革小物お手入れ

革財布のコバの補色方法とは?樹脂がはがれた革の断面に色を入れてキレイに保つ

wallet-complementary-color-8

革で作られた財布は「革の丈夫さ」から、長持ちしやすいです。

長持ちしやすいからこそ、革以外の箇所がダメになってしまうことがあります。

財布の「コバ」部分もそういった箇所の一つ。

財布の縁である「コバ」はその形を表現する、いわば財布の「輪郭りんかく」。

コバがきれいでないと、財布そのものの印象も良くないものとなってしまいます。

本記事では、財布をきれいに保つための財布のコバを補色する方法をご紹介します。

サフィールの補色剤である「レノベイティングカラー補色クリーム」でお手入れする様子をご説明していきますよ。

一路
一路
コバの汚れ樹脂加工のはがれが気になる方は、ぜひご覧下さい!

革財布の耐久性

よく耳にする財布の買い替え理由として、「ファスナーが壊れたから」、あるいは「ボタンが外れてしまったから」というものがあります。

一方で、「革がダメになったから財布を買い換える」ということはあまり聞かないと思いませんか?

それもそのはず。

革というのは材料の中でも、比較的丈夫な部類に入ります。

しなやかで柔軟性があり、破れにくく、厚みもある。

よっぽど酷使しない限りは、いつまでも愛用し続けられるのが革の特徴です。

したがって、革財布が使えなくなる原因のほとんどは、革以外の箇所の不具合によるところが多いのです。

一路
一路
デザインに飽きたという理由はまた別ですが…

コインケースを探す

レザーグッズ【ハレルヤ】

【yahaku】

財布の「コバ」の劣化

wallet-complementary-color-22

そして、今回のテーマである「財布のコバ」

コバ部分も「革以外の箇所」に分類されます。

そもそもコバとは革の端の部分、「革の切り口」のことです。

あえて革を切りっぱなしの状態で、製品として販売されている財布もありますが、多くの場合、コバ部分には何らかの処理がほどこされています。

コバを磨き上げて毛羽立ちを抑えたり、ニス樹脂を塗って、表面を整えたりしています。

一路
一路
あれ?
何やら劣化しそうな単語がありますね!
通りすがりの御方
通りすがりの御方
(「劣化しそうな単語」って何!?)

コバにニスや樹脂を塗る。

はい。
これらは革ではありません。

コバ周りをきれいに整えるため、革の上にニスや樹脂を塗っているのです。

つまり、ニスや樹脂が塗られた箇所は、革とは違った劣化をするということです。

ニスや樹脂は、革ほど強い材料ではありません。

使っていくうちに塗られたニスや樹脂がはがれ落ちてしまうということは十分ありえます。

ニスや樹脂はがれの問題は、結構ニッチな話題だとは思うのですが、なぜこんなお話をするかというと、まさに僕の財布がそうなってしまったからです。

革財布のコバの樹脂が剥がれてしまった…

コバの樹脂がれが起きてしまった僕の財布がこちら。

wallet-complementary-color-1

ドメスティックブランドである「ブルーナボイン(BRU NA BOINNE)」のコインケースです。

パイソンレザー(ヘビ革)が使用されており、独特の雰囲気を持っている財布。

パーソンレザーのコインケース
エキゾチックレザーとは?ワニ・ダチョウ・トカゲ!?ヘビ革の愛用品の魅力も語ります!エキゾチックレザーってどんな革?その疑問にお答えするとともに、そんなエキゾチックレザーの一種であるヘビ革、「パイソンレザー」の製品であるコインケースをご紹介します。あなたもエキゾチックレザーの魅力を感じてみませんか?...

このコインケースも使っていくうちに、財布のコバに塗られていた樹脂がはがれ落ちてしまいました。

wallet-complementary-color--2

この財布の特徴として、パイソンレザーのコバ部分に樹脂が塗られており、それが革の切り口を覆い隠しています。

同時に、光沢を与えて上品さを表現しているのですが、なんとその樹脂がはがれ落ちてしまっているのです。

正に美しさがそこなわれている状態です。

一路
一路
これはなんとかせねばなりません!

