シューケア

【靴の内側のケア方法】インソールとライニングのお手入れはカビ止めとホコリ除去が肝!

care-inside-shoes-20

革靴のお手入れはアッパー(甲革)にフォーカスされがちですが、それと同じくらい靴の中のお手入れも重要です。

靴の内部には靴下由来の繊維くずやホコリが溜まりやすく、それらが塊となってつま先部分に堆積していることがままあります。

靴の中に溜まったホコリは百害あって一利なし。

どんな悪影響があるかと言うと…

  • ホコリが革の油分や水分を奪い、乾燥が進む
  • ホコリが湿気を溜め込み、カビが発生しやすくなるとなる
  • ホコリ自体が栄養となり、カビが増殖する
一路
一路
いや〜…恐ろしいですね…

革靴を良い状態で保ちたい方は、靴の外側だけでなく靴の内側のお手入れも合わせて実施することをオススメします。

本記事では、靴の内側(インソールとライニング)のお手入れ方法について実践しつつ、ご紹介していきます。

靴の内側をケアすることの重要性

革靴のお手入れは靴の外側、つまりはアッパー(甲革)のケアが花形です。

ブラシでホコリを落としたり、靴クリームで保革したり、ワックスで光沢を与えたり…。

靴磨きは、その革靴を楽しむための醍醐味の一つですよね。

でも、その裏で…。

靴の内側のお手入れはおろそかになっていないでしょうか?

靴をより良い状態に保つためにアッパーのケアを行うように、靴の内側であるインソールやライニングもまた、お手入れが必要なのです。

アッパーのケア方法
【カーフレザーの靴磨き方法】スコッチグレインのアシュランスをお手入れ【必要な道具は?】カーフレザーの革靴の磨き手順をご紹介します。冠婚葬祭やビジネスシーンで必須の革靴、多くは牛革で作られています。その中でも、その上品な佇まいから靴のアッパーに使われることが多いカーフレザーの靴磨きを行いました。ケアした靴はスコッチグレインのアシュランス、比較的手ごろな値段にもかかわらず国産カーフを使用したこだわりの一足です。...

溜まったホコリが革の栄養を奪う

例えば、革靴を履いた後、帰宅して脱いだ靴にはブラッシングを施し、靴に付いたホコリを取り除きます。

革に付いたホコリは革に必要な油分や水分を吸い取り、乾燥を招いてしまいます。

ホコリは、革にとってリスキーな存在。

ブラシで革靴に付いたホコリを払い落とし、革を守るのがブラッシングの目的です。

日々のブラッシングは重要です
【ブラッシングの重要性】革靴を履いた後は馬毛ブラシでホコリを落とす!【末永く履くための術とは?】革靴を長く愛用するために、最も重要なこと、それはブラッシングです。そして、それを継続すること。それこそが愛用の革靴と末永く付き合うための必須工程です。僕の愛用靴であるオールデンの975を例にとり、実際にブラッシングをしてみます。...

それと同じように、インソールやライニングが革製ならば、アッパーと同じようにホコリは大敵です。

靴の内部に溜まったホコリはインソールやライニングの乾燥を加速させてしまう要因となります。

お手入れしないとカビが発生することも…

また、靴内部に溜まったホコリはカビの発生も誘発します。

人間の足からは意外にも多くの汗が出ています。

靴を履いて歩くと、靴の中が足から出た汗で蒸れてくるのです。

通常、靴を脱ぐと、履き口からその湿気が出て行くのですが、靴の中にホコリが溜まっていると話が変わってきます。

靴の中のホコリが湿気を吸い、水分を靴の中に溜め込んでしまいます。

そうするとどうなるか。

靴の中がいつまでも湿度が高い状態に保たれてしまうのです。

そんな状況を大喜びするのが「カビ」です。

カビは湿気が高いところが大好き。

長時間、高い湿度で維持されたままの靴の中ではカビが発生しやすくなります。

加えて、ホコリ自体もカビが繁殖するための栄養になります。

カビはどんな状況で発生するのか
【カビ取り方法】革に発生したカビを溶剤で徹底除去!【レノマットリムーバー】革に発生したカビの落とし方をご紹介している記事です。革製品にカビはつきもの。この記事ではベルトに生えてしまったカビの除去をレノマットリムーバーで行っています。革靴や革財布にも応用できますので是非お試しください!...

水分を含みやすく、カビの栄養にもなってしまう靴内部のホコリは、靴にとって百害あって一利なし。

こういった理由から、靴の内側も定期的にお手入れをするべきなのです。

靴の内側をケアするって具体的にどういう操作?

