革靴

革靴とベルトの色を合わせてファッションに統一感を【色合わせの重要性とは?】

shoe-belt-combination-5
記事内に商品プロモーションを含みます

メンズファッションにおいて、重要な要素である靴。

オシャレは足元からと言われるように、靴にこだわりを持つ人は少なくありません。

その靴にまつわるお話で、こんなことを聞いたことはありませんでしょうか?

それはなぜなのか。

ちゃんとした理由があるのです。

言ってしまえば、色を統一すると、ファッションにも統一感が生まれ、コーディネートとしてのまとまりが良くなるから。

本記事では靴とベルトの色を合わせることで得られる効果について、詳しくご紹介していくと共に、実際の色合わせの具体例をお見せします。

一路
一路
ご自身のイメージの足しになれば幸いです!

靴とベルトの色を合わせる意味

shoe-belt-combination-12

靴とベルトの色を合わせると、どんな効果があるのか…。

それはズバリ、

  • カジュアルさを抑えられる

ということです。

言い換えれば、

  • フォーマルさを保つことができる

とも言えます。

カジュアルさを抑えると、どんな良いことがあるの?

そのような疑問が出てきますよね。

それは、カジュアルさを抑えることで、

  • 大人っぽさ
  • 落ち着き

を表現できるようになるということ。

靴とベルトの色合わせを行うことで得られる効果が最も大きいのが、ビジネスシーンなどのスーツスタイル時です。

スーツスタイルフォーマルな形式ですので、カジュアルさが強いと違和感が生じてしまいます。

普段ベルトは見えないことが多いですが、ふとした瞬間にベルトが見えて靴と色が合っていないとチグハグ感が出てしまうのです。

見る人によっては、

んっ!?

となってしまうかもしれません。

逆に、ベルトと靴の色が合ってると、落ち着きや大人っぽさを演出できるので、相手へ与える印象が格段に良くなります。

以上のことは、フォーマルな場で起こりえること。

カジュアルシーンでは靴とベルトの色は多少合っていなくても構いません。

カジュアルな場では、例えば「赤と青」のようなかなり攻めた色の組み合わせをしない限りは、特に意識しなくても良いでしょう。

フォーマル・カジュアルのバランスは洋服でも調整できます

no-collar-jacket-4
ノーコントロールエアーのノーカラージャケットをレビュー!フォーマル感が和らぐ上着ジャケットやシャツに付いている「襟」にはフォーマルな印象を高める効果があります。ただ、カジュアルシーンではフォーマル度が高すぎる服装は似合わない場合があります。そんなときに活躍するのがノーカラージャケットです。襟がないことでカッチリしすぎない雰囲気を演出できます。ドメスティックブランドのノーコントロールエアーのノーカラージャケットのご紹介です。...

ファッションにおける色の重要性

shoe-belt-combination-15

靴とベルトの色を合わせると、

  • 落ち着きが出る
  • カジュアルさが抑えられる

といった効果が得られます。

このことからも明らかなように、ファッションにおいて色は非常に重要です。

色使いの「上手・下手」をセンスが「ある・ない」といっても過言ではないほど、色が人に与える影響は多大なものです。

色自体が持つ印象はもちろんですが、組み合わせによっても、色の与える印象は大きく異なります。

中学の美術の授業で習った「色相環」はその考えに基づくものですね。

  • 似たような色を組み合わせるとまとまり感が出てなじみが良い
  • まったく異なる色を組み合わせるとメリハリが出てアクティブな印象に

そんな感じ。

アウトドア用品などは遭難時の発見のしやすさを考慮したカラフルなものが多いですが、それと同時に、その服を着ていることでアクティブな印象を人に残せるのです。

カラフルソックスで足元を彩る

カラフルソックスでコーディネートをワンランクアップ【オシャレは足元から】足元を彩るのは何も靴だけではありません。靴下も足元を飾る重要なポジションを担っています。季節によって靴下の影響力は変化しますが、特に夏は靴下が見える機会も多く、その重要度はとても高いです。アンクル丈のパンツを履く際にも靴下のチラ見せはファッションテクニックの一つ。靴下にこだわって足元を華やかに飾りましょう。...

