シューケア

レザーソールの乾燥を防ぐ!雨に濡れてしまった靴の革底のケア方法

レザーソールの靴を履いていると、気になるのが雨などによる水の付着です。

革に水が付いてそのままにしてしておくと、革の乾燥が進んでしまいます。

革が乾燥すると、革質が硬くなり、地面と直接接するレザーソールはどんどん削れてしまうのです。

それを防ぐために、レザーソールにも保革対策が必要です。

一路
一路
今回はレザーソールのお手入れ方法についてご紹介します!

レザーソールの弱点とは?

レザーソールの履き心地は素晴らしいものです。

履き下ろし直後こそ硬いものの、なじんだ後の足に吸い付くような返りの良さは本当にクセになります。

その履き心地は「レザー」だからこそ生まれるわけですが、逆にそれが欠点となることもあります。

その筆頭が「耐水性」です。

  • 革は水に弱い

この事実は変えがたいものがあります。

特にソールは、地面に残った雨水や水汚れなどで水の付着は避けられません。

そのため、水に濡れた革というものは非常に乾燥した状態になってしまうのです。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
水に濡れたんだから潤いが与えられたんじゃないの?
一路
一路
たしかにそういう見方もできそうなものですが、それは誤りです!

革が水に濡れると革の内部に水が染み込みます。

染み込んだ水は一時的に革に潤いをもたらして、革の繊維を柔らかくします。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
柔らかくなったんなら、ソールのすり減りが抑えられるってことだしいいことじゃん!
一路
一路
確かにその通りです!

ただ、そこに落とし穴が。

「ずっと濡れた状態であれば」なんですね。

濡れた革はそのうち乾きます。

この「乾く」という過程が問題を引き起こすのです。

水に濡れて緩み、柔らかくなった革の繊維は乾いていくと状態が変わっていきます。

締まり、固くなっていくのです。

一路
一路
完全に乾燥させた状態になると、もうガチガチ!

雨に濡れる前よりも固くなっているはずです。

しかも乾燥が進んで、水が蒸発していく際には保革に必要な水分や油分まで一緒に飛んでいってしまうのです。

これが革が水に弱いと言われる所以です。

水に濡れると、革の乾燥が進んでしまって固くなる。

一見すると、矛盾してそうな現象が革の内部では起こってしまうのです。

レザーソールもその例外ではなく、水に濡れると乾燥して柔軟性が失われ、靴の返りが悪くなります。

下手をすると歩行時の靴のしなりに耐えきれず、ソールが割れてしまうことだってあります。

怖っ!!

レザーソールの乾燥防止

では、レザーソールの乾燥を防ぐにはどうすればよいでしょうか?

その答えは「油分を与えて保革する」ということです。

ソールに限らず、革にとって乾燥は大敵です。

ですがレザーソールの場合、他の革製品に比べて水と接触しやすいです。

一路
一路
地面と直接触れますからね!

つまりは非常に乾燥しやすい環境に置かれていることになります。

レザーソールは他の革製品よりもずっと、保革に気を使う必要があるのです。

靴磨きでアッパーに施すのと同様に、栄養クリームをレザーソールへ塗布することによって潤いを補給してあげなければなりません。

レザーソールのお手入れをやってみよう

では、実際に雨に濡れてしまったソールのケアを行っていきます。

一路
一路
濡れたアッパー(コードバン)のケアは、下のリンクにてご紹介して良かったらどうぞ!
雨に濡れたらソールだけでなく甲革もケアしましょう
靴の水シミを解消する方法!お手入れで白くくすんだコードバン革を復活させますコードバンに出来てしまった水シミ…。あきらめるには早い!そのシミ、靴磨きとレザースティックで解消できます。シェットランドフォックスのウィンストンが水に濡れてシミが出来てしまったので、そのシミを消して愛用の革靴を復活させます!その方法を順を追ってご説明!...

