていないタイプのワックスなので茶色の靴はもちろん、どんな色の革靴にでも使えます!...

多色の靴を無色クリームで磨く

ここからは、実際に2色の色を持つ靴を無色の靴クリームで磨いてみます。

磨くのはこちらの靴。

カステルバジャックのレザースニーカー。

ブラウンとベージュ、2色の組み合わせからなるカジュアル靴です。

ブラウンとベージュの2色構成ということは、いわゆる「多色」靴です。

こちらの靴に無色の靴クリームを使って栄養補給を行います。

磨き手順はいつも通りの方法で。

  1. ホコリ落とし
  2. 汚れ落とし
  3. 靴クリームの塗布
  4. ブラッシング
  5. クロスで磨き上げる

ホコリ落とし

まずは恒例行事である、馬毛ブラシでのブラッシングでホコリを落とします。

丹念にすみずみまでブラシ掛けをしてホコリをしっかりと落とします。

汚れ落とし

次はクリーナーでの汚れ落とし

今回の靴はお手入れの期間が比較的長く空いてしまったので、汚れと古い靴クリームをしっかり落とす意味合いを込めて、こちらを使用します。

サフィール(SAPHIR)レノマットリムーバー

スムース革に付着した汚れやシミを強力に落とし、靴の表面に残った余分なポリッシュや、革の塩吹き、カビなども取り除く効果がある優れもの。

この靴は以前にワックス層を落としたばかりなので、その残骸処理も期待して、比較的強力なクリーナーであるレノマットリムーバーを選択しました。

ハイシャインクリーナーで簡単ワックス除去
ハイシャインクリーナーをレビュー!鏡面のワックスを簡単に落とす【ブートブラック】鏡面に仕上げた革靴は美しいですが、このワックス層は定期的に除去しないと、革に悪影響を及ぼします。ワックスを除去するためにはブートブラックのハイシャインクリーナーがおススメ!塗るだけで簡単にワックスの層を溶かして、ハイシャイン面を綺麗に落とすことが可能です!...

シューケア用品ってたくさんの種類の製品が販売されているので、色々と使い分けが出来て楽しいですよね。

今日はこれを使おう、今回はこっちにしてみよう、そういった選択肢が豊富にあるので常に新鮮な気持ちで革靴のお手入れをすることができるんです。

最高!!

一路
一路
話がズレましたね…(得意技)

このレノマットリムーバーを使って靴の表面の汚れを落としていきます。

クロスに少量の液を取って、クロスで滑らせるようにクルクルと拭いていきます。

 

アッパー全体の汚れ落としが終わったら、次の工程に移りましょう。

強力洗浄!「レノマットリムーバー」
【カビ取り方法】革に発生したカビを溶剤で徹底除去!【レノマットリムーバー】革に発生したカビの落とし方をご紹介している記事です。革製品にカビはつきもの。この記事ではベルトに生えてしまったカビの除去をレノマットリムーバーで行っています。革靴や革財布にも応用できますので是非お試しください!...

靴クリームの塗布

そして、いよいよ今回のテーマである無色の靴クリームが登場です。

 

サフィールノワール(SAPHIR NOIR)の靴クリーム「クレム1925」です。

一路
一路
色はもちろん、ニュートラル(無色)!

クレム1925は、蜜ロウ(ビーズワックス)やカルナバワックス、シアバターなどで構成された最高級の靴クリーム。

このクリームを革靴に使用することで、革に美しい光沢と栄養を与えることができます。

無色クリームなので、多色の靴にも安心して使用することが可能です。

このクレム1925は色のバリエーションが多いことも魅力の一つで、無色以外にも多様な色を持ったクリームがあります。

使い心地も良く、靴磨き愛好家の方々の支持も厚い信頼の靴クリームです。

是非、一度チェックしてみてください。

靴クリームに迷ったらこれ!「クレム1925」
creme-saphir-11
【SAPHIR NOIR】こんなに輝く!?クレム1925を使った靴磨き【ド定番】「靴磨きを始めたいけど靴クリームは何を使ったらよいのだろう?」、「おすすめは?」。その問いにはサフィールノワールのクレム1925とお答えします。革靴をどんな仕上がりにしたいかにもよりますが、クレム1925は多くの方が満足できるクリームであると思います。この記事ではクレム1925の詳細と実際の靴磨き方法をご紹介しますよ!...

さぁ、このクレム1925を靴へ塗布していきます。

ペネトレイトブラシに米粒1,2個分くらいのクリームを取って…

靴に塗ります。

このクレム1925は油性クリームなのですが、伸びが非常に良く、かなり塗りやすい部類のクリームです。

一路
一路
使いやすくて重宝しています!