コーディネートに統一感を持たせることで得られる効果とは?

shoe-belt-combination-13

色が人に与える印象が分かったところで…。

ファッションにおいて、

  • 色を合わせることで得られる効果

について焦点を当ててみます。

色を合わせることでコーディネートのまとまりが良くなるということは、ファッションに統一感が生まれるということです。

ファッションに統一感が生まれると、簡単に言ってしまえばオシャレに見えやすくなります。

先ほども述べましたが、靴とベルトの色を合わせるとファッションがまとまりやすくなり、落ち着いた印象に近づきます。

フォーマルさが上がるということです。

それはつまり、子供っぽさを軽減して大人っぽさを演出できるということ。

子供が「子供っぽい」格好をしていたら何の違和感もありませんが、大人が「子供っぽい」格好をしていたら少し違和感を覚えますよね?

その違和感が人にオシャレと思われることを邪魔する原因です。

色を合わせて統一感を持たせれば、その違和感を生むことがなくなります。

つまり、周りからオシャレと思ってもらえたり、不快感を与えずにすむというわけです。

そういったメリットが、靴とベルトの色を合わせると得られるのです。

色の統一感を取り入れることで得られるメリットは、なにも靴とベルトに限った話ではなく、ファッション全般を含めて言えることだと思います。

絶妙な色味が魅力のドメスティックブランド「クレプスキュール」

crepuscule-sweat-4
【クレプスキュールの定番】鹿の子スウェットをレビュー!緩めシルエットで着やすさ抜群ドメスティックファッションブランドであるクレプスキュール(crepuscule)の鹿の子スウェットのご紹介と実際の着心地をレビューした記事です。ニットに定評のあるクレプスキュール。その定番のアイテムだけに計算されつくされたシルエットと色味がとても魅力的な逸品です。自宅で洗濯できることもポイント高し!...

ベルトの保管に最適!ベルトハンガー

belt-hanger-1
【便利なベルトハンガー】ファッション小物を整理してクローゼットをスッキリと!かさばりがちなベルトやネクタイの保管、どうしていますか?ベルトハンガーを使えば、それらファッション小物を吊るして保管できるのでクローゼットをスッキリ整理整頓することができます。省スペースだけでなく、どこに何があるか一目でわかり、必要なものを取り出しやすくもなるベルトハンガーはとってもおすすめ!...

革靴とベルトの色合わせの例

では、色の統一感を持たせた場合、今回でいうところの、

  • 靴とベルトの色を合わせた場合

の実際の雰囲気を見ていきましょう。

言葉では中々イメージできないことも、見ればすぐにわかることもありますからね。

一路
一路
百聞は一見にしかず!

安定の「黒靴」×「黒ベルト」

まずは定番の「黒の靴」「黒のベルト」の組み合わせ。

shoe-belt-combination-2

シェットランドフォックス(SHETLAND FOX)のコードバン靴。

黒靴に黒のベルトはまさに最強

間違いなしの組み合わせです。

フォーマルでもカジュアルでも映える、普遍的な格好良さを持っていますね。

shoe-belt-combination-4

ベルトはホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)の黒ベルトです。

ホワイトハウスコックスは1875年にイギリスで創業したレザーグッズメーカー。

使用している革は、強く耐久性のあるイングリッシュブライドルレザーで、約10週間もの間、樹皮や種子などを使って丁寧にタンニンなめしをほどこし、天然の染料を革の深部にまで染み込ませたこだわりのもの。

コードバンのツヤにも負けない、重厚感ある革質が靴とベルトの相乗効果を生み出しています。

シェットランドフォックスのコードバン靴を詳しく見る

シェットランドフォックスのウィンストンレビュー記事のアイキャッチ
シェットランドフォックスのウィンストンをレビュー!水染めコードバンの革靴シェットランドフォックス(SHETLAND FOX)の革靴であるウィンストンのレビューを6年間履いた感想と共にお伝えします。日本人に適したラストをはじめ、履き心地を追求したウィンストンは履いて快適なだけでなく、水染めコードバンの上品なツヤめきも魅力の一つ。メイドインジャパンの極上の革靴をぜひとも味わっていただきたいと思います。...

ホワイトハウスコックスのベルトを詳しく見る

whitehouse-cox-belt-7
ホワイトハウスコックスのベルトをレビュー!経年変化が楽しめてどんなシーンにもマッチシンプルで頑丈なベルトをお探しの方にはホワイトハウスコックスのブライドルレザーベルトがオススメ!革自体が丈夫、かつシンプルデザインなので年齢を問わず、長期間使えるベルトです。フォーマルシーンはもちろん、休日のカジュアルスタイルにも使える汎用性の高い一本。この記事ではその魅力を詳細と共にお届けします!...