以上を元に、靴の内側のケアで必要なことをまとめると次のようになります。

靴の内側のケアですべきこと
  • ホコリを取り除く
  • インソールやライニングに栄養を与える
  • カビが生えない環境を整える

靴の内側のケアは大きく3つの着眼点からなります。

ホコリを取り除く

まずはホコリを取り除くこと。

先ほども述べたように、靴の中にホコリが溜まると湿気が高い状態が長時間続いたり、ホコリがカビの栄養源となったりで、悪影響しかありません。

靴の内側のお手入れもアッパーのお手入れと同じように、兎にも角にもホコリを取り除くことが基本であり、最も重要なことです。

インソールやライニングに栄養を与える

長い間、靴の中にホコリが溜まった状態が続いていると、そのホコリがインソールやライニングに使用されている革の油分や水分を奪ってしまっている状態のはずです。

潤いが失われた革は乾燥が進み、硬くなって履き心地が悪くなったり、ひび割れの原因となります。

靴の内側に使われている革にもしっかりと栄養を再補充して、革のコンディションを保ってあげると良いでしょう。

カビが生えない環境を整える

一度お手入れしても、ある程度の期間をおけば、靴の内側の状態は徐々に悪化していきます。

再びホコリが溜まってくると、カビ発生のリスクも同じく高まってきます。

それを防ぐため、事前にカビの発生を抑える環境を整えてあげることもまた、靴の内側のお手入れには必要なことだと思います。

靴の内側をお手入れする方法

ここからは実際に靴の内側のお手入れをやっていきます。

お手入れするのはこちらの革靴。

care-inside-shoes-7

シェットランドフォックスのコードバン靴。

シェットランドフォックス・ウィンストンのお手入れ
【コードバン磨き】シェットランドフォックスの革靴をガッツリお手入れ!【アッパー・コバ・ソールのケア】水染めコードバンを使用した革靴であるシェットランドフォックスのウィンストンをフルメンテします。アッパーの靴磨きから、コバの手入れ、レザーソールのケアまでガッツリ行いましたので、その様子を見ていきましょう!繊細なコードバンだからと言って身構える必要はありません!...

シューキーパーを外して靴の中を見てみますと…

care-inside-shoes-6 care-inside-shoes-4

WOW!

ホコリだらけ!

一路
一路
言うてる場合か!…なんて

反対側の靴の中も…。

care-inside-shoes-1

とても褒められた状態ではないですね。

靴の奥、つま先部分にホコリがガッツリ蓄積しています。

ここまで溜まっていると汗の水分は吸うわ、カビの栄養源満載だわで、いつカビが発生してもおかしくない状態です。

長らくお手入れしておらず、こんな有様になってしまいましたが、きっちりお手入れしていきます。

そこで大事なのが、靴のお手入れをするために使う道具。

今回は以下のケアグッズを使います。

必要な道具
  • 竹ブラシ
  • レザリアンローション
  • クロス

それぞれ使用用途を述べますと…

  • 竹ブラシ:靴の中に溜まったホコリをかき出す
  • レザリアンローション:汚れ落とし・保革・カビ防止効果を与える
  • クロス:レザリアンローションを含ませ、靴の内側を拭く

これら3つのアイテムを駆使して靴の内側をお手入れしていきます。

革靴を探す

【シェットランドフォックス】

靴内部のホコリを取り除く

まずは靴の中のホコリを取り除きます。

特につま先部分にはホコリが蓄積されやすいので、しっかりとかき出すことが重要です。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
でも、靴のつま先まで手が届かないよ…
一路
一路
そんなときには竹ブラシを使いましょう!
care-inside-shoes-2

竹ブラシは柄が長くとられており、靴の奥まで入り込ませることが可能。

先端はブラシになっているのでホコリを払ったり、絡めとることも簡単。

care-inside-shoes-17

全体的に細い作りのため、細かい箇所のホコリ取りにも難なく対応できます。

care-inside-shoes-8

靴の先に詰まってしまったホコリもブラシの逆側でかき出せます。

care-inside-shoes-13

竹ブラシの柄でホコリを浮かせて、ブラシで絡め取れば…

care-inside-shoes-9

ごっそりとホコリが取れました。

靴の中はと言いますと…

care-inside-shoes-14

つま先に溜まっていたホコリを取り除くことができました。

反対側の靴も同じようにホコリを取り除いていきます。

care-inside-shoes-16

靴下から出る繊維くずは意外と多いと実感できます。

care-inside-shoes-10

こちら側の靴もホコリを完全に取り除くことができました。

care-inside-shoes-12
一路
一路
見た目にもスッキリとして履く時の気持ちも軽くなります!

