革小物お手入れ

クロコダイル革財布のお手入れ方法!エキゾチックレザーでもメンテは可能です

財布のメンテナンス、していますでしょうか?

一口に財布といってもその材質、使用している素材は様々ですよね。

今回はエキゾチックレザーに分類される、「クロコダイル革」を使用した財布のお手入れをしてみます。

クロコダイル革ってどんなの?

「クロコダイル革」とは爬虫類革の一種であるワニ革に含まれる革の事です。

ワニ革は牛革や他のエキゾチックレザーにはない、独特のウロコを持っている事が特徴で、大きく、クロコダイル・アリゲーター・カイマンの3種類に分けられます。

クロコダイル

腹部のウロコが比較的揃ったように整っていて美しく、ワニ革の中でも高級な部類。

その中でもスモールクロコやナイルクロコなど、ワニの種類によって更に分類されます。

アリゲーター

世界で一番使用されているワニ革です。

クロコダイルと非常に似ていますが、よく見るとウロコに穿孔がありません。

穿孔というのはワニの感覚器官のことで小さな穴のように見えます。

逆に言えば、穿孔があるのがクロコダイルです。

カイマン

全体的に骨質部が多く、ゴツゴツとしています。

クロコダイル・アリゲーターとの違いはウロコにシワのような隆起部分があることです。

以上のように、希少革の総称である「エキゾチックレザー」という大きなくくりの中の「ワニ革」の一種が「クロコダイル」と言われるものなのです。

クロコダイルの財布

クロコダイル革についてご説明したところで、僕が使用していたクロコダイル革の財布をご紹介します。

それがこちら。

 

ブルーナボイン(BRU NA BOINNE)「クロコダイルウォレット」です。
クロコダイル革を青く染め上げ、二つ折り財布に仕立てた極上の逸品です。 

一路
一路
一目ぼれでした…

購入以来、ハードに使用していたため、水染みが出来てしまっています。

これは台風の雨を雨具なしでモロに受けてしまった時のものです…。

そんなシミも味として楽しんでいます。
思い出ですからね!

先程「使用していた」と言ったのは、 この前、同じブランドのもうひと回り小さい財布を新たに購入し、現在はそちらを使用しているためです。

ブルーナボインのスモールクロコウォレットを購入
【ワニ革】クロコダイル革の財布を購入!高価だけど魅力は満載【エキゾチックレザー】日本のドメスティックブランドである、「ブルーナボイン」が放つエキゾチックレザー「クロコダイル革」を使用したコンパクトな財布をご紹介します。これまで使用していた財布よりも小さい財布なので、パンツのポケットに入れてもかさばらず、収まりがとても良いです!...

とは言っても、ある程度財布に容量が欲しい場面などもあるので、その場合はこちらの財布を使うというように、使い分けをしていこうと思っています。

一路
一路
なので、まだまだ引退ではないのです!

これからも現役で活躍してもらわないといけませんので、しっかりとお手入れしていきたいと思います。

クロコ革のお手入れ方法

クロコダイル革のケアに関して、購入してからしばらくの間は、ポリッシングクロスで乾拭きするくらいで十分です。

というのも、購入直後はクロコダイル革特有のツヤ感が出ている状態です。

その状態で革クリームを使用すると、かえって革表面がくもってしまって、逆にクロコダイルの良い感じのツヤ感を落とすことになってしまいます。

財布のような手に触れる製品は、使用しているとだんだんと手の脂分が付きます。

それが独特の深いツヤ感を出すことにつながるのです。

まぁ、ツヤ感などは個人個人好みがあると思うので、一概にこの方法が良いとは言えないですけどね。

購入してすぐにお手入れするのも、一層愛着が湧くと思うのでそれもまた良しです。

実際、この財布ではないですが、僕も購入直後の革製品のお手入れすることはあります。

だってケア用品使いたいんだもん!!!(←)

自分が楽しむことが最も重要だと思っています。

と、こんな感じでクロコ革の財布と付き合ってきて、既に2年程度の時が過ぎました。

財布の中の様子がこちら。

 

中の素材は牛革なのですが、特に小銭入れのところの汚れが目立ちます。

一路
一路
ここらでしっかりとお手入れしますよ!!

ホコリ落とし

何はともあれ、ホコリ落としです。

革靴と変わらず、馬毛ブラシで付着したホコリを落とします。

ブラッシングは革製品のお手入れには必須、クロコダイル革だろうとそれは変わりません。

 

クロコダイル革はウロコ状になっていますからその隙間にホコリが溜まりやすいです。

ブラシでしっかりと掻き出すようにしましょう。

乾拭き

外側、内側のホコリ落としが終わったら、クロスで拭いて汚れを落とします。

 

ブラシで落ちないような長年の溜まった汚れを拭き取っていきます。

乾拭き後のクロスの状態です。
ほとんどが小銭入れ由来の汚れです。

お金は色々な環境で使用されますから、やはり汚れは蓄積されやすいですね。

小銭入れ、お札入れはこまめに乾拭きだけでもしてあげた方が良さそうです。

クリーム塗布(クロコダイル革)

