革小物お手入れ

コインケースのお手入れ方法!革財布をきれいに保つためにすべきこととは?

coin-case-care-4

僕たちの日常生活の中で、ほぼ必須のアイテムである「財布」

キャッシュレス化の波が押し寄せる中でも、まだまだ強い「現金」

お金を持ち運ぶための財布は、ほとんどの方が常に持ち歩いているものと思います。

財布にもいくつかの種類がありますが、今回のテーマはその中の一つである「コインケース」

僕は普段、お札用と小銭用、2つの財布を使っているのですが、その内の小銭用財布である「コインケース」の汚れが目立ってきたので、お手入れを行いたいと思います。

本記事ではコインケースのケア方法について実際の手順を追いながらご説明していきます。

コインケースは小銭のための財布

僕は普段、2種類の財布を使っています。

お札用財布と小銭用財布の2つです。

財布の使い分け
財布選びや使い方はTPOに合わせて!ビジネスの場にも適したカーフレザーの上品さと安定感財布のデザインの好みは人それぞれ。ですが財布をTPO(時・場所・場合)によって使い分けることで、利便性の向上や人に与える印象をより良いものにすることが可能です。特にビジネスの場では派手な財布は良い印象を与えないことが多く、デザイン性の高い財布をお使いの方はビジネス用の財布を別途お使いいただくことをおススメします。その詳細はブログにて!...

財布の容量にもよりますが、お札にカードに小銭、それらを一つの財布に入れると財布がパンパンになってしまうことがあります。

財布がパンパンに張っていると革の型崩れの原因となるため、財布をきれいな状態で長く使うためには避けなければなりません。

そのために。僕は2種類の財布を使っているというわけ。

その内の一つ、コインケースとして使っているのはこちらの財布。

coin-case-care-1

日本のドメスティック(国内)ブランドであるブルーナボインパイソンレザー(ヘビ革)を使用したコインケース。

一路
一路
とても魅力的で色気あるコインケースです!
人を惹きつける魔力「エキゾチックレザー」
エキゾチックレザーとは?ワニ・ダチョウ・トカゲ!?ヘビ革の愛用品の魅力も語ります!エキゾチックレザーってどんな革?その疑問にお答えするとともに、そんなエキゾチックレザーの一種であるヘビ革、「パイソンレザー」の製品であるコインケースをご紹介します。あなたもエキゾチックレザーの魅力を感じてみませんか?...

しばらく使っているのですが、使いやすくて気に入っています。

エキゾチックレザーの財布を調べる!

でも一つ、気になる点があるのです。

小銭にはたくさんの汚れが付いている、つまり…

コインケースの気になる点とは、コインケース内側の「汚れ」です。

コインケースをガバッと開くと、このような状態。

coin-case-care-2

内側は鮮やかなオレンジ色の牛革なのですが、ところどころ黒ずみが見られ、かなり汚れているのがわかります。

使っていくうちに汚れが付く、あるいはたまっていくというのは、どんなものでも共通する現象。

しかし、コインケースの場合、ある事情によってひときわ汚れが付きやすくなります。

一路
一路
「ある事情」とは…

「小銭自体の汚れ」です。

小銭は沢山の人が素手で触りながら、人から人へと渡っていくものです。

当然のことながら手で触ると、小銭に皮脂汚れや皮膚由来のタンパク質が付きます。

こういった油汚れ等が、人から人へと渡っていく過程で徐々に蓄積されていくのです。

汚れがたまった小銭をコインケースの中へ入れれば、その汚れがコインケース内部に移り、コインケース自体が汚れてしまうというわけ。

汚れてしまったコインケースは長期間そのままにしておくと、汚れが定着してしまって落ちなくなってしまいます。

それを避けるためには、定期的なお手入れが必要です。

コインケースのお手入れ

ここからはコインケースのお手入れについて、実践でのご紹介になります。

一路
一路
まずは手順を見てみましょう!

汚れのひどい内側のお手入れはもちろん実施しますが、コインケース外側のパイソンレザーについても、ついでにケアすることにしました。

汚れのひどい内側のお手入れ
  1. 汚れを落とす
  2. 革への栄養補給
  3. 磨く
パイソンレザーの外側のお手入れ
  1. ホコリを落とす
  2. 汚れを落とす
  3. 革への栄養補給
  4. ブラッシング
  5. 磨く
一路
一路
コインケースの内側と外側、それぞれのケアを行っていきますよ!

汚れのひどい内側のお手入れ

まずは汚れやすい、コインケースの内側のお手入れから行います。

汚れを落とす

まずはクロスで汚れを落とします。

指に巻きつけたクロスでコインケースの内部を拭きます。

coin-case-care-6

乾拭きで大丈夫です。

特に、汚れがひどい場合は、クロスを少し水で湿らせて拭きましょう。

拭き終わると…

coin-case-care-7

クロスが黒くなっています。

やはり小銭由来の汚れというのはあなどれません。

一路
一路
日頃からのお手入れが重要ですね!

汚れを落とした後のコインケース内部はこのようになりました。

coin-case-care-8

きれいになっていますね。

黒ずみが落ちています。

クリーニング前後を比較してみます。

coin-case-care-9

今回はクロスで拭きましたが、手ごろなクロスがない場合はティッシュでもしっかり汚れが落とせますので代用可能です。

また、長財布や二つ折り財布の小銭用ポケットもコインケース同様に大変汚れやすいです。

そういった財布をお使いの方も、小銭用ポケットをクロスでクリーニングすると、きれいな状態で使い続けることができますよ!

革への栄養補給

ここからは革への栄養補給を行っていきます。

先ほど汚れを落としたコインケース内側は牛革でできているため、保革という意味で定期的な潤い・油分の補給が必要なのです。

栄養補給を怠ると革の乾燥を招き、しなやかさが失われ、著しく耐久性が低下します。

一路
一路
それを防ぐための保革です!

