革靴 PR

レッドウィング8109レビュー!ワークオックスフォードのタフな革靴

red-wing-oxford-12

丈夫で長く履ける革靴が欲しいのならレッドウィング(Red Wing)8109ワークオックスフォードがオススメです。

アメリカのシューズメーカーのレッドウィングはワークブーツの老舗しにせ

日常でガシガシ履ける使い勝手の良さが魅力の革靴が、多数ラインナップされています。

レッドウィングの多くの商品展開の中で、8109ワークオックスフォードは丸みのあるUチップの短靴。

red-wing-oxford-22

オイルドレザーを使った革靴で、カジュアルにガシガシ履けるタフさが魅力。

僕自身、修理しながら10年以上愛用し続けており、もはや相棒といって過言ではない領域の革靴になっています。

高い耐久性は革の経年変化を存分に楽しめる余地もあり。

red-wing-oxford-24

愛用し続けるにつれ、革のツヤに奥行きが出てきますよ。

本記事ではレッドウィングの短靴、8109ワークオックスフォードの詳細について書きました。

レッドウィングとは

レッドウィング (Red Wing) は、アメリカのミネソタ州で設立されたブーツメーカーです。

1905年の発足以来、現在に至るまでアメリカ国内でのものづくりにこだわった、生粋きっすいのアメカジ靴。

レッドウィングの革靴は本格的な作りであるにも関わらず、控えめな値段設定で世界中からの支持を集めています。

レッドウィングの革靴の特徴

レッドウィングの靴にファンが多いのは、その特徴によるところも大きいかと。

レッドウィングの革靴の特徴
  • グッドイヤーウェルテッド製法
  • トラクショントレッドソール

グッドイヤーウェルテッド製法

レッドウィングの革靴はグッドイヤーウェルテッド製法が採用されています。

アッパーとソールがウェルトを介して縫い合わされるグッドイヤーウェルト製法は、複雑な縫合のため手間がかかるものの、その分丈夫

また、インソールの中にコルクがたっぷりと敷き詰められているため、革靴を履いて歩くたびにコルクが沈み、自らの足の形状になじみやすいです。

それが抜群の履き心地をもたらします。

トラクショントレッドソール

また、レッドウィングの靴はアウトソールが特徴的。

クレープソールやホワイトソールとも呼ばれる、

  • トラクショントレッドソール

と呼ばれる靴底です。

トラクショントレッドソールは、軽量のため革靴が重くなりにくく軽快な履き心地。

レッドウィングの靴は元々狩猟用のハンティングブーツであったため、足音が立ちにくいトラクショントレッドソールが開発された経緯があります。

そしていまなお、レッドウィングの靴のアウトソールはトラクショントレッドソールが主流です。

レッドウィングの8109ワークオックスフォード

レッドウィングの定番ブーツの1つに、8109ワークオックスフォードがあります。

それがこちら。

red-wing-oxford-20

8109ワークオックスフォードはレッドウィングの代名詞ともいえる、大人気モデル「875」をローカットにした革靴です。

オックスフォード = 短靴です。

red-wing-oxford-6

カジュアルからキレイめファッションまで。

様々なスタイルコーディネートにマッチする、シンプルな形状の一足。

モックトゥタイプのつま先は丸く、かわいらしさを感じます。

red-wing-oxford-2
モックトゥとは
  • U字型のステッチ(縫い目)があるのが特徴
  • 靴底から革を持ち上げて袋状にしてフタをする「モカシン」製法が由来
  • 形状に丸みがでる
red-wing-oxford-13

