靴磨き

オイルドレザー靴を光らせる!アーティストパレットを使えば簡単です【ブートブラック】

shine-oiled-leather-17

革に油分をたっぷり染み込ませたオイルドレザーは、しっとりとした独特の風合いが特徴の革です。

オイルドレザーの風合いとしては、光沢を放つというより「マットな質感」という表現がしっくりきます。

オイルドレザーで作られた靴は丈夫でしなやか。

独特の質感も相まって、無骨さを感じさせてくれる革靴になります。

ただ、そんなオイルドレザー靴もたまには気分を変えて光沢を持たせてみたい…。

一路
一路
そうは思いませんか?

いつもと違った表情のオイルドレザー靴を履いて外へ繰り出せば、これまでとは違った新鮮な気持ちで過ごすことができるはず!

この記事では、マットな質感のオイルドレザー靴に光沢を与える方法をご紹介します。

光沢を与えるために使うのはアーティストパレット

オイルドレザー靴であっても、上品な輝きを与えることができますよ!

オイルドレザー靴を光らせる意味

オイルドレザーで作られた革靴というのは、マットな質感で一般的なドレスシューズのようなツヤのある輝きを放ってはいません。

それはそれで、オイルドレザーらしいガシガシ履ける無骨さを感じられて良いのですが、たまには気分を変えて光沢のあるオイルドレザー靴を履きたいこともあります。

一路
一路
ありますよね?
通りすがりの御方
通りすがりの御方
…(ある?)
通りすがりの御方
通りすがりの御方

まぁ、たまにあるんです。
僕の場合。

いつもの革靴の雰囲気をちょっと変えたい、的な。

鏡面磨きに通ずる感覚です。

鏡面磨きで気分転換
【鏡面磨き】お気に入りの革靴をワックスでピカピカに輝かせる【シューポリッシュ】サフィールノワールのワックスを使った靴磨きを行います。どのメーカーのワックスもそれぞれの味があって大変素晴らしいですが、サフィールノワールは輝くのが早いのとそのツヤの奥深さが魅力であると感じています。磨く靴はスコッチグレインのアシュランス、ピカピカにツヤ出ししていきますよ!...

いつもの雰囲気をちょっと変えると、それが刺激になり気分が高まるのです。

鏡面磨きを施して、ピカピカに輝いた革靴を履いて外出するとテンション上がりますよね!?

そんな感覚をオイルドレザー靴でも味わいたい…。

一路
一路
それゆえ、オイルドレザーを光らせたいと思うのですよ、僕は!
オイルドレザー靴はお手入れ簡単!
shoe-care-3-item-8
danskoのオイルドレザー靴をたった3つの道具でお手入れする方法【シューケア】すっかり汚れてしまったダンスコのオイルドレザー製のコンフォートシューズをケアしてキレイにする方法をご紹介しています。お手入れに使うのはたった3つの道具だけ。しかも作業工程は2工程のみという、超簡単・お手軽のシューケア方法です。...

革を光らせる「アーティストパレット」

気分転換に革靴を光らせる…。

そんなときにピッタリなシューケア用品があります。

それがこちら。

shine-oiled-leather-2

アーティストパレット

株式会社コロンブスが展開するブランド「Boot Black(ブートブラック)」にラインナップされている靴クリームです。

なぜアーティストパレットが気分転換に革を光らせることへの相性が良いかというと、以下の特徴があるからです。

気分転換に向いている理由
  • クリームを落とすのが簡単
  • 油性クリームなので光沢を与えやすい
アーティストパレットで靴磨き
alden-artist-palette-11
【驚異の輝き】コードバンの革靴をアーティストパレットで磨いたらどうなる?【オールデン】アーティストパレットを使用したコードバンの革靴のお手入れ方法をご紹介します。水分に弱いコードバンですが、油性の靴クリームであるアーティストパレットは繊細な馬革にも安心して使用可能です。また、色が豊富なのもアーティストパレットの魅力!オールデンのバーガンディ色の靴をルージュの靴クリームで磨きます。...

クリームを落とすのが簡単

アーティストパレットは顔料ベースの靴クリームなので、靴に色が乗ることで発色します。

靴の上に、色を出す粒子が乗っているだけです。

つまり、落とすのが簡単ということ。

気軽に色を乗せたり、落としたりできるので気分によって使い分けがしやすいのです。

アーティストパレットの特徴は名前が示す通り、画家のように色彩を楽しめる靴クリームであるということ。

アーティストパレットの色のバリエーションは20種類にも及び、気分によって様々な色を楽しめるように色も落としやすい仕様なんですね。

言い換えれば、色が抜けてしまった革を補色するにはアーティストパレットは適していません。

革の色を染める効果の高い「染料ベース」の靴クリームを使用しましょう。

染料ベースと顔料ベースの靴クリームの違いを確認
shoe-cream-microscope-12
靴クリーム4種をミクロな視点で比較したら…こんな違いがあったとは!【顕微鏡画像】靴クリームには多くの種類がありますが、違いってあるのでしょうか?そんな疑問を検証するべく、顕微鏡で4種の靴クリームを観察しました。すると、驚くべき結果が!同じように見えても、ミクロな世界では全く異なる状態を持つことが判明しました。得られる効果が違うのも納得です!...

