シューケア

【ブリストルポリッシャーブラシをレビュー】高級感漂うサフィールノワールの豚毛ブラシ

bristol-polisher-brush-1

フランスのシューケアブランド「サフィールノワール(SAPHIR NOIR)」の豚毛ブラシ「ブリストルポリッシャーブラシ」は高級感ただよう、所有欲が満たされるシューケアブラシ。

密に植え込まれた豚毛と、ずっしりとした重みが確かな品質を感じさせるブビンガ(木材)の持ち手。

数あるシューケアブラシの中でも、指折りのエレガントさを誇ります。

見た目の美しさもさることながら、実用性抜群。

ブラシ自体に重みがあるので、手首のスナップをかせてのブラッシングがしやすく、効率良く靴クリームを塗り伸ばせます。

本記事では、サフィールノワールの豚毛ブラシ「ブリストルポリッシャーブラシ」の詳細と使ってみた感想について書きました。

この記事はこんな方にオススメ!
  • 豚毛ブラシが欲しい!
  • ブリストルポリッシャーブラシの使い心地は?
  • 豚毛ブラシの使い方が知りたい!

靴磨きで大事な豚毛ブラシ

豚毛ブラシは靴磨きで大活躍します。

というのも、豚毛ブラシは革靴の靴クリームを均一になじませつつ、余分なクリームを取り除く効果があるから。

靴磨きで靴クリームを塗った直後はきれいに塗ったつもりでも、意外とクリームがかたまりになっていたり、ダマになってしまっていることも…。

そんなとき、豚毛ブラシでブラッシングすれば、靴クリームを満遍まんべんなく均一に塗り広げられます。

豚毛は馬毛や山羊毛に比べて毛のコシが強く、クリームを運ぶ力が強いため、靴クリームを塗った後のブラッシングにピッタリなのです。

また、靴クリームを塗りすぎてしまった場合でも、豚毛でブラッシングすると余分なクリームをブラシの毛先に移せるので、革靴のべたつきを防げます。

靴クリームによって革靴がべたついてしまうと、ホコリが付きやすくなったり、クリームが酸化して革の風合いがそこなわれてしまいます。

革靴には最低限量の靴クリームを与えてあげれば十分。

革の上に残った余分な靴クリームは、豚毛ブラシのブラッシングで取り除き、革靴を美しい状態に保ちましょう。

そうなると、もう一つ嬉しい効果が。

靴クリームが毛先に残った豚毛ブラシでブラッシングすると、革靴にツヤが出やすくなるのです。

毛先のクリームにも保革・ツヤ出し効果があるため、わざわざ靴クリームを塗らなくとも、軽くブラッシングするだけで革に光沢を与えられるようになるのです。

一路
一路
ぞくに言う、「ブラシが育つ」ってやつです!

使い続けて育った豚毛ブラシは、ブラッシングするだけで革の美しさを引き立てる効果があります。

色移りを防ぐため、靴クリームの色ごとに豚毛ブラシを変えると、色移りが防げるのでオススメです。

豚毛ブラシの効果
  • 靴クリームを均一に塗り伸ばす
  • 余分な靴クリームを取り除く
  • 革靴にツヤを与える
ブラシに付いたクリームによる色移りを防ぐための保管スタンド
penetrate-brush-stand-8
【保管に最適】ペネトレィトブラシスタンドを活用して周囲の靴クリーム汚れを防止しよう靴磨きで靴クリームを塗るために使うペネトレイトブラシ。手を汚すことなく、均一にクリームを塗布できる便利グッズですが、収納をどうするか、お悩みの方も多いのでは?そんなときは「ペネトレイトスタンド」を活用してみて下さい。収まりが悪かったブラシをスッキリ整理整頓できますよ!...

ブリストルポリッシャーブラシ

靴磨きで活躍する豚毛ブラシ。

各シューケア用品メーカーから多くの豚毛ブラシが販売されています。

その中でもフランスのシューケアブランド「サフィールノワール」の豚毛ブラシ「ブリストルポリッシャーブラシ」はひときわ高級感ただようブラシです。

ここではブリストルポリッシャーブラシのディティールを見ていきます。

まず全体像。

bristol-polisher-brush-2

持ち手は木製。

bristol-polisher-brush-4

ブビンガという種類の木材です。

ブビンガとは
  • 橙赤色の木材
  • フローリング材などによく使われる
  • 材は硬く、耐腐性があり白蟻にも強い
  • ひんやりとした質感
一路
一路
赤っぽい色味が特長です!

