靴磨き

僕がブートブラックの豚毛ブラシをオイルドレザー靴のお手入れに使う理由【Boot Black】

boot-black-pig-brush-5

この記事のタイトル、「僕がブートブラックの豚毛ブラシをオイルドレザー靴のお手入れに使う理由」。

それはですね…

「使っていてテンションが上がるけど、価格が高いから」。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
は?何言ってんの?(怒気)
通りすがりの御方
通りすがりの御方
いきなり何ですか、あなた?(呆れ)
一路
一路
なんのこっちゃって話ですよね!(満面の笑顔で)

まずは前置きから。

僕は「ブートブラックの豚毛ブラシ」を「オイルドレザーで作られた革靴」に使っています。

豚毛ブラシと言えば、靴クリームを革靴へ馴染ませるために使うブラシです。

僕自身、豚毛ブラシは数本持っていて、靴クリームの色ごとに使い分けていますが、ブートブラックの豚毛ブラシに限っては靴クリームは一切付けていません。

靴クリームも何もつけずに、オイルドレザー靴のブラッシングにブートブラックの豚毛ブラシで行っています。

革を刺激して革の内部の油分を表面に引き出すためのブラッシングという位置づけですね。

その理由が先ほどの、「使っていてテンションが上がるけど、価格が高いから」なのです。

一路
一路
この記事ではその理由について、詳しくお話ししたいと思います!

ブートブラックの豚毛ブラシ詳細

この記事のメインテーマとなっているブートブラックの豚毛ブラシとはこちらのもの。

boot-black-pig-brush-4

正式名称は「ポリッシングブラシ 豚毛」です。

シューケア用品メーカーであるコロンブスが展開するブランドの一つである「ブートブラック」から販売されているのですが、老舗刷毛専門店の「江戸屋」とブートブラックとがコラボレーションして誕生した豚毛ブラシなのです。

その特徴として、まず目につくのはその形状。
長方形や小判型のブラシが多い中で、湾曲したデザインになっています。

持ちやすさを考慮した形状なのでしょう。

boot-black-pig-brush-8

ちょうど人差し指が丸みの部分に沿うように持つことができるため、フィット感が向上してブラッシング時に力が入りやすくなっているのだと思います。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
「と思います」?
これ実際に使っているんでしょ?
一路
一路
この写真は「右手」で持ってるんですよ…
実は僕、左利きなのです…

そう。
僕がブラッシングでこのブラシを使うときは、左手で使うのでこの独特の形状の恩恵が受けられないのです。

でも、良いのです!
なぜなら、格好良いから!

見てくださいよ。
この無機質でマットな質感の黒字にゴールドのロゴ。

boot-black-pig-brush-9
一路
一路
とってもスタイリッシュだと思いませんか!?

このとんでもなくオシャレなブラシでブラッシングできる、それだけで僕は大満足です!

横から見た図。

boot-black-pig-brush-3

ブラシの毛は黒。
ちなみに毛の色は、白いバージョンもあるので好みによって色を選ぶことができます。

僕の場合、「黒い毛は使い込んでも汚れが目立ちにくい」と思い、黒い毛のバージョンを購入しました。

逆に、白い毛は過去に使用した靴クリームの色が分かりやすくてブラシの判別がしやすいので、どのような使い方をするかで色を選択すると良いと思いますよ!

