革小物お手入れ

【カビ取り方法】革に発生したカビを溶剤で徹底除去!【レノマットリムーバー】

ショックなことがありました…。

見つけてしまったのです…。

革のベルトに生えたカビを…。

はぁ…。

ということで…。

今回はベルトのカビを徹底的に撃滅する工程をご紹介しますっ…!!(断固たる決意を滲ませながら)

カビについて

カビ、好きな方はいらっしゃいますか?

恐らくよっぽどのカビマニアの方でない限りは、好きという方はいないでしょう。

「カビキラー」をはじめ、カビ取り用製品が数多く販売されている世の中を見れば、カビは好ましくない存在だと分かります。

かく言う僕も、できれば見たくないです。

特に、大好きな革製品にカビが生えてしまうさまは苦痛以外の何物でもありません。

そもそも「カビ」とは、菌類の一部の姿を指す言葉。

微生物のコロニーを表します。

菌糸と呼ばれる細胞で形成され、キノコなどと同様に胞子によって繁殖していきます。

カビは湿気の多い時期・場所に発生しやすく、食物、衣類、家の壁などの表面に生まれ、発生した箇所の劣化や腐敗を起こしてしまうのです。

また、人によっては食中毒やアレルギーの原因となることもあり、健康にも害を及ぼすかもしれないものなのです。

一部のカビには発ガン作用を持つ毒物を出すものも存在しているため、気をつけなければなりません。

また、僕の大好きな革製品にとって、カビは大敵!

カビによってひどく侵食された革の表面や黒い痕跡は消すことはできません。

そうなってしまうと、折角の革の風合いがそこなわれてしまうため、本来の革の美しさを十分に楽しむことができなくなってしまうのです。

一路
一路
これは由々しき問題!

カビ対策としてすべきこと

そんな悪影響を及ぼすカビ…。

どういった対策を取れば良いのでしょうか?

一緒に見ていきましょう。

カビが発生する根本原因をなくす

カビの被害をなくすため、まず何よりも取り組むべきはカビを発生させないように対策することです。

そのためにはカビがなぜ発生するかを知る必要があります。

一路
一路
戦うためには、まず相手を知って戦略を立てなければなりませんからね!

カビの元になる菌糸はいたる所に存在していて、常に空気中をただよっています。

その菌糸が成長して行くと、目で見える「カビ」となるわけですが、成長するためにはいくつかの条件を満たさなければなりません。

その条件を以下にまとめました。

  • 酸素…無酸素では生きていけない
  • 湿度…70%以上
  • 温度…10〜35度
  • 栄養分…有機物(ホコリでも良い)

以上がカビにとって好ましい条件です。

これら条件が揃うと、カビが発生するということです。

今回の、ベルトにカビが発生した状況を改めて見返すと…

  • 酸素…人間の生活環境なので存在する
  • 湿度…除湿機を置いていない部屋で保管、日当たりも良くない場所のため、恐らく高湿度(70%以上)
  • 温度…エアコン環境(25℃)なので適温
  • 栄養分革の繊維、ベルトについたホコリ

カビの繁殖条件にガッツリ当てはまっています。

一路
一路
カビにとってはさぞかし暮らしやすい環境だったことでしょう!

裏を返せば、これらいずれかでも満たさなければカビは発生しないということです。

でも、この条件を満たさないのってなかなか難しいです。

  • 酸素…なくしたら僕は生きていけません
  • 温度…エアコンがないと僕は生きていけ(略)
  • 栄養分…「家でホコリがない環境を作る」ってどれだけ掃除しなきゃいけないの?

ということで、なかなか厳しいところがあります…。

4条件のうち、3条件の制御は難しそうですが、残りの1条件はどうでしょう?

その残りの条件とは「湿度」

「湿度」に関しては制御できそうです。

人間が快適に過ごせる湿度は40〜60%程度」と言われています。

一路
一路
湿度をしっかりと管理すれば、カビが好む湿度70%以上という条件には当てはまらないということになりますね!

カビを除去する

とはいえ、いくら気を使ってもカビが生える時は生えます。

梅雨時期なんかは、いくら除湿機を使ったところで最適な湿度に管理することが難しいこともままあります。

換気もしかり。

一人暮らしの方は、仕事や学校に出ている時に換気はできませんよね。

そうなるとカビの発生は防げません。

発生してしまったものはしょうがない!

そうなってしまった時は頭を切り替えて、前を向いて徹底的にカビを除去しましょう。

カビを除去するために効果的なのは、アルコールなどの有機溶剤です。

有機溶剤にはタンパク質を変性させる作用があります。

タンパク質はカビの構成要素の一つですから、タンパク質が変性してしまえば、カビは生きていくことができなくなりますので、カビの駆除が可能なのです。

そのメカニズムとしては、カビ菌の細胞膜へ溶剤が浸透することによって、細胞膜の破壊やタンパク質の溶出・変性が起き、カビが殺菌されるというものです。

革に発生したカビを除去する

今回の場合、ベルト上に既にカビが発生してしまっていますので、今更環境を整えたところで「時すでに遅し」です。

そのため、発生してしまったカビを除去するという方法をとります。

使うのは「レノマットリムーバー」

方法としては、先程ご紹介した有機溶剤を使ってカビを除去するのですが、有機溶剤として実際に何を使うかと言いますと…

はい。
シューケアでおなじみ、サフィールレノマットリムーバーです。

消毒用のエタノールでも良いのですが、折角所持しているのでレノマットリムーバーを使うことにします。

こちらのレノマットリームーバーには強力な汚れ落とし効果があり、革靴のお手入れの強い味方です。

強力な効果があるだけに、実はカビにも有効です。

レノマットリムーバーのふたを開けると、かなり強めの有機溶剤の香りが漂い、「かなり濃いめに溶剤が配合されている」ことが実感できます。

先ほど述べたように、有機溶剤はタンパク質分解作用がありますから、溶剤を多く含むレノマットリムーバーはカビの殺菌という点でも強力な効果が期待できるのです。

一路
一路
そんなレノマットリムーバーを使ったカビの除去、やっていきましょう!