SAPHIRのブランドロゴが高級感を際立たせていますね。

bristol-polisher-brush-3

持ち手には溝が刻まれ、滑りにくい仕様に。

bristol-polisher-brush-6

木材の質感が心地よい、手に持ちやすいサイズのブラシです。

ブラシの毛は豚毛。

bristol-polisher-brush-5

豚毛が密に植え込まれています。

コシのある毛質はクリームをしっかりと革へなじませるために適しています。

毛先はきっちりとそろい、品質の高さが感じられます。

一路
一路
どっしりとした重量感があり、使い甲斐のあるブラシに仕上がっていますよ!
ブリストルポリッシャーブラシの詳細

ブラシ毛:豚毛(長さ20mm)

持ち手材質:木(ブビンガ)

サイズ:124×39×39mm

ブリストルポリッシャーブラシの使い方

では、ブリストルポリッシャーブラシを実際の靴磨きに使っている様子をご紹介します。

磨くのはこちらの靴。

bristol-polisher-brush-7

リーガルのストレートチップ

以下の手順でお手入れしていきます。

  1. ホコリ落とし
  2. 汚れ落とし
  3. 靴クリームの塗布
  4. ブラッシング
  5. 磨き上げ
一路
一路
ブリストルポリッシャーブラシは4工程目の「ブラッシング」で使用します!

ホコリ落とし

まずは、革靴についているホコリを落とします。

ホコリは革の乾燥を招く大敵。

革靴のホコリを馬毛のブラシで払い落とします。

bristol-polisher-brush-8

柔らかで繊細な馬毛は革靴の細かな隙間にまで入り込み、ホコリをしっかりと落とせます。

シャッ、シャッと手首のスナップをかせてブラッシングします。

汚れ落とし

ホコリ落としの次は汚れ落としです。

革靴に付着した油汚れや水汚れを落とします。

汚れ落としに使うのは靴クリーナー。

今回使う靴クリーナーはブートブラックのツーフェイスプラスローションです。

クリーナーを汚れ落とし用のクロスに染み込ませ…

bristol-polisher-brush-9

クロスで革靴を拭き、汚れを落としていきます。

bristol-polisher-brush-10

ホコリや汚れがあると、靴クリームの革への浸透を邪魔してしまいます。

一路
一路
ここでしっかりホコリや汚れを取り除いて、靴磨きの効果を最大限発揮させましょう!

靴クリームの塗布

続いて、革靴に靴クリームを塗りこみます。

革に潤いと栄養を与える工程です。

靴クリームにはアーティストパレットを使います。

bristol-polisher-brush-11

靴クリームをクリーム塗布用ブラシ「ペネトレイトブラシ」に取り…

bristol-polisher-brush-12

革靴にクリームを塗っていきます。

bristol-polisher-brush-13

ブラシを使うと、革に効率良く靴クリームを塗れるのでオススメです。

ブラッシング

ここでいよいよ主役の登場。

靴クリームの浸透をうながすため、ブリストルポリッシャーブラシでブラッシングします。

bristol-polisher-brush-14

コシが強く、クリームを塗り伸ばしやすいです。

bristol-polisher-brush-15
一路
一路
天然毛で皮革をいためにくいのも嬉しい!

使ってみると実感する、手に持ちやすく使いやすいサイズ感。

bristol-polisher-brush-17

そして、持ち手のブビンガが放つ高級感。

bristol-polisher-brush-16

趣味としての側面も強い靴磨きを、より楽しくしてくれます。

注意点として、ブラシの角が立っているのでぶつけると痛いです。

革に強くぶつけると傷になってしまうことも予想されますので、丁寧に扱うようにしましょう。

一路
一路
角を削って丸くするのも良いですね!

磨き上げ

ブリストルポリッシャーブラシで靴クリームを革へなじませた後は、革靴にツヤを出すため、磨き上げます。

ここでは、磨きクロスと山羊毛ブラシで光沢を出していきます。

まずはクロスで余分な靴クリームをふき取りつつ、磨き上げます。

bristol-polisher-brush-18

ブリストルポリッシャーブラシで取りきれなかった靴クリームの残りを拭き取っていきましょう。

磨きクロスを使った後は山羊毛ブラシで磨き上げます。

山羊毛ブラシのフィニッシングブラシハンドラップで水を付け…

bristol-polisher-brush-19

ブラシで優しくブラッシング。

bristol-polisher-brush-20

これにてブリストルポリッシャーブラシを使った靴磨きは終了。

仕上がりはこちら。

bristol-polisher-brush-21

ツヤが表れ、革靴の美しさが向上しました。

ブリストルポリッシャーブラシを使った靴磨きは、その効果はもちろん、高級感漂う雰囲気を味わえます。

一路
一路
とても満足度の高い時間を堪能できますよ!