ひっくり返すとこのように。

boot-black-pig-brush-2

ブラシに植え込まれた毛の感覚が比較的広く、下の方の持ち手の部分が見えていることが分かります。

本来、豚毛ブラシは靴クリームを広い範囲に塗り伸ばしたり、余分な靴クリームを除去するために使うもの。

毛束の間隔をあえて空けることで毛の可動範囲を広く確保し、反発力を高めて靴クリームを運びやすいようにしているのでしょう。

boot-black-pig-brush-1

毛束同士の間隔は広くとも、毛束一つに使われている豚毛の本数は相当な数。
ただでさえ硬い豚毛ですが、それが寄り集まった「毛束の力強さ」ったらありません。

とまぁこんなところにしておいて…、
ここまでブートブラックの豚毛ブラシについて、外観や特長をご説明してきました。

この豚毛ブラシの品質が高いことは言うまでもなのですが、それとは別に、個人的にこのブラシにはプライスレスな価値を感じています。

ブートブラック×江戸屋ブラシを使う喜び

プライスレスな価値…。

それは「このブラシを使う喜び」です。

先ほども少し述べたのですが、このブラシのデザインはスタイリッシュでとにかくオシャレ。

使う前には「今からこのブラシ使うぞ!」とテンションが上がり、使っているときは「やっぱり格好良いなぁ…!」とテンションが上がり、使い終わった後は「次使うのが楽しみだ!」とテンションが上がるのです。

一粒で三度おいしい、的な!
趣味として完璧!

今では靴磨きを全力で楽しむための必需品となっています。

一路
一路
もちろん、所有する喜びも日々感じていますよ!

このブラシを靴クリームの色ごとに揃えたい、でも問題は価格…

使っていてとってもテンションが上がるブートブラックの豚毛ブラシですが、一つだけ問題があるんです。

豚毛ブラシは通常、革靴に靴クリームを塗った後にクリームを革へと馴染ませるために使います。

そして、靴クリームには黒色、茶色、赤色など、さまざまな種類がありますよね。

それら異なる色味の靴クリームでそれぞれ靴磨きをする際に、同じ豚毛ブラシを使ってブラッシングするとどうなるでしょうか?

靴クリームの色味が混ざってしまいます。

例えば、黒色の靴クリームが付いた豚毛ブラシで茶色の革靴をブラッシングしたら、茶色の靴に黒色が移ってしまって、折角の美しい革の風合いをそこねてしまうでしょう。

ですので、靴クリームの色の分だけ、豚毛ブラシの本数を用意するというのが靴磨きのセオリーです。

当然、使っていて楽しいブートブラックの豚毛ブラシも「靴クリームの色の数だけ揃えたい」というのが自然の流れ。

ただ、ここですごくしんどい問題が浮上します。

このブートブラックの豚毛ブラシ、価格が高いのです。
僕はこのブラシ、6000円を超える価格で買いました。

一路
一路
いや、高っ!

…自分で買っておきながら突っ込んでしまいました。
数百円で買える豚毛ブラシがある中で、この価格はかなり冒険的です。

僕としてはプライスレスな価値を見出いしているので全然良いんですけどね。

ただ、このブラシを3本、4本と靴クリームの色の数だけ揃えるのは厳しいです。
平気で数万円飛んでいきますよね…。

一路
一路
それは無理、ザッツインポッシブル!

ブラシを頻繁に使いたい欲求と抑えられない情熱

では清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入した渾身のこのブラシ、何に使おうかという話になります。

折角良いブラシを手に入れたのだから、頻繁に使いたいと思うのが人間の性というもの。

頻繁に使うことを踏まえれば、オールラウンドな無色の靴クリームか、はたまた、定番の黒色の靴クリームに使おうか…。

そんなことを考えていた矢先、あることに気づいたのです。

一路
一路
そもそも靴クリームを使った靴磨きって、一足の革靴に対して月一回くらいしかやらないじゃん!

そうです。
そもそも靴クリームを使って靴磨きをするのは1、2ヶ月に一度程度のもの。

折角手に入れた豚毛ブラシですが、そんなに頻繁に使えないことに気づきました。
これはいけないと、どのように使おうか考えたわけです。

そして、ある結論に行きついたのでした。

そうだ!オイルドレザー靴の日常ケア用にしよう

その行きついた先の結論は「オイルドレザーの靴用ブラシとして使う」ということでした。

それは何故かと言いますと…、以下に僕の思考をお示しします。

「ブートブラックのブラシをオイルドレザー用として使う」に至った思考の経緯
  1. オイルドレザーは油分が多いため日頃のお手入れはブラッシングだけでよい
  2. ブラシに靴クリームを付けなくてよい
  3. ブラシに色が付かないので1本のブラシを複数の靴に使いまわせる

あれ?
これ画期的じゃない?(迫真の真顔)

一路
一路
いや~、我ながら良いことを考え付いたものです!