雨に濡れて乾燥してしまったレザーソールの様子はこちら。

革が白くなっています。

これは、履いているうちに革が地面に削られていくことで起こる毛羽立ちと、今回の課題である革の乾燥、その両方によって引き起こされています。

この状態で履き続けると、固くなってしまった革がガリガリと地面との摩擦によって削られてしまいますから、早急なケアが必要なんです。

チリ・ホコリ落とし

まずはブラッシングによってチリやホコリを落とします。

レザーソールのブラッシングに関しては、雨の日に履いた後にお手入れを行う際、注意すべき点があるんです。

雨に濡れた革は一時的ではありますが、柔らかくなります。

ですので、濡れた状態でアスファルトなど歩いた際には、道上に落ちている小石などが食い込みやすくなります。

雨の日に履いた後のレザーソール靴の裏を見てみると、結構ガッツリと小石が埋まっていることが多いですから、よく確認することが必要です。

濡れた後のソールをケアするときは小石などが食い込んでいないか確認しましょう。

以上を踏まえて、まずはタワシで小石などの大きなごみを取り除きます。

埋まっている小石等をかき出すようにブラシ掛けします。

それが終わったら、ホコリを除去するために馬毛ブラシでブラッシングします。

ブラッシング工程は以上です。

雨の日に履いた靴は、いつも以上に念入りにブラッシングして、徹底的にゴミやホコリを落とすと良いでしょう。

汚れ落とし

ブラッシング後は水汚れを落とす工程です。

雨に濡れた地面は、水によって溶けだした汚れがそこかしこに広がっていて、いつも以上に靴が汚れやすい環境になっています。

ブラッシング同様に汚れ落としも、より気合を入れて行います。

M.モウブレィのステインリムーバーをクロスに取りまして…、

ソールを拭いていきます。

先ほど、気合を入れると言いましたが、それは力を入れてゴシゴシこするという意味ではありません。

あくまで優しく拭くイメージ通常よりも数回多くこの工程を繰り返して、汚れをしっかりと落とすという意味です。

油分補給

汚れ落としが完了したら、次は革への栄養補給です。

水に濡れた革は非常に乾燥してしまっていますから、雨で濡れたレザーソールへの油分補給は特に重要です。

そんな重要な油分補給には、こちらのクリームを使用します。

サフィールノワールの「レノベイタークリーム」です。

こちらのクリームは、カーフなどの上質なスムースレザーに栄養を与え、革を柔らかくすると共に、保護膜を作ることによって革に自然な光沢を与えることが可能です。

この「革を柔らかくする」という効果が肝です。

レザーソールは歩いているときの返りが良い、という特徴があります。

それが乾燥することで固くなってしまうと、その特性が失われてしまうのです。

そこを補うために、柔軟性を与える効果のあるレノベイタークリームを使用するわけなんです。

このクリームをペネトレイトブラシに付けまして、ソールに塗ります。

 
一路
一路
クリームをソール全体に塗って油分を行き渡らせましょう!

ソールの繊維を引き締める

クリームを塗ったら、次は革の繊維を引き締めます。

クリーナーやクリームの塗布で緩んだ革の繊維を力を加えることで引き締めるのです。

それにより革の強度が出て、耐久性が高まります

使う道具はと言えば、毎度おなじみ。

アビィ・レザースティック

こちらをクロスで包んで、ソールを擦っていきます。

 

クロスで包むのはレザースティックの表面に傷が付かないようにするためです。

一路
一路
レザーソールって結構ざらついていますからね!

上のようにソールにツヤが出てきたら、革が締まった証拠。

ここまででも十分ケアは出来ているのですが…。

一路
一路
今回はもうひと工程いっちゃいます!

レザーソールの防水対策

レザーソールの靴を履くにあたっては、「雨の日は履かない」ということを心掛けていますが、今回のように、再度急な雨に振られるということも可能性としては十分あります。

天気予報はあくまで予想、最終的には自らの判断に委ねられますからね。

靴を守るのは自分自身!(名言風)

…なので、ソールに防水対策を施します。

ソールに防水効果を与えるのはコイツです。

サフィールノワールの「ソールガード」

これをソールに塗布することで防水性が高まり、水の浸透や乾燥による革のひび割れなどに強くなります。

防水性が高まるといっても、完全防水になるということではないので悪しからず。

何もしないよりは、した方が良いという程度です。
体感的に。

一路
一路
靴磨きしていると、色々と使ってみたくなっちゃうんですよね、これが!

これをクロスに染み込ませてから、クロスでソールに塗っていきます。

 

こちらのソールガードはリキッド状なので、かなり滑り良くスイスイ塗ることが出来ます。

全体に塗布した図がこちら。

塗り終わり直後こそだいぶ湿り気がありますが、塗り終わってから数時間程度置いておけば、表面はサラサラの状態に戻ります。

ソールガードをもっと詳しく
サフィールノワールのソールガードで簡単革底ケア!靴底にしなやかさを与え履き心地アップサフィールノワールのソールガードで革靴のレザーソール(革底)をお手入れしました。レザーソールは歩きやすさや通気性がある半面、削れやすく耐久性に難があります。ですが、ソールのケアをして油分を補給してあげることで、革にしなやかさが付与され、摩耗しにくくなり耐久性が向上します。オールソールの回数も抑えられるためお財布にも優しい、そんなレザーソールのケアについて書きました。...

以上でソールのメンテナンスは全行程終了です。

雨に濡れたレザーソールはお手入れ必須

今回は、雨で濡れてしまったソールの乾燥を防止する手法をご紹介しました。

濡れたソールをそのままにしておくと、革が必要以上に固くなってしまって、革繊維の断裂や地面との摩擦が強くなることによる摩耗といったことが起こりやすくなります。

通常の靴磨きはもちろん大事ですが、雨の日に履いた靴のケアは、それ以上に靴の寿命を左右します。

レザーソールをお手入れして保革を行い、革の潤いを保てば長く革靴と付き合うことができます。

一路
一路
愛用の靴とより長く過ごせるよう、濡れた靴のケアはしっかりと行いましょう!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!

靴磨きの方法まとめ
shoe-shine-summury-99

革靴に使用されている革には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。
革の魅力を最大限引き出すために、革の種類によって適したケア用品・方法を選びましょう。
革種ごとの靴磨き方法をまとめています。

CHECK!

靴磨き方法まとめ

こんな記事もオススメ!