汚れ落としと保革

靴の中のホコリを取り除いた後は、ブラシでは落としきれない汚れを落とす工程に移ります。

使うのはこちらのローション。

care-inside-shoes-3

コロンブスのレザリアンローションです。

レザリアンローションは革用の汚れ落とし。

革についた汚れを水性・油性問わず、取り除いてくれます。

容器の裏面にはこんな感じ記載が。

care-inside-shoes-29

ローションタイプなのでベタつきが少なく、乾燥が早いので靴の中の汚れ落としにも使用できます。

汚れを落とした後に、いざ履いたらベタつきを感じるのは避けたいですよね?

革用クリーナーは数あれど、その中でもレザリアンローションはベタつきが少ないため、靴の中のお手入れにも安心して使えます。

しかも、レザリアンローションは汚れ落としだけでなく、保湿効果もある優れもの。

別の保革クリームなどで新たに油分を足す必要がないので、お手入れが手軽に行えます。

カビ止め剤も配合されており、カビの発生も抑えることが可能なのも嬉しいポイント。

蒸れやすくカビが発生しやすい靴の中も、レザリアンローションでケアしておけば、カビに悩まされるリスクも軽減できます。

一路
一路
レザリアンローションは靴の内側をお手入れするのに最適なケアグッズなのです!

実際の汚れ落としとしては、レザリアンローションをクロスにつけて靴の中を拭いていく作業になります。

care-inside-shoes-26

指に巻きつけたクロスにレザリアンローションを適量染み込ませ…

care-inside-shoes-27

靴の内側を優しく拭いていきます。

care-inside-shoes-28

革用クリーナーは溶剤で革についた汚れを浮かせ、それをクロスでキャッチするというメカニズムなので、ゴシゴシとこする必要はありません。

滑らせるイメージで十分汚れは取れます。

ライニングの側面もフキフキ。

care-inside-shoes-23
通りすがりの御方
通りすがりの御方
でも、つま先までは指が届かないなぁ…

そんな時は先程ホコリ取りに使った竹ブラシを活用しましょう。

柄にクロスを巻きつければ、簡易のクリーナーバーになります。

care-inside-shoes-15 care-inside-shoes-11

先端にレザリアンローションを染み込ませ…

care-inside-shoes-18

靴のつま先部分まで汚れ落としをキッチリ行います。

care-inside-shoes-19

つま先部分はホコリを溜まりやすければ汚れも堆積しやすいため、しっかりとケアすることが重要です。

靴中の深いところまで汚れ落としができ、同時に保革・防カビ成分を行き渡らせることができました。

care-inside-shoes-21

両足ともレザリアンローションでのケアが終わったら、数十分程度時間を置き、ローションの乾燥を待ちます。

care-inside-shoes-24

靴の内側の湿り気がなくなったことを確認して、シューツリーを入れたら、これで靴の内側のケアは終了。

care-inside-shoes-22

次に履くときは気持ち良く足を入れることができるでしょう。

ホコリも落とせて、保革も完了。

おまけに防カビ作用も与えられたので、これでまたしばらく快適シューライフが送れます。

靴の内側を清潔に保ち、末永く付き合っていこう!

本記事は、靴の内側のお手入れの必要性とその方法について書きました。

靴の外側(アッパー)やアウトソールと同じように、インソールやライニングといった靴の内側のケアも革靴と長く付き合っていくためにとても重要なことです。

ホコリが溜まった靴の中の環境は決して良いとは言えず、カビが発生する温床に…。

定期的にホコリを除去して、保革すれば、靴の内側も美しく清潔な状態に保てます。

その上で、カビ防止剤を塗布してあげれば、鬼に金棒。

靴の内側にカビが生えてしまうという悲劇は避けられるでしょう。

お気に入りの靴を

  • 長く履きたい!
  • お手入れしつつ大事に扱いたい!
  • いつまでも清潔な状態に保ちたい!

そんな方は靴の内側のお手入れをしてみてください。

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

シェットランドフォックスの靴を見る

革靴を探す

【シェットランドフォックス】

care-each-part-leather-shoes-1
【革靴の部位ごとお手入れ方法まとめ】外側・内側・靴底のケアをそれぞれ解説!【トータルメンテ】普段から革靴のお手入れをされている方!革靴の外側だけのケアになっていませんか?確かに靴磨きのメインステージは甲革、つまり「アッパー」です。ですが、革靴にはそれ以外の部位もありますよね?そう!「靴の内側」や「靴底」です。それらの部位も含めた総合的なメンテナンスをしてあげれば、革靴がもっと長持ちしますよ!この記事では革靴の外側・内側・靴底のお手入れ方法をまとめています。...
靴磨きの方法まとめ
shoe-shine-summury-99

革靴に使用されている革には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。
革の魅力を最大限引き出すために、革の種類によって適したケア用品・方法を選びましょう。
革種ごとの靴磨き方法をまとめています。

CHECK!

靴磨き方法まとめ

こんな記事もオススメ!