それに加えて、オイルドレザーはその性質からとても丈夫です。

【REDWING】レッドウィングのワークブーツはガシガシ履けて、しかもお手入れ超簡単!持っていると便利なワークブーツ、日常でガシガシ履けるタフな靴です。そんなワークブーツであるレッドウィング(RED WING)のワークオックスフォードをお手入れします。ヘビロテ出来る革靴だからこそ、汚れやすくなるものです。しっかりとケアしてオイルドレザーならではの経年変化を楽しみましょう!...

丈夫だからこそ色々なところに履いていったり、雨の日にも履いたりと、出番が多め。

出番が多いということはその分、ブラッシングする機会が多いため、豚毛ブラシの出番も頻発します。

使う機会が多いということはテンションが上がる機会も多いというもの。

ブートブラックの豚毛ブラシ、オイルドレザーに使うことにすれば靴クリームの色移りもないし、頻繁に使うことができる…。

そんなことを思って、僕は「ブートブラックのブラシをオイルドレザーの靴用ブラシとして使う」ということに行きついたのでした。

レッドウィングのワークブーツをブラッシングしたり…、

boot-black-pig-brush-6

ダンスコのコンフォートシューズもブラッシング。

boot-black-pig-brush-7

どちらもオイルドレザーを使った革靴。
色付きの靴クリームを使っていないので、色が違ってもブラシが使いまわせます。

毛にコシがあるため、ブラッシングするだけで革に刺激が伝わり、革の奥底に沈み込んでいた油分が表面に引き上げられ、革に潤いとツヤが戻るのです。

もちろん、このブラッシングはあくまで日常的に行う簡易的なケアであり、革への栄養補給を行う際は、靴クリームに加えて、別の豚毛ブラシを用意してお手入れしています。

宣誓!ブートブラックの豚毛ブラシはオイルドレザー靴のお手入れに使います!

かくして、ブートブラックの豚毛ブラシはオイルドレザーの日常のお手入れに使われることになりましたとさ。

めでたし、めでたし(完)

はい…!
ということで、いかがでしたでしょうか?

ブートブラックと江戸屋がコラボレーションして誕生した豚毛ブラシ。
僕なりの使い方をご紹介しました。

価格的に決して手が出しやすいものではないですが、「所有すること、使うこと」で高い満足感が得られることは確かです。

僕の場合、ブラシを靴クリームの色の本数分揃えるのではなく、1本をオイルドレザー靴の日常ケア用に使うことを選びました。

一路
一路
一日履いた後のホコリ落としのブラッシングと合わせて、豚毛ブラシでのブラッシングを行えば革靴のツヤも長期間維持できますよ!

ケア用品の使い方は人それぞれ。
自分なりのお手入れ方法や道具の使い方を見つけていくことも靴磨きの一つの楽しみ方だと思います。

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!

ブートブラックシリーズの3種のブラシを比較した記事はこちら!

boot-black-brush-type-2
【靴磨き用】ブートブラックの馬毛・豚毛・山羊毛のブラシ3種を並べて比較してみるブートブラック(Boot Black)の馬毛・豚毛・山羊毛の3種類のブラシを並べて満足する記事です。ついでにそれぞれのブラシの比較もしています。決して安いとは言えない靴磨きブラシですが、所有する喜びと使う楽しみがあることは間違いなし。もちろん、実用性も完璧です!...
靴磨きの方法まとめ
shoe-shine-summury-99

革靴に使用されている革には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。
革の魅力を最大限引き出すために、革の種類によって適したケア用品・方法を選びましょう。
革種ごとの靴磨き方法をまとめています。

CHECK!

靴磨き方法まとめ

こんな記事もオススメ!