色気漂う「赤茶靴」×「赤茶ベルト」

次は、大人の雰囲気をかもし出す「赤茶靴」「赤茶ベルト」の組み合わせ。

shoe-belt-combination-1

オールデン(Alden)のNo.8と言われるカラー、「ダークバーガンディ」のウィングチップ靴と同系色のベルトを合わせると、オールデンの放つ色気がより引き立ちます。

コーディネート全体の雰囲気をより大人らしく、かつ落ち着いた雰囲気へと導いてくれる組み合わせ。

shoe-belt-combination-3

ベルトはキャサリンハムネットロンドン(KATHARINE HAMNETT LONDON)のものです。

キャサリンハムネットロンドンは、トラディショナルなUKのイメージにイギリス出身のデザイナーであるキャサリン・ハムネットさんの革新的な感性をミックスしたブランド。

華やかさの中にこだわりのある、魅力的な洋服や服飾品を展開しています。

アメリカの「オールデン」にイギリスの「キャサリンハムネット」、そりゃ合いますよ。

一路
一路
同じ英語圏ですから!(謎理論)

キャサリンハムネットロンドンのベルトを詳しく見る

katharine-hamnett-london-belt-1
【10年使用レビュー】キャサリンハムネットロンドンのベルトは頑丈で一生使えるレザーアイテムは、革の素材としての強さと経年変化を楽しめる点が魅力。日々の生活の中でガシガシ使いつつ、末永く愛用できます。まさに一生ものとなり得るアイテムです。この記事では、僕が10年間愛用しているキャサリンハムネットロンドンのレザーベルトをエイジングと共にレビューします。合わせて、長く使い続けるためのお手入れ方法も実践解説します。...

オールデンの革靴を詳しく見る

alden-975-21
オールデン975ロングウィングチップをレビュー!美しいコードバンの経年変化をご覧あれオールデン(Alden)は米国を代表する革靴メーカー。ホーウィン社から提供される極上のコードバン(馬革)から作られるコードバン靴は上品で深みのある独特なツヤが魅力。こだわりのラストが足を優しく包み込み、フィット感も抜群。とても履きやすいので革靴に抵抗がある人にもオススメです。この記事ではオールデン975ロングウィングチップの魅力をコードバンの経年変化を交えながら紹介しています。...

明るい印象の「黄褐色の靴」×「黄褐色のベルト」

淡い茶色である黄色味がかった「黄褐色」の靴とベルトの組み合わせは軽やかで明るい雰囲気を演出

shoe-belt-combination-6

リーガル(REGAL)の淡い茶靴は、その淡さゆえに、革の質感そのものを感じることができます。

比較的カジュアル感が高めの色ですが、ベルトと色を合わせることで統一感が出て、カジュアル過ぎない、バランスの取れた雰囲気を作り出していますね。

shoe-belt-combination-7

ベルトはエンダースキーマ(Hender Scheme)のヌメ革ベルト

薄い茶色には、ヌメ革のタンニン由来のナチュラルな色がバッチリ合います。

魅力的な革製品!エンダースキーマのベルト

tanning-belt-1
【Hender Scheme】タンニングベルトをレビュー!経年変化を楽しめるレザーアイテムHender Schemeのタンニングベルトはヌメ革を使用した革の風合いを思う存分楽しめるレザーベルトです。シンプルでアクのないデザインのため、いろいろなコーディネートに取り入れやすく、汎用性の高い1本。この記事では主張控えめながら、キラリと光るエンダースキーマのベルトをご紹介します。...

リーガルの革靴を詳しく見る

regal-aging-1
【REGAL】1年履いたリーガルの革靴のエイジングの様子は?【茶色革の経年変化】日本のシューズブランド、リーガル(REGAL)の革靴についてご紹介した記事です。リーガルの革靴の特徴と僕が所有するストレートチップの靴の詳細について書いています。お手ごろ価格で高品質なリーガルの革靴はシンプルデザインかつ、日本人の足に合うフィッティングの良さが魅力。履き心地も良く、ビジネス・カジュアルシーン問わず大活躍するレザーシューズ。1年履いた経年変化も書いています。...