油性クリームなので光沢を与えやすい

アーティストパレットは水を含まない油分のみの靴クリームなので、靴の上にクリームが留まり、光沢が出やすい靴クリームです。

そのため、アーティストパレットで靴を磨くと驚くほど輝きが出ます。

一路
一路
きらびやかな印象を与えやすいのです!

オイルドレザー靴のマットな雰囲気を、光沢を持った上品なものに変えるのが簡単なんですね。

かといって、革への栄養補給効果も十分にあり、保革作用もバッチリ。

アルガンオイルが抜かりなく革に潤いを与えてくれます。

アルガンオイルで革へ栄養を与える!アーティストパレットの成分
ブートブラックのアーティストパレットを初めて使ってみました【靴磨き】靴磨き愛好家としては色々なシューケア用品を使いたくなるものです。ブートブラックのアーティストパレットもその例に漏れず。アーティストパレットの使用感を確かめるべく購入しましたので、実際に使ってみた感触をレポートします。色味は「デニム」を選択。黒の革靴にほんのり青みを入れてみます!...

実践:アーティストパレットでオイルドレザーを光らせてみる

ここからは実際に、オイルドレザーの革靴を光らせるための靴磨きをしていきます。

一路
一路
アーティストパレットを使って!

磨く靴はこちら。

shine-oiled-leather-1

アメリカのシューズメーカー「ダンスコ」のプロフェッショナルオイルド。

オイルドレザーを使用したサボタイプの靴です。

革の質感はこんな感じ。

shine-oiled-leather-3

日頃から磨いているので若干の光沢はありますが、一般的なカーフレザーなどの革靴と比べると、やはりマットな感じが残っています。

アーティストパレットの色は「デニム」を選択。

shine-oiled-leather-15

黒の靴に紺色である「デニム」を使って、ほんのり青みを出すのが狙い。

あらかじめ作業手順を確認しておきます。

  1. ホコリ落とし
  2. 汚れ落とし
  3. アーティストパレットを塗る
  4. ブラッシング(豚毛)
  5. クロスで磨く
  6. ブラッシング(山羊毛)
一路
一路
順を追ってやっていきますよ!

ホコリ落とし

まずは靴のホコリ落としから。

革靴は履いていくうちにホコリやチリが付着していきます。

ホコリは革の油分を吸い取ってしまったり、靴クリームの乗りを悪くしてしまったりと、革靴にとって百害あって一利なしの存在。

柔らかな馬毛のブラシでホコリやチリを落とします。

shine-oiled-leather-5

手首のスナップを利かせて払い落とすイメージです。

汚れ落とし

続いて、靴についた汚れを落とします。

靴用クリーナーを使えば簡単に汚れが落とせるのでおすすめです。

使用する靴クリーナーは、ブートブラックシルバーラインのツーフェイスローション。

油汚れと水汚れを同時に落とせるハイブリッドクリーナーです。

ツーフェイスローションの詳細
two-face-lotion-2
【革靴用クリーナー】ツーフェイスローションの使い方と効果とは?【ブートブラックシルバーライン】革靴を磨く前に行うべき「汚れ落とし」。ブートブラックシルバーラインのツーフェイスローションは靴に付いた油汚れと水汚れを同時に除去できる優秀なハイブリッド靴クリーナー。汚れ落とせば、美しさを維持し靴クリームの革への浸透性を高める効果が期待できますよ!...

クロスにクリーナーを付けて…

shine-oiled-leather-4

靴を拭き、汚れを取ってあげます。

shine-oiled-leather-6

力を加えず撫でるように拭きましょう。

ゴシゴシこすると、革の色が抜けてしまうことがありますからね。

アーティストパレットを塗る

汚れを落としたらいよいよメインの工程。

アーティストパレットを靴に塗ります。

指で塗っても良いのですが、今回はクリーム塗布用ブラシのペネトレイトブラシを使います。

手が汚れないクリーム塗布用ブラシ
cream-application-brush-4
【ペネトレイトブラシ】手を汚さずに靴クリームを均一に塗れる!おすすめ小型ブラシ【靴磨き用品】ペネトレイトブラシは靴磨きを快適にしてくれるシューケアグッズ。手を汚さずに靴クリームを塗れる小型ブラシです。革靴にまんべんなくクリームを塗りのばすこともできるので重宝します。ペネトレイトブラシをおすすめする理由とは!?...