ブリストルポリッシャーブラシは見て美しく・使って楽しいブラシ

bristol-polisher-brush-22

本記事では、サフィールノワールの豚毛ブラシ「ブリストルポリッシャーブラシ」の詳細と使い方についてご紹介しました。

革靴をお手入れするためにとても便利な豚毛ブラシ。

豚毛ブラシの効果
  • 靴クリームを均一に塗り伸ばす
  • 余分な靴クリームを取り除く
  • 革にツヤを与える

革を美しく保つため、豚毛ブラシは大活躍してくれます。

サフィールノワールのブリストルポリッシャーブラシは数ある豚毛ブラシの中でも、高級感ただようブラシ。

ブビンガ材の質感が所有欲をかきたてる、見て美しく、使って楽しいブラシです。

コシの強い豚毛はブラッシング効果をいかんなく発揮し、持ち手のどっしりとした安定感もあいまって、使い心地抜群。

豚毛ブラシとしては比較的高価な部類ですが、それ以上の満足感と使い勝手の良さが感じられるブラシに仕上がっています。

一路
一路
ブリストルポリッシャーブラシの高級感あるたたずまいをぜひ味わってみてください!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

only-artist-palette-25
【靴磨きクリーム】革靴の輝きをアーティストパレットだけで作り上げる!アーティストパレットを使った靴磨き方法をご紹介しています。シューポリッシュを使わずとも革靴へ強い光沢・ツヤを与えることが出来る油性靴クリーム、それがブートブラックのアーティストパレットです。スコッチグレインの黒色の革靴をデニムカラーで磨いたら、奥ゆかしい革の質感を手に入れることが出来ました!...
ブートブラックの山羊毛ブラシを購入!その名も「フィニッシングブラシ」【靴磨き用品】ブートブラック(Boot Black)の山羊毛ブラシである「フィニッシングブラシ」を購入しました。化粧ブラシとしても有名な熊野筆の技法で作られたこの靴磨き仕上げ用ブラシは、山羊の産毛と馬の尾をふんだんに使った贅沢なブラシです。毛の密度も非常に高く、得られる革靴のツヤも期待できそう!今回はそんなブラシをご紹介!...
apply-brush-7
【アプライブラシの使用感レビュー】四角いフォルムが革靴の細かい部分に行き届く!靴クリームを塗りやすい小型ブラシ手を汚さずに靴クリームを塗りたいなぁ…。そんな方にはサフィールのクリーム塗布用ブラシ「アプライブラシ」がオススメ。持ちやすい形状のアプライブラシは使いやすく、長方形に植え込まれたブラシ毛が革靴の細かい箇所にもしっかり入り込み、靴クリームを満遍なく行き渡らせることができます。シューケアのお供にどうぞ!...
bristle-handle-brush-4
【ブリストルハンドルブラシ】靴のお手入れで手が汚れる?柄付きブラシを使えば作業が快適に!【サフィールノワール」靴のお手入れでブラシを使うと手の汚れが気になりませんか?持ち手が付いたブラシなら手とブラシ部分に十分な距離があるため、手が汚れにくいです。サフィールノワールの「ブリストルハンドルブラシ」は柄付きの豚毛ブラシなので、靴クリームを塗り伸ばしたり、靴用洗剤を使うときの洗浄用ブラシとして使用可能。「靴のお手入れはしたいけど汚れるのはイヤ!」という方はぜひともお試しください。...
hand-lap-3
ハンドラップをおすすめする理由とは?靴磨きで水を使うときに便利!【カシュカシュするやつ】靴磨きのときに「カシュッ」と押すと水を出してくれる容器。アレ、「ハンドラップ」といいます。この記事ではその便利さと使い方をご紹介。鏡面磨きをスマートにしてくれるお役立ちグッズです。意外と売っている場所が少ないですが、規模が大きめの東急ハンズでよく見かけます。...
shoe-care-brush-1
靴磨きにはどんなブラシを使うの?毛の種類や形状で使い分けたいシューケアブラシ革靴を磨くときに重要な道具がブラシです。「ホコリを払う」「靴クリームを塗り伸ばす」「ツヤを出す」などブラシの用途は様々で、各工程で適したブラシは異なります。馬毛や豚毛、山羊毛のブラシを使い分ければ革靴の仕上がりをより良いものにできますよ!...
靴磨きに使う道具まとめ
shoe-care-goods-summary-2

革靴のお手入れに使う道具にはどんなものがあるの?
靴クリームやワックス、ブラシなど。
靴磨きを楽しむために必要な道具や持っていると便利なアイテムをご紹介します。
気になる方は下のボタンをクリック!

靴磨きに使う道具一覧

こんな記事もオススメ!