調和が図れる「茶靴」×「茶ベルト」

土の色である茶色は「アースカラー」の一種。

アースカラーは合わせる色を選ばず、他の色と調和がはかれる色なので、ファッションのバランスをとる上で、とても重宝する色味です。

shoe-belt-combination-10

カステルバジャック(CASTELBAJAC)の茶色をメインに使った靴と、アクセントとして黒をあしらった茶色のベルト。

どちらも茶の単色ではないのですが、メインに茶色を使用しているので、ゴチャゴチャしがちな多色でも調和がとれています。

他の色となじみが良い茶色だからこそ、このバランスが成り立っています。

shoe-belt-combination-9

このベルトはタケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)のものです。

1984年に設立された日本のブランドです。

ブランド名からもおわかりですよね。

このベルトはかれこれ7~8年ほど愛用しているため、年季が入っているものの、まだまだ現役。

やはり革の耐久性は素晴らしいです。

一路
一路
だから好きなんですよ!
革!

多色の靴を磨くときは無色の靴クリームがおすすめ

多色の革靴を磨くときは無色の靴クリームを使えば本来の色を保てます【変色防止】靴クリームには色の種類が豊富にあります。でも、複数の色を持つ多色の靴には何色を使えばよいのでしょうか?一つの色に合わせると他の箇所の色に合わず、クリームの色が浮いてしまって仕上がりが綺麗じゃない…。そんな時は「無色」のクリームを使いましょう。ニュートラルな色味ならどんな色の革靴にも使えます!...

爽やかな「白靴」×「白ベルト」

白色は清潔さの象徴です。

白の靴と白のベルトを合わせることで爽やかでクリーンな雰囲気を演出できます。

shoe-belt-combination-8

プーマ(PUMA)のレザーシューズパイソンレザーのベルト

ただの白同士の組み合わせではなく、「ドライビングシューズ」と「ダイヤモンドパイソンの柄模様」という要素を盛り込むことで、シンプルになりすぎない雰囲気をかもし出します。

白色はシンプルすぎると、コーディネートから浮いてしまうこともありますので、少し遊び心を入れた方が意外と合わせやすかったりします。

新品のピカピカ白スニーカーよりも、少し履いて、

ちょっとだけ汚れた白スニーカーの方がコーディネートにしっくりハマる

みたいな感覚、ありませんか?

一路
一路
共感頂けると嬉しいです!
shoe-belt-combination-11

ベルトは先ほども登場したブランドである、エンダースキーマ(Hender Scheme)のもの。

レザープロダクトブランドであるエンダースキーマの製品はどれも魅力的でついつい手に取ってしまう逸品ばかり。

革好きにはたまらないブランドです。

靴とベルトの色を合わせることによって生まれるファッションの統一感、感じてもらえたら幸いです。

エンダースキーマのパイソンベルトの詳細

エンダースキーマのパイソンタンニングベルトをレビュー!蛇革のプレケア方法も解説エンダースキーマ (Hender Scheme)のパイソンベルトを購入したので、使用する前にプレケアを行います。エキゾチックレザーであるダイヤモンドパイソンの革を使用したベルトですので、爬虫類革用の保革クリームであるサフィールのレプタイルクリームを使用してお手入れしてみました! ...

プーマのレザースニーカーをもっと詳しく見る

leather-sneakers-1
【PUMAのドライビングシューズをレビュー】革靴の丈夫さとスニーカーの歩きやすさを両立レザースニーカーの魅力をお伝えする記事です。スニーカーの履き心地の良さと、革靴の高い耐久性・美しい風合いを両立したレザースニーカー。革靴でもスニーカーでもいまいち満足できない方に、とてもオススメ。僕のPUMAのシューズを例にとり、メリット・デメリットをご紹介します!...