レッドウィングの革靴の多くのモデルにアッパー(甲革)として採用されているのが、革にたっぷりと油をしみこませたオイルドレザー

red-wing-oxford-14
オイルドレザーの特徴
  • 油分が豊富に含まれ撥水性が高い
  • 革がしなやか
  • マットな風合い

革の色はマホガニーオロイジナル。

red-wing-oxford-7

8109ワークオックスフォードに使われている革は、深みのあるダークブラウン仕立て。

875に使われているライトブラウンのオロイジナルレザーを、深みのあるダークブラウンに仕上げたのがマホガニーオロイジナルです。

レッドウィングの革靴の特徴にもれず、8109にもグッドイヤーウェルテッド製法が採用されています。

履き込む程に自分の足になじむ、愛着がわく短靴です。

インソールはオークレザー・インソールを使用。

red-wing-oxford-17

履きこむにつれ足の形にあわせて変化し、フィッティングを高め、履き心地を向上させてくれます。

オークレザーは厚く、通気性が良い革。

汗をよく吸収してくれるので、インソールにピッタリです。

ライニングもフルレザー。

red-wing-oxford-19

革は耐久性抜群。

アッパーだけでなく、インソール、ライニングがレザー製のレッドウィング8109は長く使える革靴です。

ハトメは金属製で、これまた丈夫な素材。

red-wing-oxford-4

オッ クスフォードならではのかかとのドッグテールは、耐久性を高めるための工夫です。

red-wing-oxford-9
ドッグテール
  • かかとの履き口部分にあるステッチの終点を内側にずらして縫い付ける製法
  • ステッチにかかる負担を軽減させる