革への栄養補給に使用するのはこちらの保革クリーム。

coin-case-care-16

コロニル「1909シュプリームクリームデラックス」

シュプリームクリームデラックスのレビュー
supreme-creme-deluxe-
シュプリームクリームデラックスの使用感レビュー!【コロニルの保革クリーム】コロニルの1909シュプリームクリームデラックスの使用感を書いています。革製品のお手入れに欠かせないのがデリケートクリーム。シュプリームクリームデラックスはシダーウッドオイルやラノリンといった天然成分を配合したレザーケア用クリームで保革や革への栄養補給効果があり、クリームを革へ塗る事で起こりがちなシミも発生しません。...
coin-case-care-18

プルプルのクリームで、レッドシダーオイルやラノリンを配合しています。

そのため、革へ潤いと栄養を与える効果が高く、加えて、フッ素系化合物によるコート効果で高い撥水性も付与できるため、汚れも付きにくくなるという優れもの。

このクリームをコインケースの内側の牛革へ塗っていきます。

coin-case-care-20

指で直接塗り込みます。

全体に均一に行き渡らせたら、次の工程に移ります。

磨く

クリームを塗った後はツヤ出しのためにクロスで磨きます。

余分なクリームを除去するという意味合いもあります。

クロスを滑らせるように革を拭きます。

coin-case-care-22

一通りクロスで磨き終えたら、これにてコインケース内側のケアは終了です。

一路
一路
汚れ落としと栄養補給を無事終えることができました!

パイソンレザーの外側のお手入れ

内側をお手入れしたのだから、外側も。

ということで、コインケースの外側もついでにケアしてしまいます。

今回お手入れしているコインケースはパイソンレザー。

つまり「ヘビ革」です。

coin-case-care-25

牛革とは用いる道具が少し違いますので、その辺りを解説しつつご紹介していきます。

ホコリを落とす

まずはコインケース外側のホコリ落としです。

馬毛ブラシでブラッシングしてホコリを払います。

coin-case-care-3

パイソンレザーは革がウロコ状になっており、ウロコがめくれることもあります。

ウロコの下にホコリが入り込んでいる場合もあるので、ウロコ内部のクリーニングという点を少し意識して行うと良いでしょう。

汚れを落とす

続いて、クロスで乾拭きしてコインケースについた汚れを落とします。

coin-case-care-5

パイソンレザーのようなエキゾチックレザー(希少革)は水に弱い場合が多いです。

なるべく水を用いず、乾拭きで対応するようにしましょう。

革への栄養補給

ホコリと汚れを落としたら、次は革に栄養を与えます。

先程も述べましたが、このコインケースは「ヘビ革」を使用しています。

牛革に使えるような一般的な保革用栄養クリームは、爬虫類系の革には使えません。

その中でも先ほど内側のケアで使用した「1909シュプリームクリームデラックス」は爬虫類革にも使用できる数少ないオールラウンダー型のクリームではありますが、僕の場合、爬虫類革専用のクリームを持っているので、今回はそちらを使用したいと思います。

それがこのサフィール「レプタイルクリーム」です。

coin-case-care-10

このクリームは爬虫類革専用に作られたクリームで、表面の汚れを落としながら、栄養を与えて、爬虫類革独特のツヤや風合いを出すことに優れます。

先程クロスでの乾拭きを行いましたが、それだけだと、どうしても落とせない汚れもあります。

レプタイルクリームを用いれば、乾拭きでは落としきれない汚れもクリームに溶かし込むことで落とすことが可能になるのです。

このクリームを指に取り…、

coin-case-care-12

ヘビ革に塗ります。

coin-case-care-11

革全体に薄く伸ばすように塗りましょう。

coin-case-care-14

マチの部分も忘れずに。

ブラッシング

続いて、塗ったクリームをブラシを使って革へとなじませます

クリームを塗った直後は、下の図のように一部にクリームのダマができてしまっていたりするものです。

coin-case-care-15

それを解消するために、ブラッシングしてクリームを均一にしていきます。

ブラシでこのように。

coin-case-care-17

僕は現在、豚毛ブラシを使っていますが、可能であれば馬毛ブラシがおすすめです。

馬毛ブラシは比較的柔らかく、パイソンレザーのような繊細な革の表面を傷つける心配が少ないです。

僕もそのうち、クリームなじませ用のコンパクトな革小物用馬毛ブラシを購入しようと考えています。

磨く

ブラッシングが終わったら、クロスで磨きます。

coin-case-care-23

ゴシゴシこすらずに、優しいタッチで。

これで全ての工程が完了しました。

coin-case-care-24
一路
一路
パイソンレザーにツヤが生まれ、良い風合いになったと思います!

財布をきれいに保ちましょう

今回はコインケースのお手入れについて、実際に作業しつつのご紹介でした。

コインケースは人の手に触れる機会の多い「小銭」を入れる財布ゆえに、汚れやすい傾向にあります。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
どうせすぐ汚れるから…

と、お手入れしないでいると、汚れがこびりついてしまいます。

定期的にクロスやティッシュでコインケースの内側を拭くだけでも汚れを除去できて、コインケースをきれいに保つことができますよ。

簡単な一手間を加えて、財布を美しく保ちましょう。

一路
一路
せっかくのお気に入りの財布なら尚更です!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!

財布を探す!

クロコダイル・パイソン革の財布

革小物ケア方法まとめ
leather-care-summary-99

革製品には財布やバッグ・ベルトなど様々な種類があります。
愛用の革製品をお手入れする方法についてご紹介しています。

CHECK!

革小物ケア方法まとめ

こんな記事もオススメ!