さぁ、汚れ落とし後はクリーム塗布工程です。

…なんですが、クロコダイル革に使用可能なクリームは限られます。

というのも、クロコダイルのような爬虫類革は比較的水分に弱いです。

何と比較してなのかと言えば、何を隠そう「メジャーオブレザー」、革の王様「牛革」です。

一般的な革用クリームは主に牛革用に作られています。

付け加えると、それらクリームの成分としては油脂やロウ、また水分が含まれています。

牛革用に作られているクリームは当然、その使用に適した成分配合で作られています。

牛革よりも水分に弱いクロコダイル革へ牛革用に作られたクリームを使用してしまうと、「革にシミが出来てしまう」などのトラブルを引き起こしてしまう可能性があるのです。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
じゃあ、どうやってクロコ革を手入れしたらいいんだ!?

そういったお悩みを持った方のためにあるんですよね、爬虫類革用のクリームが。

エキゾチックレザーのケア用品の一つ「レプタイルクリーム」
【ヘビ革】エンダースキーマのパイソンベルトをお手入れ【エキゾチックレザー】エンダースキーマ (Hender Scheme)のパイソンベルトを購入したので、使用する前にプレケアを行います。エキゾチックレザーであるダイヤモンドパイソンの革を使用したベルトですので、爬虫類革用の保革クリームであるサフィールのレプタイルクリームを使用してお手入れしてみました! ...

以前、上の記事で使用したサフィールレプタイルクリームの他に、もう一つ僕が所有しているクリームがあるので、今回はそのクリームでケアを行おうと思います。

それがこちらのクリームです。

「ブートブラック(Boot Black)」「クロコダイルクリーム」です。

外観、オシャレですよね。

一路
一路
好きです、ブートブラック!

このクリームは名前の通り、クロコダイル革専用のクリームです。

サフィールのレプタイルクリームは栄養補給メインでツヤが比較的控えめなのに対して、こちらのクロコダイルクリームは使い込むことよって輝きを失ってるクロコダイル革のツヤを復活させることが主な目的のクリームになります。

天然ワックスとシリコンオイルが含まれているので、革のツヤを蘇らせることが出来ると同時に、滑らかな触感を与えてくれるのです。

ふたを開けるとこんな感じ。

 

みずみずしい感触をしているため、薄く伸ばすだけで革になじみます。

一路
一路
これをクロコ革へ塗っていきましょう!

全体に塗ると、やはりウロコの隙間にクリームが残ります。

このクリームは次の工程で取り除けますので無問題(モウマンタイ)です!

その前に、財布の中、牛革の部分にもクリームを塗布します。

クリーム塗布(牛革)

財布の内部、ライニングにもクリームを塗って栄養補給を行います。

使用するクリームはこちら。

安定の「サフィールノワール(SAPHIR NOIR)」「スペシャルナッパデリケートクリーム」です。

デリケートな革にも使えて、正に万能選手。

一路
一路
迷ったらこれ!

ペネトレイトブラシにクリームを取って財布の内部に塗布します。

クリーム塗布が終わったら、次の工程に移ります。

ブラッシング

財布の外側、内側それぞれにクリームを塗布したら、次は豚毛ブラシでのブラッシングです。

先ほどクロコ革の隙間にクリームが残っていましたので、それを除去する意味でも入念にブラッシングしていきます。

もちろん、ライニングもブラッシングしますよ。

メンテナンス終了!

最後にもう一度クロスで乾拭きして、余分なクリームを除去しきったら、メンテナンス終了です。

ケア後の状態が以下になります。

まずは中のライニングから。

 

小銭入れ部分の汚れが幾分取れて見栄えが良くなりました。

一路
一路
オレンジ色の発色が一段と際立つようになりましたね!

そして、メインのクロコダイル革はというと…

 

輝かしい上品なツヤが見事に蘇っています!

この光沢感、やはり革の王者と言われるだけの風格があります。

ちょっとケア前後で比較してみますね。

左側がケア前、右側がケア後、同じ面です。

明らかにケア後の方がツヤが出ていて高級感を醸し出しています。

こういうのを見ると、日ごろの手入れってすごく大事だなと感じますね。

エキゾチックレザーもお手入れしよう!

クロコダイル革財布のお手入れを行ってみました。

エキゾチックレザーのような特殊な革は、お手入れできるのか不安という方もいらっしゃるかもしれませんが、少し使用する道具に気を使えば、全く問題なく行うことが可能です。

気を付けるべき点は「爬虫類革は水分を嫌う」という点ですね。

それだけ頭に置いておけば、後は日ごろの革製品の手入れ術とさほどの違いはありません。

身構えて手入れを怠ってしまうと、革の寿命を縮めることになってしまいますから、クロスで拭くなどの簡単なお手入れだけでも行っていただくことがおススメです。

一路
一路
折角の美しいクロコダイル革ですからね!

それでは今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!

革小物ケア方法まとめ
leather-care-summary-99

革製品には財布やバッグ・ベルトなど様々な種類があります。
愛用の革製品をお手入れする方法についてご紹介しています。

CHECK!

革小物ケア方法まとめ

こんな記事もオススメ!