もともとはアウトソールにトラクショントレッドソールがついていましたが、購入から3年ほどたったところでビブラムソールに交換しました。

red-wing-oxford-1

現在はブラックのアウトソールに代えています。

red-wing-oxford-8

ソールは履いていくうちに段々と削れていきます。

ある程度かかとが減ってきたらオールソール交換などで補修することが革靴を長く履くためのすべです。

8109ワークオックスフォードはとても丈夫

レッドウィング8109はとっても丈夫です。

僕の8109はかれこれ6年以上は履いています。

晴れの日はもちろん、雨の日・雪の日、いかなる天候でもお構いなしにガンガン履いていますが、くたびれた様子は一切ありません。

購入当時からの歴史が刻まれた革靴なので、個人的な愛着もひとしお。

8109自体の靴としての丈夫さはもちろん、革靴の状態を維持すべくセルフ補修で対応してきました。

シューレースは紗乃織靴紐さのはたくつひもにかえて。

red-wing-oxford-18

もともとのトラクショントレッドソールは、アウトソール修理時にビブラムソールに変えました。

そのビブラムソールもセルフで補修して。

red-wing-oxford-5

かかとのセルフ補修は道具があれば簡単にできるのでオススメです。

靴のタン部分裏にはタグが取り付けられ、サイズが一目瞭然。

red-wing-oxford-10

サイズは25.5cm。

タグの右下に書かれているのは靴の製造年月です。

左側が製造月で、右側が製造年です。

red-wing-oxford-16

この靴の場合は2010年の9月に作られたことがわかります。

堅牢けんろうなつくりのレッドウィングの革靴は、10年・20年履けるものが多いので長く履ける革靴をお探しの人にとてもオススメ。

red-wing-oxford-21

足元を引き締めつつカジュアルな使用感のため、使いやすい革靴です。

ミリタリーパンツとも相性抜群。

red-wing-oxford-23

カジュアルスタイルにうまくハマります。

靴の形状を保つために入れるシューツリーはスレイプニルのもの。

red-wing-oxford-11

25.5cmの8109でスレイプニルのシューツリーの「サイズ40」を使っています。

革靴を大事に愛用するため、日頃のお手入れに気をつかったり、便利アイテムを駆使して大事に使ってあげましょう。

レッドウィングの8109はカジュアルでタフな革靴

本記事ではレッドウィング(Red Wing)の8109ワークオックスフォードの詳細を紹介しました。

レッドウィングの革靴は履いていくうちに足なじみが増し、抜群の履き心地を得られることが魅力。

8109ワークオックスフォードはタフなオイルドレザーを甲革に使っているため丈夫です。

傷にも強く、日常で気兼ねなく使っていけます。

長く愛用できる革靴です。

高品質で使いやすいデザインながら、革靴としては価格が控えめ。

コストパフォーマンスに優れるのも嬉しいポイントです。

タフで無骨な雰囲気を持った革靴を探しているなら、レッドウィングの8109ワークオックスフォードをチェックしてください。

それでは、今回はこの辺で。
少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

comfortable-shoes-1
ちょっとそこまで用の履きやすい革靴をラインナップに加えるメリット気軽に履ける革靴を持つべき理由とは?ジャストサイズばかりで雨の日は履くのをためらう靴しか所有していないと「ちょっとそこまで」の用途に使いにくいです。良い意味で雑に足入れできて天気を気にせず履ける靴を持っておくと重宝します。...
レッドウィングのワークブーツのエイジングについて紹介した記事のアイキャッチ
レッドウィングのワークブーツ10年エイジングレビュー!経年変化でどう変わった?レッドウィング(REDWING)のワークブーツについて10年間の経年変化後の状態を詳しく見ていく記事です。革の風合いは変わりますが、へたれることなく現役。ソールの擦り減りさえカバーすれば一生モノとして愛用できる革靴です。...
レッドウィングのワークブーツのお手入れは超簡単!ヘビロテしても安心です持っていると便利なワークブーツ、日常でガシガシ履けるタフな靴です。そんなワークブーツであるレッドウィング(RED WING)のワークオックスフォードをお手入れします。ヘビロテ出来る革靴だからこそ、汚れやすくなるものです。しっかりとケアしてオイルドレザーならではの経年変化を楽しみましょう!...
オイルドレザー靴のお手入れ方法を解説!必要な道具は?ノーメンテはNGですオイルドレザーの革靴のお手入れ方法を解説した記事です。乾燥が進んだレッドウィングのワークオックスフォード8109に栄養補給します。オイルドレザー靴を水洗いした後や、しばらくメンテナンスしていない人はぜひ試してみてください。...
リーバイスのジーパンとレッドウィングのワークブーツの組み合わせは楽しい【アメカジスタイル】労働者の作業着が起源のジーパン(デニムパンツ)と作業用の丈夫なワークブーツ。それらの組み合わせは相性抜群!特に、共にアメリカ生まれのリーバイス(LEVI'S)のジーンズとレッドウィング(RED WING)のブーツを合わせたらスタイルはアメカジの王道です。ラフな格好だからこそ生まれる大人の余裕、味わってみませんか?...
boots-mirror-shine-9
【ブーツの鏡面磨き方法を解説】靴の雰囲気が一変!エレガントに【レッドウィング】ワークブーツにハイシャイン仕上げを施せば、靴が上品な雰囲気に。雰囲気を変えれば、同じシューズでも新鮮な気持ちで楽しむことができます。レッドウィングの8109に鏡面磨きをしていく手順と共に、作業前後での印象の変化をご紹介しています。...
american-casual-1
着る服に迷ったらアメカジスタイル!休日にラフな格好をするならどんなアイテムを取り入れる?休日の服装にオススメしたいアメカジファッション。小さな子供と遊んだり、ちょっとそこまで出かけるときに便利なラフさと動きやすさ。それがアメリカンカジュアルの魅力です。シンプルなアイテムを選べば上品な雰囲気も加わり、大人の休日を彩るには最適。スタイリッシュでリラクシンなコーディネートを構築するのに活用できるジャケット、ジーンズ、革靴をご紹介します。...
shoes-rainy-days-1
雨でも履ける革靴3選!水に強いおすすめレザーシューズ【革の種類がポイント】雨でも履ける革靴をまとめた記事です。水に濡れても大丈夫なビジネスシューズが欲しいなら革の種類に着目して靴を選んでみて下さい。水に強い革種ならば悪天候でも大活躍。スタイリッシュなレインシューズをお探しの人はぜひチェックを!...
blundstone-slip‐on-shoes-1
ブランドストーンのローカットブーツ2039をレビュー!ラフに履ける頑丈スリッポンブランドストーン(Blundstrone)のスリッポン「2039」の詳細と着用図のレビュー記事です。脱ぎ履きしやすいローカットブーツタイプでラフな使用感が魅力。防水性の高いアッパーと水を浸み込ませない構造で雨の日でもガシガシ履けるおすすめブーツに仕上がっています。...
靴磨きを今すぐしたいなら
ネットショップで買える靴磨きセット

靴磨きを始めたい。けれど道具をそろえるのが面倒…。

そこでおすすめしたいのが靴磨きセット。1セット買うだけで必要な道具がまるっと揃います。道具選びの手間が不要。今すぐ靴磨き可能に。

大事な革靴を劣化させないために靴を磨いてコンディションを整えるのがおすすめです。

おすすめセットを見る