靴とベルトの色を合わせてファッションに統一感を持たせよう

今回は靴とベルトの色を合わせることで生じるメリットについて紹介しました。

靴とベルトの色を合わせると、フォーマルな印象を高めることができ、大人っぽさを演出することに一役買ってくれます。

逆に色合わせをせずに、靴とベルトが違う色であるとカジュアルさが増し、少し子供っぽい印象になってしまうことも…。

基本的にファッションは自由であるとは思うのですが、年齢に見合った違和感のない服装を心がけることも大人のたしなではないかと思います。

特に、ビジネスシーンでは落ち着いた服装というのはとても重要で、その人を信用してよいのか、そういった判断指標となることもあります。

靴とベルトの色合わせ、ひいてはファッション全体での色合わせやバランスを考慮して、オシャレで大人な雰囲気を作り出しましょう。

ぜひ試してみてください。

それでは、今回はこの辺で。
少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

価格別におすすめベルトをまとめた記事のアイキャッチ
価格別ベルトおすすめ6選!安いと気軽!高いと高級感抜群ベルトの値段はピンキリです。千円程度のものから数万円のアイテムまで。安いベルトは気をつかわずラフに使えるのが魅力。高価なベルトは革製で末永く愛用し続けられ愛着がわきやすいです。好みに合わせてベルトを選んでみてください。...
私服に合うカジュアル革靴の記事のアイキャッチ
私服に革靴はダサい?おかしい?カジュアル靴選びのポイントはデザインと形状私服に革靴っておかしい?いえ、まったくおかしくありません。むしろ足元が引き締まり、上品なコーデが完成します。ただ、意識すべきは羽根のデザインとつま先の形状。外羽根式で丸みを帯びた形状がカジュアル使いにはベター。休日のラフな服装を少しだけドレスアップすれば、大人の雰囲気漂うスタイリングが作れます。...
whitehouse-cox-belt-care-1
ホワイトハウスコックスのベルトをお手入れする方法を解説した記事【愛用し続けるために】ホワイトハウスコックスのブライドルレザーのベルトをお手入れする方法を図付きで解説した記事です。お手入れ前後の革の状態もお見せします。レザーケアクリームで栄養補給して革ベルトと末永く付き合っていきましょう!...
whitehouse-cox-belt-7
ホワイトハウスコックスのベルトをレビュー!経年変化が楽しめてどんなシーンにもマッチシンプルで頑丈なベルトをお探しの方にはホワイトハウスコックスのブライドルレザーベルトがオススメ!革自体が丈夫、かつシンプルデザインなので年齢を問わず、長期間使えるベルトです。フォーマルシーンはもちろん、休日のカジュアルスタイルにも使える汎用性の高い一本。この記事ではその魅力を詳細と共にお届けします!...
katharine-hamnett-london-belt-1
【10年使用レビュー】キャサリンハムネットロンドンのベルトは頑丈で一生使えるレザーアイテムは、革の素材としての強さと経年変化を楽しめる点が魅力。日々の生活の中でガシガシ使いつつ、末永く愛用できます。まさに一生ものとなり得るアイテムです。この記事では、僕が10年間愛用しているキャサリンハムネットロンドンのレザーベルトをエイジングと共にレビューします。合わせて、長く使い続けるためのお手入れ方法も実践解説します。...
tanning-belt-1
【Hender Scheme】タンニングベルトをレビュー!経年変化を楽しめるレザーアイテムHender Schemeのタンニングベルトはヌメ革を使用した革の風合いを思う存分楽しめるレザーベルトです。シンプルでアクのないデザインのため、いろいろなコーディネートに取り入れやすく、汎用性の高い1本。この記事では主張控えめながら、キラリと光るエンダースキーマのベルトをご紹介します。...
belt-hanger-1
【便利なベルトハンガー】ファッション小物を整理してクローゼットをスッキリと!かさばりがちなベルトやネクタイの保管、どうしていますか?ベルトハンガーを使えば、それらファッション小物を吊るして保管できるのでクローゼットをスッキリ整理整頓することができます。省スペースだけでなく、どこに何があるか一目でわかり、必要なものを取り出しやすくもなるベルトハンガーはとってもおすすめ!...
puma-shoes-care-1
プーマの革製ドライビングシューズをお手入れする【ホワイトレザーの黄ばみ対策】白のレザードライビングシューズのお手入れ方法を図付きで解説した記事です。ポイントは白の美しい発色をキープするためにホワイトの靴クリームを使うこと。徐々に黄ばみが目立ってくる白の革靴、ケアすれば本来の風合いを長く楽しめますよ!...
靴磨きを今すぐしたいなら
ネットショップで買える靴磨きセット

靴磨きを始めたい。けれど道具をそろえるのが面倒…。

そこでおすすめしたいのが靴磨きセット。1セット買うだけで必要な道具がまるっと揃います。道具選びの手間が不要。今すぐ靴磨き可能に。

大事な革靴を劣化させないために靴を磨いてコンディションを整えるのがおすすめです。

おすすめセットを見る

こんな記事も読まれています