今回の問題点は、コバに塗られていた樹脂がはがれ、革の断面が見えていて、白っぽくなってしまっていることです。

これを解消するため、白くなっているところに色を入れて補色し、樹脂はがれ箇所を目立たなくしようと思います。

コバを補色する方法

財布のコバを捕食するためには、以下の道具を使います。

wallet-complementary-color-11
補色に使うもの
  1. レノベイティングクリーム
  2. プラ板

レノベイティングクリームはシューケア用品メーカーでおなじみ、「サフィール」のもの。

革の補色を行える、補色クリームです。

レノベイティングクリーム
革の補色に便利なアイテム!レノベイティングカラー補修クリームの使い方【サフィール】補色クリームを使って革製品の色補修を行います。使用するのはサフィールのレノベイティングカラー補修クリーム、塗るだけのお手軽作業で簡単に革への色入れを行うことが出来る便利なクリームです。革の色あせは避けようがないことですが、ケアをしてあげれば革製品を長く綺麗な状態に保つことが出来ますよ!...

今回は2色使いです。

理由は後でご説明します。

筆は色を塗るときに、プラ板はレノベイティングクリームを乗せるパレットの役割を担ってもらいます。

これらを使って革財布のコバを塗っていきます。

wallet-complementary-color-5

補色クリームの色は「オーシャンブルー」を選択。

色の調製

まずは、補色クリームをプラ板の上にとります。

プラ板でなくても、プラスチック容器などのクリームが染み込まないものなら、なんでもOKです。

wallet-complementary-color-4

こうしてプラ板に補色クリームを出してみると、割と青みの明るさが強く、コインケースの色に合わせるには少し暗さを足したいところ。

そんな時には、絵の具のように補色クリームを混ぜ合わせましょう。

ここで使用するのが、補色クリームの「ブラック」

wallet-complementary-color-6

コインケースの色味を再現するために、黒色を足します。

wallet-complementary-color-7

ここは絵の具の色調整と同様、良い塩梅を考えながら、感覚で決めます。

一路
一路
小学校の図工や美術の授業を思い出しますね!

そして、筆を使って色を混ぜ合わせます。

wallet-complementary-color-9

まぜまぜ。

良い塩梅になると良いのですが…。

wallet-complementary-color-10
一路
一路
お!
これは結構良い感じでは!?

黒みがかった「ダークネイビー」でコインケースの色味にもバッチリ合いそうです。

色味がイメージと違った場合は、色を足しながら少しづつ色味を調整していきましょう。

黒やその他の色味と混ぜて、色の微調整を行えるのも、レノベイティングクリームの強みです。

カラーバリエーションの中にはこんなものも。

wallet-complementary-color-13

色を薄める「うすめ剤」

色味調整前提で補色クリームが作られている証拠ですね。

色の調整で遊んでみた
color-adjustment-4
【革用補色クリームの色調整】茶色に薄め剤・白・黒・黄を混ぜたらそれぞれどうなる?【検証】サフィールのレノベイティングカラー補修クリーム同士を混ぜて色味の調整を行っている記事です。革の色に合わせた補色をするためには色の調整が必要。ベースのフォーン(茶)の色の調整に使用するのはホワイト(白)、ライトニング(うすめ剤)、バターキャップ(黄色)、ブラック(黒)の計4種。果たしてどんな色になったのか!?...

財布のコバに補色クリームを塗る

色の調製が終わったら、いよいよ財布の補色です。

筆を使って補色クリームをコバに塗っていきます。

wallet-complementary-color-12

樹脂がはがれて、革がむき出しとなってしまった白い箇所にクリームを塗っていきます。

補色クリームを塗った後はしばらく待ち、乾燥させます。

すると、このような状態に。

wallet-complementary-color-19

補色によってコバに色が乗り、白い箇所が無くなりました

一路
一路
補色成功です!