ブラッシング

次は豚毛ブラシでブラッシングを行います。

ここでのブラッシングはホコリ落とし時のブラッシングとは意味合いが異なります。

先ほど塗った靴クリームをまんべんなく靴に行き渡らせてなじませるとともに、余分なクリームをブラシに移すことで除去する効果があります。

そのために、コシの強い豚毛を使用するのです。

同じ「ブラッシング」でも、ホコリ落とし靴クリームを塗り伸ばすという目的の違いがあるので、使用する毛の種類も異なるというわけです。

クロスで磨き上げる

最後に、ブラシでは除去しきれなかったクリームの除去と靴のツヤ出しを行うために、クロスで磨き上げます

一路
一路
指にクロスを巻き付けるとスムーズに行うことができますよ!

そして、とどめのグローブクロスでの更なる磨き。

手にはめて豪快に最後の磨き上げを行ったら…

一路
一路
作業終了!
靴磨き完了です!

多色の靴は無色クリームでお手入れしよう!

本記事では複数の色を持つ靴、多色靴の靴磨きを無色のクリームで行いました。

最後に靴磨き前後の比較画像をば。

磨き後は控えめなツヤが出ていて、無色クリームでも充分に革の美しさを引き出すことが可能であると分かります。

靴クリームを多色靴に使う場合、いずれかの色にクリームの色を合わせてしまうと、それ以外の色のツヤや色味をそこなうことになってしまう危険性があります。

その点、無色のクリームならば、そういった心配は全くありません。

なにせ、色が付いていないわけですからね。

反面、補色効果はありませんので、革へ色を与えたい場合は色付きクリームを使用した方が仕上がりの状態は良くなります。

もちろん、仕上がりの状態は個人個人で好みの違いがあると思いますけどね。

靴の種類や状態によって靴クリームの色を使い分けて、靴磨きライフをより充実したものにしていきましょう!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!

▼上質な履き心地の革靴を探す▼
【COLE HAAN】

brown-shoes-polish-12
茶色の革靴の鏡面磨き!淡い色の革の風合いを保ちたいなら無色のワックスを使いましょう茶色の革靴を無色のシューポリッシュ(ワックス)で鏡面に仕上げる方法をご紹介しています。茶色の靴をワックスで磨きたいけど、合う色のワックスが無い…。そんなお悩みをお持ちの方にオススメなのが、無色のワックスです。色が付いていないタイプのワックスなので茶色の靴はもちろん、どんな色の革靴にでも使えます!...
delicate-cream-13
【デリケートクリームレビュー・口コミ】ヌメ革や淡い色の革にもシミができにくいおすすめケアクリーム【M.モウブレィ】M.モウブレィの「デリケートクリーム」を実際に使ってみたレビュー記事です。革に潤いと栄養を補給してくれるデリケートクリームは、ラノリンオイルが配合されていることにより革への浸透性が抜群!革のシミや色ムラが生じにくいため、ヌメ革や薄い色の革にも安心して使えます。多くの種類がある保革クリームの中で何を使えばよいのか迷ったら、とりあえず選んでおいて間違いないケアクリームがデリケートクリームです。...
recommend-leather-cream-1
【オススメの保革クリーム5選】レザーアイテム・革靴のお手入れに大活躍!色々な種類がある革用ケアクリーム。どれを選べば良いのか分からない?そんな方はこの記事をご覧になればスッキリ!オススメの保革クリーム5つについて、特長を踏まえつつご紹介しています。革製品をお手入れする際のご参考としてみてください!...
renovator-cream-2
【レノベイタークリーム レビュー】ツヤ革に最適!サフィールノワールの保革クリーム【革靴以外にも使える】レノベイタークリームは革に潤いと栄養を与えるレザーケアクリームです。どんな特徴があるの?どうやって使うの?使用後の革の仕上がりはどんな感じ?といった疑問をお持ちの方はこの記事をご覧ください。レノベイタークリームの詳細と使った感触について書いています。...
polishing-frequency-1
革靴を磨く頻度ですか?磨きたくなったら磨いていますよ僕は!【義務感ではなく楽しいから】靴磨きをする頻度ってどれくらい?正直、自分が「磨きたい!」と思ったタイミングで磨くという意識でOKだと思います。靴クリームを塗ることも大事ですが、「1ヶ月に1回」とか、特別に設定しなくともブラッシングとシューキーパーを使っていれば革靴の劣化は防げます。義務感を感じず、楽しく革靴のお手入れをすることが何よりも大事なことです。靴磨きは楽しく!楽しいからこそ気持ちを込めて靴を磨けるというものです。...
靴磨きに使う道具まとめ
shoe-care-goods-summary-2

革靴のお手入れに使う道具にはどんなものがあるの?
靴クリームやワックス、ブラシなど。
靴磨きを楽しむために必要な道具や持っていると便利なアイテムをご紹介します。
気になる方は下のボタンをクリック!

靴磨きに使う道具一覧