ペネトレイトブラシにアーティストパレットを少量付けて…

shine-oiled-leather-18

靴に塗り込みます。

shine-oiled-leather-7

ブラシを使うことで、履きジワの細かい隙間までクリームを行き届かせることができます。

アーティストパレットが光沢を作り出すので、光らせたいところにはしっかり塗っていきましょう。

ただし、塗りすぎ注意です!

靴クリームを付けすぎると靴がベタつく原因となります。

一路
一路
少量を薄く塗り広げるイメージで行うのが吉!

ブラッシング(豚毛)

続いて、ブラッシングでアーティストパレットをなじませます。

ブラッシングに使うのは豚毛のブラシ

豚毛は毛が硬くコシがあるため、クリームを塗り広げる力が強いのが特長。

靴クリームをまんべんなく靴に行き渡らせるのに最適です。

革靴全体をブラッシングします。

shine-oiled-leather-19

大きめのストロークで豪快に。

クリームを塗り広げていきます。

クロスで磨く

ブラッシングの後はクロスで磨いて光沢を出す工程。

靴の光沢は革の表面が均一になり、光を反射することで表れます。

クロスでアーティストパレットをより均一な状態に仕上げるのです。

磨く際にはクロスに水を付けて、クリームがクロスに移らないようにしましょう。

shine-oiled-leather-8

ハンドラップで少量の水をクロスに染み込ませ…

shine-oiled-leather-13

磨きます。

円を描くようにクルクルとクロスを滑らせます。

アーティストパレットのクリームをならしていくイメージで。

片方の靴だけ磨き終わった状態がこちら。

shine-oiled-leather-11

右足(向かって左側)が磨いた後の靴。

明らかに光っていますよね。

マットなオイルドレザーであってもアーティストパレットならば、いとも簡単に光沢を与えられます。

両足とも磨き終わったら、次の工程に移ります。

この段階でも十分に輝いていると思いますので、次のブラッシング(山羊毛)工程はお好みでやってみてください。

ブラッシング(山羊毛)

最後はブラッシングでめます。

柔らかな毛を持つ「山羊毛ブラシ」でブラッシングし、ツヤを高める作業です。

磨き上げるという側面が強いので、クロス同様、山羊毛ブラシにもハンドラップで水を付けてブラッシングします。

shine-oiled-leather-20
ハンドラップとは?
hand-lap-3
ハンドラップをおすすめする理由とは?靴磨きで水を使うときに便利!【カシュカシュするやつ】靴磨きのときに「カシュッ」と押すと水を出してくれる容器。アレ、「ハンドラップ」といいます。この記事ではその便利さと使い方をご紹介。鏡面磨きをスマートにしてくれるお役立ちグッズです。意外と売っている場所が少ないですが、規模が大きめの東急ハンズでよく見かけます。...

少量の水を付けたブラシで優しくブラッシング。

shine-oiled-leather-12

馬毛や豚毛のときのような、手首のスナップを利かせた強めのブラッシングではなく、円を描くように繊細なタッチでブラッシングすると良いです。

一路
一路
あくまで靴クリームをならすのが目的ですからね!

これにて作業は終了です。

靴の仕上がりを確認・お手入れ前後の比較

最後に、マットな質感のオイルドレザーがアーティストパレットで磨くことで、どのように変化したか見てみます。

まずは全体像。

shine-oiled-leather-16

アッパー部の拡大図も。

shine-oiled-leather-10
一路
一路
輝きを放っているのがわかりますね!

磨く前と磨いた後で比較しますと…

shine-oiled-leather-14

深みのあるツヤが出ています。

磨いた後の状態である下の方の図は、アーティストパレットのデニム色が乗っているため、純粋な黒とはまた違った雰囲気が漂っていますね。

大満足の仕上がり!

オイルドレザーの靴でも、こんなにも輝くことができるのです。

一路
一路
アーティストパレット、さすがと言わざるを得ない!

オイルドレザー靴の雰囲気を変えて気分転換!

shine-oiled-leather-9

この記事ではマットな質感のオイルドレザー靴を光らせる方法についてご紹介しました。

アーティストパレットを使えば、マットな革もいつもと違う雰囲気に早変わり。

簡単・お手軽に革へ光沢を与えてくれます。

  • 革靴のマットで無骨な感じも良いけど、たまには光沢を与えて気分を変えてみたい
  • オイルドレザーに上品な雰囲気を加えてみたい

そういった方は是非アーティストパレットで革靴を磨いてみてください。

一路
一路
新たな楽しみを発見できるかも?

それでは今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!

靴磨きの方法まとめ
shoe-shine-summury-99

革靴に使用されている革には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。
革の魅力を最大限引き出すために、革の種類によって適したケア用品・方法を選びましょう。
革種ごとの靴磨き方法をまとめています。

CHECK!

靴磨き方法まとめ