ただ、これで終わりではありません。

保革クリームで補色箇所を保護する

今後の補色箇所の色落ちを防ぐため、補色クリームの上から保革クリームを塗って、油による保護層を作ります。

使用するのはドイツのシューケア用品メーカーであるコロニルの「1909シュプリームクリームデラックス」。

詳細レビューはこちらまで
supreme-creme-deluxe-
シュプリームクリームデラックスの使用感レビュー!【コロニルの保革クリーム】コロニルの1909シュプリームクリームデラックスの使用感を書いています。革製品のお手入れに欠かせないのがデリケートクリーム。シュプリームクリームデラックスはシダーウッドオイルやラノリンといった天然成分を配合したレザーケア用クリームで保革や革への栄養補給効果があり、クリームを革へ塗る事で起こりがちなシミも発生しません。...

この保革クリームはフッ素系樹脂を配合しているため、撥水性があり、補色個所を保護するのにうってつけ。

このプルプルのクリームを指にとり…

wallet-complementary-color-18

先ほど補色した箇所へと塗り込みます。

wallet-complementary-color-20
一路
一路
コバは小さく、細かい作業ですが、こういうちょっとしたことが革製品を長く使う上では重要だと思いますよ!

クロス磨きで仕上げる

クリームを塗った後は、クロスで磨き上げ。

wallet-complementary-color-21

クロスで磨いた後はこんな感じに仕上がります。

wallet-complementary-color-17

いかがでしょうか?

一路
一路
キレイに仕上がったのではないかと!

補色前後のコバの状態を比較する

補色のお手入れ前後で様子を比較してみます。

wallet-complementary-color-15

上が「お手入れ前」、下が「お手入れ後」です。

樹脂がはがれて革の断面が白くむき出しであったコインケースのコバ部分が、補色と保革クリームのケアによってカバーされ、その他の箇所と変わらぬ見映えになりました。

お手入れ前はコインケースの紺色に対して、白い箇所が浮いて目立っていましたが、補色することによって、全く目立たなくなっていますね。

長く愛用できる革だからこそ、お手入れでいたわってあげることが大事。

お手入れすることで愛用の品がよみがえる感覚、ホント、クセになります!

一路
一路
だからお手入れはやめられない!

コバをきれいにして財布の美しさを保とう!

本記事は、革財布の「コバ」の樹脂はがれでむき出しとなった革の断面を補色する方法をご紹介しました。

我ながら、財布の美しさを上手く復活させられたのではないかと思います。

一路
一路
仕上がりは大満足です!

革製品は長く使えるからこそ、バ加工の脱落・はく離縫製のほつれなどが徐々に発生していきます。

それをそのままにせず、自ら補修したり、プロの修理専門店に直してもらうことで、美しい状態を保つことができます。

何より、手間をかけることで、ますます愛着が湧いてきます。

折角のお気に入りの革製品ですから、今回のようなコバの樹脂はがれだけでなく、

  • 少し汚れてしまった
  • 革が傷ついてしまった

といった場合でも、そのようなトラブルは案外、お手入れすれば解決するものです。

あきらめる前に一度手を加えてみるのも面白いですよ。

一路
一路
ぜひ試してみてください!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!

コインケースを探す

レザーグッズ【ハレルヤ】

【yahaku】

leather-peeling-repair-2
【トコノール】革の剥がれとこすり傷を自分で補修!革靴のお手軽リペア方法【レザークラフトグッズの応用】革靴の革が剥がれてしまった…。革財布の毛羽立ちや小さな傷が気になる…。そんな方は革の床面やコバを美しく処理するための仕上げ剤、「トコノール」を使うことをオススメします。補修したい箇所に塗ってこするだけのトコノールは、革のへこみや隙間を滑らかにすることできれいな革面を取り戻すことができます。本記事では実際の使用方法を追いながらトコノールの効果をご紹介しています。...
革小物ケア方法まとめ
leather-care-summary-99

革製品には財布やバッグ・ベルトなど様々な種類があります。
愛用の革製品をお手入れする方法についてご紹介しています。

CHECK!

革小物ケア方法まとめ

こんな記事もオススメ!