カビを除去するベルトはコレ

冒頭でもお見せした、革ベルトに生えたカビ…。

 

レノマットリムーバーでカビを取っていきます。

カビ取りにはティッシュを使おう

シューケアで使用する際はクロス(布)にレノマットリムーバーを取るのですが、今回除去する対象はカビです。

カビが付いたクロスを今後使いたくないですよね?

でも、クロスを使い捨てするのはもったいない…。

そんな時はどのご家庭にもある、これを使いましょう。

ティッシュ~!!(秘密道具を取り出すように)

これなら心置きなく、使い捨てできます。

実践:ベルトのカビ取り

手にティッシュを巻き付けて、レノマットリムーバーを染み込ませます。

続いて、ティッシュでカビが発生している箇所を拭いていきます。

レノマットリムーバーの効果は強力な分、ゴシゴシこすると革自体にダメージを与えてしまうことがあります。

柔らかいタッチで拭いていきましょう。

カビが付いたティッシュはすぐに捨てて、また新しいティッシュにリムーバーを付けて拭く。

これを繰り返します。

 

ティッシュを新しいものに交換するのは、ティッシュに付いたカビを他の箇所に塗り広げないためです。

これは布地のクロスではもったいなくて中々できない、ティッシュだからこそできる芸当!

カビが付いた箇所をまんべんなく拭いたら、カビの除去作業は終了です。

後は5日程度様子を見て、再度カビが生えてこなければ、完全にカビの除去が達成されたことになります。

一路
一路
さぁ、僕のベルトに再度カビは生えるのでしょうか?

カビの再発生がないか確認

5日間待ちます。

 

×5

5日後のベルトの様子がこちら。

カビは居ません。

撃・滅・成・功!!

一路
一路
やりました!

さすがレノマットリムーバー、頼れる存在です。

カビ除去後のベルトの栄養補給

カビの除去が完了しましたが、今回カビを除去したベルトは「革製」です。

革の製品の場合、レノマットリムーバーを使用した後には、実はもうひと工程加える必要があります。

レノマットリムーバーは汚れ落とし能力が非常に高いゆえに、汚れやカビと共に、革に必要な油分までも除去してしまいます。

そのため、レノマットリムーバーを使ったことで奪われた、「革の油分」を補給してあげることが必要なのです。

これは革靴の場合でも同様で、レノマットリムーバーでシューワックスを落とす際にも、その後の栄養補給は必須。

革靴のワックスを落としてからの油分補給
【鏡面落とし】古いワックスを落として栄養補給!革靴の乾燥を防ぐためには必須です靴磨きで鏡面にした革靴。綺麗で美しいですが、革への栄養が通りにくくなっています。たまには鏡面のワックス層を落として、革靴への栄養補給を行うようにしましょう。栄養不足は革のひび割れのもと。スコッチグレインのアシュランスを用いて、レノマットリムーバーでの鏡面落としと、靴クリームでの保革をやってみましたのでその様子をご覧ください!...

ということで、革ベルトへの栄養補給を思う存分やっていきます。

一路
一路
カビもいなくなったことですし!

栄養補給に使用する保革クリームはこちら。

サフィールノワールスペシャルナッパデリケートクリーム。

このクリームには以下の特長があります。

  • アニリンカーフ・シープスキンなどのデリケートなソフト革にも使用可能
  • ホホバオイルが配合されており、革に栄養を与えると共にひび割れを防ぎ、しっとりとした風合いを保つ効果がある
  • 光沢効果が控えめなのでツヤなしタイプの革にも風合いを損なうことなく、安心して使える

デリケートな革にも使用可能で、もちろん通常の革にも使えます。

ベルトに保革クリームを塗る

このクリームをクリーム塗布用ブラシである「ペネトレイトブラシ」に取りまして…、

ベルトにクリームを塗っていきます。

保革クリームをなじませる

一通りクリームを塗り終わったら、豚毛ブラシでブラシ掛けを行い、革へクリームをなじませます。

クロスで余分な保革クリームをふき取る

ベルト全体へのブラッシングが終わったら、クロスで余分なクリームを拭き取ると共に、ベルトを磨きましょう。

作業終了後のベルトはこういった状態となっております。

ツヤが出ていますね~!

良い感じですね~!

一路
一路
良いですよ~!(しつこい)

これにてベルト再生のすべての工程が完了しました!

お疲れさまでした!
愛しのmyベルトちゃん!!

カビの発生…あきらめないで!

今回は革に発生したベルトのカビ取りについて、実際に作業しつつご紹介致しました。

有機溶剤を使用したカビ取り方法は、カビを効率よく除去できます。

一方でカビ取り対象が革製品の場合、有機溶剤の脱脂効果によって、油分が失われがち…。

そんな時には、しっかりと革用クリームで保革をしてあげると、革へのダメージを最低限に抑えることが可能になります。

まぁ、何より大事なのはカビを発生させない環境づくりなわけですが…^^

一路
一路
もし、カビが発生してしまったら、今回の方法を試してみてください!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!

▼革小物販売【ノイジャパン】▼

【CYPRIS】

革小物ケア方法まとめ
leather-care-summary-99

革製品には財布やバッグ・ベルトなど様々な種類があります。
愛用の革製品をお手入れする方法についてご紹介しています。

CHECK!

革小物ケア方法まとめ

こんな記事もオススメ!